【進撃の巨人】Before the fallネタバレ30話「逆乱の果て」感想考察!

29話最後にキュクロが銃にて撃たれたのか!?という場面で終わりました。

キュクロは無事なのでしょうか?」

そして、反体制組織に連れて行かれたシャルルとゼノフォンは、どうなるのか!?

シャルルを懸けたキュクロと反体制組織の一騎打ちとなる、第30話を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」第30話「逆乱の果て」あらすじ&内容!

2016-11-14_135418
「Before the fall」第30話より


タアアアンと、銃が発砲した音が響き渡る場面から始まります。

涙を流すシャルル!

発砲した反体制組織の男は、汗を流し、キュクロを撃ってしまった事に、目を瞑って耐えています。

しかし、目を開けると、そこにはキュクロはいません!

装置にて、壁に移動して弾を躱していたのです!
2016-11-14_135439
「Before the fall」第30話より


そのまま、発砲した男に膝蹴りを入れ、倒します。

その後、次々と反体制組織の人員を倒していくキュクロ!
2016-11-14_135500
「Before the fall」第30話より


アウグストとマイは、形勢不利と判断し、シャルルとゼノフォンを抱えて逃げ出します!

残った反体制組織の人員を倒し追いかけようとするキュクロは、反体制組織の男たちがどよめいていることに気付きます。

先ほどキュクロに向けて撃った発砲の銃声を聞き、憲兵団が近付いて来ていたのです!
2016-11-14_135517
「Before the fall」第30話より


ぶつかる憲兵団と反体制組織!

その中でキュクロは、ドサクサに紛れ、装置にてその場を離れ、シャルルを追いかけます。
2016-11-14_135538
「Before the fall」第30話より


場面は、シャルルとゼノフォンを連れて逃げたアウグストとマイ達に移ります。
2016-11-14_135555
「Before the fall」第30話より


憲兵本部に向けて移動していましたが、別の部隊での制圧が終わっているはずの本部の方から銃声がします。

疑問に感じたマイが一人で見に行くと、幹部であるユーリもボロボロになり、部隊は全滅しています。
2016-11-14_135617
「Before the fall」第30話より


そこにシガンシナ区憲兵団が現れ、マイはボウガンにて攻撃し逃げます。

アウグストとシャルル、ゼノフォンとマイは、憲兵団から逃げ、建設途中の建物の上に登ります。

建物の上に登ったアウグストに、「オーイ!そこのロン毛」と軽い口調で声を掛ける主を見ると、そこに工場都市憲兵団隊長ダフネルと、手を振っているシガンシナ区憲兵団隊長ベルンハルトがいます。
2016-11-14_135656
「Before the fall」第30話より


それを見たアウグストは、シャルルを盾にとり、ゼノフォンにダフネル隊長と交渉するように命じます。

しかし、それにマイが反対し、アウグストと揉めます。
2016-11-14_135743
「Before the fall」第30話より


揉めている最中に、憲兵団の攻撃により、マイは死亡します。

さらに逆ギレしたアウグストは、ゼノフォンをも蹴り倒します!
2016-11-14_135801
「Before the fall」第30話より


吹っ飛んだゼノフォンは、柵にぶつかり、その柵が壊れ落ちていきます!

そのゼノフォンに飛びつきシャルルが助けますが、今度はシャルルが身代わりに落ちていきます!

そこに、装置で追い付いたキュクロがシャルルを受け止め、助けます!
2016-11-14_135823
「Before the fall」第30話より


そのキュクロにシャルルが抱きつき、終わります。

Sponsored Link


◆第30話の考察ポイント!


30話の考察ポイントは、このようになっています。

エルヴィンとハンジを足したようなベルンハルト

それでは、見て行きましょう!

◆第30話のポイント考察!

2016-11-14_135725
「Before the fall」第30話より


工場都市の反体制組織に武器を横流しし反乱を起させ、ピンチのところをシガンシナ区憲兵を引き連れ工場都市憲兵団隊長ダフネルを助けるというベルンハルトのシナリオが、今回終結となりました。

まさに大成功でしょう!

憲兵団次期団長を狙っているベルンハルトの叔父の最大のライバルであるダフネルは、自分の担当地区で反乱が起きたとなっては、次期団長も諦めなければいけなくなり、まさにベルンハルトの計画通りとなっています。

このような策士的な部分は、本編でのエルヴィンを彷彿とさせますよね!

さらに今回登場したベルンハルトには、ハンジの匂いもプンプンとします!

反乱の首謀者に「オーイ!ロン毛」と呼びかけたり、部下の指揮官達には「動くもの皆撃ってよし」と命じている事を笑いながら話している掴みどころの無さは、まさにハンジらしいと言って良いでしょう。
2016-11-14_135656
「Before the fall」第30話より


このベルンハルトは、現在シャビィの上司であり、シャビィ側にいると判断して良いと思われ、キュクロにとっては強敵になりそうですよね!

ただ、魅力的なキャラクターとなっており、これからも読者を楽しませてくれそうです!(^^)

物語は、キュクロがとうとうシャルルを捕まえました!

このままシャルルを攫い、工場都市から逃げられるのでしょうか?

次回の展開が楽しみですね!(^^)

Before the fallネタバレ31話「宿縁の双剣」感想考察!
Before the fallネタバレ29話「擾乱の都市」感想考察!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
【進撃の巨人用語集まとめ】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ