ケニー死亡の意味を検証!今後の物語への影響も!

「進撃の巨人69話ネタバレ考察まとめ!ケニーが死亡の真相も」でも紹介しましたが第69話「友人」にてケニー・アッカーマンが死亡する展開となりました。ケニーの死により物語にもいろいろな影響が出てくると考えられます。

検証してみましょう!

Sponsored Link


◆ケニー・アッカーマンの死亡の意味を検証!

2015-05-17_200009
「進撃の巨人」第69話「友人」より

「進撃の巨人」は役割が終えると死亡するという特徴を持った作品です。つまりケニーが死亡したのはその役割を終え死に場所が与えられたということを意味します。彼の死に場所は69話のリヴァイの前だったということですね。ではケニーの終えた役割とは何だったのでしょうか?

物語の中でケニーにはいろいろな役割がありました。「中央憲兵団隊長」「アッカーマン家の歴史を明らかにする」「リヴァイの生い立ちの紹介」「ウーリ・レイスの紹介」などなどケニーには大きな役割があり、大まかに挙げただけでもこれだけあります。これらの役割は物語の中では欠かせない重要な役割となっています。

そしてこれらの役割を全て終えたので死亡することになったのでしょう。

Sponsored Link


◆ケニーの死による今後の物語への影響は!?

2015-05-17_195918
「進撃の巨人」第69話「友人」より


管理人アースとしては「アッカーマン家の歴史をリヴァイ兵士長とミカサに伝える」という役割があると思っていましたが外れてしまいました。(東洋の一族の正体は?)ケニーがあの口調でミカサにアッカーマン家の迫害の歴史をべらべらとまくし立てるシーンを期待していたですが無くなったので残念です(泣)

彼の死によってアッカーマン家の歴史が明らかになる機会は「ミカサの手首の刺青」のみとなったのでミカサの役割が大きくなりましたね。そしてケニーの死の影響を最も受けているのはリヴァイ兵士長でしょう。

もともと、ケニーとは一時期一緒に暮らしていたという事実は明らかになっていましたが69話でケニーがリヴァイ兵士長の育ての親と判明し、リヴァイにとってとても大きな存在だということが分かりました。

ケニーの最も大きな役割だったのは間違いなくこの69話だったでしょう。死に際の「あんた…本当は…母さんの何なんだ?」というリヴァイの問いに血を吐きながら「バカが…ただの…兄貴だ…」とのケニーの答えを受けたリヴァイの表情が悲しげに見えたのは私だけでしょうか?あの時リヴァイは「俺はおまえの父親だ」という答えを期待していたのではないでしょうか?

きれい好きのリヴァイがケニーの吐いた血が顔にかかっても気にもしないところからケニーが好きだった事が分かります。

その事からもケニーの死がリヴァイに計り知れないほどの影響を与えている事は間違いないでしょう。

リヴァイが受けた影響を見受けられるのが69話最後のリヴァイの「ありがとう」です。彼が初めて見せた笑顔は思いのほか爽やかで吹っ切れたような表情でした。この笑顔には「リヴァイ離反説」や「仲間のために生きていると自覚した説」や「死亡フラグ説」など様々な憶測が飛び交っています。

どのような意味の笑顔と「ありがとう」だったのかは次回以降にならないと分かりませんがケニーが与えた影響ということは間違いないでしょう。ケニーの死が物語に与える影響は様々ありますが最も大きな影響は「人類最強」リヴァイが受けているようです。

ケニーの死の影響を受けた次回からのリヴァイの動きに注目です!

【進撃の巨人69話のネタバレと感想まとめ!ケニーが死亡の真相も】
【ケニーの正体は何?死亡の意味について検証!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ