【進撃の巨人】Before the fallネタバレ2話「覚悟の少女」感想考察!

「Before the fall」は本編より70以上年前に起きた、シガンシナ区への巨人侵入という事件が発端の作品だと、第1話で分かりました。

その最後に登場した「巨人の子」と呼ばれた赤ん坊が、「Before the fall」の主人公であるキュクロであると第2話にて分かります!

そして、因縁の相手シャビィやキュクロを救うことになるシャルルの登場…

盛りだくさんとなっている、第2話の内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」第2話「覚悟の少女」あらすじ&内容!

2016-09-05_074518
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


第1話にて起きた、「シガンシナ区巨人侵入事件」の被害が記されます。

巨人一体の侵入で「死傷者行方不明者5000人、全半壊した家屋が約100戸」は、巨人の凄まじさを感じさせますね。

もしアンヘルが壁外に巨人を誘導していなかったら、さらに被害は大きくなっていたでしょう。

そして、場面は13年後のウォール・シーナに移ります。
2016-09-05_074625
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


大豪商であるダリオ・イノセンシオは、檻に入り鎖で繋がれている少年を見つめます。

その表情には、わずかな恐れが感じられます。

「主人(あるじ)」と呼ばれる眼帯をした老人が登場し、この少年を「巨人の汚物から誕生した子」「巨人の子―キュクロ」と呼びます。
2016-09-05_074648
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


つまり、第1話の最後に生まれたエレナの子ということでしょう。

ダリオは金貨がずっしりと入った巾着を「あるじ」に渡し、キュクロを買い取るようです。

その際、「あるじ」はダリオ以外にもキュクロを欲しがっていた「黒いボロを着た陰気な男」が来たとダリオに話します。
2016-09-05_074709
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


ダリオはキュクロを手に入れ、自宅の屋敷の物置部屋にキュクロを繋ぎます。
2016-09-05_074747
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


そこでキュクロは、ダリオの長男シャビィに蹴られ殴られる日々を送ることになります。
2016-09-05_074807
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


ダリオはシャビィが訓練兵団に入った際に、優秀な成績で憲兵団に入団出来るよう、「巨人の子である」キュクロをいたぶらせ、自信を付けさせようとしているのです。

その甲斐があり、シャビィは自信を身に付けていきます。

キュクロは、そのようなリンチを毎日のように受け、さらには食事もまともに取らせてもらえません。

シャビィが食べ尽くした後のりんごの芯や、物置部屋を這っていた虫を食べキュクロは空腹を誤魔化して暮らしていきます。

ダリオには、シャビィの他にシャルルという長女がいます。

シャルルは以前、ダリオとシャビィにシガンシナ区の壁上に連れて行かれ、壁外の巨人を見るという経験をしています。
2016-09-05_074825
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


その時に見た巨人の恐怖を忘れられず、同じ家の中にいる「巨人の子」であるキュクロを殺さなければいけないと決心します。
2016-09-05_074905
「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


シャルルが短刀を持ち、キュクロを殺すために移動する場面で終わります。


◆「Before the fall」第2話の考察ポイント!


第2話の考察ポイントは、このようになっています。

  • この時代に壁内に巨人が侵入するということ
  • キュクロを欲しがっていた「黒いボロを着た男」
  • シャルルが見た壁外と巨人と持っていた短刀

  • それではそれぞれ見て行きましょう!


    ◆第2話のポイント考察!

    2016-09-05_074518
    「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


    第1話での被害が、冒頭で説明されていました。

    巨人の凄まじさを感じさせる説明ですが、アンヘルが壁内に巨人を誘導したおかげで、この被害ですんだとも言えます。

    というか、立体機動装置が存在せず、うなじが弱点だと知られていないこの時代に、壁内に入ってきた巨人をどうやって倒せば良いのでしょうか?

    おそらく倒すことは出来ないでしょう。

    …もしかしたらアンヘルは、本当に世界の救世主だったのかもしれませんね。

    そして、ダリオはキュクロを手に入れる際に「あるじ」から「黒いボロを着た陰気な男」の話を聞きます。
    2016-09-05_074709
    「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


    その男は「どうしても巨人の子であるキュクロが必要」と言っていたと言っており、ダリオは気付きませんでしたが、この男が「巨人信奉者」であることが察せられます。
    2016-09-05_074727
    「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


    ダリオは後に、キュクロを手に入れようとするこの「巨人信奉者」に殺される事になるのですが、その伏線がここで貼られていますね!

    そしてシャルルが登場しましたね!
    2016-09-05_074905
    「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


    かわいいです!(笑)

    このシャルルは、キュクロを殺そうと決心しています。

    その理由は以前にシガンシナ区壁上で見た巨人の恐ろしさなのですが、この時に見た巨人が後に「オーガ」と呼ばれる巨人であると分かります。

    さらに前話第1話にて、シガンシナ区に侵入した巨人は「マンモン」と名付けられています。

    無知性巨人に名前が付けられているのは、「Before the fall」の特徴ですよね!

    そして、キュクロを殺すために持っていたシャルルの短刀は、巨人の皮膚を切り裂ける黒金竹で出来た短刀です。

    この短刀は、後のキュクロの命を救うために、大いに活躍するのですがここで登場していますね!

    シャルルの短刀は、要チェックです!

    そして、最後の考察ですが、これは今後の展開にはあまり関係ない事柄ですが、本編でも登場していないシガンシナ区壁上から見た「外の世界」がここで登場しているので紹介しておきます。
    2016-09-05_074846
    「Before the fall」第2話「覚悟の少女」より


    荒涼とした、見る限り何も無い世界となっています。

    第1話冒頭でキースやエルヴィンが巨人を倒している場面もシガンシナ区から出発した「外の世界」でしたが、木々が鬱蒼と生い茂っている場所となっていました。
    2016-09-05_083147
    この荒涼とした場所を駆け抜けて行くと、木々が生い茂っているような場所があるのでしょうか?

    この画が本編に反映するのかどうかは、これからシガンシナ区から本当の「壁外調査」が決行される時に分かりますね!

    さて、シャルルがキュクロを殺そうと決心して終わった第2話でしたが、第3話はどのような展開となるのでしょうか?

    第3話も楽しみですね!\(^o^)/

    Before the fallネタバレ3話「月下の約束」感想考察!
    Before the fallネタバレ1話あらすじ「巨人の子」感想考察!
    Before the fallのネタバレ考察!
    【進撃の巨人キュクロの伏線は何?巨人の子が果たす役割とは?】
    【シャルルとクリスタの比較と伏線を検証!】


    Sponsored Link

    コメントを残す

    このページの先頭へ