リヴァイが死んだとの噂は弱くなったからか検証!

84話では、リヴァイとミカサによるアッカーマン対決が実現した展開となりました!

その場面で跳びかかり、リヴァイを押し倒したミカサが感じたのは「力が…弱まってる!?」でした。

これは何を意味しているのでしょうか?

リヴァイのリミッター解除が解けかけているのか…?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆リヴァイの力が弱まった理由は死亡フラグ!?

2016-08-17_192943
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


これまでのシガンシナ区決戦編では、リヴァイの息切れ等から、リミッター解除が解けかけているのかと思わせられ、死亡フラグか?とも感じさせられました。

その頃に、実際に「リヴァイが死んだ」と思わせられる画像も出回り、一部で「リヴァイ 死んだ!!」と書き込まれ、ネット上で騒がれていました(笑)
2016-08-17_042623
もちろん、実際にはリヴァイは死亡してはいませんが、84話で「リヴァイが弱くなっているのでは」という描写が登場しました。

このミカサの「リヴァイの力が弱まっている」という描写は、何を意味しているのでしょうか?

ここで、考えられる原因は三つあります。

  • 単純にリヴァイが疲れており、力が弱くなっていた
  • リヴァイのリミッター解除が解け始めている
  • ミカサの力が強くなっている

  • この三つの考察を、それぞれ考えてみましょう!

    Sponsored Link


    ◆リヴァイの力が弱まった理由を検証!

    2016-08-08_040648
    「進撃の巨人」第84話「白夜」より


    それでは、それぞれ検証してみましょう!

    単純にリヴァイが疲れており、力が弱くなっていた

    2015-12-08_024414
    「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


    さきほども書きましたが、これまでにもリヴァイには息切れをするシーンが登場しており、疲れているような描写がありました。

    これまでに女型の巨人や中央憲兵団との激しい戦いを繰り広げたリヴァイですが、息切れをする場面はこれが初めてとなっています。

    そこからもいろいろ考察されてきましたが、今回は新兵を守るために縦横無尽に移動し、巨人を倒していることから「単純に疲れている」という理由が自然に成り立つと思われます。

    管理人アースは、これが最も可能性が高い理由だと思っており、最も希望している展開です(笑)

    リヴァイのリミッター解除が解け始めている

    2016-08-17_193707
    「進撃の巨人」第69話「友人」より


    リヴァイに死亡フラグが立った真相は?でも書いていますが、アッカーマン家のリミッター解除は、精神的要素がかなり大きい現象だと考えられます。

    84話が掲載されている別冊マガジン9月号と同日発売されている公式ガイドブック「Answers」にて公開されている諫山先生インタビュー記事では、「エルヴィンの予想外の真意(個人的な目的)」に気付き、「ケニーの死」を経験し、リヴァイは喪失感を抱いていると話しています。

    さらに諫山先生は、「アッカーマン家は主君に仕えることにより、最大限の力が発揮される」とも話しています。

    これらの内容を合わせて考えると、「リヴァイが仕えているエルヴィンの予想外の真意に気付き、リミッター解除が解け始めている」とも言えますよね。

    …考えたくない可能性ですが、リヴァイのリミッター解除が解け始めている展開もあるかもしれません。

    さらに84話にて、仕えているとも言えるエルヴィンが死亡したことにより、リヴァイのリミッター解除が今後解けないかは、要注目と言えるでしょう!


    ミカサの力が強くなっている

    2016-08-08_040042
    「進撃の巨人」第84話「白夜」より


    リヴァイの力が弱まっているという可能性ではなく、逆にミカサの力が強まっているという考え方です。

    リヴァイに跳びかかったミカサは、仕えているとも言えるエレンを殴られたこと、大切な存在であるアルミンを見捨てようとされていることによって、かなりキレていると考えられます。

    上官であり、以前には命を助けられている相手に逆上して跳びかかったことからも、察せられます。

    精神的予想の大きいと考えられるリミッター解除は、このような「逆上」により通常よりもかなり大きな力を発揮するとも考えられるのではないでしょうか?

    もしそうだとしたら、この作戦後、リヴァイはミカサに対し、何かしらの行動を取るかもしれませんね。

    エルヴィンの死亡、さらに弱まってはいない自分よりも強い力を発揮したミカサに対し、「兵長の座を譲る」という展開もあり得るのではと考えたりしている管理人アースです!

    これまで考えられる三つの原因を考察しましたが、全て可能性が考えられます。

    今後の作者次第、と言った所でしょうか?

    終盤へと差し掛かった「シガンシナ区決戦編」ですが、リヴァイの力が弱まったとされた描写の理由、それに関わる展開は壁内に戻ってから明かされるかなと思われます。

    できることならリヴァイにとって、悲しい展開にならないことを祈り、願う管理人アースでした!


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    24 Responses to “リヴァイが死んだとの噂は弱くなったからか検証!”

    1. アナベル より:

      この話はこわいですよね…私も色々と考えています。

      個人的には、アース団長と同じく「単に疲れているから」説を推したいです。
      以前息切れしていたのも今回ミカサに力で押し負けるのも、物語の展開上必要な要素であった訳ですし…特に息切れについては、ベテラン兵が全滅しエルヴィンと新兵とリヴァイのみが残る構図を作るためにやったのかな、と感じますし。要は話の都合というやつでしょうか。

      そしてリミッター解除解除(笑)が起こっている可能性。
      色々考えるとこの可能性は低いと思います。
      一番の理由は、起こった順番が
      息切れ→猿戦→無知性戦→ミカサ戦(笑)
      だからです。
      猿戦と無知性戦で既にリミッター解除解除が始まっているというのは考えにくいと思います。
      従って、息切れとミカサ戦の弱体化両方の原因をリミッター解除解除に求めるのは理屈が見えないと思います。
      さらに、リヴァイがエルヴィンの目的をなんとなく察している描写は王政編冒頭にもあるのでここも理由にはならないのではないかと思います。
      そして、エルヴィンが死にそうだからリヴァイも弱体化…というのはおかしな話でその時だからこそ力を発揮しそうなものです。ここはアース団長も書かれていますが。

      とまぁ色々考えるとリヴァイの疲労+ミカサの気持ちの強さが理由なのではないかと思います。

      しかし、ミカサに兵士長を譲る…というのはどうでしょう笑
      もしもエレンミカサでアルミンを真団長に担ぎ上げるみたいな動きがあればそうなるでしょうが、多分それはないと思うので(アルミン自身は反対するでしょうし)
      第一、ミカサは今回友人の命のために暴走して上司に怪我までさせています。それなのに、組織全体を見なければならない兵士長というのは厳しいかと笑
      まずハンジとアルミンは反対すると思います。

      • 管理人アース より:

        アナベルさん!

        コメントありがとうございます!

        >組織全体を見なければならない兵士長というのは厳しいかと笑
        なるほど!
        たしかにその通りですよね!
        ただ、エルヴィンを失ったリヴァイが、このまま兵士長というポジションにいるのかどうかが気になりました。
        もし、退くのであれば…
        もしくは、ここでリヴァイの夢が固まるのか…
        なれば、面白い展開になるかもです!

        ミカサ兵士長については、管理人アースがミカサ推しなので、ということで…(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. エルヴィン先生 より:

      更新お疲れ様です。
      自分もリヴァイが単に疲れているだけだと思いますけど…
      リヴァイも一応(笑)人間なのでガスと刃を使い切るまで全力で動き回ると流石に疲れるんじゃないかな…立体機動装置は全身の筋肉を酷使することで成り立っているとKC1巻にも描かれていたので。
      リヴァイがもし自分だったら次の日筋肉痛で動けなくなること間違いなしでしょうねー(笑)。

      • 管理人アース より:

        エルヴィン先生さん!

        コメントありがとうございます!

        >筋肉を酷使することで成り立っているとKC1巻にも描かれていたので。
        たしかにそうですね!
        「Before the fall」ですと、圧で気を失いそうになるとの描写があるほどなので、さすがに慣れているリヴァイでもキツイでしょうね!

        >もし自分だったら次の日筋肉痛で
        いえ、エルヴィン先生だったら、大丈夫ではないでしょうか?(笑)
        「悔いなき選択」での登場シーンでは、鮮やかなエルヴィンの立体機動を披露していましたよ!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. エルヴィン先生 より:

      もしリミッターが解除されているとしたらエレンの顔を殴って歯を2本吹っ飛ばすことはできるのでしょうか…?17巻で幼少期のリヴァイはケニーに仕えて(認められようとして)いたと描かれていましたけど、エルヴィンという新しい主君に仕えるまでの間「悔いなき選択」を読んでもリミッターが解除されているような描写は見られないですよね…エルヴィンが亡くなった後も獣を仕留めるという約束というか強い想いがリヴァイの中にはあるので、リミッター解除はないと思います。

      • 管理人アース より:

        エルヴィン先生さん!

        コメントありがとうございます!

        >エレンの顔を殴って歯を2本吹っ飛ばすことはできるのでしょうか…
        これは、管理人アースも気になっていました。
        ですが、疲れて弱まり、ミカサには敵わない力でもエレンの歯を2本吹っ飛ばせるのか?ということですよね。
        ミカサ、どんだけ強いんだ、と(笑)
        やっぱり、ミカサの力が強まっているのかもですね!

        >エルヴィンという新しい主君に仕えるまでの間「悔いなき選択」を読んでもリミッターが解除されているような描写は
        「悔いなき選択」での主君はファーランなのかなと思っていました、
        判断を委ねるシーンもあったので。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. 生き残れなかった兵士 より:

      エルヴィンがいない今は、リヴァイ兵長のリミッター解除が危惧されていますね。
      しかし今後アッカーマン一族の力を発揮できるか微妙になってきました…。

      次にリヴァイが傘下に降るのは調査兵団13代団長でしょうが、ハンジの為にアッカーマン一族の力を発揮するかと言うと微妙のような…。

      でもミカサがアルミンを思う気持ちも分かりましたし、リヴァイにとってのハンジの存在ももっと強くなっていくんでしょうね!

      アッカーマン一族の力は、純粋な気持ちから生まれるのかもしれませんね。
      0巻で記していた巨人化に必要な純粋な気持ちの要素は、アッカーマン一族にも引き継がれたのだと思っています!

      • 管理人アース より:

        生き残れなかった兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        >ミカサがアルミンを思う気持ちも分かりましたし、リヴァイにとってのハンジの存在ももっと強く
        なるほどですね!
        ミカサがエレンと同じようにアルミンの事を大切に思っていた。
        それと対になるように、リヴァイがエルヴィンと同じようにハンジの事を…!
        これはあり得ますね!
        となると、ハンジのためにリミッター解除の力を発揮するかもですね!

        >0巻で記していた巨人化に必要な純粋な気持ちの要素は、アッカーマン一族にも引き継がれたのだと
        これも良い考察ですね!
        なので、アッカーマン家の力は、巨人をも凌ぐと!
        面白いです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    5. りゔたん より:

      団長、お疲れ様です。

      今回、リヴァイがミカサに押し負けたのは疲労と集中力が切れた事が原因ではないでしょうか。
      ミカサの成長(身体的)も一因となっていると思いますが。
      リミッター解除が解かれる(言葉としておかしいですが^^;)かどうかは現段階では不明ではありますが、ウーリを失ったケニーの場合を考えますと、あるかもしれません。
      ですが、加齢による身体の衰えも否定できないので、微妙ではないでしょうか(^◇^;)

                    ミカサ兵長は‥ないと思います^^;
      Flügel der Freiheit さんの仰るように、兵士長という役職はリヴァイの為のものだと思います。

      • 管理人アース より:

        りゔたんさん!

        コメントありがとうございます!

        >疲労と集中力が切れた事が原因ではないでしょうか。
        この可能性が最も高そうですよね。
        それでもエレンの歯を2本折るリヴァイは、やはりスゴイですね(・_・;)

        >ミカサ兵長は‥ないと思います^^;
        これはミカサ推しである管理人アースの妄想が…(・_・;)
        暴走してしまいました!m(_ _)m

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. ごく普通の奇行種 より:

      ひとつ心配なことがあります。もしリヴァイがこのまま弱くなるのも心配ですが、リミッター解除の本質を考えると、結構恐ろしい事になるのではないかと思います。リミッター解除とは本来人間の身体の自壊を防ぐためにかかっているものを解除することです。しかし、解除状態の動きをふつうに戻った状態でやると、肉や骨にかなりダメージが入るのではないでしょうか?今回はあくまでリミッター解除がなくなったのではなく、誰にも仕えていないことで少しだけ戦闘力が落ちているだけでリミッター解除自体は切れていないと考えていますが、もしそうなったら兵長の身体が自壊してしまうかもしれないので、そこが不安です。長文失礼しました。

      • 管理人アース より:

        ごく普通の奇行種さん!

        コメントありがとうございます!

        >兵長の身体が自壊してしまうかもしれないので、そこが不安です
        たしかにリミッター解除が失くなれば、そうなりそうですよね!
        それは嫌です!(叫)
        やはり、精神的に弱くなって、少しだけ力が落ちた、くらいですね!
        もしくは、ミカサが強くなったと!
        そう思いましょう!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. はずれても考えるのは楽しい より:

      こんにちは。
      私も単に疲労とよみました。
      ここ何度かの息切れこそが今回ミカサに押し負けるための伏線だっのだろうと。
      逆に今後病や何かで力が弱まるのならば、先頃のゼーハー描写なく今回唐突に「力が弱まってる」と出してきた方が不穏さが増すと思いますし読者ももっと大騒ぎする衝撃だったろうと思います。もし弱まってるなら、ゼーハーはちょっとくどい表現かなと。
      うまく言えないのですが、スマートじゃない…。
      印象であって考察ではないのですけど…。
      ミカサが強くなったというのは、そういう意味ではあり得なくもないかもしれません。
      ただ個人的には不完全な危うさと強さを併せ持つところに魅力を感じてるので、兵長を凌ぐスーパーパワーヒロインになってしまうのは抵抗あります。
      それでものすごく面白い展開になるならいいのですが!

      ちなみに、兵長は初登場時も息をきらしてはないですが弾ませてはいます。
      彼も人間ということで。

      拙い感想ですみません!

      • 管理人アース より:

        はずれても考えるのは楽しいさん!

        コメントありがとうございます!

        >もし弱まってるなら、ゼーハーはちょっとくどい表現かなと
        なるほど!
        弱まっている伏線としては、不的確な感じということですね。
        たしかに…です。

        >兵長を凌ぐスーパーパワーヒロインになってしまうのは抵抗あります。
        あ~、分かります(笑)
        揺れてる感じや、謎めいた感じが、ミカサの魅力ですよね!

        兵長、弱くなって欲しくないですよね!
        出来れば、エルヴィン亡き後は、ハンジに力を…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    8. 普通の東洋人。 より:

       リヴァイ=一個旅団並み
       ミカサ=兵士100人並み
       ストーリーの進行上、この設定を埋めるための描写でしょうか。
       私も『兵長はお疲れモード』に1票。
       根拠には薄いですが、リヴァイが、主君の死に直面し戦う意義やモチベーションを失う男には思えないんですね。
       エルヴィンを悼む気持ちを秘めたまま、感傷を遠ざけ、猿を倒す約束を果たすため、自分の使命に邁進する気がします。
       また雨ざらしの屋根の上に倒されたため、突きつけられた刃を退けるより、背中が汚れるのがイヤであえて暴れなかった可能性…無いか…。
       あとリミッター解除解除なら、ミカサにも可能性はあるんじゃないでしょうか。 アッカーマンの能力の発動をつかさどるシステムが彼らの中にそれぞれあって、生命を脅かす危機に対し作動する。 ミカサの行動は同族への攻撃であり、一族の存亡に関わる行為のため、システムが逆に作動、戦闘力が封印、など。 ケニーはストヘス酒場でリヴァイを急襲以来戦闘が無いので何とも。 この辺りは考察以前の想像に過ぎませんが。

       注射を奪おうとするミカサの顔が尋常でなく怖いんですが、どっちが悪魔だという描かれ方…。
       この辺、ミカサ押しのアース様、どう思われますか? 諫山先生の女性観もけっこう『謎』です。
       

      • 管理人アース より:

        普通の東洋人。さん!

        コメントありがとうございます!

        >背中が汚れるのがイヤであえて暴れなかった可能性…無いか…。
        これは考えたことがなかったですが、リヴァイ兵長ならあり得るかも!(笑)

        たしかに、コメントでもほとんどの方が「疲れたからでは」という答えですね。
        管理人アースもそのような気がしますが、ミカサが強くなったという展開も捨て切れません。

        >この辺、ミカサ押しのアース様、どう思われますか?
        たしかに恐ろしい顔ですよ(笑)
        この辺りも「エレンを守る」というミカサの真っ直ぐさが表れており、そこを含め推しですが!
        これから「ミカサがエレンから離れる」という展開を作者が匂わせている事が怖いですけど…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    9. エル より:

      リヴァイの力が弱まってきている理由は議論を呼ぶところですが、そこから考える今後の展開は恐らく今回の戦いを上回るリヴァイのピンチではないでしょうか。
      今回の戦いでジークをしとめ損なったものの通常の巨人ではいくら束になってかかろうともリヴァイに全く歯が立たないことが証明されました。
      また20巻以上続く連載の中でこれまで矛盾のないストーリー、見事な伏線を随所に仕込む進撃の巨人においてリヴァイの息切れ、力の弱まりの描写は今後リヴァイ個人がさらなる窮地に陥った際(最悪の場合、死亡など)、その展開を読者に納得させる説得材料、もしくはその展開を誘発するためのある種トリガーのような役割を果たすのではないでしょうか。

      もしかすると全くのブラフかもしれませんが。。それあたりも含めて今後も目が離せないですね!

      • 管理人アース より:

        エルさん!

        コメントありがとうございます!

        >今回の戦いを上回るリヴァイのピンチではないでしょうか。
        ということは、20巻表紙が現実に起きるという展開があるのかもですね!
        負傷して、動けないリヴァイ…見たくないような(・_・;)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    10. こげみん より:

      馬が全滅したけどどうやって内地に戻るのかな?

      エレン巨人とアルミン巨人の肩にのって走って帰るんですかね

      • 管理人アース より:

        こげみんさん!

        コメントありがとうございます!

        80話でフロックが逃がしてしまった馬がどこかにいるのかなと思われるので、それで帰れるかもですね!
        アルミン巨人は、さすがにまだ練度が足りないのではと思われるので、難しいかと。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    11. 白子 より:

      アース団長始めまして。この考察サイトにはいつもお世話になってます!私はリヴァイのリミッター解除解除の展開も薄々あるのではないかなと感じています。今回のシガンシナ奪還編で、戦士側はジークが油断していたとは言え、兵団側を本気で潰すつもりで迎え撃っていたと思いますが、獣も鎧も超大型も兵団側の作戦に負けてしまいました。エレン達とジーク達は今後また再戦があると思いますが、兵団側にはアルミン巨人も新しく戦力に加わる&現時点で唯一壁を壊す事の出来るベルトルトを失ったジーク側の勝利が全く見えません(ジーク側につく新しい巨人が今後登場するなら話は変わってきますがw)…これでは戦力バランスが明らかに兵団に傾いてしまうので、作者はここでリヴァイの出番は終了とみなし弱体化させ、今後のジークとの再戦で力の落ちたリヴァイがジークに負けるシーンがあるのではないかと思います。ジークは既にリヴァイの手の内を知ってますし、無知性巨人の発生などまだ他に力を隠している思うので。もし今後獣の巨人との再戦があるとするならば、獣巨人はまだ他の巨人とのはっきりした戦闘シーンがないのでやはり巨人vs巨人の展開になるんじゃないかと予想しています。なによりシガンシナ奪還編では獣の巨人を圧倒したのに、20巻の表紙の獣の巨人の前に膝をつくリヴァイの構図が矛盾しているので…この表紙の指す通りリヴァイが獣に負けるとするなら、リミッター解除解除状態、もしくは何らかの病で弱体化以外考えられません; ミカサに力負けしたのも直後に獣と無知性巨人との連戦で消費していたというので納得いきますが、いつも疲れた素振りなんか見せない兵長が、それ以前から息切れをしている描写をわざわざ描いているのはこの為の伏線ではないと思うのですが…どうでしょうか;兵長は大好きなキャラですが、諌山先生はいつも予想の一歩上を行き主要キャラでも用が終わればバッサリ切り捨てるので初コメでこんな予想をしてみました。長文ごめんなさい!

      • 管理人アース より:

        白子さん!

        コメントありがとうございます!

        >以前から息切れをしている描写をわざわざ描いているのはこの為の伏線ではないと思うのですが
        なるほど!
        息切れから既にリヴァイのリミッター解除が解けている伏線ということですね!
        これは管理人アースも気になっていた所です。

        >唯一壁を壊す事の出来るベルトルトを失ったジーク側の勝利が全く見えません
        たしかにそうですね!
        ただ、もし次にジークが壁内を攻めて来るとしたら、壁を登ることが出来る四足歩行型で、壁内に入り込み暴れるのではと思います。
        そうすれば、壁を壊さずに攻めこめます!

        >20巻の表紙の獣の巨人の前に膝をつくリヴァイの構図が矛盾しているので
        コミックス表紙は、ほぼ全てが矛盾しています。
        進撃の巨人の表紙を考察!で考察しているので、見てみてください!

        よろしくです!


        管理人アース

    12. こげみん より:

      故郷がどんなところか早く知りたいっす

      地下か島じゃないと生活出来ないと思うけど▪▪▪


      あと、リヴァイがミカッサンに然るべき報いを‼を制裁加えるところが見たいっす

      • 管理人アース より:

        こげみんさん!

        コメントありがとうございます!

        >故郷がどんなところか早く知りたいっす
        そうですね!
        これは、かなり終盤にならないと分からないかもですが、少しの情報は地下室で分かるかもですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ