進撃の巨人がドイツが舞台という真相は?

映画専門雑誌「映画秘宝」9月号に進撃の巨人の舞台がドイツであるとの記載がありました。

この件について検証してみましょう!!

Sponsored Link

◆映画専門雑誌「映画秘宝」9月号にて明らかになった進撃の巨人の舞台!

20150720115944

下は進撃の巨人の舞台がドイツであると確定したインタビュー記事です。

以下シネマトゥデイより引用します。

原作者の諫山創とメガホンを取った樋口真嗣監督との話し合いで名前が挙がり、樋口監督から直接参加依頼を受けたという町山。映画化を困難にした要因の一つが、原作の舞台がドイツであり登場人物もドイツ人である点。
(シネマトゥデイより引用)

この記載から進撃の巨人の舞台がドイツであることが確定しました!

まさか実写映画のインタビューで原作の設定のネタバレがあるとは想像もしていなく、驚かされましたね!

ただ、以前から進撃の巨人が北欧神話の影響を受けており、舞台がドイツではないかと言われてはいました。

それでは、これまでの進撃の巨人でドイツが関係している事を挙げてみましょう!


◆進撃の巨人にてドイツが関係している事柄をピックアップ!


進撃の巨人とドイツとが関係している事柄を挙げていきます!

アニメの前期、後期ともオープニング曲の出だしがドイツ語である!


【前期OP「紅蓮の弓矢」の出だしの歌詞(非公式)】

Seid ihr das Essen ?Nein, wir sind der Jager !


【後期OP「自由の翼」の歌詞】

Wohlan Freie!
Jetzt hier ist ein Sieg.
Dies ist der erste Gloria.
Wohlan Freie!
Feiern wir dieser Sieg fur den sicheren Kampf!


二曲とも歌の途中にもドイツ語が出て来ます!


登場人物にドイツ語の名前が使われている!


主人公エレン・イェーガーのイェーガーはドイツ語で「狩人」という意味であり、アルミン、ハンジ・ゾエ、アニ、ベルトルト、エルヴィン、ライナー、キルシュタインなどはドイツ語由来の名前となっています。


ドイツ南部・ミュンヘン州にあるネルトリンゲンという街が進撃の巨人の世界にそっくりである!

2c8d44fa-f26fa

街並みの風景も似ており、進撃の巨人のモデルになっているのではないかと言われています。
nerrutoringen

町内にはアッカーマン通りと呼ばれる道もあるようで、まさに進撃の巨人の世界の縮図となっているように感じます!

このネルトリンゲンはバラエティ番組「世界ふしぎ発見」で取り上げられられており、「ダイニンゲン」という名前の街がネルトリンゲンの近くにあることも紹介していました。

「大人間」というと「巨人」を連想していまいますね!


以上のことから進撃の巨人の世界はドイツではないかと言われていました。

しかし、今回まさにドイツが舞台だと確定したのです

ここからいろいろ考察してみましょう!
Sponsored Link

◆舞台がドイツだと判明したことからの考察!

berurinnokabehoukai

進撃の巨人の世界で巨人は南からやってくるという設定があります。

今回「進撃の巨人」の舞台がドイツであると分かりましたが、そこから南というとどこになるでしょう?

ドイツの南側にある国はチェコ、オーストリア、スイス、フランスになります。

もしドイツの南部にあるネルトリンゲンが進撃の巨人の世界だとしたら、そこから南側に面している国となるとスイス、オーストリアの2国になります。

この国のどちらかから巨人が発生しているのでしょうか?

それともネルトリンゲンより南側にあるドイツ国内のどこかで巨人が発生しているのでしょうか?


ドイツと壁と聞いて連想するのが「ベルリンの壁」です。

「ベルリンの壁」とは第二次世界大戦後に連合軍(米・英・仏・ソ連)によって西ドイツと東ドイツに分けられたことにより東ドイツ側により建設された壁のことです。

しかし1989年11月9日に市民の手により破壊されました。

壁の破壊活動が行われた理由が「事実上の旅行自由化」のためでした。

これはエレンの「壁の外を探検する」という目的にも似ていますね(笑)

もし進撃の巨人の壁が「ベルリンの壁」の意味を持っているのであれば、作中でもエレンの「外の世界を探検するという夢」のために壁が破壊される時が来るのでしょうか?

今回の「進撃の巨人の舞台がドイツ」確定により、まだまだいろいろなことが考察できそうですね!

8月1日から実写映画「進撃の巨人」が公開されています!

「あの世界もドイツなのか?」と思いながら観ちゃいそうです!(笑)

【進撃の巨人ネタバレ考察!太陽が西から昇り東に沈む真相!】
【進撃!巨人中学のアニメネタバレ考察!時計逆回転から西から太陽が解明!】
【北欧神話のトロール巨人は進撃の巨人に登場する?】
【北欧神話の巨人スルトは進撃の巨人に登場する?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

6 Responses to “進撃の巨人がドイツが舞台という真相は?”

  1. Flügel der Freiheit より:

    仰る通り、アニメ『進撃の巨人』のオープニングソングにドイツ語が使われていることは、作品の舞台と密接に関わっていますね!

    少し話題が変わりますが、『紅蓮の弓矢』『自由の翼』について詳しく考察したいと思います!

    この2曲は、Linked Horizonのシングル『自由への進撃』に収録されています。

    このシングルには、『もしこの壁の中が一軒の家だとしたら』という曲も収録されています。流れる順番は、『紅蓮の弓矢』→『自由の翼』→『もしこの壁の中が一軒の家だとしたら』となっています。

    ここで注目したいのは、『もしこの壁の中が一軒の家だとしたら』の最後の部分で、『紅蓮の弓矢』の出だしが流れるということです!このことは「ループ説」を裏付けているのではないでしょうか。

    さて、基本的には『紅蓮の弓矢』はエレン、『自由の翼』はリヴァイ、『もしこの壁の中が一軒の家だとしたら』はアルミンの影響を強く受けていると思います。(ただし、100%結びついているわけではないでしょう。)

    歌詞は極めて難解で、多様な解釈が存在します。そもそも、この曲は基本的に字幕が出ませんので、多様な解釈を想定して作られているのでしょう!

    それでは、『紅蓮の弓矢』『自由の翼』の2曲について、それぞれ解釈を考えたいと思います!あくまで私の独断に基づいており、解釈が間違っている可能性が低くないことを御了承ください。

    また、伏線とは関係が低いところも含めて,
    詳しく考えたいと思います。興味のあるところだけピックアップして読んでくださっても構いません。


    ・『紅蓮の弓矢』
    出だしは
    “Seid ihr das Essen? Nein, wir sind der Jäger!”
    です。「貴様らはエサか?いや、我らは狩人だ!」という意味です。ここで、「Jäger」が名詞的に使われています。

    また、
    “獲物を屠る《狩人》”
    という歌詞があります。発音は「えものをほふるイェーガー」です。やはり、エレン・イェーガーの”イェーガー”には「狩人」の意味があると思われますね。

    さらに言えば、曲のタイトル『紅蓮の弓矢』の「弓矢」も、「狩人」を連想させます。

    『進撃の巨人』では、巨人と戦うのに弓矢は使われないでしょうが…。単なる比喩かもしれませんが、「弓矢」に何らかの特別な意味がある可能性も否定できないでしょう。(ちなみに、『紅蓮の座標』という曲もあります。)

    また、
    “死せる飢狼の『自由』を!”
    という歌詞や、
    “『自由』を望む《あの日の少年》”
    (発音は「せかいをのぞむエレン」)
    という歌詞は、エレンにとっての「自由」について言及していますね!

    実は、『もしこの壁の中が一軒の家だとしたら』にも、
    “本当の『自由』が 俺たちを待ってる……”
    という歌詞があります。ここからも、「自由」が「世界」と密接に関わっていることが分かります!



    ・『自由の翼』

    おそらく出だしは
    “O mein Freund!
    Jetzh hier ist ein Sieg.
    Dies ist der erste Gloria.
    O mein Freund!
    Feiern wir diesen Sieg für den nächsten Kampf!”
    だと思われます。

    まず、「Freund」は、英語で言えばFriend(友人、仲間)にあたる単語ですが、単数形となっています。従って、この「Freund」は、特に「自由の翼」を指していると思います。

    そして、
    “Dies ist der erste Gloria.”
    は、英語で言えば
    This is the first Gloria.
    となりますが、これは厳密には
    This is the first, Gloria.
    ということだと思われます。なぜなら、Gloriaは女性名詞ですから、定冠詞derは伴わないと考えられるからです。というわけで、訳は「これは初めての出来事だ、グロリアよ。」という感じだと思います。

    では、「グロリア」とは何か?この後に、
    “両手には《鋼刃》”
    (発音は「りょうてにはGloria」)
    という歌詞があることから、「グロリア=ブレード」となるでしょう!

    おそらく、ブレードには「グロリア」という愛称があるということでしょうが…。「グロリア」に特別な意味がある可能性も否定できません。

    いずれにせよ、Freund(《自由の翼》)、Sieg(《凱歌》)、Gloria(《鋼刃》)のバランスが整っている歌詞になっています。

    次に、
    “Der feind ist grausam… Wir bringen…”
    という歌詞について。「Feind」は、英語で言えばenemy(敵)ですが、これも単数形になっています!もしも「敵=巨人」なら、複数形になっているはずですが…。敵は1つだということでしょうか?

    bringenは、英語で言えばbring(持ってくる)ですが、おそらく「奪還する」というようなニュアンスではないかと思います。

    さらに、
    “斬り裂くのは《愚行の螺旋》”
    (発音は「きりさくのはRingel der Torheit」)
    という歌詞も気になるところではありますが、以前少し紹介したので、今回は割愛いたします。

    さて、『自由の翼』の歌詞は、基本的にはリヴァイをイメージしているのではないかと思います。

    1つには、言葉遣いがリヴァイっぽいなと感じます。

    “鳥は飛ぶ為に其の殻を破ってきた 無様に地を這う為じゃないだろ?”
    “お前の翼は何の為にある 籠の中の空は狭すぎるだろ?”

    そして、「選択」「二者択一」を示唆する歌詞がよく登場します。

    ”Die Freiheit oder der Tod?”
    「自由か死か?」

    “例え其れが過ちだったとしても…”

    “Rechter Weg? Linker Weg? Na, ein Weg welcher ist?”
    「右の道か?左の道か?さあ、どっちを進む?」

    初期のころは、リヴァイがどういう目的意識をもって調査兵団で戦っているのか、分かりにくい部分もあったと思います。しかし、この曲の歌詞を考えれば、エレンの場合とはニュアンスが違うでしょうが、リヴァイも「自由」の為に戦っていると感じられます!実際、13巻第53話で、リヴァイは壁の外の世界の「自由」について語っています!

    『紅蓮の弓矢』『自由の翼』ほど難解なアニメソングは、おそらく存在しないでしょう(笑)アニメ2期も、難解で深いオープニングソングを期待したいと思います!

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >アニメ2期も、難解で深いオープニングソングを期待したいと思います!
      アニメの主題歌がLinked Horizonであることとナレーションが井上麻里奈さんであることは「進撃の巨人」に欠かせないキャストだと思っています!
      もうそういうイメージが出来ちゃってますよね(笑)
      ぜひ、2期アニメでもLinked Horizonの主題歌とアルミン、ナレーションの井上麻里奈さんは変えて欲しくないですね。

      ドイツ語の考察スゴイですね!
      自由の翼の歌詞はリヴァイ兵長目線というのは同感ですね。
      やはり自由の翼という調査兵団のシンボルはリヴァイ兵長を表わしているのではないでしょうか?

      >リヴァイがどういう目的意識をもって調査兵団で戦っているのか
      この辺りも気になりますよね。
      彼が何のために戦っているのか…
      ケニーの死からちょっと揺れているようにも感じられます!

      いつも素晴らしい考察をありがとうございます!

      またコメントください!


      管理人アース

  2. 赤いたぬき より:

    いつも考察を楽しみにしております。

    はじめて投稿させて頂きます。

    陳腐な考察で申し訳ございませんが自分なりに考察をしてみました。

    まず、年代を無視し、「悪魔の末裔」という言葉に注目しました。
    巨人出現の100年程度の過去
    であれば末裔という言葉がおかしいと感じた為です。
    そこで、ドイツの悪魔的な行為といえばやはりナチスドイツによるユダヤ人虐殺
    進撃の巨人の世界では「太陽が西から昇る」「文字が上下逆」等こちらのサイトでも考察されている通り様々な事が逆に起こっているので、時間軸でも同じ事が言えるのでは無いかと考えました。(地理に関しては逆になっていないと個人的には考えておりますが、、)
    物語の舞台850年よりナチスドイツの虐殺は1000年以上未来(作中での過去)なので末裔という言葉もしっくりくるように思います。
    更にドイツが舞台なので直径半径480kmの円が作ることのできる中心はシュトゥットガルト近辺しかありません。
    そこから南東(作中ではアニの故郷とされるウォールマリア南東)の方角にはナチスによって迫害されたセルビア等があり、ドイツを恨んでいても何ら不思議ではありません。
    更にこの時代のゲルマン帝国の思想はゲルマン「諸民族」による国家を作ることで1部の民族を除く大多数が同一民族という設定がなんとなくしっくりくる気がします。

    また、「第1話の2000年後の君へ」もそう考えるとわずかながら説明が出来るかと思います。
    巨人出現の2000年後(前)の紀元前13世紀にユダヤ人虐殺事件が始まったとされているからです。
    これは逆に考えると2000年後に巨人が駆逐しきれると私は考えており、最終話(エレンがいる間)では巨人は完全に駆逐し切れないということでは無いでしょうか?

    追記
    以降は妄想が大半を占めているのですが、時代背景をあまり重要視していないとすれば舞台の南であるバルカン半島は第一次世界大戦で多くの死傷者が出た場所でもあります。

    巨人が大量発生しているのと何か関係あるのかもと考えております。

    • 管理人アース より:

      赤いたぬきさん!

      コメントありがとうございます!

      >ドイツの悪魔的な行為といえばやはりナチスドイツによるユダヤ人虐殺
      これはそうですよね!
      となるとこの物語はドイツが地理的舞台というだけではなく、ドイツという国の歴史も踏襲されているということでしょうか?
      これスゴイですね!
      となると、故郷組は昔ナチスに迫害された人々の子孫ということになりますね!
      面白いです!

      今後ドイツの歴史を踏襲している何かしらの伏線が登場すると面白いですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. アルミン蝉 より:

    作者がいっているのでドイツにこの世界があるって信じたいんですが、もし、進撃の巨人の世界がこの地球の大陸上にある、大きさも同じ、となるなら公式の壁の大きさを当てはめると、ドイツには入りません。(壁の領土はドイツの領土の二倍ほどです)ヨーロッパにもギリギリはいるけれど、海が近すぎちゃって海があるって壁の上からみたらばれちゃう感じと思うのです。
    ……

    • 管理人アース より:

      アルミン蝉さん!

      コメントありがとうございます!

      ドイツが中心ではないかもですね。
      おそらくは、ヨーロッパのどこかと思うのですが…
      この辺りは、グリシャ・ノートで明らかになるのでしょうか?(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ