ミカサが死亡の真相!

「進撃の巨人」では重要だと思われている登場人物が死んでしまうことが多々あります。第50話でハンネスが巨人に食い殺されたのもそうです。ではミカサのようなヒロイン役を担っているキャラクターも死亡することがあるのでしょうか?

ここでミカサの死亡の真相を検証してみましょう!

Sponsored Link

◆ミカサの死亡を検証!!

2015-05-12_195731
進撃の巨人第14話「原初的欲求」より


作者諫早創先生は「役を全うしたキャラクターは躊躇なく殺せる」というような内容の発言をしています。これまでの死亡したキャラクターを見てもそうですが「進撃の巨人」のキャラクターは「役割を終えたら死ぬ」と思って間違いないようです。ということは、ミカサも役割を終えたら死ぬ可能性もあるということになります。

以前にも取り上げましたが「ミカサの役割」とは何でしょうか?

エレンの幼なじみでありエレンの気性を良く知っており、しばしばエレンに忠告している場面も見当たります。そしてエレンがピンチになればいち早く駆けつけるミカサの役割は「エレンを守る」で間違いないでしょう。

つまりミカサも「エレンを守る」という役割が無くなったら死ぬ可能性があるということになります。しかしあの性格のエレンを守ることが無くなるというのは「最終回」くらいしか思いつきません(笑)

最終回ではなかったとしても当分ミカサが死ぬことはないでしょう!

Sponsored Link


◆ミカサのループ説と「いってらっしゃいエレン」

37f81fbe
進撃の巨人第1話「二千年後の君へ」より


ミカサの役割は「エレンを守る」が最も目立っていますが、物語の中では他の役割も担っています。ミカサを語る上で欠かせない「ループ説」です。ループ説については他で説明しているので省きますが、もし最終回でループし第1話である「いってらっしゃいエレン」に戻るのであればミカサは間違いなく最終回まで死なないはずです。

そして東洋の一族の末裔でもあるミカサには失われた人類の歴史を握っているキーパーソンという一面もあります。ミカサの右手首の刺青には失われた人類の歴史が刻まれているはずであり、おそらくこの役割は物語の終盤で意味が出てくると思われるのでミカサは最後の最後まで死ぬことはないでしょう!

ミカサファンの管理人アースとしてはミカサには最後まで生き残っていてい欲しいものです(^_^;)

【アニが死亡の真相!】
【エレンが死亡の真相!】


Sponsored Link

10 Responses to “ミカサが死亡の真相!”

  1. 進撃のにゃい\( 'ω' )/ より:

    アースさんお久しぶりです!
    ミカサの「いってらっしゃいエレン」は、もしかしたらエレンやミカサは進撃の巨人の世界の人ではなく、異次元から来たっていう説もある可能性はありますよ。
    でもミカサの頭痛はとても気になりますね!これからも頑張ってください!

    • 管理人アース より:

      進撃のにゃい\( ‘ω’ )/さん!

      コメントありがとうございます!

      >異次元から来たっていう説も
      そう考えれば、いろいろ説明が付きますよね。
      ただ、「進撃の巨人」の世界に合わないような気がしますよ…(・_・;)

      >ミカサの頭痛はとても気になりますね!
      これは重要なファクターだと思いますよ!
      そろそろ解明が起きないかなと!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 生き残れなかった兵士 より:

    私もミカサ生き残り説を推してみます。
    いろいろ考えた中で私が言う一説は少し残酷な形でミカサは生き残ると想定してみます。
    今のところミカサにある特徴をまとめてみました。

    ●アッカーマン一族と東洋一族のハーフ
    ●(アニメ版の東洋一族の受け継ぎ)刺繍の模様=照準?
    ●ミカサ=三笠
    ●マフラー(エレンからの家族の証)=マフラーは車で”原動機”という単語が存在します。

    まとめるとミカサは、エレンに尽くす戦闘ロボットと読めるそうです。(笑)
    主君に尽くすアッカーマン一族に、東洋の戦艦三笠はかなり合いますね!

    私はミカサのマフラー=原動機の役割を果たしていると考えていて、闘う役割が無くなった時は、外す展開も有り得る可能性があります。それはエレンが死ぬ時か、エレンがミカサから心から離れた時か。


    そこで何ですが、面白い事に三笠戦艦のWikiでミカサの最終展開も読めるかもしれません。

    Wikiでこんな事が取り上げられてました、少し手をつけてます。↓
    【 三笠は廃艦となり、軍縮条約により廃艦後は解体される予定だったが、国民から愛された三笠に対する保存運動が勃興し、条約に基づき現役に復帰できない状態にすることを条件に保存されることが特別に認められた。】


    もしかすると戦いを終えた後に、ミカサは危険視されて、憲兵団に捉えられ、死刑判決が下るのではないでしょうか?
    世界の歴史の改竄が効かないアッカーマン家の末裔である事にヒントがあるのかもしれません。
    これは誰にも流されないと生まれ変わったヒストリアが、調査兵団と対立する展開も有り得るかもしれません。
    最後の敵がヒストリア女王とか、嫌な展開ですが……。
    或いはエレンが最後の敵の可能性もあり、エレンの意味は「聖人」で、ウーリーのように初代王の思想に準えているのかもしれません。
    ウーリー=初代王はアッカーマン家の迫害に悔やんでいました。
    この迫害される時代をエレンとヒストリアが再び築いてしまい、ミカサはその迫害を受ける可能性もある訳です。
    ここでヒストリアとエレンが子を設ければ、再びレイス家に座標も戻ります。(でもヒストリアはレイス家の考えに違和感を持って?いましたが、ニック司祭の知る真実を知った場合はどうなるかは判らないので…)

    つまりエレン&ヒストリアとジャン達調査兵団のミカサによる討論が行われるのかもしれません。

    (ただ初代王の思想にエレンが、完全に染まるかは微妙で、故郷側のジークが記憶の改竄に憎悪を抱いていたのもあって、故郷側の出身者であるグリシャがエレンに捕食させたのも、” 記憶の改竄はするべきではないと言う思考 ”が鍵となるかもしれません。)

    私はミカサは闘う必要が無いと見做し、マフラーをジャン辺り託して投降する展開に。
    しかし三笠戦艦の展開をなぞるなら、
    調査兵団がそれに反抗してミカサの命までは奪われずに済む展開になるという考えもできます。

    でもWikiには

    【横須賀港を接収したアメリカ軍のための娯楽施設が設置され、「キャバレー・トーゴー」が三笠艦上に開かれるという状態となった。
    戦後の物資不足により、取り外せそうな金属類はガス切断によって全て盗まれ、チーク材の甲板までも薪や建材にするために剥がされているという荒廃ぶりとなっていた。】

    このアメリカ軍とは、ヒストリアの憲兵団か王政かは分かりませんが、少なくとも死刑を免れてもミカサは、それ以上に酷い待遇をされ、闘う事が出来ない身体にされるのかもしれません。
    これは日本の戦艦だからという差別的行いもあったらしく、つまり日本=東洋一族の末裔だからミカサは危険視される可能性も高い訳です。
    刺青を包帯で隠した母の理由も、迫害されない様にと包帯を巻いたのかもしれません。

    しかしWikiで【東郷平八郎を敬愛していたアメリカ海軍のチェスター・ニミッツ元帥はこれを知ると激怒し、海兵隊を歩哨に立たせた】

    これは、ミカサの待遇を知ったエレンの仲間が激怒して、殴り込んだと解釈もできます。(ついにジャンの出番か?)

    その三笠は様々な話題になるも、現在まで残されたそうです。

    私はミカサは最後まで三笠戦艦のように生き残ると仮定してます。
    もしループの力で何度も繰り返して主君であるエレンの為に尽くした結果がこの幽閉される結末なら、これはミカサ自身が望んだ結果となります。
    幽閉されているミカサの待遇に納得いかない仲間達に、ミカサが遂にループを匂わすような話をして納得させるのかもしれません。

    ジャン『ミカサ…、お前にとって エレンは何だ?』
    ミカサ『エレンは…』

    答えを知ったジャンは、再び役割を与える為にミカサにマフラーを巻いてあげる展開があるのでは無いかと。
    ここでミカサはループを巡る戦士として再び目覚めて、0地点であるループするべき場所に戻るのではないかと。

    それでもどう足掻いても、誰が死んでも生きても、結果は同じで行き着く先は同じ場所でしかない。

    それでも進撃の巨人のコンセプトの一つ『 抗う 』事がテーマであり、例え未来が決められていようと、エレンを想いながら闘う事がミカサの役割だとするなら、あまりにも残酷な世界だと思います。
    それでも闘う事がミカサが輝ける世界なら、幸せを願うジャンや仲間達は皆それを望むでしょう。
    ジャン達からしたらループを始めたミカサ達は永遠の眠りについたと同じです。

    もしこの展開があるならば何だか虚しい展開が待っていそうです。

    他の展開も考えてますが、とりあえず三笠とミカサの関係、闘って輝けたのに、闘いを失った成れの果ての姿を映し出されてしまうのではないか…
    マフラー(起動機)を巻いて輝けた時と、マフラー(起動機)を失ったミカサのその後を考察してみました。

    ただあの「いってらっしゃい エレン」を言った少女や、” 2000年後の君へ ”のタイトルの伏線回収には繋がらないので微妙だとも思っています。
    これが正しかったら、この” 2000年後の君へ ”のタイトルはエレンやミカサの力では叶わない、ループではなく、全く別の力が働いているとか…。



    ちなみに私はアニメ版ではループ説は今の所は否定の考えを持ってます。
    まずアニメ版では、作者が進撃の巨人で伝えたいループ理論が成り立たない可能性があって、表紙でしかないループの1シーンの表現や、ループの力を有しているであろう右手の刺青を施されていないからです。

    私はアニメ版ではループではなく、エレンの夢オチで終わると考えてますが、これをエレンは何度も何度も何度も永遠に繰り返す展開になる無限の夢オチで終わる、ある意味怖いendで終わると考察しています。(無理やり進撃!巨人中学校の朝シーンで目覚める展開も?)
    あるいは夢オチもループ無し!と見てます。



    そしてコミックでは、ミカサがループで活躍してきた物語としてミカサの人生endを迎えると考えて、アニメ版と原作版は全くの別と考えて見ています!

    かなりの長文失礼しました!

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      コメントありがとうございます!

      戦艦三笠を踏まえたミカサの今後の展開予想、ありがとうございます!
      いや~、熱いですね!
      ただ、ヒストリアと対立して・・・というミカサの展開は嫌です・・・(-_-;)

      >アニメ版と原作版は全くの別と考えて見ています!
      これ、良いですよね!
      そうあって欲しいですし、やりそうだと思います!
      観たいですね~、二パターンの最終回!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 生き残れなかった兵士 より:

    この考察でミカサが憲兵か王政の何者かに拷問されると考えましたが、もしかすると調査兵団の誰かの可能性もあり得なくはないですよね…。

    思えばサネスがハンジに、次はお前だとばかりに、頑張れよって言ってました。
    もしかするとハンジがミカサの拷問に手を貸すとか…?

    なんて考えが過ぎりましたが、壁内で起こる不幸の連鎖を断ち切ってほしいですね…。

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      コメントありがとうございます!

      >ハンジがミカサの拷問に手を貸すとか…?
      これも想像すると、すごいシーンです(-_-;)
      ただ、壁内に帰った後ハンジ団長とヒストリアが指名して正式にハンジが団長になると思うので、その後何かしらのアクシデントがあって…
      嫌な妄想が膨らみます!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. カメ吉 より:

    一番最初の回からして、
    いってらっしゃいエレン
    は、ループに送り出すミカサではないでしょうか
    ループに送り出される時の涙が最初のエレンの涙ということになるとおもいます

    時間がないので説明がかなり雑ですがまたゆっくりコメントさせていただきます

    • カメ吉 より:

      補足です

      ループに送り出すのが最終回→ミカサは最後まで生き残る

      と思います!


      二度にわたり雑ですみません

      • 管理人アース より:

        カメ吉さん!

        コメントありがとうございます!

        そうですね。ミカサは生き残ると思います。
        おそらくアルミンも、生き残るのではと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    • 管理人アース より:

      カメ吉さん!

      コメントありがとうございます!

      >ループに送り出すミカサではないでしょうか
      管理人アースもそう思いますよ。
      おそらくは、前ループ最後の場面なのだろうなと。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ