【進撃の巨人】84話ネタバレ考察!エルヴィンのうわ言を考察!

84話「白夜」にて瀕死のエルヴィンが、リヴァイの巨人化注射を払い、うわ言を言う場面が登場しました。

そのうわ言は「先生」から始まり「調べたんですか?」で終わっており、その間の文言は穴あきとなっています。

この穴あきのうわ言については、大変多くの考察コメントが寄せられており、予想されています!

これまでに寄せられたコメントから、エルヴィンのうわ言の文言を考察してみましょう!

Sponsored Link

◆エルヴィンのうわ言が何なのかを考察!

2016-08-12_201900
「進撃の巨人」第55話「痛み」より


エルヴィンのうわ言は「先生」から始まっています。

エルヴィンが「先生」と言う場面と言えば、14巻第55話「痛み」の、ピクシス司令に語った、エルヴィンの子どもの頃の話でしょう。

その話は、エルヴィンが子どもの頃に学校で、父である教師の授業を受けていた時の事です。

歴史の授業で、エルヴィン少年は「巨人によって壁に追い詰められていく経緯について」や「壁に逃げ込んだ際に、それまでの歴史について記すような物は何一つなかった」「人類の大半が失われたが、争いの絶えなかった時代とは決別できた」との内容を教えられました。
2016-08-12_201835
「進撃の巨人」第55話「痛み」より


そこでエルヴィン少年は、あることを疑問に覚え「先生」と手を上げ質問します。
2016-08-12_201747
「進撃の巨人」第55話「痛み」より


この時の質問は、作中で明らかになっておらず、現在でも分かっていません。

その質問のセリフが、今回84話のエルヴィンのうわ言ではないかと考えられます!

エルヴィンが巨人化注射を払った場面は、エルヴィン少年が手を上げた場面とも重なりますよね!
2016-08-13_043358
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


実際は右手を上げていたようですが、現在のエルヴィンは左腕しかないので、左腕を上げていますが!

それでは、これらを踏まえ、エルヴィンのうわ言を考察してみましょう!

Sponsored Link


◆84話エルヴィンのうわ言の文言を考察!

2016-08-08_040415
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


84話でのエルヴィンのうわ言は、「先生、…に…いないって…やって調べたんですか?」でした。

84話「白夜」最新のあらすじでの考察で、管理人アースは「先生、記録は一切ないっていうのに、どうやって調べたんですか?」と予想しました!

これは、父の授業で「それまでの歴史の記録が一切残せなかった」と言うのに、「争いの絶えなかった時代」があったと説明があったことに、エルヴィン少年が疑問を覚えたのではないかと考えたのです。

意味としては繋がりますよね!

それでは、コメントでいただいたエルヴィンのうわ言の文言予想を紹介していきます!

  • 「先生…壁の中に巨人がいないって…どうやって調べたんですか?」
  • 「先生…壁の外に人がいないって…どうやって調べたんですか?」
  • 「先生…107年以上前の世界に、巨人はいないって…どうやって調べたんですか?」
  • 「先生…壁内に壁外の記憶を持つ人間がいないって…どうやって調べたんですか?」
  • 「先生…記録にいっさい無いって…どうやって調べたんですか?」
  • 他にもありましたが、これらの意見が多かったです。

    最も多かったのは、「先生…壁の中に巨人がいないって…どうやって調べたんですか?」ですね。

    父から「壁の中に逃げた」と教えられた際に、疑問に思えることですし、ここから「記憶の改ざん」に繋がる説明をされそうですよね。

    この文言が正解では、と思えます!

    「先生…壁の外に人がいないって…どうやって調べたんですか?」というのは、故郷組たち「壁外人類」を思い起こさせる質問ですね!

    ここから、「壁外人類の存在の可能性」を示唆されながら「記憶改ざん」という「父の仮説」の説明をされそうです!

    「先生…107年以上前の世界に、巨人はいないって…どうやって調べたんですか?」は歴史を記す記録が一切ないという授業の説明をされたら、思い浮かべる疑問ですよね。

    この記録があれば、巨人が発生した理由が分かりそうなのですが…

    「先生…壁内に壁外の記憶を持つ人間がいないって…どうやって調べたんですか?」も面白いですね!

    実際にアッカーマン家や東洋の一族という、記憶を持つ者達がいた訳ですし、いればなぜ「歴史を記す記録がないのか」も疑問になります。

    頭の良いエルヴィン少年らしい、質問ですね!

    最後の「先生…記録にいっさい無いって…どうやって調べたんですか?」は管理人アースの文言と同じ意味ですね。

    これも実際にアルミンの祖父が持っていた訳ですし、言い切れるのはおかしいと思い、この文言を考えました。

    人類全員の記憶を改ざんしたという理由がなければ、言い切れないですよね。

    エルヴィンのうわ言に関しては、本当に多くの考察コメントをいただきました!

    ありがとうございました!

    ◆エルヴィンのうわ言についての感想!

    2016-08-08_040437
    「進撃の巨人」第84話「白夜」より


    エルヴィンのうわ言の文言の正解は、今後作中での登場は無いでしょう。

    アルミン巨人が登場する前に、エルヴィンが正解を言って、それをリヴァイが聞いていたという展開が、今後回想シーンで起きれば登場すればあるかもですが…

    それも、ちょっと難しいのではないかと…

    このうわ言は「父から記憶の改竄という仮説を聞くキッカケ」となる文言であれば、正解ということだと思います。

    つまり、さきほど紹介したコメントの文言は、全て正解なのではと管理人アースは考えています。

    どれがエルヴィンのうわ言でも、父から仮説を教えてもらえそうですから!

    エルヴィンが見ていた最後の夢が、人生を決めるキッカケとなった「父の仮説の証明」という夢を抱かせる授業風景であって、「良かったな…」と感じました。

    エルヴィンは死亡してしまいましたが、父と再会して仮説の証明ができていたら嬉しいな、と思った管理人アースでした!

    【追記】

    第85話「地下室」にて、エルヴィンのうわ言の内容が判明しました!

    85話最新画バレ「地下室」考察あらすじ感想!にて正解が書かれていますので、見てみてください!

    答えは「壁の外に人類がいないって どうやって調べたんですか?」でした!

    正解を紹介できていて、良かったです!

    コメントいただいたみなさん、ありがとうございました!

    84話「白夜」最新のあらすじ
    85話あらすじ!
    84話ネタバレ考察!アルミン巨人の容姿と記憶の継承があるのかを検証!


    Sponsored Link

    14 Responses to “【進撃の巨人】84話ネタバレ考察!エルヴィンのうわ言を考察!”

    1. エルヴィン先生 より:

      更新お疲れ様です。
      こうやってあえてセリフの一部を抜いて読者の想像に任せるあたり、改めて諫山先生の凄さを感じます。別マガ9月号での渡辺明竜王と伊奈めぐみ先生との対談で「次作について考えている」とこぼしていたので、進撃の巨人は終着点に向かいつつあるようですね、、、次作への期待や楽しみもありますがやっぱり進撃の巨人も終わってほしくないなー。アースさん気が早いですが次作の考察も楽しみにしています(笑)

      • 管理人アース より:

        エルヴィン先生さん!

        コメントありがとうございます!

        >次作への期待や楽しみもありますがやっぱり進撃の巨人も終わってほしくないなー
        ですね~。
        諫山先生の事ですから、自作もかなり期待出来ますよね!
        現在の「進撃の巨人」を超える作品というのが、想像も出来ないですが!(-_-;)
        ただ、今は「進撃の巨人」に夢中ですので、最後の考察まで突き進みます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. Flügel der Freiheit より:

      おそらく「先生、記録『に』一切ないっていうのに、どうやって調べたんですか?」となるのでしょうかね。

      いずれにせよ、エルヴィンの父が、記録がなくても口承が可能だと指摘したことを考えても、エルヴィンの質問は記録に関連することであるとは私も思います。



      私は、「先生、記録に一切ないっていうのに、昔は争いが絶えなかったって、どうやって調べたんですか?」というような内容だと思います。

      根拠は、第55話で「争いの絶えなかった時代と決別できた」「壁の中で理想の世界を手にした」という授業内容をエルヴィン自身が強調していて、それを踏まえて

      「そこで私は…
      あることを疑問に思い
      父に質問をしました」

      と述べていること。
      そして、エルヴィンの話を聞いているピクシス司令自身も、昔は争いが絶えなかったという歴史を信じていると考えられるからです。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >「先生、記録に一切ないっていうのに、昔は争いが絶えなかったって、どうやって調べたんですか?」
        よく分かります!
        管理人アースもそう思いますよ!
        父の授業、ピクシス司令との会話から、そのように感じます。

        >ピクシス司令自身も、昔は争いが絶えなかったという歴史を信じていると
        トロスト区奪還作戦の時に、ピクシスがエレンに話しした昔の話は、授業で聞いた話だったのかもしれませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. りゔたん より:

      団長、お疲れ様です。

      エルヴィンの最期の言葉、俺は
      「先生、壁内に巨人がいないって誰がどうやって調べたんですか?
      だと思います。
      理由といたしまして、初代王による記憶改竄がどこまで作用したか、にもよると思います。
      都合の悪いところだけ改竄すればいいわけで、ウーリ等のセリフから、争いはあったと推測できますし、統治に都合の良い記憶までは改竄しないのではないでしょうか。
      東洋の一族が世間にどの程度知れていたかが弱いところですが、壁内に逃げ込んできた、というようなセリフがあったと思います。
      壁が出来てから逃げてきた人たちがいる、という話が流布していれば、或いは…と思います。

      • 管理人アース より:

        りゔたんさん!

        コメントありがとうございます!

        >「先生、壁内に巨人がいないって誰がどうやって調べたんですか?」
        この意見が圧倒的に多いですよね。
        ただ、これは納得出来ます!
        正解が、どこかで公開して欲しいですよね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. sukekiyo より:

      こんばんは、アースさん。

      私の予想も多くの方とほぼ同じですが、
      「先生、(壁の内側)に(これまでの歴史を知る人が)いないって(一体どう)やって調べたんですか?」としておきます。

      本文中では「それまでの歴史を記すようなものは何一つ残すことができなかった」となっています。
      「残らなかった」、でも「残さなかった」でもなく「残すことができなかった」なので、何か(誰か)によって記録を残すことを阻まれた、もしくは消去されたと受け取れます。

      また壁の内側の文化にはカメラや録音機材はないようですから、その時代を生きた人の実体験や記憶が唯一の「記録」の材料になるのではないでしょうか。
      エルヴィンがこの点にひっかかりを感じたのなら、空白部分にはあり得るのかな?と。

      その後のエルヴィンと父親の会話からもこの空欄に当てはまりそうな言葉は複数考えられますよね。
      本編でその正解となる言葉が明かされなくても、今となってはエルヴィンの最期の肉声になりましたから、この後地下室なり壁内に退却した際に話題に取り上げられ、ハンジあたりが考えてくれそうな気もしています。

      個人的には、「先生、壁って一体どうやってできたんですか?」が一番質問したい内容ですが(^^;

      • 管理人アース より:

        sukekiyoさん!

        コメントありがとうございます!

        >「先生、(壁の内側)に(これまでの歴史を知る人が)いないって(一体どう)やって調べたんですか?」
        よく分かります!
        管理人アースも、この方向のセリフだと思っています。
        具体的な文言は、違うかもですが、このような意味のセリフかなと。

        >個人的には、「先生、壁って一体どうやってできたんですか?」が一番質問したい内容ですが(^^;
        まさに!
        「エルヴィンパパに質問!」というコーナーがあるなら「先生、獣だけ何で毛むくじゃらなんですか?」とか聞きたいです(笑)
        次に「先生、この世界ってループしているんですか?」とか(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    5. ウォールマリア決戦も 一段落かと…
      しかし、そこへ「ユミルの手紙や」 今度の
      「エルヴィン最期のうわ言」を出して来るとは、
      本当に魅せ方が上手いと 感心します。

      そのうわ言とは、大同小異こそあれ、
      「偽りと策謀で塗り固められた 人類の歴史」
      そこに追求したものだと感じます。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >「偽りと策謀で塗り固められた 人類の歴史」
        そうですね!
        エルヴィンの人生を決めるキッカケとなった質問ですね。
        今となっては、エルヴィン父の仮説はスゴイですよね!
        真実を突いていました!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. 進撃 より:

      先生、どうして無意味に死んでいく人なんかいないってどうやって調べたんですか?と思います。
      理由はエルヴィンのセリフ
      じゃあ死んで行った兵士の
      死は全て無意味だったのか
      みたいなセリフです

      • 管理人アース より:

        進撃さん!

        コメントありがとうございます!

        この時の授業内容が、世界の歴史についてですし、エルヴィンも小学生くらいなので、そこまで深い話かな?と思います。
        この時に兵士が存在したのかどうかも、分かりませんし(いたとおもいますが)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. 進ガキの中坊 より:

      壁の中って壁の内側って意味じゃなく、その言葉どうりだとしたら、107年より前の人達はみんな巨人にされて、
      アニ討伐戦の時にミカサが見たような巨人になっているのではないか、とちょっと思ったりしましたw

      • 管理人アース より:

        進ガキの中坊さん!

        コメントありがとうございます!

        >壁の中って壁の内側って意味じゃなく
        壁の中…つまりin the wallという意味ですよね。
        これは一瞬、管理人アースも考えました。
        もしかしたら、地下室でそのような事実が判明するのかなとか…
        で、リヴァイが「エルヴィン…お前の夢の答えがここに…」みたいなセリフが来たら、嬉しいなとか(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ