ドラマ進撃の巨人反撃の狼煙2話ネタバレ!希望の弓矢のあらすじ!

8月15日よりdTVにて独占配信されている「進撃の巨人」実写ドラマ「反撃の狼煙」第2話サシャ編「希望の弓矢」の内容はどのようになっているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第2話「サシャ編」のネタバレあらすじ!

2015-08-15_204338

実写ドラマでのサシャは伯父、伯母夫婦に育てられています。

サシャにとっては決して良い育ての親ではなく「壁外調査が始まるので兵員を募集している。報奨金も出るし、食い扶持も減らせられるのでサシャを調査隊に…」という会話からも、愛されて育てられてはいないようです。

そんなサシャは朝に伯父伯母が起きるよりも早く起き、狩りに出ます。

かなりの田舎に住んでいるようで、ちょっと走ればすぐに狩りが出来る山奥にたどり着きます。

サシャは弓が得意で飛んでいる鳥を撃つ事もでき、木の陰に隠れている獲物も矢に付いている羽根を調節し、矢をカーブさせて射ることが出来るほどの腕前です。

いつも飼っている犬「シロ」と共に狩りをしており、サシャは可愛がっていました。

そんな暮らしをしていたサシャですが、壁が壊されて、避難する際にシロとは離ればなれになります。

そして壁が壊された後、サシャは訓練兵団員になります。

そこでも原作通り食いしん坊キャラ全開で、いつもイモを食べており、訓練中にも食べているほどです(笑)

ある日、食料を盗む子どもたちに気付いたサシャは弓を使い、子どもたちを追い込みます。

しかしその子が犬を飼っている(おそらく離ればなれになったシロ)が判明し、逃がしてやります。

次の日、食料が盗まれているので食事が少なく「逃がすんじゃなかった」と後悔しているサシャにアルミンがイモをくれ、「神様!」とサシャが目を輝かせて終わります。
2015-08-16_034421

◆第2話「サシャ編」の感想!

2015-08-15_202733

第1話ハンジ編でも感じましたが、原作の名シーンを違う意味で使っていることが気になりました。

まず、良いと思ったシーンと残念に感じたシーンを挙げます。

良いシーン

  • 犬と一緒に狩りをしているシーン
  • 弓を射るシーン
  • 教官の食事を奪って食べてしまうシーン


  • 残念なシーン

  • 体勢制御訓練で失敗したシーン
  • イモを教官に分けてあげるシーン
  • アルミンに「神様」のシーン


  • まず良いシーンから見て行きましょう!

    サシャが犬を飼っている設定は映画オリジナルです!

    サシャのイメージにあっており、原作のサシャでも通じるイメージですね!

    非常に自然な画として見られました!

    そして弓を射るシーンはすごく良かったです。

    矢の羽根を調節してカーブをさせて射るシーンは見応えありました!
    2015-08-15_201642

    食料を盗まれて食事が少なくなり、教官の食事を問答無用で奪い食べてしまうサシャは原作でも通じそうな天然おバカキャラでした(笑)

    すごく自然なサシャで素晴らしい演技だと感じました!

    Sponsored Link


    次に残念なシーンです。

    体勢制御訓練でサシャは上手く出来ず逆さまになってしまいました。
    2015-08-15_202216

    原作ではエレンがやったシーンですね。

    ただ、エレンが逆さまになったのは腰ベルトが壊れていたからだと判明しています。

    今回のサシャのシーンでもそのような意味があるシーンなのかと思ったのですが、何も意味はなく、注意した教官にイモをちぎってあげただけでした。

    「半分あげる」と言い、4分の1ほどしか渡さないのは原作通りですが、意味が違います。
    2015-08-15_202245

    これではサシャは皆が出来ている体勢制御が出来ない劣等生であり、教官にイモをあげて許してもらおうとしているだけです。

    原作ではサシャの「芋女」というニックネームを決定付ける名シーンでしたが、これでは改悪です(;一_一)

    非常に残念でした(ー_ー;)

    最後にお腹をすかしたサシャにイモを渡すアルミンに「神様!」と言って終わるのですが、その意味は分かりません(苦笑)

    映画でもアルミンはサシャにイモをあげていました。

    その伏線なのかとも思いましたが、意味がまったく分かりません。

    原作ではヒストリアの「良い人」に繋がる「神様」なのですが、映画ではただアルミンが「神様」と呼ばれただけでした( 一一)

    第1話でも同じでしたが、原作の名シーンをそこだけ切り取り、意味もなく実写で再現しているだけのように感じます。

    名シーンには名シーンになる意味があります。

    ただ再現だけして見せられても原作を知っている立場からでは、引くだけです。

    第3話「フクシ・リル編」は主人公がオリジナルキャラなのでそのよう事はないと思いますが、不安を胸に抱きながら見る事になりそうです(泣)


    ◆第2話「サシャ編」の考察!

    第2話で原作に反映されるような考察の対象は見当たりませんでした。

    強いて言うなら、サシャが犬を飼っていたことですかね?

    もしかしたら、後々サシャが昔、シロと言う名前の犬を飼っていたというような件が登場するかもしれませんね(笑)

    【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙1話ネタバレ!反撃の幕開けのあらすじ!】
    【進撃の巨人ドラマ反撃の狼煙3話ネタバレ!自由への旅立ちのあらすじ!】
    【進撃の巨人のドラマ『サシャ編』のネタバレとあらすじ予想!】
    【進撃の巨人の実写映画のネタバレ考察!】

    ■注目!
    実写「進撃の巨人」の後編はこちら!


    Sponsored Link

    コメントを残す

    このページの先頭へ