ケニーの目的は一体何か検証!最終的な夢や目標は何?

第69話「友人」にてケニー・アッカーマンは死んでしまいました。この回ではケニーの半生が描かれておりリヴァイとの関係も明らかになりました。そんなケニーの目的は何だったのでしょうか?

ここで検証してみましょう!

Sponsored Link


◆ケニーが語る「大いなる目標」「夢」とは?

4peVDibI_400x400
「進撃の巨人」第56話「役者」より

ケニーは第52話「クリスタ・レンズ」にて初登場し、いきなりヒストリアの母親を殺しました。そして第56話「役者」にて再び登場した時にはリーブス会長をいきなり殺しています。

初登場の時は王政の指示に従いヒストリアの母を殺しており、リーブス会長を殺したのはエレンとヒストリアをロッド・レイスの所へ拉致するためなのでロッド・レイスの指示でしょう。中央憲兵団隊長という立場から王政や真の王家であるレイス家の指示に従うのがケニーの仕事であり役目です。

しかし第58話「銃声」にてリヴァイに銃で射たれたケニーが「俺の夢が遠退いちまうだろうが」と語っており、その前のシーンでも「やりたいことが見つかったんだ」「大いなる目標のためなら殺しまくりだ」と中央憲兵団の仕事で殺しているのではなく「自分の夢、目標のため」に殺しているようなセリフを言っています。

ケニーの目的とは何なのでしょうか?

Sponsored Link


◆ケニー・アッカーマンの目的を検証!?

img_17_m
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


ケニーの目的は第64話「歓迎会」で明らかになります。ケニーの筆頭女部下が中央憲兵団員に「この世界を盤上ごとひっくり返すっていうケニーの夢」と語り最後の場面でケニー自身が「俺がエレンを巨人になってエレンを食っても意味ないのかよ…」と語っており、ケニーの最終的な目標である夢が「エレンを食って真の王になる」ためだと分かります。そのために中央憲兵団に入団し対人立体機動部隊を新設したのです。

そして第65話「夢と呪い」第69話「友人」にてアッカーマン家の歴史とケニーの半生が判明しケニーの夢が「アッカーマン家の復興」から「友人ウーリ・レイスと対等の景色を見る」という変遷を経ることが読み取れます。

レイス家に伝わる「巨人の力」を得て「真の王」になり世界を盤上からひっくり返すことによりアッカーマン家を復興させることが当初の目的だったのでしょう。しかしウーリ・レイスと親しい間柄になることにより「対等の景色を見たい」と思うようになりそれが夢になったのではないでしょうか?

しかしレイス家の者しか「巨人の力」は発揮出来ないと知りその夢は達成出来ませんでした。ただ69話にてリヴァイに言った「今なら奴のやったこと…わかる…気がする…」というセリフはウーリと対等の景色が見えたということを表しています。これは死に際にケニーが夢を達成できたということでしょう。

ケニーはアッカーマン一族の末裔としてアッカーマン家再興という夢は達成出来ませんでしたが、最後に「友人ウーリと対等の景色を見る」という夢は達成できたようです!

【進撃の巨人69話のネタバレと感想まとめ!ケニーが死亡の真相も】
【ケニーの正体は何?死亡の意味について検証!】
【進撃の巨人ウーリは誰という方のためのウーリの経歴を画像付で紹介!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ