【進撃の巨人】Before the fallネタバレ22話「壁下の深淵」感想考察!

第22話は、「装置」の実地試験を行う為にシガンシナ区に到着した、キュクロ達の話となっています。

久々の調査兵団隊長カルロ・ピケールの登場、マリア・カールステッドの初登場と、今回は様々な登場人物が登場する回となっています!

とくに、18話にて名前だけ登場したソルムの婚約者マリアの初登場は楽しみですし、さらに小説版ではかなり重要な人物となっている〇〇も存在だけ示唆されています!

それでは、いろいろ盛り沢山な回となっている22話の内容を見てみましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」第22話「壁下の深淵」あらすじ&内容!

2016-10-29_195608
「Before the fall」第22話


ホルヘが運転する馬車が、シガンシナ区に到着する場面から始まります。

壁外追放にて死亡したことになっているキュクロとカルディナは馬車にて隠れていますが、キュクロは以前シャルルと住んでいたシガンシナ区へ戻ってきたことに胸を踊らせます。
2016-10-29_195634
「Before the fall」第22話より


調査兵団の兵舎に着いたキュクロとカルディナは、ホルヘの息子であり調査兵団隊長であるカルロ・ピケールと会います。

キュクロは壁外調査にて共に死線をくぐり抜けた時以来の再会となっており、お互い紹介もしていなかった事実に笑い合います。
2016-10-29_195658
「Before the fall」第22話より


そしてキュクロは「壁外追放」から助けてもらった礼を言い、それを見たカルディナは、信頼しあっている彼らを羨ましく思い自分も、と敬礼をしながら自己紹介をします。
2016-10-29_195727
「Before the fall」第22話より


父ホルヘから、訓練兵団では優秀な成績だったと聞いていると言われたカルディナは、「卒業もしていない落ちこぼれで」と焦りますが、これから実力は見せてもらうとカルロから言われ、顔を上げて返事をします。

その後、兵舎の中を案内されたキュクロは、あまりの人の少なさに驚きます。
2016-10-29_195750
「Before the fall」第22話より


前回の壁外遠征から心が折れた兵士の転属願いが続き、調査兵団は兵士不足にあることを説明され、それでも遠征に出る事を決意しているカルロは、その強い意志を垣間見せます。
2016-10-29_195811
「Before the fall」第22話より


場面は夜になり、シガンシナ区壁上に移ります。

50m上の壁上までハシゴにて登り、キュクロもカルディナもダウンします。
2016-10-29_195859
「Before the fall」第22話より


ホルヘも流石に息が上がっていますが、現役のカルロ隊長は余裕のようです。

そこへ、駐屯兵団、マリア・カールステッドが登場します。
2016-10-29_195918
「Before the fall」第22話より


ソルム・ヒューメの婚約者であり、アンヘルの幼馴染だった彼女は、「装置」の実地試験を手伝ってくれるようです。

そして、マリアにはソルムとの間の子がおり、キュクロ達と同じ年くらいのその子は、調査兵団を志望していると話します。
2016-10-29_195956
「Before the fall」第22話より


キュクロ達は実地運用試験を行うため、新型の装置を装着します。

以前の装置に比べかなり大型化しており、重さも倍近くになっているようです。

カルロが「それで動けるのか」聞き、「その為の訓練はしてきた」と答え、キュクロは準備を整えます。
2016-10-29_200024
「Before the fall」第22話より


壁下は暗闇に包まれ、全く視界が効きませんが、キュクロは驚くべき聴覚で足音を聞き分け、3m級から5m級の巨人が下にいると言います。
2016-10-29_200046
「Before the fall」第22話より


そして、身軽に壁を降り、カルディナも続きます。

そして、3分の2降りた辺りで、巨人がカルディナの目の前に現れ、終わります。
2016-10-29_200107
「Before the fall」第22話より


Sponsored Link


◆第22話の考察ポイント!


22話の考察ポイントは、このようになっています。

駐屯兵団マリア・カールステッド

それでは、見て行きましょう!

◆第22話のポイント考察!

2016-10-29_195938
「Before the fall」第22話より


今回はマリア・カールステッドが初登場しました!

小説版での設定通りならば、マリアはアンヘル・アールトネン、ソルム・ヒューメと同じ施設で育った幼馴染となっています。

兄弟のように育った3人は、アンヘルは職人になり、ソルムは調査兵団、マリアは駐屯兵団へと入団します。

そしてソルムはマリアと婚約し、マリアのお腹には子どもがいました。

ソルムは壁外遠征にてアンヘルを助けるために死亡し、マリアは未亡人になり子どもを産みます。

その子はローザをいう名前で、小説版ではキュクロ、カルディナ、シャビィと訓練兵団同期として登場します。

非常に体術が優れており、アニのように「柔よく剛を制す」を体現した実力を持っていました。

キュクロ、カルディナの味方として活躍しています。

初登場したマリアからは、娘が調査兵団を目指しているとの説明がありました。
2016-10-29_195956
「Before the fall」第22話より


これは…いずれ、ローザ・カールステッドが登場する伏線でしょうか?

非常に頼りになるローザが登場することを大いに期待する、管理人アースでした!\(^o^)/

物語は、カルディナの目の前に巨人が登場して終わりました。

次回、どうなるのでしょうか?

先に降りていたキュクロは…(・_・;)

ドキドキしながら、23話を楽しみにします!

Before the fallネタバレ23話「闇の輪舞」感想考察!
Before the fallネタバレ21話「詭謀の栖」感想考察!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
【進撃の巨人用語集まとめ】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ