【進撃の巨人】Before the fallネタバレ6話「人間の証明」感想考察!

壁外調査へと向かう荷駄隊に貨物部分に潜り込んだキュクロですが、そのまま壁外へと向かいます。

キュクロは目的通り、巨人に会えるのでしょうか?

それとも、途中で調査兵団に見つかってしまうのでしょうか?

第6話「人間の証明」の、内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」第6話「人間の証明」あらすじ&内容!

2016-09-20_114519
「Before the fall」第6話より


調査兵団が、シガンシナ区より壁外へと向かう場面から始まります。

大きな歓声を受け、出立します!

キュクロは、幌が被っている荷駄隊の貨物部分に潜り込んだまま、壁外へと出ることに成功します。

そして、そのまま調査兵団に気付かれること無く、時間が過ぎます。

なかなか巨人に会えないキュクロは、貨物の中にあった銃を触っている時に地面の段差で馬車が跳ね、暴発させてしまいます!
2016-09-20_114540
「Before the fall」第6話より


キュクロが暴発させた銃は、信煙弾用の銃でした。

銃声に驚いた調査兵団は進軍を止め、荷駄隊の馬車を調べようとします。

キュクロは諦め、自ら荷台から飛び出し隊長に会うことを希望します!
2016-09-20_114559
「Before the fall」第6話より


しかし、兵士達は力づくで拘束しようとし、キュクロに飛びかかります!

キュクロは兵士たちを身軽に躱しますが、さすがに数が多く、捕まります。

そこに、隊長であるカルロ・ピケールが登場し、キュクロと対面します!
2016-09-20_114622
「Before the fall」第6話より


この時点でお互いに初対面と思っていますが、実際は第1話以来の15年ぶりの再会です!

カルロがキュクロに、暴発させた緑の信煙弾が「異常事態」を知らせる信号弾であると話している時に、キュクロは敏感に巨人の足音に気付きます。
2016-09-20_114642
「Before the fall」第6話より


カルロも気付いていなく、キュクロにシガンシナ区側から巨人が向かってくる事を聞き、双眼鏡で巨人が向かってくることを確認します!
2016-09-20_114738
「Before the fall」第6話より


巨人を初めて見たキュクロは、バケモノだと認識し、自分が巨人の子ではないことを自覚します!
2016-09-20_114828
「Before the fall」第6話より


巨人から逃げるために、調査兵団は足を攻撃し、巨人を足止めしようとします!
2016-09-20_114854
「Before the fall」第6話より


しかし、凄まじい回復力を持つ巨人がキュクロに迫り、終わります。
2016-09-20_114917
「Before the fall」第6話より


◆「Before the fall」第6話の考察ポイント!


第6話の考察ポイントは、このようになっています。

  • 現調査兵団トップである、カルロ隊長
  • 「異常事態」を報せる緑の信煙弾「緑星」
  • シガンシナ区側から来た巨人
  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    Sponsored Link


    ◆第6話のポイント考察!

    2016-09-20_114622
    「Before the fall」第6話より


    計画通り壁外へと出られたキュクロですが、調査兵団に見つかり捕らえられます。

    そして、調査兵団隊長であるカルロ・ピケールとの対面となります!

    このカルロは15年前、シガンシナ区巨人侵入事件の時のシガンシナ区にて、キュクロが生まれる際に立ち会っています。
    2016-09-03_040857
    「Before the fall」第1話「巨人の子」より


    つまりは、二人にとっては15年ぶりの再会となるわけです!

    二人がこの事実を知るのは、もう少し先になりますが…

    そして、今回の壁外調査を率いているのが調査兵団「隊長」であるカルロ・ピケールであることが、この場面で分かります。

    完全に壁外調査隊のトップとして登場しているので、間違いないでしょう!

    本編での壁外調査のトップは、調査兵団のトップである団長が務めています。

    キース団長、エルヴィン団長然りですよね。

    つまり、本編より70年以上前の調査兵団は、団長ではなく「隊長」がトップである可能性が高いようです。

    この辺りは小説版も同じで、カルロもこの後に登場するホルヘ・ピケールも調査兵団「隊長」という役職で調査兵団トップのように描かれています。

    これが本編に反映するような伏線のようには思えませんが、チェックしておいた方が良いかもですね!

    そして、キュクロが暴発させた信煙弾は「緑色」の煙で「異常事態」を報せる信煙弾となっていました。
    2016-09-20_114642
    「Before the fall」第1話「巨人の子」より


    信煙弾は本編「進撃の巨人」にも登場しますが、緑色は長距離索敵陣形での「進路決定」時にエルヴィンが打っていた信煙弾となっています。

    この辺りは、アニメネタバレ19話感想あらすじ考察まとめ!の「現在公開可能な情報」にて細かく書かれていますので、見てみてください!

    この違いは、何なのでしょうか?

    ちなみに小説版「Before the fall」でも緑色の信煙弾「緑星」「異常事態発生」を報せる信煙弾となっていました。

    時代の食い違いなのか、単純な食い違いなのか、はたまた意味のある変更なのか…

    先程の「隊長がトップの調査兵団」と同じで、この辺りの判断は難しいですね!

    ただ、チェックだけはしておいた方が良いかもですね!

    そしてその後、と巨人と対面し、キュクロは自分が人間であると判断できました!
    2016-09-20_114828
    「Before the fall」第1話「巨人の子」より


    ただ、この時来た巨人は、シガンシナ区側から来たことになっています。
    2016-09-20_114700
    「Before the fall」第1話「巨人の子」より


    シガンシナ区から出発して遠征している調査兵団に、シガンシナ区側から巨人が来るというのは不思議ですよね?

    もしかしたら、知性巨人?と思ってしますシーンですよね(笑)

    これは、無いと思いますが!

    物語は、キュクロが巨人に襲われている大ピンチとなったまま終わります!

    シガンシナ区まで、無事に引き返せるのでしょうか?

    第7話まで、ハラハラドキドキな展開となっています!

    Before the fallネタバレ7話「鮮血の大地」感想考察!
    Before the fallネタバレ5話「未明の出立」感想考察!
    【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
    【進撃の巨人用語集まとめ】


    Sponsored Link

    コメントを残す

    このページの先頭へ