諫山先生ブログ「現在進行中の黒歴史」からコミックス表紙考察!

1ヶ月更新が止まっていた諫山先生のブログ「現在進行中の黒歴史」が、連日更新となっていました!

更新内容には、20巻表紙のらラフ画が!

そして、意味深発言も飛び出しています!

では、内容を見てみましょう!

Sponsored Link

◆諫山先生ブログ更新で20巻表紙のラフ画が公開!

2016-08-05_194948
「現在進行中の黒歴史」より


8月4日に更新されたブログでは、「東京は暑かった」と書かれており、いかに日差しが強かったかと、所感が記されています。

その下には、「20巻のラフ」と書かれた20巻表紙のラフ画が!

クリックすると大きく見られ、迫力あるラフ画が鑑賞出来ます!

実際の表紙はこのようになっています。
2016-08-05_195135
「別冊マガジン8月号」より


違いとしては、まずラフ画では、リヴァイがブレードを握り、獣の巨人に立ち向かおうとしている姿勢であることが分かりますね。

実際の表紙では、リヴァイは歯を食いしばり、動こうとはしていません。

さらに、実際の表紙では佇んでいるだけの獣の巨人ですが、ラフ画での獣の巨人は、今まさに投石攻撃を行おうとしています。

このリヴァイと獣の巨人の違いは大きいですよね!

この違いから、感じられるのは「リアルタイムを切り取った場面」なのか「抽象的な場面」なのかの違いです。
2016-08-05_195135-horz
ラフ画では、まさに獣の巨人が投石攻撃を行おうとしており、そこにエルヴィンが陣頭指揮を取り、立ち向かって行き、負傷したリヴァイはそれに加わろうとしますが、(エルヴィンを助けるため?)負傷のため動けない、というような一場面に見えます。

しかし、実際の表紙では獣の巨人は佇んで、存在しているだけのように見えます。

そして、リヴァイは動こうとはしていないように見え、エルヴィン達と同じ場所にいるのですが、別の所にいるようにも見えますよね。

つまり、「全く歯が立たない獣の巨人・それに立ち向かうエルヴィン達・負傷のため加われないリヴァイ」というそれぞれを抽象的表している一枚の絵のように見えます。

表紙を考察!ループ説と関係も!!で「進撃の巨人」の表紙については考察していますが、ループを表すという意味を持っているであろう表紙としては、もちろん実際の表紙の方が秀逸ですよね!

このように表紙が作られて行くのだなと感じ、非常に興味深く見させてもらいました!

全然関係無いのですが、リヴァイを「リヴァ」、エルヴィンを「エルヴィ」、獣の巨人を「サル」と書いてあるのも、何か微笑ましい感じを受けました(笑)

「ケモノ」ではなく「サル」と諫山先生も書くのだなと(笑)

今回公開された20巻表紙のラフ画からは、いろいろ発見できましたが、さらにブログに書かれた文章からも面白いことに気付きました!

その文章の内容を見てみましょう!

◆ブログ内容「荒川強啓デイキャッチオープニングスタイル」から20巻表紙を考察!

2016-08-05_195135
「別冊マガジン8月号」より


諫山先生が更新されたブログの最後の文章は、「たまには当たり障りのない 荒川強啓デイキャッチオープニングスタイルで」であり、その下に20巻表紙のラフ画が挿入されています。

「荒川強啓デイキャッチ」という番組は、TBSラジオにあります。

TBSラジオCLOUDにオープニングがありますが、たしかに「当り障りのない」感じを受けました(・_・;)

つまりは、今回のブログ内容が「当り障りのない感じで」という意味なのかと思われました。

ただ、これはあの「予想の斜め上を行く」諫山先生のブログなので、ここでちょっと考えてみます。

もしかしたら、「荒川強啓デイキャッチオープニングスタイル=当り障りのない」は、20巻のラフ表紙=「オープニング」という意味があるのではないかと思ったのです。

つまり、「20巻の表紙が当り障りのない」という意味になりますね!

これは、意味深です!

「20巻の表紙は当り障りがない」=「19巻までの表紙は当たり障りがある」という意味なのでしょうか?

…むちゃくちゃ深い意味に考えられますよね!

この諫山先生の短いコメントは、これまでのエルヴィンの表情なみに意味深です!(笑)

さすがに考えすぎかと思われますが…

表紙を考察!ループ説と関係も!!を見てもらえれば、20巻表紙が「当たり障りがない」訳が無い事が分かると思います!(笑)

見てみてください!

今回のラフ画から、どのように表紙が作られていくのかが分かりましたが、コミックス表紙には要注目です!

進撃の巨人ネタバレ20巻あらすじ感想と考察まとめ!
進撃の巨人ネタバレ21巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!




Sponsored Link

8 Responses to “諫山先生ブログ「現在進行中の黒歴史」からコミックス表紙考察!”

  1. 生き残れなかった兵士 より:

    今日はお盆の日ですね!休日ライフを満喫せねばです!(^-^)

    何方かというと私はラフ画の方が好きです。
    サルも躊躇なく攻撃がしてくる描写が迫力あると思います!

    もちろん表紙の方も、いろいろ気に入ってます。

    ここで気になるのが採用された表紙では、獣の巨人が投石しようとせず、リヴァイの元に歩を進めいる事ですね。
    つまりリヴァイを止めを刺そうとしている光景ではないかと。


    周りには巨人は倒せても獣の巨人の襲撃は失敗して、エルヴィンがリヴァイをカバーしようと特攻してるようにも見えます。
    つまりこの特攻作戦は、負傷したリヴァイを回収して撤退しようと考えている可能性もありえます。
    接近戦でリヴァイと戦っていた所からの増援の為に、獣の巨人も素手で応戦しようと見えます。

    ということはこの世界は、マルロやエルヴィンの囮の特攻作戦での犠牲が無かった場合の過程ではないかと!
    リヴァイ1人では獣の巨人には勝てない、これを作者は伝えたいのではないかと思いました!

    つまりこの世界では敗者リヴァイであり、エルヴィン、マルロ達撤退ルートとなりそうです!

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      コメントありがとうございます!

      >リヴァイを止めを刺そうとしている光景ではないかと。
      なるほど!
      たしかにそのようにも見えます!
      エルヴィン、マルロがリヴァイを助ける展開だったのかもですね!
      これは、これで面白い展開のような(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 兵長の寝室掃除係 より:

    日々の更新お疲れ様です。

    団長を失ったショックから立ち直れず、考察に頭が回らなくなってしまいました…。
    思っていた以上に(精神的に)重症です。

    ミケやナナバの時もそうだったのですが、大好きなキャラクターが死んでゆくのは本当に本当に辛いですね。
    残酷な世界の残酷な物語で、誰がいつ死んでもおかしくないという事は重々承知していたはずなのですが…考察以前に、団長の亡骸は放置していかないで欲しいなどと思ってしまいます。
    ループ世界があるなら、自らループして、大勢が生き残れる世界を探したいとも思ってしまいます。

    哀しい…。

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!

      >大好きなキャラクターが死んでゆくのは本当に本当に辛いですね。
      本当にそうですね・・・
      今回のように活躍したキャラが死亡してから読み返した時に、以前のイキイキしていた場面を読むと…うるっとします(-_-;)
      たとえば今、巨大樹の森でのエルヴィンの活躍したシーンを読んだりしたら、絶対ヤバイです(笑)
      それでも、これから生き残った彼らが、どのような展開になるのかも気になります!
      エルヴィンの夢、彼らで叶えて欲しいですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. エルヴィン先生 より:

    更新お疲れ様です。
    進撃の巨人では毎回表紙が「ありえないシーン」となっていますが、20巻の場合、獣の巨人が投石していない、周囲の無知性巨人が確認できていないことから考えると、「四足歩行型巨人がいない場合」を抽象的に切り取っているのではないでしょうか。ただ、リヴァイがどこで左肩を怪我したのかは気になりますねー。

    • 管理人アース より:

      エルヴィン先生さん!

      コメントありがとうございます!

      >獣の巨人が投石していない、、「四足歩行型巨人がいない場合」
      この考察面白いですね~。
      そうなると、たしかにリヴァイの怪我がどのように起きたのかが、謎となってきますね。
      獣の巨人に投石攻撃以外の攻撃があるのかもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. sukekiyo より:

    今まで表紙の絵をしげしげと眺めていることはありましたが、こちらのサイトの記事を読むまではその「意味」までは考えたことがなかったです。

    現在手元の20巻の表紙をじっくり観察しているのですが、リヴァイの深刻な負傷シーンって考えてみたら初めてですよね?
    左肩を押さえ、掌が上を向いているので思うように左腕を動かせないのでしょうか。
    確かにどうやって負った怪我なのか想像しますが気になります。

    ラフ画では投石フォームの獣の巨人と負傷しつつも立ち向かおうとするリヴァイに対し、実際の表紙は攻撃せずに向かってくる獣と苦悶の表情で立ち上がれないリヴァイ。

    ここには獣との圧倒的な力の差と、獣のラスボス感を強調させているように感じました。

    これがあり得ない場面であり、当たり障りがありそうな場面であると同時に「人類最強」とされるリヴァイがこの局面で深刻な負傷をするという不吉な描写、つまり読者にこれから終焉に向けての「さらなる不穏で残酷な展開」を予兆させるような絵にも見えました。

    • 管理人アース より:

      sukekiyoさん!

      コメントありがとうございます!

      >リヴァイの深刻な負傷シーンって考えてみたら初めてですよね?
      女型の攻撃からミカサを守るために負った、足の負傷くらいしか思い浮かびません。
      たしかに、これまでありませんよね。

      >どうやって負った怪我なのか想像しますが気になります。
      やはり、獣の石つぶて攻撃で負ったのだと思いますよ。
      「神回避」が起こらなかった世界かと。

      >獣との圧倒的な力の差と、獣のラスボス感を強調させているように感じました。
      あ、これはありますね!
      良い改変ですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ