進撃の巨人のエルヴィンとリヴァイの過去は?

調査兵団団長エルヴィンと兵士長リヴァイには不思議な信頼関係があります。圧倒的な戦闘力を誇りプライドも高そうに見えるリヴァイですがエルヴィンの指示を絶対として従っています。

エルヴィンはどのようにしてリヴァイの信頼を得たのでしょうか?検証してみましょう!

Sponsored Link


◆リヴァイ外伝「悔いなき選択」で描かれている二人の出会い!

2015-05-27_195031
「悔いなき選択」第1話「自由の翼」より

「悔いなき選択」は2013年に月刊誌「ARIA」にて連載されたスピンオフ作品であり「進撃の巨人」15巻16巻限定版に付属しているDVDにはアニメ版が収録されています。

時代は844年で舞台は王都の地下街です。ちなみにライナー達がシガンシナ区を襲撃したのが845年なのでその一年前の話となっています。

王都の地下は昔、巨人からの避難場所として検討されていましたが移住は中止となり現在はスラム化し治安の悪い場所となっており、リヴァイが生まれたのもこの地下街と分かっています。

リヴァイはイザベルとファーランという二人の仲間がおり立体機動装置を使い盗みなどをするゴロツキでした。そんな3人を偶然見かけたエルヴィンはリヴァイをスカウトしようとミケと共に3人を捕らえます。

仲間をダシに使いエルヴィンは嫌がるリヴァイを無理やり調査兵団に入団させます。しかしリヴァイはエルヴィンを殺そうと密かに決心します。

調査兵団に入団したリヴァイは他の兵団員にも上から目線で完全に浮いた存在でした。しかし立体機動装置の腕はずば抜けており誰も何も言えませんでした。

しばらくして壁外調査に出たリヴァイが待ち受けていたのはイザベルとファーランを自分の選択ミスで死なせてしまうという辛い現実でした。そこへエルヴィンが駆けつけますが仲間を失って逆上しているリヴァイはエルヴィンを殺そうとします。

そんなリヴァイにエルヴィンは「調査兵団で戦えリヴァイ!お前の能力は人類にとって必要だ!」と説得します。この瞬間リヴァイはエルヴィンに降ります。

Sponsored Link


◆エルヴィンに救われたリヴァイ!

2015-05-27_195113
「悔いなき選択」第8話「選択」より

「悔いなき選択」でのエルヴィンはキース調査兵団団長の部下という立場でした。この時から頭が切れることが伺えキース団長も政治的なことは全てエルヴィンに任せると言っています。

リヴァイは地下街でも一番強い存在となっておりこの当時からずば抜けた戦闘力をほこっていたことが伺えます。そして仲間を大事にする場面が多々あり仲間から慕われているシーンも多くあります。この当時から部下に慕われる兵士長のリヴァイの素養が伺えます。

本編でのリヴァイが大事な場面でエレンに「好きな方を選べ」と選択を振る場面が何度かありましたがその意味はこの「悔いなき選択」を読めば意味が分かります。

リヴァイがいかに仲間を大事に思い、自分の選択ミスで目の前で仲間を巨人に食い殺された悔しさがリヴァイにとっていかに大きいかが分かります。その経験がエレンに選択を振るという行為に繋がっているのだと良く分かります。

そして仲間を失ってどん底にいるリヴァイに生きる方向性を示したのがエルヴィンでした。「悔いなき選択」の最後のシーンでリヴァイはエルヴィンに生きる意味を示され、エルヴィンに救われたのです!

リヴァイのエルヴィンに対する信頼はこの時から本編まで続いており、二人の信頼関係は調査兵団を引っ張る役目も果たしているのです!

【進撃の巨人悔いなき選択のネタバレ考察まとめ!】
【リヴァイが死亡フラグが立った真相は?人類最強にも死が訪れる?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

コメントを残す

このページの先頭へ