ユミルの再登場は単行本の何巻になるか検証!20巻21巻の真相は?

第70話、72話の最後でライナーとベルトルトが再登場しました!

それでは今後、第50話で二人と一緒に行動していたユミルの再登場もあるのでしょうか?

あるとしたら何巻で再登場するのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆ユミルの再登場を検証!

9bb0b897
「進撃の巨人」第41話「ヒストリア」より


ユミルは謎の多い人物で、分かっている過去は

  • 5年前ライナー、ベルトルトの仲間マルセルを捕食して人間に戻り、それまで無知性巨人として60年間さまよっていた。
  • みんなのために死んであげたらしい。

  • と言う事くらいです。

    関連する事は特別編「イルゼの手帳」に登場したイルゼ・イーターが言っていた「ユミルさま」「ユミルのたみ」という言葉です。

    この言葉に出てくる「ユミル」はユミルの事であり、この事からユミルはもともと高貴な身分、壁外の国のヒストリアのような王家の血を引いているのではないかと思われます。

    このようにユミルには未だに解明されていない数々の謎と回収されていない数々の伏線が残されており、【進撃の巨人のユミルが死亡しているか検証!再登場はいつ?】でも考察しています。

    となると、再登場しない訳がないのではないでしょう!

    もっと言うと、特別編まで作って「ユミルのたみ」との伏線を作った訳ですから、必ず回収するために再登場するでしょう!

    では、ユミルが何巻で、どのような形で再登場するのかを今一度、考察してみましょう!
    Sponsored Link

    ◆ユミルの再登場シーンを考察!

    2015-05-29_193222
    「進撃の巨人」第40話「ユミル」より


    第50話の後にユミルはライナー達に「故郷」に連れて行かれたはずです。

    「故郷」に着いた後、ユミルはどうなったのでしょう?

    おそらく、故郷にいる獣の巨人の仲間に捕食されたのだと思われます。

    巨人化能力の無い仲間に巨人化能力を得させるために巨人化注射にて無知性巨人化させ、ユミルを食べさせていると思われます。

    つまりユミルは死亡しているはずです!

    では、どのように再登場するのでしょうか?

    二つパターンがありますが、どちらにしろ、ユミルの記憶のみが登場するのではないかと思われます。

    第63話「罪」にてヒストリアはエレンの背中に手を当てると記憶が戻ってきました。

    このような方法でユミルを捕食した巨人化能力者にユミルの記憶を甦らせ、語らせることにより、回想シーンにてユミルの再登場があると管理人アースは考察します!

    そこでユミルの伏線は回収されるのではないでしょうか?

    もうひとつは、ヒストリアがリヴァイの巨人化注射を使用して無知性巨人になり、ユミルを捕食した巨人を食べる事により、ユミルの記憶をヒストリアが得るというパターンです。

    エレンはロッド・レイスとヒストリアに背中を触れられた事により、グリシャの記憶を思い出しました。
    2015-08-30_184231
    「進撃の巨人」第62話「罪」より


    つまりレイス家の人間には捕食した人間の記憶を甦らせる力があるということです。

    ということは、ヒストリアが巨人化したら捕食した人間の記憶を思い出す事が出来るのではないでしょうか?

    初代王の思想を代々受け継いで来たレイス家の一族には、捕食した人間の記憶を持つ事が出来るから可能だったということかもしれません。

    このパターンはヒストリアがユミルの記憶を甦らせ、ヒストリアの回想シーンでこれまでのユミルの謎が解明される事になります。

    これは素晴らしいシーンになるのではないでしょうか?(^-^)

    ヒストリアがユミルの過去を思い出し語る…見てみたいですね!

    72話では描かれていませんでしたが、ヒストリアが今回の奪還作戦に同行していたら、このパターンが来るかもしれませんね!

    ◆ユミルが何巻で再登場するのかを考察!

    131212-01-thumbnail2
    「進撃の巨人」第50話「叫び」より


    現在72話でシガンシナ区奪還作戦が始動しましたが、この72話は18巻の第2話になります。

    この後、調査団はライナー達、獣の巨人と遭遇することになるでしょう!

    この奪還作戦にヒストリアが同行していれば19巻にはユミルが再登場するのではないでしょうか?

    ヒストリアが同行していなければ20巻、21巻になるでしょう!

    ヒストリアが同行しているのかいないのか…今後の展開が見逃せません!!

    【進撃の巨人の巨人の正体をユミルの民から検証!】
    【進撃の巨人ミケが最期死んだ真相!原作再登場はエルヴィンとの過去編?】
    【アニの再登場は単行本の何巻になるか検証!19巻20巻の真相!】
    【進撃の巨人のユミルが死亡しているか検証!再登場はいつ?】


    Sponsored Link

    6 Responses to “ユミルの再登場は単行本の何巻になるか検証!20巻21巻の真相は?”

    1. ひろ より:

      はじめてコメントいたします。

      いつも楽しく拝見しております。


      私もユミルに再登場して欲しいひとりですが、

      ユミルが死んだと思われる伏線を発見しました。


      74話「作戦成功条件」の37P。

      獣の巨人が投石するために岩をつかんでいるシーンです。


      獣の巨人が初登場した時に描かれた爪と比較すると全く違っています。

      よく見ると、獣の巨人の爪が、ユミル巨人の爪になっていました。


      と言うことは・・・


      ユミルはジーク戦士長に捕食されたことが濃厚と考えられます。

      まだ信じたくはないので、何かの間違いであって欲しいのですが・・・

      • 管理人アース より:

        ひろさん!

        コメントありがとうございます!

        >獣の巨人の爪が、ユミル巨人の爪になっていました。
        この描写はそういう意味なんですかね?
        獣の巨人の指が硬質化したという描写だと管理人アースは思っていました。
        まだ、ユミル再登場を信じています!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. てんぐ より:

      ロッドレイスとヒストリアがエレンに触って記憶を蘇らせることが出来たのは、
      それは座標(叫びの力)という初代レイス王からレイス家が代々引き継ぐ物で、レイス家の人じゃないと本当の力を発揮できません。
      なのでエレンは初代レイス王の思想に取りつかれたりはしませんでした。(しかしそれは一切力を発揮しない訳ではなく、巨人化のやり方などは初代レイス王から引き継がれてきた物を無意識に知っていました)
      (ライナーやユミル等はナイフ等で傷を付けていますが、グリシャやフリーダなどの継承者は手を噛んでいます)
      しかしもしレイス家の人が座標(叫びの力)を継承するとその人は初代レイス王や今まで座標(叫びの力)を引き継いできた人達の記憶を見ることが出来ます。
      これにより世界の謎を知ることが出来、これにより初代レイス王の思想に取り付かれてしまいます。
      つまりレイス家の人は捕食した人間の記憶を知ることが出来るわけではなく、座標(叫びの力)を受け継いだレイス家の人は今までの継承者達の記憶を知ることができるという訳です。
      エレンはレイス家ではありませんでしたから、継承者達の記憶を知ることが無かったのですが、レイス家の人と接触することによって、座標の力が少しだけ発動されたのでグリシャの記憶を垣間見ることが出来ました。
      逆にヒストリアは座標の力を持っているエレンと接触することにより、前にフリーダが座標の力を使ってクリスタの記憶を消したのが解除されフリーダの事を思い出しました。

      これらにより、ユミルが座標を継承しており、またクリスタが座標をユミル(もしくはユミルを食べて座標を受け継いだ人)を食べて座標を引き継がない限り、ユミルの記憶を知ることは出来ません。

      しかし、座標はエレンが持っていたので、ユミルは座標を持つ事は出来ません。(継承させると死ぬので)
      なのでアースさんの言う展開は残念ながら有り得ません。

      • 管理人アース より:

        てんぐさん!

        コメントありがとうございます!

        >座標(叫びの力)を引き継いできた人達の記憶を見ることが出来ます。
        なるほど!
        この考察はよく見かけますよね。
        そこから、この記事でのユミルの記憶再生は無いという予想も分かります。
        なので、手紙という形になったのでしょう。

        ここから、座標を持っている人の記憶を再生でき、グリシャの記憶が見えたというのは分かりますが、
        フリーダを捕食する前の記憶が見えたのは、なぜなのでしょうか?
        座標を保持した経験のある人の記憶を全て見ることが出来るのでしょうか?
        なら、エレンが壁内に帰った後に、ヒストリアが再び背中を触ったら、グリシャの昔の記憶を再生することは可能ということになりますよね?
        となれば、全て解決出来そうな気がします!

        またお返事ください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. ラウダII世 より:

      こんにちは!

      21巻も残すところ86話のみとなりましたが、その86話はグリシャ・ノートとユミル・レターのどちらか、もしくは両方の解説になりそうですね!
      そこで上手くユミルのイメージが登場してくれれば、”ヒストリアが奪還作戦に不参加”の条件でしたのでアースさんの予想は当たることとなります。
      奪還作戦で捕えられたのはベルトルトだけなので、ユミルの記憶を引き出す展開はなさそうですね…

      ユミルの安否については、絶望的だとは思いますが、やはり進撃の読者として、生きたままヒストリアと再会してほしいものです。
      50話の最後に、ライナー、ベルトルト、ユミルがシガンシナの壁上に辿りつきますが、その後にジーク戦士長と再会したのだと思います。
      そのとき、どうしたらユミルが他の戦士に捕食されずに生存ルートに進むことができるのか、軽くですが考えて・妄想してみました。

      まず、ジークはあの立場や性格を見るに、マルセルから巨人の力を奪ったユミルを生かすとは思えませんし(ジークの背後にいるであろう”何か”がユミル自身を欲していない限り)、ライナーやベルトルトには自分たちの命の恩人であるユミルの生存ルートを訴える義理があるのではないでしょうか。
      しかし、力や立場で勝るジークに、ライナーやベルトルトは自分たちの主張を通せないでしょう。実際、アニの奪還を巡って負けてますから。

      ですが、己にとってユミルが重要な第三者がその場に居合わせていた場合、ユミルは助かるのかもしれません。親族や『ユミルの民』の生き残りとしましょう。
      あくまでも仮にポチがその第三者だとして、ユミルの生存をかけてジークと勝負し、勝てていれば、生存ルートに進めます。
      私は、ポチがストーリー上何らかの意味で重要な人物であり、タイマン勝負ではジークより強いと思っていますので、このような展開でユミルは救われていてほしいなぁ、と思ってます。

      • 管理人アース より:

        ラウダII世さん!

        コメントありがとうございます!

        >ユミルの記憶を引き出す展開はなさそうですね…
        管理人アースが、ヒストリアの力によってユミルの記憶の再現と考えたのは、ユミルに残っている伏線回収の方法がこれくらいしか無いと思っていたからです。
        ユミル・レターが登場した時点で、この展開は無くなりましたね(・_・;)
        全く、諫山先生には敵わないです(泣)

        >マルセルから巨人の力を奪ったユミルを生かすとは思えませんし
        ジークがユミルを生かす展開があるとしたら、「耳の形」くらいかなと。
        ジークとユミルは同じ耳の形でしたので、そこに何か意味があるとしたら、生かしておく理由になるかもです。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ