進撃の巨人のドラマ『ハンジ編』のあらすじネタバレ予想!

8月よりdTVにて配信予定の実写ドラマ進撃の巨人「ハンジ編」の判明している情報からあらすじを予想してみます!

どのような内容なのでしょうか!?

Sponsored Link

◆実写ドラマ「ハンジ編」とスピンオフ作品「Before the fall」

singekihyousi
「Before the fall」1巻表紙より


3部作の予定である実写ドラマは、巨人研究や立体機動装置誕生秘話、調査兵団の日常などを映し出すと公表されています。

「ハンジ編」では今までほとんど明らかにされていない「ハンジの過去」が描かれるとされ、非常に興味深い内容となっています!

おそらく、ハンジの巨人研究に傾倒するきっかけが描かれるのでしょう!

ただ、「巨人研究」「立体起動装置誕生秘話」というフレーズには聞き覚えがあります。

それは「進撃の巨人」のスピンオフ作品「Before the fall」です。

この作品は本編「進撃の巨人」の70年前が描かれており、巨人の子「キュクロ」が主人公となっています。

その作品の中で「立体起動装置」の原型「装置」が登場し、それを開発し、使用して初めて巨人を倒したアンヘル・アールトネンが登場します!

しかもそれまで全く分かっていなかった巨人の生態研究、とくに弱点である「うなじ」の判明など、本編「進撃の巨人」の調査兵団の歴史のような一面を持つ作品となっています。

これは実写ドラマの「巨人研究」「立体機動装置誕生」というところと全く同じ内容です!

どういうことでしょう?

ハンジが「Before the fall」」の時代に行く話と言う事でしょうか?(・_・;)

Sponsored Link


◆実写ドラマ「ハンジ編」のあらすじを予想!

2015-07-19_033830

実写ドラマ「ハンジ編」は、夢かタイムスリップをしたハンジが「Before the fall」の世界に行く話と言うことかもしれません。

子供時代のハンジが夢かタイムスリップをして「Before the fall」の世界、つまり本篇から70年前に行く事になります。

それは、巨人の弱点がうなじである事が分かっていない、立体起動装置がまだ無い時代です。

その頃の巨人はまさしく無敵です。

人間は時間稼ぎに大砲をうち、巨人が回復する前に壁内に逃げる事しか出来ません。

倒すということが無理なのです。

そのような条件でも壁外進出を目指している調査兵団を見たらハンジどのような反応をするでしょう?

そんな調査兵団員の姿を見て子供のハンジが調査兵団に入る事を決心したというストーリーになるのではないでしょうか?

本編でのハンジが巨人研究について語りだしたら夜通し止まらないほどのマッドサイエンティストになった理由が判明するのかもしれませんね(笑)


石原さとみさんが狂気に満ちた表情で巨人について語りだす場面が目に浮かびます(笑)

これは見逃してはいけないドラマになっているようです!

【進撃の巨人の実写映画のネタバレ考察!】
【進撃の巨人ドラマで主人公がハンジの理由は?事務所の影響の真相も】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙1話ネタバレ!反撃の幕開けのあらすじ!】
【ドラマ進撃の巨人反撃の狼煙2話ネタバレ!希望の弓矢のあらすじ!】
【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙3話ネタバレ!自由への旅立ちのあらすじ!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ