【進撃の巨人】85話ネタバレ考察!ミカサ発言を検証!

第85話「地下室」は、そのタイトル通りグリシャの地下室へとたどり着く、大きな展開がある回となっていました!

そこで発見された「グリシャ・ノート」の気になる内容に目が行きがちですが、この回には「ミカサ・ループ説」を裏付ける大きな伏線が仕掛けられています!

ここで、85話に登場したミカサの気になる発言を検証してみましょう!

Sponsored Link

◆ミカサはグリシャがエレンに鍵を渡す所を見ていたのか?

2016-09-10_201006
「進撃の巨人」第85話「地下室」より


madyさんから面白いコメントをいただきました!

その内容は、エレンがグリシャの地下室の鍵を開けられなかった際に、「『イェーガー先生が持っていたのはその鍵のはず』と、何故まるで見て知っているかのように言うんだろう。」というものでした。

たしかにそうですよね!

エレンがこの鍵を渡されたのは、グリシャがエレンに捕食される直前でした。

その場面をミカサは見ていません。

さらに、その記憶をエレンは長い間思い出しておらず、第10話にてキッツから榴弾を受ける際に、思い出します。
2016-09-10_192701
「進撃の巨人」第10話「左腕の行方」より


この時に、エレンは初めて地下室の事をミカサに話します。
2016-09-10_192622
「進撃の巨人」第11話「応える」より


「そこに行けば巨人の正体が分かる」「みんなを救いたいのなら地下室にたどり着かなければいけない」という内容のはずです。

これ以上の情報を持たないミカサが、なぜエレンが持っていた鍵が、間違いなく「その鍵のはず」と言えるのでしょうか?

パッと思い付くのは第1話でグリシャがエレンに鍵を見せるシーンをミカサも見ている事です。
2016-09-10_201408
「進撃の巨人」第85話「地下室」より


たしかにこの時、ミカサも鍵を見ています。

しかしこれは、7年前に一度見ただけのことです。

それだけで現在エレンが持っている鍵が「間違いなくイェーガー先生が持っていた鍵」と言い切れるミカサには、何か隠している事実があるような気がします。

例えばグリシャがエレンに鍵を渡している場面を見ているとか、グリシャからエレンにも話していない事実を聞いているとか…

何より『イェーガー先生が持っていたのはその鍵のはず』という言い方が気になりますよね!

このセリフには、ミカサには隠された何かしらの伏線を感じます!

この考察はmadyさんからのコメントから生まれました!

madyさん!

ありがとうございました!


◆ミカサは机の鍵穴の位置を知っていた?

2016-09-08_044728
「進撃の巨人」第85話「地下室」より


そして、これは85話あらすじ!の考察部分にも書きましたが、ミカサが机の引き出しの鍵穴を見つけるシーンは、怪しいですよね!

地下室を調べる作業をし出し、すぐに鍵穴を発見しています。

このように薄暗い地下室で、あのような小さな穴をすぐに見つけられるものでしょうか?

普通なら引き出しを開けようとして開けられず、「鍵がかかっている」事に気付き、そこから鍵穴を探すという展開になるでしょう。

しかし、ミカサは予め知っていたかのように、ストレートに引き出しの鍵穴にたどり着いています!

これは、「ループ」の記憶で予め知っていたのか、先ほどの考察と同じでグリシャから何かしらの事実を聞いていたのか…

ここにもミカサには何かの伏線を感じますよね!

それは「ミカサ・ループ説」だと思っていますが!

86話からは、「ユミルの手紙」や「グリシャ・ノート」の登場により、これまでの伏線を回収が進んでいくことが予想されます!

その中で「ミカサの右手首の刺青」も、回収されるかもしれません!

ミカサの動向も、要チェックですね!

85話ネタバレ考察!グリシャ・ノートの中身を考察!
85話ネタバレ考察!地下室のグリシャ・ノートの写真から考察!
86話あらすじ予想!グリシャノートの真相!
アニメ2期放送日が2017年4月1日又は4月8日放送か検証!


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

24 Responses to “【進撃の巨人】85話ネタバレ考察!ミカサ発言を検証!”

  1. あの鍵は、地下室のドアの鍵だと思い込んで
    いた…  これには 多くの読者も騙された?
    のではと思います。
    そしてリヴァイが ドアを蹴り破ったことで、中が
    荒らされていないことが分かる。
    この辺りの魅せ方は、流石に諌山流だと感心
    するところです。

    で、ミカサが鍵穴を見つける件ですが-
    ドアの他に 鍵穴が有りそうなものといえば、
    先ず 目の前に置いてある机です。
    ので、ここはループ説に行かなくても、鍵を
    意識していた ミカサの機転が利いたのだと
    思います。

    それよりも 私が気になるのは、ミカサが本を
    エレンと一緒にめくった事です。
    もしや あの表紙は、エレン一人ではめくれない
    仕掛けになっていたのか?
    エレンとミカサの 気が合わさって開く、そんな
    運命的な魅せ方なのかとも思えますが…

    もう一つ気になるのが、ミカサの身体が 他の
    3人と比べて、妙にガッシリと 筋肉質に描かれ
    ていることです。
    これは、ミカサに ある変化が起きつつある予兆
    なのか? と想像したりするのですが…

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >ミカサの機転が利いたのだと思います。
      なるほど!
      これは気付きませんでした!

      >ミカサが本をエレンと一緒にめくった事です。
      これは何となく、ハンジとリヴァイがそのように持って行ったような描写にも見えますよね!
      ただ、やはり二人がグリシャの「家族」という意味が大きいかなと思います!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. アナベル より:

    鍵については、私はそこまで違和感を感じませんでした。
    あの鍵はグリシャが常に身に付けていたもののようですので、一年も一緒に暮らしていたミカサなら知っているだけだと思います。割と形も特徴的ですし。

    さらに言えば、読者にも「鍵をすり替えられたなどではない」ということを示すための台詞ともとれます。メタ的な都合とでも言いますか。

    でも深読みの意見も結構見るので、これも伏線かもしれませんね!
    今後に期待ですね。

    • 管理人アース より:

      アナベルさん!

      コメントありがとうございます!

      >一年も一緒に暮らしていたミカサなら知っているだけだと
      そう考えると、そうかもですね!
      言い方に何となく違和感を覚え、この考察に至りましたが…
      ただ、ミカサのループ説は要注意ですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. ハンジさん大好き より:

    こんにちは

    ループ説が正しいとすると、ミカサはエレンが扉の鍵が違うと言ったときなぜ驚いたのでししょうか?

    • 管理人アース より:

      ハンジさん大好きさん!

      コメントありがとうございます!

      >なぜ驚いたのでししょうか?
      そうなんですよね!
      このような場面が、ミカサにはチラチラと見られます。
      ループを匂わせながらも、そのように見るとおかしいと思われる場面が多々あります。
      これは、「知っている」と他の人に知られてはいけない理由から「隠している」のは記憶が斑にあり、分かる時とわからない時があるのか…
      この辺りは、ちょっと説明しずらいです。
      上手く説明できず、申し訳ないですm(_ _)m

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. sukekiyo より:

    ミカサのこの台詞に対する考察は確かに一理あるように思います。

    ですが私も初見でさほど違和感はありませんでした。
    グリシャがエレンに「地下室を見せてやろう」と言った時にその場にミカサもおそらくいたのだろうと思いますし、(エレンとカルラがいたのならミカサもきっと一緒でしょう。)首から提げるように紐まで通してあるあのような形状の鍵が家の中にいくつも存在していたなら分かりませんが、おそらくグリシャが肌身離さず持っていた鍵は一つしかなかったのではないのかなと…。

    鍵穴を見つけたシーンも、直前のコマでミカサは机の縁に手を掛けています。ちょうど曲げた指が触れるあたりに鍵穴が描かれていたので指に鍵穴の窪みが触れて「何かある?」と気づいて鍵穴を発見したのかなくらいに捉えていました。

    地下室の内容に関しましては7年越しの期待が詰まった存在ですものね。一体中はどうなっているのか、中に何が隠されているのか、例の鍵は何を守る為の鍵だったのか、さらにそれを知ることでストーリーが今後どう変化を見せるのか…やはり大きな伏線が回収されるであろう重要な局面ですから非常に丁寧に描かれているなぁという印象を受けました。

    その一つがいよいよ地下室に向かう瞬間からのエレンの表情です。

    4人で地下室の調査に向かいましたが、あとの3人と違いエレンの緊張は手に取るように分かるほど細かい描写がされていました。
    そうですよね、エレンにとっては自らの命を懸けてまで「必ず辿り着け」と遺言した父親との記憶を繋ぐ場所です。やっとの思いで壁を塞ぎ取り返したシガンシナ区の生家の地下室です。感慨なんてものより緊張感で一杯だったのではないでしょうか。

    地下室に続く階段の入り口で立ちすくむエレンに「行こう」と声をかけて促したり、見つけた本を開こうにも震えてしまう手にそっと自分の手を添えて一緒に最初のページをめくろうとサポートするミカサの存在はやはりエレンには必要不可欠なのだなと思わせてくれました。

    今回の地下室でのやり取りは見え方によっては色々受け取れるシーンですが、確かにこれらがミカサのループを示唆する伏線かも?と思えばそう見えなくもないのかなという感じです。

    個人的にはどちらもそんなに気になりませんでしたが、ただ私はミカサループは信じている派です(^^)

    • 管理人アース より:

      sukekiyoさん!

      コメントありがとうございます!

      >ミカサもおそらくいたのだろうと思いますし
      第1話でもいましたね。
      ただ、7年前に見た鍵を、覚えているものかなと思いました。

      しかし、仰る通り「どちらにでも取れる描写」なんですよね。
      これは、これまでのミカサ・ループの伏線にも言えることですが…(・_・;)

      >感慨なんてものより緊張感で一杯だったのでは
      本当に、今回のエレンには緊張感を感じましたよね。
      その緊張感は、ハンジやリヴァイには無縁のモノで、やはりグリシャからの遺言を果たすという緊張感でしょう。
      あとは、「父グリシャが何者なのか分かる」という怖さや色々な感情も湧き上がっていたのでは…と思います。

      これから色々な伏線が、怒涛のように回収されていくと思われますが、ミカサ関連はまだまだかもですね…
      楽しみですが!(^^)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. よんぴゃん より:

    こんにちは。
    ドアの前で、その鍵のはず…と発言していることから、デスクの引き出しの鍵であることは、知らなかったのでは?つまり鍵でドアが開くと思っていた…。
    でも、その鍵のはず…の発言は気になりました。ループ説の伏線のようにも思えます。

    • 管理人アース より:

      よんぴゃんさん!

      コメントありがとうございます!

      >ループ説の伏線のようにも思えます。
      ありがとうございます!
      言い方が妙ですよね?

      >デスクの引き出しの鍵であることは、知らなかったのでは?
      知っていても「知っていることを知られないように、隠している」かもです。
      あまり深読みしてもいけないかもですが…

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. エルヴィン先生 より:

    更新お疲れ様さまです。自分もミカサの「その鍵のはず…」といった発言や鍵穴をすぐ見つけた点には違和感を覚えます。ただ、鍵穴をすぐ見つけたということがループ説に繋がっているとなると、ミカサはグリシャの本の内容を知っていたということになりますよね?もしそうなのであれば、地下室に入った際に驚いた表情をしたり、トロスト区に帰還した際にあの哀愁のある背中を見せることができるのでしょうか?(笑)
    あともう1点気になる場面があります。
    先月号で注射をアルミンとエルヴィン(私)どちらに打つのか揉めた場面です。
    もしミカサがループしているのであればあのように感情的に泣くことが出来たでしょうか?そうしないとエルヴィン(私)に打たれてしまうから?
    そうなるとミカサのあの涙は演技ということになるのでしょうか…演技で自分の上司を切りつける(未遂)ことができるのでしょうか…でもリヴァイには審議所での一件があるから出来るのかもしれないなー…とも思ったり…んー…実際の所どうなんでしょう(笑)

    • 管理人アース より:

      エルヴィン先生さん!

      コメントありがとうございます!
      「エルヴィン(私)」で3回くらい吹きました(笑)

      >地下室に入った際に驚いた表情をしたり、トロスト区に帰還した際にあの哀愁のある背中を見せることができるのでしょうか?
      たしかにですね!
      地下室の驚きの表情は演技、もしくは「思い出せていなかった」と捉えています。
      このようなミカサの場面はしばしば見られます。
      ただ、どちらかは何とも分かりませんが。

      >もしミカサがループしているのであればあのように感情的に泣くことが出来たでしょうか?
      この場面に関しては「これまでに、この場面でエルヴィン(私)に打ち、アルミンを死なせたことがあった」と思っています。
      そのループ世界では、そこでアルミンを失ったことにより、結果エレンも目的を達成させられず死なせてしまった…
      そのような展開世界もあったのではないでしょうか?

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  7. Flügel der Freiheit より:

    このように作者は、100%伏線として機能している描写だけではなく、20%だけ伏線的な描写を敢えて狙うことも多いように感じます。(20%の値は私の当てずっぽうですが…)

    短いコメントですみません…。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      そういう描写を考察しても足りないくらいの展開が多いですからねw

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  8. ハーデス より:

    アース様、お疲れ様です。
    なんと言いましょうか、何かが引っかかりますよね?
    私はループ説、肯定も否定もないです(て言うかわからないです^_^;)でも、やはりミカサはいずれにしても相当のキーマンなんですよね。しかも何故かいつも物語の一連の流れの外で一人浮いていると言いましょうか。上手く言えませんが。
    今回のミカサのセリフ、少し入れ込むのに無理があるように感じませんでしたか?
    例えば「エレン、ここに鍵穴がある」と言っている時の描写は背後になってて表情がつかめない。とか「そんな…イェーガー先生が持ってたのは…そのカギのはず」は口に出して言うより、どちらかと言うとモノローグであるべきだったと思います。モノローグの場合、基本的には本心という事になりますし不自然な描写では無くなるのですが、敢えて口に出して発言してるとこになんとも言えない違和感があるんですよね。
    考え過ぎかも知れませんが、やはり一番の物語の核心部分の伏線であるなら、一番、読者に悟られない難しい描写になるかと思いますし。

    • 管理人アース より:

      ハーデスさん!

      コメントありがとうございます!

      >物語の一連の流れの外で一人浮いていると言いましょうか。
      ああ、分かります。
      最も台詞の少ないキャラの一人でありながら舞台上で特別な「司会者」のようなポジションというか…
      登場人物の一人なのに、浮いていますよね!

      諫山先生のインタビューで、出元は忘れましたが、まだ作品がエレン争奪戦くらいの頃「セリフで最も気を遣うのはミカサ、書きやすいのはユミル」と答えていました。
      ユミルには制限が少なく書きやすい、ミカサは「最も制限があるから難しい」という意味だと思います。
      そのような制限の中での今回のセリフ…
      やはり、何か引っかかりますよ!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  9. ゆっきー より:

    久しぶりの投稿です。
    以前にも書きましたが、やはりミカサはエレンがグリシャを喰った時にその場にいたと考えるのが妥当なのではないでしょうか。
    力に覚醒したミカサが、守るべきエレンが連れ出される時に、それに気がつかないというのがいかにも不自然ですから。エレンがグリシャ関係の出来事を思い出そうとするその都度、ミカサの表情が出てきたり、口を出したりするのはそれとしか考えられないでしょう。
    ひょっとすると鍵穴のことはグリシャに直接示唆されていたのかもしれません。
    「ドアの鍵にあわない」→「ひょっとすると、あの時に言われていた別の隠し場所の方の鍵か?」→「だったら別の鍵穴を探そう」
    という思考法かもしれません。
    いずれにせよ、私はグリシャとミカサの間にエレンには内緒の密約があると思っています。

    • 管理人アース より:

      ゆっきーさん!

      コメントありがとうございます!
      いつも素晴らしい考察コメントをありがとうございます!

      >守るべきエレンが連れ出される時に、それに気がつかないというのが
      これ、本当にそうですよね!
      71話「傍観者」で、この場面が明らかになっても、これが本当に腑に落ちませんでした!

      >グリシャとミカサの間にエレンには内緒の密約があると思っています。
      グリシャが、アッカーマン家と東洋の一族の末裔であるミカサ両親の家に診療に行っていた時点から、何やらありそうですよね!

      ミカサ外伝の場面ですが、このようなグリシャとミカサだけの会話があり、秘密の会話がありそうですよね!
      2016-03-14_134315

      LOST GIRLST(ミカサ外伝)第3話より


      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  10. 覆面戦士 より:

    彼女は迷いがない発言をするときがありますね。
    周囲と比べても一人だけ動揺の度合いが低い感じを受けます。
    まあ、ループ説はほぼ確定かな?と個人的には思っておりますw

    ライベルが正体を明かすときも彼女はタイミングを知っていたかのような表情で斬りかかる瞬間を待ってたように見えなくもないです。

    • 管理人アース より:

      覆面戦士さん!

      コメントありがとうございます!

      >ループ説はほぼ確定かな?と個人的には思っております
      おお!ここにも支持者が!(笑)

      >ライベルが正体を明かすときも
      斬りかかった後の「もうない…もう二度と無い」というシーンも、ループ伏線っぽいですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  11. mady より:

    私の疑問を取り上げて頂いてとても光栄です。
    アースさんが考察を膨らませて下さったおかげで、そんな風につながるのか・・とちょっと驚いています。

    エレンを守るのが使命のようなミカサが、グリシャに連れ出された時に眠っていたのかなというのも疑問に感じていたので、同意です。

    ミカサの言い回しの違和感を掘り下げて考えてみました。かもしミカサが同居してた時に鍵を持ち歩くグリシャを見知っての発言だとしたら、「そんな・・いつもイェーガー先生が~」と「いつも」の後に台詞が続くと違和感がありません。

    ところがこの台詞には時制がないので、ミカサが見たグリシャが、どの時点を指しているのかが解からないのです。なので、グリシャが普段持っていた鍵というよりも、エレン巨人化の際にグリシャが託した「その鍵」という風に私は受けとったんだと思います。

    • 管理人アース より:

      madyさん!

      コメントありがとうございます!
      今回は、面白い考察のキッカケを作っていただきありがとうございました!(^^)

      >エレン巨人化の際にグリシャが託した「その鍵」という風に私は受けとったんだと思います。
      これ、同感です!
      もし、後々ミカサがグリシャ捕食シーンを見ていたという展開が起きたら…ゾクっとしますね!(*^^*)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  12. ねこねこ より:

    お疲れ様です~。

    壁内は箱庭だったのか?等々、ますます議論白熱する考察ですね❗

    私としては、美少女だったけどやせっぽちだったミカサが、グラマラスな長身美女になり、うらやましい限り?‼

    ちょっと体重が多すぎるような気がしますが、、。これ以上マッチョにはならないで欲しい(  ̄▽ ̄)

    ミカサにはまだ覚醒?してない能力というか、封じられた記憶みたいなのがあるみたいですね。私はそれは、グりシャに封印されていて、それが頭痛の原因かと。どうやって開放されるかは思いつかないですが!

    ループ説は濃厚なようなですが、個人的にはループはないほうが好みです。

    ではまた、アースさん、皆さまの考察を楽しみにしておりますね😉

    • 管理人アース より:

      ねこねこさん!

      コメントありがとうございます!

      >封じられた記憶みたいなのがあるみたいですね
      グリシャの謎が解明されたとしても、ミカサの謎は最後の最後まで残るような気がしますよ。
      「東洋の一族」「ミカサの刺青」がどのように明らかになるのか、楽しみです!

      >個人的にはループはないほうが好みです。
      分かる部分もあります。
      持って来方によっては白けてしまいますしね。
      ただ、これは諫山先生の描き方を信じましょう!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ