【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ1話「二千年後の君へ」感想考察まとめ!

「進撃の巨人」アニメ第1話「二千年後の君へ」には原作とは違う内容があるのでしょうか?

そして、アニメオリジナル伏線はあるのでしょうか?

あるとしたら、どのような内容なのか…

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆アニメ第1話「二千年後の君へ」の見どころ!

2015-11-19_150104
原作と同じく超大型巨人が壁の上から頭を覗かすシーンから始まります!

キース団長の壁外調査での巨人への攻撃シーンが入るのも同じですね!

立体機動のスピード感がスゴイです!!
2015-11-19_185254

場面はエレンが居眠りをしてミカサに起こされるシーンに移ります。
2015-11-19_145554

光と花の色使いが綺麗ですね!
2015-11-19_185345

アニメでもやはり泣いているエレン(笑)
2015-11-19_145627

そして、アニメでもやっぱり酔っ払っているハンネス(笑)
2015-11-19_185111

そしてキース団長率いる調査兵団が壁外調査から帰って来ます!

アニメでの「何の成果も得られませんでした!!」は迫力がありますね!
2015-11-19_185022
キース団長が鬼気迫っています!

エレン達が家に帰るとグリシャとカルラがいます。

帰って来たエレンにカルラが「耳が赤かった 嘘ついた証拠」「ミカサに手伝ってもらったんだね」というのはオリジナルのエピソードですね!
2015-11-19_170836
これからエレンの耳に注目です!(笑)

その後、原作通りアルミンと合流し、超大型巨人の巨人化により、地響きが起きます。

ただ、原作でのドウグヤの看板はウォール・マリアの紋章に変わっています。

そして、超大型巨人の登場です!
2015-11-19_171454

アニメ化での超大型巨人の巨人化による稲妻、地響き、壁ドンによる突風、飛散した瓦礫による被害の生々しさと迫力はハンパないです!!

とにかく臨場感がスゴイ!
2015-11-19_185458

エレンは家が心配になり走って戻ります!

飛んできた瓦礫により潰れた家に下敷きになっている母カルラを発見し、ミカサと共に助け出そうとします!
2015-11-19_184831

まさに原作通りに話は進み、ハンネスによりエレンとミカサは助かり、カルラは巨人に捕食されます!
2015-11-19_172140

この捕食された後の描写がスゴイ!

生々しく、妙に綺麗なのです!
2015-11-19_184909
まさに「残酷で美しい」が、第1話から描かれています!!

観る者の心をワシヅカミにし、第1話は終わります。

◆原作に相応する回は?

2015-11-19_145403
原作第1話「二千年後の君へ」から第2話「その日」の7割程度となっています。

◆第1話の現在公開可能な情報!


第1話での現在公開可能な情報はこのようになっています!

壁について

2016-02-24_190622 人類が三重の壁に囲まれて暮らしていることを説明し、それぞれの名称が明らかになっています。

最も外側の壁がウォール・マリア

二番目の壁がウォール・ローゼ

中心の壁がウォール・シーナであると説明しています。

壁について②

2016-02-24_190644
壁と壁の間の面積は、ほぼ等しいと説明されています。

ウォール・マリアとウォール・ローゼの間が約100km

ウォール・ローゼとウォール・シーナの間が約130km

ウォール・シーナから中央までが約250kmとなっていると説明されています。

◆原作からの変更点とアニメオリジナル場面ポイント!


アニメ第1話のポイントはこのようになっています。

  • 「いってらっしゃいエレン」と「髪が伸びてないか」の削除
  • まだ見たことの無い巨人の記憶のフラッシュバックが起きるエレン
  • ハッキリとした845年
  • ブラウンからモーゼスという名前の変更
  • ミカサに手伝ってもらったというエピソードの追加
  • グリシャの診療先が「二つ上の街」から「内地」へと変更

  • それではそれぞれ見て行きましょう!


    ◆ポイントからの考察と感想!

    37f81fbe
    「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


    エレンとミカサの初登場シーンで原作ではエレンが起きる直前にミカサらしき人から「いってらっしゃいエレン」と言われるシーンがあります。

    そして、起きたエレンはミカサに向かい「髪が伸びてないか…?」というセリフがあるのですが、両方とも削除されています。

    この二つのシーンは「進撃の巨人」の「ループ説」の根拠となっている場面なのですが、これらの削除はアニメ版では「ループしていない」という事を表しているのかもしれません。

    ただ、この後にエレンは見たことの無い巨人や母親の捕食シーンというこの後すぐに起きるシーンのフラッシュバックを見ています。
    2015-11-19_145425

    これは「未来の記憶」をエレンが持っているということになります!

    これは、違う形でのループ説の伏線になりそうですね!

    ループの伏線が違う形になったという事でしょう!

    そして原作では数字だけで、おそらく年号だと思われていた画ですが、アニメではハッキリと「845年」と表記されています。
    2015-11-19_150312
    この845はアニメでは年数だと確定されています!

    次は、調査兵団が凱旋するシーンでの考察に移ります。
    2015-11-19_170554
    原作と同じで「ブラウンの母親」が登場しますが、アニメではブラウンではなく「モーゼス」という名前に変更となっています。

    原作では腕だけのブラウンが「ライナー自身ではないか?」「ライナーの兄弟ではないか?」と一時ネットでは囁かれていました!

    これは鎧の巨人ライナーの名前がライナー・ブラウンだからです。

    これを否定するための名前の変更であると思われますが、どうやら「モーゼス・ブラウン」だったようです。

    そのため、ライナーとは兄弟だというライナー兄弟説は未だ生きています!

    今後、モーゼスがライナーの兄弟だったという展開があるかもしれませんね!

    調査兵団の凱旋を見て、家に戻ったエレンにカルラは「耳が赤かった 嘘ついた証拠」「ミカサに手伝ってもらったんだね」と突っ込みます。
    2015-11-19_170836
    このエピソードはアニメオリジナルですね!

    おそらく「エレンの実直な性格」「ミカサの運動能力の高さ」を表すために追加したエピソードだと思われます。

    こういう日常での何気ない会話の追加エピソードは嬉しいですね(*^^*)

    エレンたち家族の日常生活が窺えます!

    その後、グリシャはエレンに「出かけるの?」と訊かれ、「内地に診療だ」と言っています。
    2015-11-20_185400

    原作のグリシャの返答は「二つ上の街に診療だ」です。

    この変更は、けっこう重要ではないでしょうか?

    「二つ上の街」だとウォール・シーナ内を指すことになります。

    しかし内地となるとウォール・マリア内全てを言うことになるのでしょうから、シガンシナ区以外全てとなります。

    原作ではグリシャがレイス家を襲い、皆殺しにすると明らかになっていますが、この時点でグリシャの行動をより謎にするための伏線でしょう!

    グリシャの謎を深めさせるための、セリフ変更となっていますね!

    アニメ第1話は、基本的にほとんど原作通りですが、やはり細かい所で変更が見られますね。

    それはループを匂わす部分であったり、グリシャの行動であったりと、重要な部分が変更となっており、本当に先の事を見据えての変更であると感じられます。

    そしてやっぱり、このアニメ化は素晴らしいですね!

    光、色使い、スピード感が素晴らしいです!

    何度観ても感動してしまいます!

    次回からの考察も楽しみでならない管理人アースです!(^O^)/

    【進撃の巨人 アニメ】2話ネタバレ「その日」感想とあらすじ考察まとめ!
    【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
    【進撃の巨人のアニメ2期の最終回の結末は?アニメ2期の配分を予想!】
    【進撃の巨人のアニメ1期神回まとめ!】


    Sponsored Link

    14 Responses to “【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ1話「二千年後の君へ」感想考察まとめ!”

    1. Kookin Freiheit より:

      いつも楽しく拝見させていただいております。
      細かい指摘かもしれませんが、グリシャがレイス家を遅い、となっていますよwwww
      襲うの間違いじゃないでしょうか?
      細かい所申し訳ございません。

      • 管理人アース より:

        Kookin Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >襲うの間違いじゃないでしょうか?
        修正しました!
        チェックしているのですが、どうしても見落としてしまいます(・_・;)
        ご指摘ありがとうございました!

        これからもよろしくです!


        管理人アース

    2. Flügel der Freiheit より:

      モーゼスとライナーの兄弟説の件ですが、

      http://animenb.com/reinerbraun_yoroi-58

      とは違う説明になっていますので、ご確認ください。ちなみに私は、兄弟説が正しい可能性は高いと思っています。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!
        そしてご指摘ありがとうございました。
        修正しました!
        モーゼス・ブラウンという名前であることを失念していました!(・_・;)
        本当にありがとうございましたm(_ _)m

        >兄弟説が正しい可能性は高いと
        ですよね!
        この展開はあると、管理人アースも思っています!
        兄弟ではなくとも、同じリヴァイとミカサくらいの関係であるという展開はあると思います!
        非常に楽しみです!(^^)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. 進ガキの中坊 より:

      お久しぶりです!
      テストがあったので、コメントできませんでした。

      僕はブラウンの名前がなぜモーゼスに変わったのか不思議です。
      確かに、ネット上ではライナーと関係があるのではないかと言われていましたが、さすがにマンガの中でも「ブラウン・ブラウン」なんて芸名みたいな名前をつけないと思います。

      しかも、マンガ版でわざわざ母親を登場させて
      「ブラウンは?」
      と聞いているので、「ブラウン・?」なのではないかと僕は思います。
      さすがに母親が名字で呼ぶことは無いと思います。
      なので本当にモーゼスに変わった理由がよくわかりません。

      でも、この考察の中の大物さんがライナー兄弟説の可能性が高いと言っているならその様な気も…

      まぁ、でも第一話はかなり重要なキーワードがたくさん隠れているので、よく見ないとですね!

      アースさんもお体に気をつけて頑張ってください!

      • 管理人アース より:

        進ガキの中坊さん!

        おひさですね!
        テスト乙です!

        >大物さんがライナー兄弟説の可能性が高いと言っているならその様な気も…
        ですね!(笑)
        第1話のネタなので、要チェックですよ!(笑)
        実際、アニメではモーゼスの顔が分かりますが、ライナーと似ているんですよね!
        なので、あり得るとは思います!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. yumyum より:

      こんにちは。

      漫画冒頭の「行ってらっしゃい」がアニメで使われていないのは、その伏線がアニメ1期中では解明されないから、が理由だった筈です。

      • 管理人アース より:

        yumyumさん!

        コメントありがとうございます!

        >アニメ1期中では解明されないから、が理由だった筈です。
        なるほど!
        第2期アニメが制作されるかどうかが分からなかったからということですね!
        ただ、1期中では回収されない伏線が多々そのまま登場もしているという事もありますが…
        その辺りにはいろいろな考えがあるのかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    5. 向きが より:

      アニメと原作の相違点はまだあります。
      それは風見鶏の描写がなくなり、最後に渡り鳥を描き方角を示しています。

      マガモは冬に寒いところから南に向かうという所からしか検証していませんが、アニメと原作で太陽の向きがまた違うのではと感じました。

      • 管理人アース より:

        向きがさん!

        コメントありがとうございます!

        >マガモは冬に寒いところから南に向かう
        おー!なるほどです!
        情報ありがとうございます!
        あの鳥はマガモなんですね。
        知りませんでした!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. Flügel der Freiheit より:

      はくしょん!何故かくしゃみが出ます(笑)

      そして何故か、ライナーとモーゼスの兄弟or親戚説について再び考察します(笑)

      人間の常識では、腕が転がったまま長く放置されていれば死亡決定ですので、キースもそのように判断したのでしょう。

      ところがどっこい、モーゼスは巨人化能力者であり、実は生きているというような展開になる可能性もあると思います。

      連想ゲームになりますが、ライナーはコニーを守って腕を骨折したことがあります。モーゼスも腕を使って誰かを守ったのかもしれません。しかし損傷がひどく、巨人化がばれる前にさっさと消え去ったいうことです。

      そしてモーゼスの母親がブラウンと呼んだりモーゼスと呼んだりするのは、今まで登場していない彼の父親や、いわゆる「故郷組」の事情が関係しているのではないかと想像します。

      モーゼスの名前は、旧約聖書に記されている預言者モーゼを連想させます。明確な根拠は挙げられませんが、おそらくモーゼスは只者ではないと思いますよ。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        噂をされるとくしゃみが出るというのは本当だったのですね!(笑)

        >ところがどっこい、モーゼスは巨人化能力者であり、
        この展開は面白いですね!
        エレンの「左腕の行方」を思い出します!

        確かに旧約聖書のモーゼを連想させますね。
        かなり意味深ですよね1

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. Flügel der Freiheit より:

      仮にモーゼスの父親がライナーと血縁関係があるとしても、彼の母親には特に知らされていないと思われます。

      カルラはきっとグリシャの本性を知らないと思いますが、それと同じような感じです。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        この辺りを抑えるのは流石ですね!(^^)
        カルラもグリシャの巨人化能力を知らなかったでしょうしね。
        地下室がずっと秘密だったのも、そのように思わせます。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ