【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ10話感想「応える」あらすじ考察まとめ!

アニメ第11話「応える」はアルミンの名場面の回となっていますね!

原作ではアルミンの成長が描かれており、本当に熱い回となっていました!

アニメではどのように描かれているのでしょうか?

そこに改変はあるのでしょうか?

見てみましょう!

Sponsored Link

◆第10話「応える」の見どころ!

2016-03-03_073633
キッツ隊長がエレンたちに榴弾を打ち込む指示を出すシーンから始まり、トロスト区から引き上げたダズがマルコに泣きついているシーンから始まります。

サシャが腹痛を訴え「負傷兵にしてもらって…」のくだりの直後、壁外側トロスト区内で轟音が鳴り、巨人化の蒸気が発生します。

ここで第9話の時系列になることが分かりますね。

巨人化したエレンに守られたミカサとアルミンの場面に移ります。
2016-03-03_093529
原作通りの展開となっていますが、エレンゲリオンの骨格の中でアルミンは花が咲いていることを発見します。
2016-03-03_075044
「内側だけに花?」と言うアルミンのセリフもあり、アニメオリジナルの伏線となっていますね!

その後、エレンとミカサに付いていけない自分の無力さに葛藤するアルミンが描かれます。
2016-03-03_075911
幼い頃にいじめられている自分を助けてくれていた場面を思い出し、いつまでも二人と肩を並べられない現実に打ちのめされます。

そんな二人からアルミンは今後の判断を任され、奮起します!

その後、アルミンは必死にキッツ隊長を説得します!
2016-03-03_080524
この場面は本当に熱いですね!

アルミンの成長が本当に丁寧に描かれており、原作の魅力をそのままに描写されています!

この辺りは、原作通りの展開となっていますね。

その後も原作通り、ピクシス司令がカッコ良く登場します!
2016-03-03_080610
そしてアルミンの説得により榴弾での攻撃は回避されますが、ここでも花が再登場しています。
2016-03-03_081001
展開は原作通りですが、この花の登場は改変ですね。

意味深です!

その後壁の上でピクシス司令とエレン、ミカサ、アルミンとの会話のシーンとなります。
2016-03-03_081615
こちらも原作通りですが、原作でピクシス司令は「アルミン訓練兵」「エレン訓練兵」と呼んでいますが、アニメでは「アルレルト訓練兵」「イェーガー訓練兵」と改変されています。

ピクシス司令が「穴を塞げるか」と訊き、返事を言い淀んでいるエレンに「お主はやるのかやらんのか?」と厳しい表情で尋ねるピクシス司令もアニメオリジナルとなっていますね!
2016-03-03_081813
そのピクシス司令にエレンが「やります!」と答え終わります!

最後はアニメオリジナルの展開で終わっていますね!

Sponsored Link


◆原作に相応する回は?


第11話「応える」と第12話「偶像」の冒頭となっています。

◆第10話の現在公開可能な情報!


第10話での現在公開可能な情報はこのようになっています!

酵母①

2016-03-03_082043
ウォール・シーナ内でのみ生産される特殊な酵母。酵母を飼い葉や小麦、大豆などの入った倉庫やテントに置くことで腐敗が極端に遅くなることが知られている。

この情報が本編で活かされている場面を管理人アースは知らないですね。

これから活かされることがあるのかもしれません!

酵母②

2016-03-03_082055
酵母を置いた貯蔵プラントを各地に展開することで、ウォール・マリア奪還のための補給物資を備蓄するのが、これまでの人類側の戦略であった。

「であった」という事から、トロスト区攻防戦により壁が塞がれたことにより、戦略が変わったというように解釈できますね。

しかし、現在78話でのシガンシナ区決戦はトロスト区から出発しているので、この貯蔵プラントは活かされたのではないかと想像します。

◆原作からの変更点とアニメオリジナル場面ポイント!


第10話のポイントはこのようになっています。

  • エレンゲリオンの骨格内に咲く花
  • ピクシス司令の呼び方の変更
  • 訊き方を変えるピクシス司令

  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    ◆ポイントからの考察と感想!

    2016-03-03_075134
    榴弾からミカサとアルミンを守るために巨人化したエレンゲリオンの骨格の中に紫色の花が咲いています。

    これは原作には無いシーンでアニメ化での改変となっていますが、これについて作者諫山先生のブログ【現在進行中の黒歴史】にて説明がされています。

    アバラの外の地面は榴弾で焼け焦げてるのに
    アルミンとミカサのいるアバラの内側にある花は
    花びらさえ散ってないって意図の演出です

    目に見える物理的な力以上の不思議なことが
    起こってるように見せたかったからです

    【現在進行中の黒歴史】より

    不思議な事が起こっているという演出だったのですね!

    確かに巨人化した骨格の中にあのように花が綺麗に咲いているのは不思議な光景でした。

    そしてアルミンの「内側だけ」というセリフは不思議さをより加速させているように感じましたね!

    ただアルミンがこの花について真面目に考えようとしていましたが、ミカサに止められて良かったですね!

    あのままアルミンが真面目に考えても「作者の演出だよ」と教えてあげられないですし!(笑)

    その後、ピクシス司令と壁の上でエレンたちが話をするシーンでも改変がありました。
    2016-03-03_081615
    まずピクシス司令のエレンとアルミンの呼び方が「イェーガー訓練兵」「アルレルト訓練兵」と改変されています。

    確かにピクシス司令とエレン達はこれが初対面ですし、初対面でいきなり「アルミン」「エレン」と名前で呼ばれるのは親しすぎますよね。

    この改変を観て「なるほど」と感心しました!

    さらに原作でピクシス司令の「穴を塞げるのか」との質問にエレンは「塞いで見せます!」と即答していますが、アニメでは「どうでしょう…」とエレンは言い淀んでいます。
    2016-03-03_081813
    この改変についても作者ブログにて説明がされています。

    あれではピクシスが考えてることをエレンが理解するのは
    不自然だし早かったので、エレンが二コマで悩むシーンを
    七ページぐらいのネームで新たに描かせていただきました
    ちょうど尺が余り気味だったとのことで

    【現在進行中の黒歴史】より

    尺が余り気味だったことと、エレンの即答が早過ぎるという不自然さを無くす為の改変だったようです!

    尺を埋める為であったのかもしれませんが、仕上がりを観ると原作よりこちらの方がピクシス司令の器の大きさ、深みが出ていると感じますよね!

    素晴らしい改変だと思います!

    ちなみに【進撃の巨人劇場版後編~自由の翼~DVD&Blu-ray】の初回購入特典にてアニメ用原案イラストと追加ネームが見られ、このシーンの追加ネームもあります。

    ピクシス司令がスキットルから酒をグビ飲みし、見下ろすシーンが追加されています。
    2015-12-17_044717
    ピクシス司令の質問に言い淀むエレンの追加シーンですね。
    2015-12-17_044657
    「どっちじゃ」と再び表現を変え質問をするピクシス司令の追加シーンですね。
    2015-12-17_044634
    アップのピクシス司令のシーンはアニメでも印象に残るシーンとなっていましたね!

    原作者諫山先生のネームを忠実にアニメ化されたのが分かりますね!

    今回はアルミンの名場面が登場する回でしたが、あちらこちらにアニメオリジナルシーンが散りばめられていました!

    原作通りのアルミンの熱さと、細かい改変によってより魅力的な回となっていましたね!

    次回第11話の考察も楽しみです!\(^o^)/

    【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ11話感想「偶像」あらすじ考察まとめ!
    【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ9話感想「左腕の行方」あらすじ考察まとめ!
    【進撃の巨人ネタバレ11話の考察!「応える」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ12話の考察!「偶像」の伏線ポイントまとめ!】
    【劇場版 進撃の巨人】後編Blu-ray&DVD初回特典 アニメ追加ネームを紹介!
    【進撃の巨人のアニメ2期の最終回の結末は?アニメ2期の配分を予想!】
    【進撃!巨人中学のアニメネタバレ考察!時計逆回転から西から太陽が解明!】


    Sponsored Link

    12 Responses to “【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ10話感想「応える」あらすじ考察まとめ!”

    1. Flügel der Freiheit より:

      確かに原作だと、エレンが実は巨人の力を掌握しているかのような印象を受けてしまう可能性がありますから、改変が望まれたのでしょうね。

      しかし、それだけではなく、アニメで追加された「やるのかやらんのか」という質問は、いかにも諌山先生らしい発想だなあと思ったりします。

      できる・できないではなく、やる・やらないが世界を変え得る唯一の要素であるという発想がこの作品の基本になっていますね。ループ説におけるループも、偶然的要素によって展開の違いが発生することはあまりなくて、大概は人間の選択によって違いが発生していると考えられます。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >人間の選択によって違いが発生していると考えられます。
        管理人アースもそのように感じます!
        最も分かりやすい場面は女型の巨人編でのリヴァイが「悔いのない方を選べ」と言った場面での選択ですよね!
        もしエレンが巨人化していたら8巻の表紙の場面になっていたかもですね!
        そのように、エレンや他の登場人物達の選択の違いによって色々なループの世界が生まれているのかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • Flügel der Freiheit より:

          正しくは「諫山先生」です。失礼しました。

          さて、ループ説が正しければ、作品に描かれているループが最終であるという御意見がありますが、基本的に賛成です。

          おそらく結末は、人間の選択によってループが回避されるという展開になるのではないかと予想します。

          その明確な根拠はありませんが、例えば、アニメ『進撃!巨人中学校』でループを示唆するような予告があったにも関わらずループがなかったのは、「最終ループ」を暗示しているのかもしれないな、と感じました。

          しかし依然として、果たしてどの作品のループが最終ループなのか、と疑問が残ります。非常に滑稽な疑問ではありますが(笑)以前は、アニメやスピンオフ作品での設定が原作と食い違っていると、ただ困惑するしかなかったのですが、最近では「違うループだから」で全て片づけるようになってきましたね(笑)

          取り敢えず、ループが作品によって異なると仮定して、どのループが最終ループなのでしょうか。これは単なる憶測でしかありませんが、私はアニメ作品が最終ループであり、原作がその1つ前のループだと予想しておきます。

          第1期前期のオープニングソング『紅蓮の弓矢』が流れているところで、漫画風の描写がちらりと見えたりします。あれがアニメの前回のループが原作であることを示している…というのは深読みでしょうか。

          今までのところ、基本的にアニメは原作に基づいていますが、最後のほうで展開が分かれ、原作は「世界は残酷だ」的な結末、アニメは「俺たちは自由だ」的な結末になっても面白いかもしれませんね(笑)

          • 管理人アース より:

            Flügel der Freiheitさん!

            コメントありがとうございます!

            >はアニメ作品が最終ループであり、原作がその1つ前のループだと予想しておきます。
            あ~、面白いですね!
            もしこの予想通りでしたら、2期辺りからもっと顕著に原作とは違う展開が見られるかもですね!

            >最後のほうで展開が分かれ、原作は「世界は残酷だ」的な結末、アニメは「俺たちは自由だ」的な結末になっても面白いかもしれませんね(笑)
            これ十分あり得ますね!
            現在週刊少年ジャンプにて連載中の「ニセコイ」は、原作とアニメで主人公が最後に結ばれる相手も変えるのでは?と聞いたことがあります。
            「進撃の巨人」の結末も原作とアニメで変えてくる可能性は高いかと!
            これは2期アニメの楽しみがさらに増えましたよ!
            面白いコメントありがとうございました!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    2. 訓練兵 より:

      酵母は調査兵団の壁外調査のときの食料として使われていますよ。

      • 管理人アース より:

        訓練兵さん!

        コメントありがとうございます!

        第45話でハンネスがミカサとアルミンに渡した野戦食の事ですかね?
        それが作られる時にに使われていたのですね!
        ただ、作中で「酵母」という言葉は登場していないですよね?

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

        • 訓練兵 より:

          ですが進撃の巨人公式ガイドブック攻の47ページに調査兵団にとっては酵母の味はなじみのある味だ。とあるので壁外調査のときなどに使われているのではないでしょうか?

          • 管理人アース より:

            訓練兵さん!

            コメントありがとうございます!

            >公式ガイドブック攻の47ページに
            なるほど!
            これは意識して見ていませんでした!
            気付かせてもらいありがとうございます!!
            壁外調査で活躍しているのでしょうね!

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

    3. ケイ より:

      やるかやらないかと選択を迫る場面は物語中で、この後も多いし印象的です。

      中には、丸投げ?と云われれる場面もありますが…。

      ループ説を喚起させる冒頭シーンですが、ループしていたとしても、これから起こるストーリー(ゲームでは、ルートと言うのでしょうか。ゲームをしないのでよくわかりません(^^;)が、最後のターンだと考えています。

      花の描写ですが、そういう裏話があったのですね。

      アニメ初見では、小さな花にも気を配るエレンの人としての優しさを表すのかと感じていました。巨人の凶暴性はなく、人間だということを強調するカットかなと。

      でも、小さ過ぎてキット隊長らには見えませんね。頭に血が昇っている状態ですし。

      原作を補完しながらのアニメ作りが、アニメ化成功の一因だとホクホクしています。

      • 管理人アース より:

        ケイさん!

        コメントありがとうございます!

        >原作を補完しながらのアニメ作りが、アニメ化成功の一因だと
        これは間違いないでしょうね!
        補完の仕方が最高ですし、何より監督を始めとするスタッフが作品の良さと本当に理解していると思います!
        もちろん作品が良いことが前提ですが、アニメ制作スタッフとの良き出会いが大きな成功の一因とも言えますよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. 進ガキの中坊 より:

      アルミンが見つけた花がもしもテッポウユリだとすると、花言葉は「純潔」なので、心身ともに穢れのないことを意味します。
      つまり、エレン、ミカサ、アルミンが人間の味方であると示す心の純粋さと、エレンが巨人化できる様になったことでライナーの言った
      壁内人類=穢れた民族から解放されたという暗示ではないでしょうか。

      後もう一つだけ、
      花の色が変わり、紫になっているということは、心か身体のどちらかがまだ穢れているという事ではないでしょうか。
      つまり、故郷組からすると、心がまだ壁内人類 側 のままで、壁内人類側からすると身体が巨人化できる、という様な対比になっているのではないかと思います。

      まぁ、まだ第1期の最中で、こんなに考えていたらすごいと思いますが。(創さんなら考えるかも…)
      なんて考えてみました。

      そういえば後2日で最新話が公開されますね!
      楽しみに待っていたいと思います!

      • 管理人アース より:

        進ガキの中坊さん!

        コメントありがとうございます!

        >花がもしもテッポウユリだとすると
        おそらくですが、この花は「すみれ」ではないかと思われます。
        決定は出来ませんが!
        2016-03-07_032125 花言葉は「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」です。

        もうすぐ79話公開ですね!
        管理人アースも楽しみです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ