ライナーが死亡の真相!鎧の巨人の最期はエレンに敗北?

第76話の最後の場面で、ライナーが新兵器「雷槍」にて吹き飛ばされるシーンで終わりました!

当サイトのコメントにもライナーが死亡したのでは、というコメントもいくつかありましたが、管理人アースは死亡していないと考えています!

それでは、ライナーが死亡したのかどうかを検証してみましょう!

Sponsored Link

◆ライナーは雷槍の攻撃で死亡したのか?

2015-12-13_030610
「進撃の巨人」76話「雷槍」より

第76話での雷槍の攻撃でライナーは死亡したのでしょうか?

管理人アースは、ライナーは死亡していないと考えています!

まず、ライナーが死亡していないという理由を二つ、紹介しましょう!

第43話「鎧の巨人」でのミカサの場面からの考察!

2015-12-12_042729
「進撃の巨人」第43話「鎧の巨人」より

第43話でミカサはライナーとベルトルトを倒すチャンスを逃し、「最大のチャンスを…」と仕留め切れなかった自分のミスを後悔する場面があります。

その時に「次は無い…次はもう…無い」とミカサは断言しています。

つまりミカサは「自分にライナーとベルトルトを倒すチャンスは、二度と来ない」と言っているのです。

ミカサにはループ説が根強くあり、判明していませんが現在の経験を既にしている可能性があります。

そのようなミカサが「次はもう無い」と言っているのですから、ミカサがライナーを倒すことは無いと考えて良いでしょう!

このミカサのシーンの考察は【進撃の巨人ネタバレ43話の考察!「鎧の巨人」の伏線ポイントまとめ!】】でもしていますので、見てみてください!

ちなみに、今回の「雷槍」にてライナーを攻撃したメンバーにミカサはいたでしょうか?

いました!
2015-12-12_043724
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


ということは、ミカサにはライナーを倒すチャンスはないはずですから、今回の攻撃でライナーは死亡しないはずです!

おそらく、瀕死の状態くらいではないでしょうか?


第76話のライナーの伏線からの考察!

2015-12-13_030956
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


今回の第76話で、ライナーはエレンに対し攻めあぐね「もはやこの手を使うしかー」と何かしらの「奥の手」を持っている事を示唆するシーンがありました。

その前に「俺一人では…」と言っていることからベルトルトを呼ぶのではなどが考えられましたが、その後の「雷槍」の攻撃により、「奥の手」が何だったのかは分からずに終わっています。

この「奥の手」を判明させるためにも、ライナーは死亡していないと管理人アースは考えています!

それでは、次回第77話でのライナーはどうなっているのでしょうか?


◆「雷槍」を受けたライナーの今後を予想!

2015-12-13_035322
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


管理人アースはライナーが死亡していないと予想しましたが、それではライナーの今後の展開はどうなるのでしょうか?

ライナーについては、多くのコメントが寄せられており、ここで紹介しましょう!

進撃してやるさん!の予想!

私もライナーは生きていると思います。しかしあの威力の雷槍がうなじで爆発したのですから無事とはいかないでしょう。
そこで、アルミンもしくはハンジあたりが生け捕りを提案するはずです。
このときライナーは巨人化の直後&ケガの修復のためしばらく巨人化できません。
生け捕りにしたライナーの使い道はずばり調査兵団の誰かが注射
により巨人化した際に知性巨人化するために食われるでしょう。
しかも、硬質化のおまけつきということもあり一石二鳥です。

進撃してやる!さんもライナーが生きていると予想しており、リヴァイの巨人化注射によって無知性巨人化した団員に捕食させるという展開を予想しています!

たしかに硬質化のおまけ付きというお得なセールとなっていますが、けっこう残酷ですね(―_―;)


進撃のJKさんの予想!

死んではいないけど瀕死。拘束しリヴァイの元へ運ばれ知性巨人化のための生贄に使われる。
つまり近々猿側の戦いで巨人化が必要な時が来るという伏線である。力を引き継いだ人が「待ってー」
(おそらく「待ってくれ」って言おうとしたのかな?)
の後にライナーが言おうとしていたことがわかる仕組み。ヒストリアに記憶を戻してもらうことによって発覚する。

進撃のJKさんもライナーはリヴァイの巨人化注射で無知性化した団員に捕食されると予想しています!

その後、ヒストリアにより捕食した団員の記憶から奥の手の解明があるのでは?との予想ですね。

これならライナーが死亡しても、奥の手の解明が可能になります!

自分の予想が不安になってきますね…(・_・;)

もしかしたら、ヒストリアによってライナーの記憶から故郷についての情報が明かされるという展開もあるかもですね!


Flugel der Freiheitさんの予想!

ライナーは、最後の力を振り絞り、獣の巨人に助けを求めるかもしれませんが…。
無情な獣の巨人であれば、ライナー救出よりも座標奪取を優先し、
ベル樽トをエレンに命中させる可能性が高いような気もします

瀕死のライナーが獣の巨人に見捨てられるという展開を予想しています!

獣の巨人はアニを見捨てているので、このような展開もあるかもですね!

この展開だと、このままライナーは死亡するかもしれません!

やはり、自分の予想が不安になっている管理人アースです…(;・∀・)


◆ライナーの「奥の手」とは?

2015-12-13_030956
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


ライナーの「もはやこの手を使うしかー」という描写から、ライナーには奥の手があると考えられます。

この奥の手とは、どのようなものなのでしょう?

こちらも多くのコメントが寄せられており、紹介します!


PICAさんの考察!

ライナーの「奥の手」とは
獣の巨人に合図を出して(地面を叩くようなポーズ?)
ベル樽トを 投げ込んでもらう事ではないでしょうか?

「奥の手」がベル樽を投げ込んでもらうという考察です!

この考察は、管理人アースの77話のあらすじで考察したものと同じですね!

【進撃の巨人 ネタバレ】77話最新のあらすじ考察!にてお伝えしてますので、見てみてください!

スノゥさんの考察!

ライナーの奥の手はエレンが壁を塞いだように全身硬質化してエレンゲリオンごと2人で身動き不能になることかなぁって思いました。
2人で硬質化?ベル樽投?火攻め?後で2人回収みたいなどでしょ?

ライナーがエレンを巻き込んで全身を硬質化という考察です!

ライナーが全身硬質化してエレン奪取という「奥の手考察」は、何人かの方がコメントしてくれています。

首位太さんの考察!

「刺し違える」といっても死を以ってではなく、アニが硬質化(結晶化)
した際に危うくエレンも同化されそうになりましたよね。
あれと同様にライナーもエレンを巻き込んで硬質化(結晶化)を狙っているのでないかと思ったのです。

以前にアニが水晶体に覆われた展開からの予想ですね!

これならライナーが自分を守りながらエレンも奪取出来るという一発逆転の奥の手となりそうですね!

それでは、管理人アースの今後のライナーの展開予想を紹介します!

Sponsored Link


◆管理人アースの今後のライナーの展開予想!

2015-12-13_032241
「進撃の巨人」第43話「鎧の巨人」より


管理人アースは【進撃の巨人 ネタバレ】77話最新のあらすじ考察!でも予想しているように、ベルトルトがライナーを助けに来る展開が77話ではあると考えています。

ライナーの奥の手とはベル樽の事であり、獣の巨人によって投げられた樽の中からベルトルト@超大型巨人が現れ、超大型巨人による空中からのボディープレスだと思っています!

そこでエレン奪取がされるのかどうか?ですね!

ライナーが瀕死の状態であるため、ベルトルトが登場し、ライナーとエレンを回収出来たとしても二人を抱え獣の巨人の元へ退避が出来ないでしょう!

兵長の寝室掃除係も
ベル樽ト攻撃ですが、ボディープレスのような事をしたとして
その後どうやってベルトルトを回収する作戦なのでしょう。
ライナーに回収して貰う予定だったのでしょうか。
壁を壊した形態の超大型巨人になったとしても、動き回れるほど機敏ではないでしょうし…。
とコメントしています。

では、どうするか?

もしかしたら、ここで四足歩行型巨人の登場ではないでしょうか?

四足歩行型巨人は足が速いという特徴があるのではと考えられます!

以前、サシャを追いかけた四足歩行型巨人は馬の速度に追いついていました!
2015-12-13_032301
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


そこから獣の巨人の横にいる四足歩行型巨人の足も速いと考えられるので、エレン、ライベルを乗せたまま退避可能なのではないでしょうか?

管理人アースはライナーの奥の手がベルトルト登場であり、ベルトルトと四足歩行型巨人が登場しライナーは助かると考察します!

もしかしたらエレンが奪取される展開も考えられますが…これはまだ先になるかもしれませんね。

エレンとの勝負には勝てず、どちらかと言うと敗北したような形のライナーですが、今後の展開ではエレンの方が厳しいのでは、と考える管理人アースです!

【進撃の巨人ライナーが巨人化!包帯から戦士と兵士の真相!】
【進撃の巨人ライナーが鎧の巨人の伏線は?】


Sponsored Link

23 Responses to “ライナーが死亡の真相!鎧の巨人の最期はエレンに敗北?”

  1. 現実の巨人(微知性) より:

    こんにちは。
    度重なる考察ご苦労様です。

    たびたび出てくるループ説、少し疑問を感じます。
    ミカサの「次はもうない」というセリフ、確かにループを感じるセリフではありますがそれならなぜライベルがカミングアウトする前にやらなかったのかと考えてしまいます。
    合流前からライベルへの疑惑があるにも関わらず、合流後の二人へのマークが薄い感じがします。
    ループして知っているならなおさらです。
    知っていてライベル二人とエレン単独での接触は無用心過ぎるのでは…?

    • 秀丸 より:

      ループしているって設定だとすると、今までの話の展開をどう矛盾なくループ設定に収束させるかは、作者として難易度高いと思います。まあ、無理矢理なコジツケをしちゃう場合もあるかもですが、そうなったら興ざめですよね。

      例えば、ミカサがループしていてループ前の記憶がある状態というのは、今までの話の展開から無理矢理な設定だと思うんです。第一話から様々なループ前の記憶を活かした行動を取るでしょうし、出来事の全てをミカサは初体験として行動しています。未来の出来事を予め知っている描写はありませんでした。

      だから、もしループ説が正しいとしても、もっと違った設定だと思います。
      太陽が西から昇っているのと関連させて、世界そのものがループする、とか。

      ただ、記憶改竄という能力が既出なので、こういったことが現実にある世界観ということは、もはや何でもアリな気もします 笑。なので、作者にはただただ納得出来る論理的な展開と世界設定にしてほしいと、願うばかりです。

      • 管理人アース より:

        秀丸さん!

        コメントありがとうございます!

        第1話の「いってらっしゃい エレン」がそもそものループ説の始まりですよね。
        で、エレンのミカサの髪の長さに対するツッコみ。
        ここで、「エレンはミカサの力によって何周目なのではないか」と思わせられたのです。

        その後、ミカサが未来の出来事を知っているという描写はありません。
        なので、確かにミカサのループはちょっと厳しいかもですね!

        >ので、作者にはただただ納得出来る論理的な展開と世界設定にしてほしいと、願うばかりです。
        そうですね。
        しかし、アニの女型の巨人の伏線、ライベルの超大型巨人、鎧の巨人の伏線など、この作者の伏線回収能力は信頼に足ると管理人アースは感じています!
        なので、作者を完全に信頼し、考察をしている日々を送っています!
        とにかく信頼し、作品を楽しむのが良いかと思います!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    • 管理人アース より:

      現実の巨人(微知性)さん!

      コメントありがとうございます!

      >確かにループを感じるセリフではありますがそれならなぜライベルがカミングアウトする前にやらなかったのかと考えてしまいます。
      そうなんですよね~。
      ミカサにはループを感じさせるシーンが多々ありながら「だったらなぜ?」と思わせられる事も多々あります。
      これは、現在では「ループの記憶が曖昧だから」というくらいにしか解釈出来ません。
      とくにミカサはセリフが少ないので、実際の心情が分かりにくですしね(これは作者が意図的にしていると思いますが)
      なので、ミカサのループはまだまだ未確定だと思います。
      ただ、「ループするかもしれない」という可能性を残しながら、これからも作品を見ていこうと思っています!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 兵長の寝室掃除係 より:

    「俺一人では」「もはやこの手を使うしか」から想像するに
    ライナーが「誰か」と何かをする事=この手 となりますよね…。

    その「誰か」とエレンを抑え込んで奪取(齧り取る)するという事ではないでしょうか。

    「誰か」は現時点ではベルトルトだと思います。
    以前、壁の上でライナーとベルトルトが遠くを眺めているシーンがありましたが、あの時に二人で何らかの作戦を考えていたのではないかと思います。
    過去に、超大型巨人がユミルと他の兵士を一緒に食べた事もあったので、ライナーがエレンを羽交い絞めしている時に、二人纏めてベル樽トに食って貰うとか。
    その後、ベルトルトが人間に戻って四足歩行型に乗り込んでも、今回は獣の巨人がいるのでエレン奪還は相当難しくなりますが…。

    そしてもう一つ考えてみたのですが
    「もはやこの手を使うしか」からの予想で、ライナーがあの場で敢えて人間に戻り、104期メンバーの同情を誘って油断させるというのはどうでしょうか?
    「俺もベルトルトも獣の巨人に脅されていたんだ!助けてくれ!」などと言われたら…?
    巨人であっても攻撃を躊躇うジャン達は、ライナーが人間であったなら攻撃出来るでしょうか?
    無論、ミカサやハンジ達はそれを許さずライナーを殺しに行くでしょうが、敢えてそこで死ぬ事によって調査兵団内の分裂を促す事が可能かもしれません。

    ライナーは頭が良いので、雷槍は予想外だとしても、こちらの予想を超える何かをしてくるのではないでしょうか…!

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!

      >「誰か」は現時点ではベルトルトだと思います。
      ですよね!
      ベルトルトがライナーを助け、エレン奪還に乗り込んでくるという予想ですね!

      >ライナーがあの場で敢えて人間に戻り、104期メンバーの同情を誘って油断させるというのはどうでしょうか?
      これスゴイですね!(笑)
      確かにサシャ、コニー辺りはホロッとしそうですね!(笑)
      しかし、ミカサが問答無用で斬りつけそうです!(;・∀・)

      面白い考察ありがとうございます!
      またよろしくです!



      管理人アース

  3. 現実の巨人(微知性) より:

    秀丸さん
    管理人アースさん
    ありがとうございます

    なんでもあり、だけど芯が通っている、素晴らしく魅力的ですね。

    これからも楽しみです。
    よろしくお願いします。

  4. 雷槍の誤爆があり、ライナーは間一髪助かる!
    などという、ネガティブな考察は ご法度として
    おきましょう。(苦笑)

    となれば、お得意の 「脳機能の移動」です。
    本体が破壊される直前に、脳機能を巨人内に移動
    させるのです。
    しかし これでは、助かっても二度と人間に戻れない
    という 可哀相な結果となります。
    どうにもダークな発想しか浮かびません…

    最期の手段として、ライナーの延命願いが ネットに
    数多く集まれば、“諌山巨人”から救いの手が!?
    などと、曖昧な考察で どうもスミマセン。(爆)

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      >しかし これでは、助かっても二度と人間に戻れない
      という 可哀相な結果となります。
      これスゴイ展開ですね!
      ライナーにとっては本当に「最終手段」ですね!(笑)

      ライナーにはもうちょっと生きていてもらって、いろいろな伏線回収の展開になって欲しいです!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. Flügel der Freiheit より:

    皆さんのコメントを拝読して考えると、もしもライナーが助かるとすれば、アニのように強固な水晶体で身を守るという可能性が高そうだと思いました。水晶体に覆われれば身動きできませんが、極めて高い硬度が得られるそうですから、雷槍の爆発にも耐えられるかもしれません。個人的には、一番説得力を感じます。

    いずれにせよ、エレンは少し離れたところにいますから、エレンを巻き込んで硬質化するということは無理でしょう。

    その場合ライナーは、水晶体に覆われた後は、いったん調査兵団との戦闘からは引き下がると思います。自力で水晶体から脱出できるのかは分かりませんが、後で獣の巨人が何とかしてくれることを期待しているかもしれませんね。



    さて、ループ説自体は非常に説得力のある説ですが、ミカサがループ前のことを覚えているかについては疑問点が多いですね。

    仮にループ前のことを覚えている場合、「ライナーが水晶体で身を守る」という予想は整合性がありますが…。

    ちなみに私は、ミカサの頭痛シーンは、エレンが過去のループで亡くなったことがある場面だと考えています。第45話の頭痛の場面で、ミカサはひどく落ち込んでいましたが、もしも毎回助かっているのであれば、そんなに悲しむ必要はないと思います。

    ちょっと強引な解釈かもしれませんが、死に急ぎ野郎のエレンがウォール・マリア奪還作戦まで生き残るループは珍しいのかもしれません(笑)ゆえに、ミカサの記憶も徐々にあやふやになっていて、最近ミカサが頭痛を起こしていない理由の1つかもしれません。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >死に急ぎ野郎のエレンがウォール・マリア奪還作戦まで生き残るループは珍しいのかもしれません(笑)ゆえに、ミカサの記憶も徐々にあやふやになっていて、最近ミカサが頭痛を起こしていない理由の1つかもしれません。
      なるほど!
      これは新しい解釈ではないでしょうか?
      もしかしたら現在の「進撃の巨人」はかなりレアな長さの周になっているのかもしれませんね!
      面白い考察です!
      ちなみにアニメ「巨人中学校」の12話(最終話だと思いますが)の予告がループを思わせる内容でした!
      これは楽しみですね!\(^o^)/

      >アニのように強固な水晶体で身を守るという可能性が高そうだと思いました
      アニの時には父親の記憶を思い出しながら水晶体に覆われました。
      今回は「絶対に故郷に…」というライナーの強い意志の描写がありながら水晶体に覆われるかもですね!
      やはりライナーは助かる!という展開かもです!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. A-11 より:

    「もはやこの手を使うしか」
    裏を返せば、まだ他の手があるなら使いたくない最終手段。
    「俺一人では」
    その手段を使えば、
    「俺二人なら」!?

    獣の巨人の腕を以ってすれば、シガンシナ区内へのどこかへ、壁越しにベル樽トを投げ込むこと自体は容易でしょう。
    しかし、ピンポイントでエレンゲリオンとかライナーとかに命中させるのは困難です。
    ベル樽トの超大型巨人より低い獣の巨人の身長では、視野までは壁越しができないからです。
    壁に目隠しされた状態では、一発しかないベル樽トはピンポイント用途には使えません。

    ライナーの他にもう一人区内に隠れていたのがテレパシーとか無線通信を使えるとか、この大事な局面に伏線無しで新キャラの新能力を登場させるほど、諌山先生はお疲れではないはずです。
    逆に言えば、ライナーのピンチを救う増援が区内にいる描写は、既に済んでいるはずです。
    すると、ライナーの他に区内にもう一人、巨人側の人間がいるではありませんか。
    ライナーです!
    ライナーが「兵士」と「戦士」の二重人格者であり、一部の記憶が共有出来ないほど分裂していることは、このサイトで既に考察済みです。
    勿論、普通の人間なら、人格の分裂がどんなに進んでも、肉体まで分裂することはありません。
    しかしライナーは違います。
    「クソッ!!」「これも『巨人の力』か!?」
    脳機能を「全身に移す」ことができます。
    「全身のうち、どこか一点」ではありません。
    分散していたのです。

    なので、おおぞらバードさんの考察と途中は一緒です。
    最初と最後が異なっていて、脳機能の移動は雷槍回避のためではなく、もう一人の「戦士ライナー」召喚のため。
    雷槍によって破壊されるのは本体に残った「兵士ライナー」だけなので、無事に延命されたライナーは104期生に告げるでしょう。

    あれ? 『兵士ライナー』はどこ?
    そうか、お前たちが殺したんだな(怒髪天)!
    兵士では到底かなわない戦士の巨人習熟量(当社比256%up!)を、その身で味わって死ね!

    • 管理人アース より:

      A-11さん!

      コメントありがとうございます!

      兵士ライナーと戦士ライナーと二人いたとの考察ですね!
      新しいです!

      となると、次号77話では「戦士ライナー」が登場となるのでしょうか?
      104期生に躊躇いなく襲いかかるライナーは、あまり見たくありませんが
      「世界は残酷」ですから、展開としてはあるかもですね…(ーー;)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

      • A-11 より:

        お言葉に甘えて、一つ傍証を。

        第7話のアニとライナーの会話。
        「ライナー…どうする?」
        「まだだ…やるなら集まってからだ」
        第42話の巨人カミングアウト。
        「ライナー やるんだな!? 今・・・! ここで!」
        「ああ!! 勝負は今! ここで決める!!」

        故郷組の指揮系統の頂点にいるのは、ライナーです!

        ライナーが故郷班の長をやっている理由として

        [ライナーはガキ]
        他の二人は大人の対応が出来るが、ライナーは出来ず、上官の指示を無視する。
        従って、上官のいない地位にライナーを付けざるを得ない。

        という可能性もあります。
        しかし、ベルトルトの台詞からはライナーを見下した台詞はなかったと思います。
        さらに、第70話でアニ救出の優先順位を巡って戦士長相手に決闘を試みていました。
        従って、ライナーが班長になっている理由が
        [ライナーは故郷班(アニ含む)のうち最強の手練]
        である可能性が高いと私は考察します。

        第75話で
        「単純な格闘能力なら 女型の方がずっと手強かった」
        とエレンは評しています。
        しかしエレンは、そして我々は、ライナーの実力を未だ見ていないのかもしれません。
        既出だったらゴメンなさい。

        • 管理人アース より:

          A-11さん!

          コメントありがとうございます!

          ライナーがライベルアニの中でのトップという考察は、その通りだと思います!
          まず、3人の年齢です。
          アニ16才
          ベルトルト16才
          ライナー17才
          なので、ライナーがリーダーということは頷けます。
          とくに、3人がシガンシナ区の壁を壊し、はじめて人類を攻撃した時の年齢はライナー12才、アニ、ベルトルト11才です。
          これほど幼い時の1才差は大きいでしょうし、この時からライナーはリーダーだったと思われます。
          もしかしたら、この時はマルセルだったかもしれませんが(ーー;)

          >第70話でアニ救出の優先順位を巡って戦士長相手に決闘を試みていました。
          これは、この時にはアニがいなく、
          ベルトルトの超大型巨人は戦闘に向いていないのでライナーが戦ったのだと思いますよ。
          ベルトルトの超大型巨人は歩くことすら出来なく、動きも鈍いので!
          もしこの時にアニがいたら、アニが戦ったのだと思います!

          リーダー役のライナーですが、あまりにも実直で真面目過ぎて、「戦士」と「兵士」で分裂してしまいました。
          本当に辛いんだと思います。
          本当に「世界は残酷」だと思わせられますね。

          またコメントください!
          よろしくです!


          管理人アース

  7. さっさ より:

    こんにちは。

    仮にベル樽とが投げ込まれたとして、丁度いいタイミングで巨人化することは果たして可能なのでしょうか。
    樽の中にいるベルに凄まじいGがかかりただでは済まない気がします。

    • 管理人アース より:

      さっささん!

      コメントありがとうございます!

      >樽の中にいるベルに凄まじいGがかかりただでは済まない気がします。
      この辺りは立体機動装置の訓練が助けになっているのと、巨人の力で何とか(笑)
      樽に穴が開いていて、外が見られるので、ちょうど下にエレンなり調査兵団なりがいる所で巨人化して
      樽がピカッと光り中から超大型巨人が出現!なんて展開ではと思っています!
      樽の穴がかなり多く開けられており、一周しているのではと思われます。
      これは空中で樽の穴が下になっているところが開いていないとベルトルトが巨人化するタイミングがはかれないからだと思います。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  8. baron より:

    ミカサの
    「次は無い…次はもう無い…」というセリフは
    次はもう逃がさない…次のチャンスの時には必ず殺してやる…
    という意味で捉える方が普通ではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      baronさん!

      コメントありがとうございます!

      >次はもう逃がさない…次のチャンスの時には必ず殺してやる…
      そのような意味で捉えることも出来るかもですね。
      ですが、その意味で言うなら「次には絶対…」とか「次では必ず…」と言うかなと管理人アースは思います。
      「もう無い」という表現ですから、意味としては「次にはもう無いのに…」という取り返しの付かない状況にしてしまったという
      ミカサの後悔の念を表しているように捉えました。
      ただ、管理人アースはミカサファンなので、どうしても「ループ説」推しになっているので、そのような意味に感じたのかもしれません!(笑)
      作者がどちらの意味でも捉えられるように表現しているというのが正解だと思います。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  9. ズキ より:

    ライナーは生きているのかそれとも死んでしまったのか、作者お得意のどっちとも取れる引きでまだまだドキドキ展開が続きますね。

    前のコメントにいただいたお返事で管理人様も木箱の中に入っているのは巨人化薬だと考察していたことに気づきました。
    きちんと読み込んでおらず、大変失礼いたしました。

    壁の上までのぼってきたライナーが、自分の役目は馬をつぶすだけでいいと自分に言い聞かせていたこと、エルヴィンを前にしても手を出さなかったことを考えると、最後まで使いたくなかったであろう「奥の手」は、やはりかつての仲間たちを地獄に陥れることになる、調査兵団たちの無差別巨人化ではないかと思います。
    兵士たちを巨人化させ、エレンを襲うことに成功すれば混乱に乗じてエレンを齧り取ることも可能になりますし。

    兵団の中で誰が最初に巨人化することになるのか、そしてアッカーマンの血統であるリヴァイやミカサも薬により巨人化するのか、今後の展開が非常に楽しみです。
    ちなみに個人的にはミカサを巨人化されたエレンが覚醒してループ発動するのではないかと思っているのですが、ミカサ好きの私としてはあまり見たくない結末ですw

    • 管理人アース より:

      ズキさん!

      コメントありがとうございます!

      >兵士たちを巨人化させ、エレンを襲うことに成功すれば混乱に乗じてエレンを齧り取ることも可能になりますし
      これはそうですね!
      調査兵団が無差別に巨人化すれば、エレンをかじり取る事も可能になるでしょう!

      >ちなみに個人的にはミカサを巨人化されたエレンが覚醒してループ発動するのではないかと思っているのですが、ミカサ好きの私としてはあまり見たくない結末ですw
      これは同意見ですね!(ーー;)
      とくに巨人化したミカサがユミル巨人の様な姿だったらショックすぎます!
      せめて女型の巨人くらいなら許せそうですが…
      というか無知性巨人だった時点でアウトですよね!(泣)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  10. 進撃してやる! より:

    コメントを取り上げていただきありがとうございます。
    ライナーの奥の手ですが私は不発に終わると思っています。なぜなら、進撃の巨人のキャラはマルコのように誰もが劇的に死ねるわけではないからです。つまり、すべての力や作戦を出し切れる保証はどこにもないのです。獣の巨人が異変を感じ取ってベルトルト投下はあっても、ライナーによる召喚はないと思います。

    ここからは、取り上げていただいたものとは別の予想になります。生け捕りにせずとどめを刺す展開です。ミカサ達は雷槍を二発使い切っているのでエレンにとどめを刺すように呼びかけます。しかし、エレンはためらってしまうと思います。「殺さなきゃいけないんだ」のフラグ回収になるのでは。しかしここで、アルミンです。今回アルミンが雷槍を使用するシーンは描かれてないですが装備はしていました。つまり、雷槍がまだ使用できるのです。しかも、あの中で一番非情になれるのはアルミンでしょう。そうなればライベルアニは全員アルミンにしてやられたことになりますが。さらにこのことでエレンとアルミンの意見に食い違いが出てくるのではないかと思います。海の話をした時にエレンの反応が薄かったのを気にしていましたし。

    途中から少し話題とずれていた感はありますが以上です

    • 管理人アース より:

      進撃してやる!さん!

      コメントありがとうございます!

      >コメントを取り上げていただきありがとうございます。
      こちらこそ、おかげでレベルの高い考察が出来たと思っています!
      ありがとうございました!

      >そうなればライベルアニは全員アルミンにしてやられたことになりますが。さらにこのことでエレンとアルミンの意見に食い違いが出てくるのではないかと思います。
      いや~、この考察面白いですね!
      ここでもう一度アルミンが来ますか!
      アルミンの雷槍攻撃でライナーにトドメですか!
      面白いです!
      エレンと仲違いのきっかけになるという展開も面白いですね!
      何だかありそうな気がしていきましたよ!

      またコメントよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ