【進撃の巨人】86話ネタバレ考察!グリシャの巨人時期から「二千年後の君」を検証!

86話「あの日」で、1820年前のユミル・フリッツ、80年前の巨人大戦など、多くの年数が登場しました。

これらの年数から、謎であったグリシャの無知性巨人時期を推定してみました!

すると、第1話タイトル「二千年後の君へ」とユミル・フリッツとの関係に、新たな考察が!

それでは、検証してみましょう!

Sponsored Link

◆グリシャの無知性巨人時期を検証!

2016-10-07_032606
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


まず、86話には「80年前の巨人大戦」という言葉が2回登場しています。

1回目は、少年時代のグリシャが父から歴史を説明されている場面であり、2回目はマーレ戦士募集の演説を聞いた後に登場したフクロウの手紙にて登場しています。
2016-10-12_051210
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


1回目のグリシャは少年であり、おそらく10歳くらいかと思われます。

2回目のグリシャは18で医者を継ぎ、その後結婚しジ―クが生まれた後なので、少なくとも19歳以上で20歳くらいかなと思われます。

つまり、1回目と2回目の間には10年の間があるのですが、それにも関わらず巨人大戦は両方とも「80年前」と説明されています。

管理人アースは、両方の年数でグリシャの巨人時期を考察しましたが、1回目の巨人大戦時期での検証では破たんしました。

なので、2回目の時期での「80年前」を採用し、これを前提に考察したいと思います。

この2回目の巨人大戦が記載されているフクロウの手紙には、「フリッツ王は壁に籠もったまま音沙汰ないが、80年前に言い残した言葉がある」と説明されています。

言い残したということは、その直後に壁に籠もったということですよね!

つまり、この時代から80年前に壁が出来たと考えられます。

そして、エレン達が生きている時代から見ると、壁が出来たのは107年前となっています。

つまり、ここからこの時と、エレン達が生きている時代とでは27年間の時差があることが分かります。

この時点で、エレン達の時代から27年前の話と言う事ですね。

こうなります。
2016-10-12_211323
この後、グリシャはジ―クをマーレの戦士に応募させ(この時点でジークは5歳、グリシャは25、26歳くらい)、その後ジ―クの告発により、グリシャは無知性巨人化されパラディ島に流される「楽園送り」となります。

そして、第71話にてキースは、グリシャを壁外で見つけたのが、現在から20年前と言っていました。
2015-07-09_001920
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


この時のグリシャには記憶障害の症状が見られ、おそらく無知性巨人から人間に戻ったばかりだと考えられます。

こうなりますね。
2016-10-12_211535
つまり、グリシャの無知性巨人時代は、5年程度であることが分かります!

(注)17日放送の「別ナマ」にて、担当編集者バック氏より「ジークは格闘家コナー・マクレガーさんと同じ年」という事実が明らかになりました。
コナー・マクレガーさんは28歳なので、ここから逆算するとグリシャの無知性時代は0~1年という可能性が出てきます。

もし、1回目のグリシャの少年時代から80年前という前提で計算すると、グリシャの無知性時期はマイナスになってしまうので、破綻してしまいます!

ただこの考察は、巨人大戦と同じ年に壁が出来たという前提で推測していますので、もし壁の完成時期が80年前ではなく違っていたら、変わってきますのでご了承ください。

ただおそらくは、巨人大戦と壁に籠る時期は同じ時期だと感じますよね。

【追記】

ジークが28歳だと判明したので、改めてグリシャの考察期間を検証したいと思います!

Sponsored Link


◆ユミル・フリッツが巨人の力を得た時期を検証!

2016-10-07_032549
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


今回の話には、1820年前という数字も登場しました。

これは、ユミル・フリッツが巨人の力を得た年と考えられます。

1820年と聞くと、第1話タイトルの「二千年後の君へ」の年数を思い浮かべますよね。

1820年前と2000年は、同じ年を指しているんでしょうか?

検証してみましょう!

グリシャ父が1820年前と言っているのは、グリシャが10歳くらいだと思われます。

ということは、先ほどのフクロウからの手紙をもらった時期から10年前くらいと考えらえます。
2016-10-12_211707
つまり、エレン達の時代から37年前となりますね!

現在より37年前からさらに、1820年前ということは、現在から1820+37=1857年前にユミル・フリッツは巨人の力を手に入れたという事になります。

そして、第1話は現在より5年前なので、その時点では1852年前の事となります。

…2000年前では無いですね。

148年間も間があります…

ということは、第1話タイトル「二千年後の君へ」にユミル・フリッツは関係ないという事になりますね!

関係あるのではと思っていたのですが…(・_・;)

では、「二千年後の君へ」の二千年とは何を指しているのか?

もしかしたら、フリッツ初代王?

謎は深まるばかりですね…(-_-;)

86話あらすじ!「あの日」の感想考察!
86話ネタバレ考察!人種から巨人の耳の伏線を検証!
87話あらすじ展開!
86話ネタバレ考察!「9つの巨人」と「7つの巨人」の正体を検証!


Sponsored Link

23 Responses to “【進撃の巨人】86話ネタバレ考察!グリシャの巨人時期から「二千年後の君」を検証!”

  1. トロスト区議会議員 より:

    アースさん、毎日更新お疲れ様です!

    2つの「80年前」ですが、単純に「巨人大戦」が長期間にわたるものだったのではと考えています。
    アースさんの表にしたがった場合、エレン達の時代の117年前に巨人大戦がはじまり、107年前に大戦が終わり、フリッツ王が言葉を残して壁に籠ったのであれば、矛盾は一応ないです。

    あと、壁内の暦上、エレン達の時代は850年になりますが、エルディア人であれば「大地の悪魔との契約」の年を紀元1年にすればよいのに、そうしなかった理由も釈然としませんね。
    現段階では情報が足りませんが、850年前は概ね「大地の悪魔との契約」から1000年後であり、このタイミングでも何かがあったのかもしれません。

    • 管理人アース より:

      トロスト区議会議員さん!

      コメントありがとうございます!

      >長期間にわたるものだったのではと考えています
      なるほどですね。
      そうであれば、両方とも合っているということになりますね。

      >このタイミングでも何かがあったのかもしれません。
      これ、気になっていますよ。
      何があったのかは、ちょっと想像できないですね(・_・;)



      管理人アース

  2. コンロガス より:

    細かいところ突っ込んで申し訳ないですが、ジークが7歳の頃にグリシャ達は楽園送りになったので、仮にグリシャ20、1歳頃ジーク1、2歳頃に2回目の「80年前」があったとすると、無知性巨人時代は5年間よりは短いですよ(2年くらい)。ただし2回目の「80年前」の時点でジークが既に5歳くらいならば、5年くらいのグリシャ無知性巨人時代になります。
    ——-
    27年前 2回目の「80年前」(グリシャ20、1歳、ジーク1、2歳)
    22年前 楽園送り(グリシャ25、6歳、ジーク7歳)
    20年前 グリシャ発見
    ——-
    27年前 2回目の「80年前」(グリシャ25、6歳、ジーク5歳)
    25年前 楽園送り(グリシャ27、8歳、ジーク7歳)
    20年前 グリシャ発見

    • 管理人アース より:

      コンロガスさん!

      コメントありがとうございます!
      管理人アースは、2回目の「80年前」から考えています。
      1回目の時のグリシャは10歳くらいではないですか?
      2016-10-07_032606

      「進撃の巨人」第86話「あの日」より


      2回目の「80年」前から推測すると、仰る通り無知性時代は5年くらいであり、そのように記事にて書いています。
      よろしくです!


      管理人アース

  3. コンロガス より:

    返信ありがとうございます!

    いや、2回目「80年前」がグリシャ20歳ジーク1歳頃と仮定すると無知性巨人時代はせいぜい2年になるので、グリシャ5年間の無知性時代のためにはグリシャ25歳頃ジーク5歳頃という仮定が必要ですよ(私は1回目の「80年前」の話は今回していません!)。

    • 管理人アース より:

      コンロガスさん!

      コメントありがとうございます!

      いや、記事読み返して、仰られたこと理解しました。
      フクロウの手紙を読んだ時点で、ジークをマーレ戦士に送り込んでいるのでジークは5歳以上になっており、グリシャも25、26歳のはずですよね。

      ただ、今(注)にて追記しましたが、ジークの年齢が28歳と明らかになりましたので…
      グリシャの無知性時代は、ほとんどなかったのかなと。
      またよろしくです!


      管理人アース

  4. 生き残れなかった兵士 より:

    毎日更新お疲れ様です(^^)
    やはり謎なのはグリシャがどうやって無知性から知性へとなったかですよね!
    知性巨人を食わなければいけないのが条件だとしたら一体誰を捕食したんですかね…。いつもここで躓いてしまいますσ(^_^;)

  5. ピザポテト より:

    別生見てましたけど
    コナーマクレガーの年齢=ジークの年齢
    と言うわけではなかったと思いますよ。
    老けて見えるけど実は若い、みたいなことを伝えたくて例に出したのかと。

    • りゔたん より:

      横から失礼致します。

      俺もピザポテトさんと同じく、年齢と外見が一致するとは限らない可能性を示唆したものと、思いました。

      画像検索して驚きましたしヽ( ̄д ̄;)ノ

  6. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく読ませていただいています。只の訓練兵のたわ言ですが、諫山さんは、実現可能のような非常に細かい設定をされています。無知性巨人もおそらく人工光合成の技術を使って生きているのかと思います。2000年程前にその技術を持ち合わせているということは、0巻ではないですが、2000年位で一度高度文明を終わらせているのではないでしょうか?そして残ったユミルの民、つまりユミル フリッツに、未来を託して今があるのではないでしょうか?2000年後の君へは、2000年で破綻した過去を次の2000年でうまくやってくれ。ということなのかと思いました。

  7. アルミンのともだち より:

    約150年後、つまりユミル・フリッツが『契約』してから2000年後に巨人化能力者もしくは巨人化能力がなくなるのではと予想。
    それは戦いによるものなのか、和平によるものなのか、そもそもそういう契約だったのか・・・

  8. 進撃の芋女 より:

    こんにちは、進撃の芋女です。

    二千年後の君はやっぱりエレンだと思います。

    この言葉を言ったのはユミル フレッツだとも思ってます。

    ピクシスが壁の上でエルウィンに王家は二千年続いているって話していたので…。

    私的にはピクシスの言動や考え方は王様みたいって常々思っていたので本当はピクシスが王さまだったりななんて思ってますが、脱線しましたね話が。

  9. 進撃 より:

    管理人さんお久です!!
    「2000年後の君へ」について
    2000年後というのは、もう
    エレン達の時代というのは
    確定しているとおもうので
    誰が、いつかということを
    考察していきたいと思う。
    まず、845年に一度目に
    壁を壊されてカルラを失う
    少し前のグリシャの行動は
    かなり怪しい。超大型巨人
    が初めて出現したときに、
    壁を壊されることを知っていたのか?ということも、
    気になる。1820年前と
    いう言葉が新たに出てきた
    これが関係している事は、
    ほぼ間違いないと推測する
    つまり、この年号より前に
    知性を持った巨人(レイス)
    が壁を壊されることを3人
    に伝えることを意味してる
    と推測します。
    もしくは、ミカサループ説
    が正しいとすれば、何度も
    やり直している内にいつの
    まにか2000年がたっていて
    こういう風にしてとミカサ
    に語っている/と推測します

    • 進撃 より:

      追記
      2000年後というのは仮に
      エレンが巨人能力を継承
      した時の事を指していると
      すれば、レイスの記憶(?)
      を思い出せという感じなの
      かもしれないですね(笑)

  10. ゲレゲレ より:

    グリシャ父が語った80年前が巨人大戦の開戦時で10年程続いていたのなら矛盾はなくなる。
    もっともグリシャ父の語っている歴史自体がマーレに都合良く改竄(という割には矛盾を含んだ雑な編集を)されていると見受けられるのでまだ頭の隅に入れておくしかないのかも。

  11. ラカンカ より:

    2度目の投稿です。
    「80年前」という言葉についての考察ですが、グリシャが10歳の時は、その時より75年程度前のことだから「80年前」という言い方をして、20歳の時は85年前だから「80年前」という言い方をしたのかなと思いました。

    それぞれ「大体80年前」ということで、両方とも80年前という言葉を使ったというのは、乱暴な考え方でしょうか?

    そして、そこからグリシャの無秩序巨人時代の年数を考えると、0~1年になると思います。

  12. ゲレゲレ より:

    なんとなく「二千年後の君へ」はユミルからヒストリア(というか絵本の少女のクリスタ?)に宛てた手紙の一文のような気がする。

  13. 生き残れなかった兵士 より:

    アース団長!【重要なお知らせ】読みましたよ!
    今まで相談に乗って下さりありがとうございます!
    皆様と一緒に考察を出し合って盛り上げようと思いました。 ではでは失礼します(^ ^)

  14. アダチン より:

    「二千年後の君へ」冒頭のエレンが泣いてるシーン。グリシャがエレンの記憶を操作したというのは考えられませんか?
    当時パラディ島が2つの巨人を保有していたとすると、1 つは「記憶を操作する巨人」だと仮説します。
    また、その時既にグリシャは知性巨人(メスで巨人化してるため)であることから、グリシャには記憶操作の能力があったのかと。
    グリシャは2000年前の記憶を継承しているため、それをエレンに伝え、記憶を消したのです。
    しかし、ミカサには記憶を伝えられても操作することはできないため、物語の随所で「思い出す」仕草が現れます(頭痛はその副作用?)。
    それではグリシャの動機は?それはわかりません。
    おそらく、これから起こり得るであろう物語の仕込みの一つであったかもしれません。

    以上

    私の仮説です。
    突飛ですが、考察の材料として卓上に乗せていただけると幸甚です。

  15. あいん より:

    アース団長、調査兵団の皆さんお初にお目にかかります
    本題の考察とはズレると思いますが個人的な考えを述べさせてください

    「2000年後の君へ」と言うタイトルは始祖の巨人ユミル・フリッツが2000年後に2代目始祖の巨人を継承する人物に宛てた者だと考察してます
    今のところエレンが有力ですが「入れ替え可能な器」との発言によりまだ考察中です

    自分はアニメの25話でエレンゲリオンがアニと融合しかけた事がずっと引っかかっていました
    なぜ原作にないことをわざわざアニメで補完したのか?
    そこに意味を見い出せないままでしたが、今回始祖ユミルの死後9体の巨人の存在が明らかになり行き着いた仮説は

    いずれ9つの知性巨人が一つになり2代目始祖の巨人率いるエルディア人と機械文明大国マーレとの最終戦争ラグナロクが勃発するのではないかと考察しました

    が、しかし、初代王は9つのうち脳か記憶を司る部位を継承し先の世が見えたのかもしくは西から昇る太陽からパラディ島だけ時間が逆行しており再びラグナロク(アース団長のラグナロク後の世界設定を参照)が起きるのを避けようと壁に閉じこもったのではないか?

    座標は始祖の巨人の核となる人物や知性巨人の位置を示すものでありエレンの元にあるとマーレ側にはよろしくないのでライナー発言があったと考察しました

    細かい部分はまだまだ考察しないといけませんがいかがでしょうか?

  16. えいぽん より:

    今から約二千年前、世界は古代の大国マーレ、東洋の一族が統治する国、アッカーマン家が統治する国の三つ巴の戦争があった。

    東洋の一族とアッカーマン家は『人体の力を最大限に引き出す方法』を発見することに成功する。その方法は東洋の一族とアッカーマン家の血族のみ有効で、古代マーレは三つ巴の中で一国だけ劣勢に立たされてしまう。
    しかし、古代マーレは二国の力に対抗するため『人間を巨人化させる方法』を研究し成功させる。その成功により三国のパワーバランスは拮抗し、長期の冷戦状態に突入する。

    長期の冷戦時代に古代マーレのしていた『人間を巨人化させる方法』の研究はかなり非人道的なものであった。
    それは、マーレの隣国である、古来より巨人や巨大樹が目撃されている、エルドニア共和国(現在のパラディ島)に住むエルディア人を強制的にマーレに連れてきて、人体実験をして様々なバリエーションの巨人を作ることや、巨人化したエルディア人を敵国内に放つ等、当時のエルディア人は人として扱われてはいなかった。
    やがて、古代マーレの研究は進み『巨人の知性化』そして『始祖の巨人』、『始祖の巨人による記憶の改竄』の開発に成功。その成功によって、三国のパワーバランスは古代マーレ1強になり、アッカーマン家と東洋の一族は衰退していくこととなった。

    古代マーレ1強の時代になり約180年が経つ頃、衰退していったアッカーマン家と東洋の一族はかつての力を取り戻すため『始祖の巨人』をマーレから奪う作戦を着々と進めていた。

    作戦の内容は『始祖の巨人による記憶の改竄』の影響を受けない、アッカーマン家と東洋の一族にエルディア人との混血の子を作りマーレに潜入させ、『始祖の巨人』を奪う、というもの。
    そして、現在から1820年前、アッカーマン家とエルディア人の混血児、ユミル・フリッツによって『始祖の巨人』を奪う作戦に成功する。

    ユミル・フリッツが『始祖の巨人』を手に入れたことにより、それまでマーレに虐げられてきたエルディア人達はユミルの民となりマーレ対して民族浄化を始める。長い復讐の時代が始まる。

  17. にこ より:

    アース団長!

    やはり、ユミル・フリッツがエレンの中に入り「始祖の巨人」能力者になったこたでこれから起きること、そしてエレンがこれからしていく、エレンなりのエレンならできる力を託したことで、ユミル・フリッツからのメッセージだと思います。
    「二千年後の君へ」君ならできる・・・君に託す。
    世界は残酷だ、だが世界はこんなに美しい・・・と。

    年代が少しずれているのはそんなに重要ではないです。

    私たちも2000年代に生きています。
    それはつまり、一般人より大きな脳みそを持ったドストエフスキーですら生きられなかった2000年代に私達が生きることができている、私達へユミル・フリッツからのメッセージでもある気がします。

    「混沌とした世界を救えるのは君だよ」って私たちは世界を変えることができるんだって・・・

    なんか詩的になってしまいましたが、壮大なすてきなメッセージを世界のみんなにに残してくれた諫山先生最高ですね。

    • 管理人アース より:

      にこさん!

      コメントありがとうございます!

      >年代が少しずれているのはそんなに重要ではないです
      そうですよね!
      最近、そのように感じています(笑)
      となると、やはりユミル・フリッツから、エレンへのメッセージかもですね!

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ