【進撃の巨人】83話ネタバレ考察!ミカサの頭痛を検証!

第83話「大鉈」にて、38話ぶりとなるミカサの頭痛が起きました。

瀕死のアルミンを見て起きた今回の頭痛には、どのような意味が考えられるのでしょうか?

検証していくと、今回ミカサが抜いたブレードは、アルミンに向けたものである可能性が!

考察してみましょう!

Sponsored Link

◆これまでのミカサの頭痛から、その意味を検証!

mikasahead

83話の頭痛及び、これまで起きているミカサの頭痛も含めて、ミカサが頭痛の意味は?で検証しています。

ここからミカサの頭痛は、家族、エレンに命の危機が及んだ場合、もしくは、ミカサがそのように感じた場合に起きていると検証しています。

そこからミカサの頭痛には「家族を失ったトラウマ」から起きているという説と「エレンが死亡し、ループが起きる前兆の頭痛」という説とが考えられています。

では、今回のミカサの頭痛はどちらに当てはまるのでしょうか?


◆第83話でのミカサの頭痛は、いかにして起きたのか?

2016-07-10_182121
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


今回起きた、ミカサの頭痛シーンを振り返ってみましょう!

ハンジにリヴァイ側の状況を確認し、巨人化注射をもらってきてくれと指示をされ、ミカサは移動します。
2016-07-08_035615
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


この時には、頭痛はまだ起きていません。

そして、リヴァイ側に移り、エレンがアルミンに向って叫んでいるシーンになります。
2016-07-08_035653
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


この時、「ズキン」という描写はありませんが、ミカサは頭を押さえているので、既に頭痛が起きていた可能性はあります。

さらに、ミカサが焦げミンをアルミンと認識した時点で「ズキン」という頭痛の描写があり、ここで間違いなく頭痛が発生しています!
2016-07-08_035709
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


では、今回の頭痛は、これまでの頭痛から考えられている「家族を失ったトラウマから来る頭痛」なのか、「ループ前兆の頭痛説」なのか、どちらに当てはまるのでしょうか?


◆第83話のミカサの頭痛を検証!

2016-07-10_185026
まず、「家族を失ったトラウマから来る頭痛」なのかを検証してみましょう。

第83話 ミカサの頭痛はトラウマからなのか?

2015-06-29_024144
「進撃の巨人」第2話「その日」より


これまでミカサの頭痛は、ほとんどエレンが連れ去られたり、エレンの命が危機にさらされた場合に起きています。

しかし、今回のエレンは、全く無傷の状態です。

そして今回、命の危機にさらされているのはアルミンです。

では、ミカサにとって、アルミンは家族なのでしょうか?

もっと言うと、ミカサはアルミンを家族だと認識しているのでしょうか?

これは違う、と管理人アースは思います。

そう思うのは、これまでミカサがアルミンの命の危機をエレンのように心配している場面が無いからです。

たとえば第4話で、ミカサはエレンの事が心配で「死なないで」と言っていますが、アルミンには言っていません。
2016-07-10_182444
「進撃の巨人」第4話「初陣」より


同じく第7話でミカサはアニに「私情をはさんで申し訳ないけど」と断りを入れてから「エレンの班を見かけなかった?」と聞いています。

もし、アルミンの事をエレンと同じように家族と認識しているのならば第4話でアルミンにも「死なないで」と言っているでしょうし、アニに尋ねる時には「エレンとアルミンを知らない?」と聞くのではないでしょうか?

さらに、もしアルミンの事をエレン並に家族と思っていたら、その後アルミンが安全な場所に避難出来たかを確認もせずに、死のうとはしないでしょう。
2016-07-10_182740
「進撃の巨人」第7話「小さな刃」より


では、違う方向から見てみましょう。

ミカサにはループ説があり、ハッキリとはしませんが、これから起きる事を事前に知っているのでは?という考察があります。
2016-04-20_135214
「進撃の巨人」第43話「鎧の巨人」より


ここから考えると、第4話でエレンに「死なないで」と言っているのは、前のループで、このトロスト区防衛戦でエレンが死亡した事があったから言ったのかもしれません。

さらにアニにエレンの事を尋ねた事も、エレンが死亡していたことがあったので、慌てて聞いたとも考えられます。

もし、ミカサにループ時の記憶があると考えて、さらにアルミンを家族と認識しているのであれば、間違いなくアルミンにも声をかけ、アルミンの無事もアニに尋ねていたでしょう!

それは、トロスト区防衛戦で、アルミンもエレンと同じように命の危機があったからです!
2016-07-10_183611
ループがあって、エレンが死亡している時があったのなら、アルミンが死亡している時もあったはずです!

それでもアルミンに「死なないで」と言わず、アニにも無事を聞かないミカサは、アルミンの事を、少なくともエレンと同じようには「家族」と思ってはいないと考えられます。

では、83話の頭痛は、「エレンが死亡し、ループする前兆」で起きたのでしょうか?

第83話 ミカサの頭痛は「ループの前兆」なのか?

shingeki_misaka02

これも、あり得ないですよね?

エレンの命の危機は、全く起きていません。

厳密には、84話の展開も確認した後ではないので言い切れませんが、83話時点ではエレンに命の危機が起きるような展開は起きそうにありません。

つまり、ループが起きるような状況でも無い訳です。

それではいったい、今回のミカサの頭痛は、なぜ起きたのでしょう?


◆アルミンの生死が、エレンの目的達成を左右するのか?

2016-07-10_183941
管理人アースは、ミカサのループ説支持者です。

そして、ミカサのループが起きる原因は、「エレンの死」であると同時に、「エレンの目標を達成できなくなる事態」で起きるのではないかと考えています。

エレンの目標、それは「この世の巨人、全ての駆逐」です。

つまり、エレンの「巨人駆逐」という目標が達成できなくなるとミカサが認識した場合、エレンにやり直しをさせるためにループが起きるのではと考えているのです。

ミカサが、そう認識するのは、もちろん「エレンが死亡」した場合は間違いないですし、「このまま行ったら、目標が達成できなくなる」と感じたら、ループの前兆である頭痛が起きるのではないでしょうか?

今回、アルミンが瀕死の状態だと認識した時に、頭痛が起きました。

ということは、「アルミンが死亡したら、エレンの目標が達成できなくなる」と思い、頭痛が起きたとも考えられます。

つまり、ミカサはアルミンの存在を「エレンの目標達成には不可欠な存在」と考えているという事でしょう!

そう考えれば、今回ミカサの頭痛が起きた理由がハッキリしますよね!

ミカサはアルミンを幼馴染としてだけではなく、エレンの目標達成に不可欠な存在だと思っている事が今回の考察で分かりました!

しかし管理人アースは、もうひとつ思い付いた事があります。

それは、今の考察とは全く逆で、「アルミンが生きているとエレンの目標が達成できなくなる」とミカサが考えたのではないかという考察です。


◆アルミンが生きているとマズイ?「アルミン黒幕説の可能性」!?

ff22e3c7
「進撃の巨人」第32話「慈悲」より


進撃の巨人の黒幕はアルミンの真相は?はこちらで考察しています。

つまり、エレンがアルミンによって操られているのでは、という考察ですね。

そして、今回のミカサは「アルミンが死にそう」と認識したのではなく、「瀕死のアルミンが生き返りそう」と認識して頭痛が起きたのだとしたらどうでしょう?

つまり、アルミンは瀕死なのですが、エレンの必死の呼びかけにより生き返るかもしれない、とミカサは思ったとも考えられるのです。

そして、アルミン黒幕説で説明している通り、アルミンは、エレンを壁外へ誘おうとしています。

ミカサがエレンの巨人駆逐という目標を達成するためにはアルミンが邪魔であり、海を見に行くということに否定的に考えていたら、アルミンはこのまま死亡するべきと思っているかもしれませんね。

つまり、アルミンがここで生き返ってしまうと、エレンがこれから目標を達成する事が出来なくなると察し、頭痛が起きたのだとしたら…

この時ブレードを抜いたのは、リヴァイ兵長に対してではなくアルミンを削ぐためかもしれませんね。

それも、アルミンを楽にしてあげるという意味ではなく、「これからのエレンには邪魔だから」という理由で…

非常に可能性は低いと思いますが、全くゼロでもない考察では?と考えている管理人アースでした(-_-;)

84話最新のあらすじ予想!エルヴィン最後の賭けとは!?
【進撃の巨人】83話ネタバレ考察!ジ―クの父親グリシャと初代王を考察!
進撃の巨人ミカサ外伝ネタバレ1話の考察感想まとめ!
ミカサ・アッカーマン経歴まとめ!


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

49 Responses to “【進撃の巨人】83話ネタバレ考察!ミカサの頭痛を検証!”

  1. Reise より:

    おはようございます。

    >邪魔だから
    この一言がすごく面白いですね!

    ミカサ外伝を読んで以来私も、
    アルミンが生きているとエレンが生き残れず、
    エレンが生きるためにはアルミンの犠牲が必要
    というような条件があるのかもしれない、
    ミカサはそれを度重なるループで体験し
    知っているのかもしれない。
    自分好みの歴史を作ろうとしていた女媧のようだな
    と思ったりしていまして。
    今回アルミン重体状態は非常に都合が良い状況で、
    巨人化注射による生存の道が与えられないのなら
    アルミンを苦しみから解放してあげよう、
    エレンの悲しみ悔しさを自分も分かち背負おう
    といった意味で刃を抜いたのだと考えました。

    またミカサはエレンが絡むと向こう見ずな所があるので、
    リヴァイ又はエルヴィンに向け
    目暗滅法に切りかかるのかな?
    程度に思っていたのですが…

    正直邪魔だからという直球の理由で
    アルミンの止めを刺すという点までは考えておらず、
    ですがこれだと見たままの残酷さしかないですよね。
    「邪魔だから」本音の一言が加わるだけで
    残酷な世界に人間の非情さが恐ろしく増しますね。
    怖いもの見たさで見てみたいです。

    • 管理人アース より:

      Reiseさん!

      コメントありがとうございます!

      >この一言がすごく面白いですね!
      ありがとうございます!
      面白く読んでいただいたようで、嬉しいです(^^)
      「アルミン黒幕説」が起きる展開は、可能性は低いかもですが、ゼロではないだろうくらいに考えています。
      もちろんアルミンは自覚していないのですが、これだけ近くにずっといて、ミカサと同じように絶対の信頼を置くアルミンが、実はエレンの目的を阻む大きな障害になる存在だったら…
      それに、ループの記憶が甦り、アルミンがここで死亡しなければ、最も大きな障害になる!とミカサが気付いたら…
      しかし、ミカサもアルミンは幼なじみであり、一番の女友達(笑)…しかし斬らなければならないという気持ちのシーンとも受け取れるかなと思った
      ミカサがブレードを抜くシーンを見て思い付きました。

      こんな考察が楽しめるのも、「進撃の巨人」の魅力のひとつですよね!
      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 突撃 より:

    自分はミカサの狙いは、エルヴィンを削ぐのかあ、くらいに思ってたんですが、狙いがアルミンなら面白い(←ひどい)展開になると感じました 笑
    ミカサは確かにエレンが外の世界に一人で行ってしまうことを恐れています。
    アルミンはエレンを外の世界に誘う役です。
    敵の故郷に行ってしまう可能性がジークの件で大きくなりました。
    アルミンをここで殺せば、絶望してジークについてきそうだし、アルミンを生かせば、とりあえず味方側にはいてくれそうです。
    となるとミカサとしては、アルミンを生かす方向で動くのではと思います。
    そもそもアルミン殺しちゃったら、ミカサはエレンに嫌われちゃう 泣

    • 管理人アース より:

      突撃さん!

      コメントありがとうございます!

      >アルミン殺しちゃったら、ミカサはエレンに嫌われちゃう 泣
      確かにその通りなんですよ!
      しかし、エレンの命を守るためなら、エレンに嫌われる事を忘れ、猪突猛進する時があるので…
      トロスト区防衛戦で「混乱したら、私の所に来て」「私はあなたを守る」というセリフもそうでしたよね!
      後からエレンに怒られていました(笑)

      可能性が低い「アルミン黒幕説」ですが、一可能性として、考察しましたあ!
      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. アルミンのともだち より:

    奥の手でベルトルトをこっぱみじんにするに一票。

    まあ素直にリヴァイに刃向かっていくかと(笑)

    • 管理人アース より:

      アルミンのともだちさん!

      コメントありがとうございます!

      アッカーマン対決予想ですか!?
      これはやばい展開ですね!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. あも より:

    アルミンを家族だとは思っていない、エレンを生かすためにアルミンが邪魔だから殺す
    というのは考察としてはとても面白いと思いますが、ちょっとリアリティがないかな、と思いました。
    エレンを生かすためにアルミンが邪魔だと思っている、あるいはループの結果ミカサがそれを知っているのなら、今までにも何度も殺す機会はあったのではないでしょうか?
    ミカサのことですから、事故に見せかけたり誰も見ていないところで殺したりするのは簡単だと思います。
    そして突撃さんのおっしゃるとおり、エレン自身も家族だと思っているミカサが自分の大切な親友を見殺しにしたら、エレンは納得しないしミカサを許さないんじゃないでしょうか。
    ミカサの最大の目的が「エレンを死なせないこと」なら、まあ最悪嫌われてもかまわないのかもしれませんが、この状況ではエレンがジーク側に寝返る可能性も高いわけですし。
    考察として面白いだけに捨てがたい論ですが、ちょっと無理があるかなあと思いますね…

    • 管理人アース より:

      あもさん!

      コメントありがとうございます!

      あくまで起きる可能性が低い考察のひとつということでm(__)m
      >今までにも何度も殺す機会はあったのではないでしょうか?
      ミカサのループに記憶で覚えている事と覚えていないことが、マダラなような気がするのですよね?
      例えば、あの頭痛がキッカケで「ここでアルミンが死亡せず助かったら、後々エレンに取り返しが付かない事が起きる」と思い出したとしたら…と考えていました。

      >エレンがジーク側に寝返る可能性も高いわけですし。
      これ、良く目にする考察ですが、エレンから見ると、故郷側は母カルラの仇です。
      ジークが「理解者だ」と言って、故郷側に傾く事があるでしょうか?
      もちろん、今後の展開次第という部分はありますが、現在としては、どうかなと思います。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. 鼻垂れ小僧 より:

    いつも楽しく考察読ませていただいております。
    はじめてコメントさせていただきます。
    アルミンが生きていたらマズイという考察はとても面白いと思いました。想像もしなかったです。
    そして83話「大舵」にて、ミカサが絶望感漂わせる表情でブレードを抜いてリヴァイの方に向かっていくコマですが、この時のミカサはリヴァイを見ているのではなく、位置的にエルヴィンを見ているのではないのかなぁと。
    ミカサの行動から察知したリヴァイが止めにかかろうとしたとき、(エルヴィンを削ごうなんてとんでもないことですが)まだ息のあるエルヴィンが、「私はもういい、アルミンに注射を打て―」という展開になったりして、とぼんやり考えていました。
    諌山先生はいつも我々の想像をはるかに超えた超展開で攻めてl来られるので、毎月のことですが来月が待ち遠しくてたまりません!

  6. RTP より:

    ミカサがアルミンを削ごうとしてるとして一つ前のエルヴィンの考察でありましたようにアルミンに注射を打つ場面が別のループの世界であったとしましょう。アルミン無知性巨人はエレンをエレンを捕食してしまったのではないでしょうか?ループの記憶がミカサにあるとするとアースさんの考察通りアルミンがエレンの目的を邪魔することになると思いますので。
    長文すみませんでしたm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      RTPさん!

      コメントありがとうございます!

      >アルミン無知性巨人はエレンをエレンを捕食してしまったのではないでしょうか?
      直近でエレンがアルミンが原因でピンチになる展開としたら、これですね!
      ただ、ミカサとリヴァイがいる前だと、速攻でリヴァイが削いでくれそうですが(笑)
      しかし、確かにこの通りで、ミカサの以前のループで、アルミンが邪魔になる展開があったのだろうなと思いました。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  7. 考察王カメック より:

    私はミカサの頭痛はループの前兆だと思います。その場合選択次第ではミカサはループすると思います。ただしループといってもおそらく全ての記憶を過去のある時点に飛ばすだけだと思います。なので仮にループが発動してもこの物語がリセットされるのではなく、ミサカが「あれ、いつもはこれで過去に戻れたのに!」という展開だと思います。この方が残酷な世界観にあっているし、今までにあまりない試みに当てはまると思います。
    私は東洋の一族は腕の刺青を使って1度だけループすることが出来ると考えています。そしてループを一度したら刺青は消えると思います。ただし一度だけというのは同じ世界線の中でということで実際は何度でもループをしていると思います。
    初めにでてきた数字はミサカがこのループ生活に入ってから経過した年数だと思います。第一話のタイトルは2000年後にこのループを抜け出せるという意味だと思います。表紙の絵は2000年後の成功パターンだと思います。このループを抜け出せる鍵は今の世界線のループ使用後に判明すると思います。最終回は今の世界線からループしたミカサが次の世界線のエレンにあうシーンで終わると思います。

    • 管理人アース より:

      考察王カメックさん!

      コメントありがとうございます!

      >第一話のタイトルは2000年後にこのループを抜け出せるという意味だと思います。
      面白い考察ですね!
      ただ、845年からなので、2000年後となると、あと1000年以上かかるということになりますね(・_・;)
      こうなって来ると、あと何回ループすることになるのか…

      >次の世界線のエレンにあうシーンで終わると思います。
      「いってらっしゃい エレン」の後にエレンが目覚めるシーンですね!
      この終わり方は、管理人アースも期待しています!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  8. ぺす より:

    初コメントです。いつも楽しく見てます!

    頭痛はループの分岐点なのかなとか思います。
    今回、抜刀してリヴァイに向かい合ったミカサですが、戦うような表情に見えません。なので、前ループでリヴァイと戦って負けたのかなとか思います。

    思った事適当に書いてしまっただけですいませ。

    • 管理人アース より:

      ぺすさん!

      コメントありがとうございます!

      >頭痛はループの分岐点なのかなとか思います。
      ですね!その可能性は高いと思います!

      >前ループでリヴァイと戦って負けたのかなとか思います。
      なるほど!既に経験済みなので、戦う表情をしていないのではという考察ですね!
      ミカサのループの記憶がどのような感じなのか、早く知りたいですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  9. アッサー より:

    冷酷なミカサならやりそうですねw
    アルミンを見た時目に涙を浮かべていたのはアルミンが生きているからだったのでしょうか…?なんか(・ิω・ิ*)アルミンやっちゃったらエレン怒りだしそう。一時期たったひとりの友でしたし。 (・ิω・ิ*)アルミン黒幕だったら今度からアニメのナレーション聞く時なんか聴き入っちゃうwww

    • 管理人アース より:

      アッサーさん!

      コメントありがとうございます!

      >冷酷なミカサならやりそうですねw
      ミカサはエレンの為ならどんな冷酷な事でもやりそうなので、このような考察が生まれました(笑)
      確かにエレンは怒り狂うでしょう!
      しかし、ミカサにとってはエレンの気持ちよりも、「エレンが生き残ること」が優先かなと判断しています。

      >アニメのナレーション聞く時なんか聴き入っちゃうwww
      アルミンのナレーション、すごく良いですよね!
      いろんな意味で2期のナレーションは気を付けて聞かなきゃです(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  10. ちらみ より:

    はじめまして!いつもたのしく読ませていただいてます。
    ループの前兆説とてもおもしろいです…!私はアルミンが巨人になり、エレンを食べてしまう世界があったのかな〜と考えていました。なのでそれを思い出し…という
    ミカサの頭痛はただの偏頭痛だといいんですがね(笑)ちょっと色々な要素がありすぎてつい深読みしたり考察読んだりが捗ってしまいますね(笑)

    • 管理人アース より:

      ちらみさん!

      コメントありがとうございます!

      >私はアルミンが巨人になり、エレンを食べてしまう世界があったのかな〜と考えていました。なのでそれを思い出し…という
      これ、RTPさんも言っていましたね!
      たしかにありえそうですよ!
      もし、そのような展開があったら、エレンに言い訳しても通じませんが(;・∀・)
      ただの偏頭痛だったら(笑)
      でも、そのように終わる可能性も、あるかもですが!
      「ミスリードだったんかい!」みたいな(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  11. アースさんこんばんは。

    何度も繰り返してるループの時系列の分岐点、過去にその時ミカサはどちらを選択したか(過去に選択を誤りエレンが死亡する時系列を選んでしまった)との時に警告の様に頭痛が出るのでは?

    よってエレンが危ない時でも時系列の分岐がない時は頭痛は起きずエレンも死ぬ事もないと(例えば今回のベル戦の方へ行こうとしなかったですね)

    今話の頭痛でアルミンを削ぐ(殺す)苦渋の選択の涙なのか、エルヴィンを削ぐ選択なのか、どちらも生かさないためリヴァイに襲いかかる選択なのか、作者のみぞ知るですね!

    • 管理人アース より:

      キース(傍観者)さん!

      コメントありがとうございます!

      >(過去に選択を誤りエレンが死亡する時系列を選んでしまった)との時に警告の様に頭痛が出るのでは?
      これ、その通りかなと管理人アースも思います。
      つまり、頭痛が起きたのは、これまでエレンが死亡した展開があった時ということですよね。
      一番最初の第2話で、カルラが死亡してミカサは頭痛が起きていますが、あれもエレンが死亡していた時があったのでしょうね。
      たとえばハンネスが来なかったことがあったとか…
      ハンネスがカルラ・イーターに向かっていって、エレンが死亡していたということも考えられますよね。

      >作者のみぞ知るですね!
      まさに、そうです!w
      毎回作者に振り回されっぱなしですよ(笑)
      最高に楽しいですが!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  12. 覆面戦士 より:

    団長には地下室フラグ、アルミンはナレーター。
    ということで、奇跡の両者生存を希望ですw
    (ナレーターが途中で死ぬのはどうしてもおかしいし、ある意味後味が悪いですw)
    諫山さんの度肝を抜く展開には毎度楽しまされますが、たまには?(笑)良い方向でお願いしたいですw

    二人生存はつまらないでしょうか?

    あの巨人薬って摂取量があるんでしょうかね?半分ずつというわけにはいかないのでしょうか。
    舐めただけでもロッドは巨人になりましたが、不完全な感じでした。でも死はとりあえず回避出来ます。

    問題は知性がベルトしか近くにいないことですね。
    ベルトまで半分ずつというのはあまりにも悪魔の末裔すぎますかね?w
    アニもいますが近くにいないし水晶の中ですし。

    ミカサのループ能力があるにしても、それこそ人智を超えたものなので、巨人よりずっと謎です。東洋人とか言ってるレベルではないですよね。
    進撃の世界が地球だとすると、ミカサは異星人?ってくらいの能力だと思うんですが…。彼女こそ何者なのか想像がつかないです。

  13. 生き残れなかった兵士 より:

    夢を預けたアルミン。
    夢を繋げようとするエレン。
    夢を捨てたエルヴィン。
    夢を叶えさせようとするリヴァイ。
    夢を叶えるために攻撃したベルトルト。

    この中でもミカサは夢を持たない異色キャラですからね…。
    ただ今を大切にしたいミカサは何を切り捨てるのでしょうか。

    まずエルヴィンを切り捨てるなら、生き残れた新兵も巻き込みます。ガスが無いミカサが新兵を殺れるかは微妙です。

    逆にアルミンなら、エレンが止めそうですが、リヴァイに懇願してる最中頭が回るか微妙です。
    リヴァイは眼中になさそうですし…。

    無防備なのは、アルミンとベルトルトの2名ですね。
    だからと言ってベルトルトを殺ったら薬の意味もない。
    アルミン…やばいですね。

    アルミンを殺そうとしたら、エルヴィンが止めて、「彼に注射を打て」と提案するかもしれません。

    揉めあってたら、ベルトルトが目を覚まして、姿を眩まされたりなんて悲惨な状態も……。
    ベルトルトは超大型巨人として倒され、エレン達の悪として役割を終えるのでしょうか?

    捕虜にされているアニとベルトルトの御対面もまだ捨て切れませんし、分からないですね……。

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      コメントありがとうございます!

      >この中でもミカサは夢を持たない異色キャラですからね…。
      ただ今を大切にしたいミカサは何を切り捨てるのでしょうか。
      ミカサはエレンが生き残り、目標を叶えることだけが目的ですよね。
      ミカサが切り捨てるのは、巨人の肉だけであって欲しいです(笑)

      >捕虜にされているアニとベルトルトの御対面もまだ捨て切れませんし
      これ、見たいですよね!
      ヒッチとアニの対面も見たいですが!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  14. keni-J より:

    私は、あくまでエレンに危機が迫っている為の頭痛だと考えています。
    現状、エレンは結構リスクを抱えています。

     ・2回の巨人化・硬質化を終え体力的に厳しいこと
      (なにかに襲われたら対処が難しい)
     ・ベルトルトの2回目の巨人化の可能性
      (潜在能力が計り知れない)
     ・エルヴィンorアルミンに注射を施した際に、
      ベルトルトではなくエレンが標的になる可能性。

    最後のについて補足すると、無知性巨人(通常種)には、

     ・人間が一人と大勢なら大勢のほうを標的にする
     ・人間と知性巨人なら知性巨人を標的にする

    という特性があったと思いますが、もし知性巨人を
    並べた場合にどうなるかを考えると、価値の高いほうを
    標的にするんじゃないかと考えています。
    となると、「座標」持ちとされているエレンを標的に
    するのではないか。
    (他の巨人をコントロールする能力が使えれば別
    ですが全然使えてないですし。)


    おそらく、ミカサには
    「注射を打たれたアルミンが巨人化してエレンを襲う」
    という未来が見えたのではないかと考えています。

    (・・・・順序が前後してしまいましたが、アッカーマン
    一族の能力として、数秒先の未来が見える、
    というものがあるのではと考えています。
    リヴァイがライナーを仕留め損ねた時も、首と心臓を
    貫いて傍目には仕留めたように見えても、リヴァイには
    数秒後に巨人化する未来が見えていたのではないかと)

    仮にこれが当たりだとすると、ミカサの採るリスク回避手段としては、

     ・ベルトルトを殺してしまう
     ・注射を壊してしまう
     ・アルミンを殺してしまう

    のいずれかだと思いますが、いずれも損失が
    大きいので、、、、、難しいなぁ。。。。

    • 管理人アース より:

      keni-Jさん!

      コメントありがとうございます!

      >、もし知性巨人を
      並べた場合にどうなるかを考えると、価値の高いほうを
      標的にするんじゃないかと考えています
      これは、面白い考察ですね!
      もしかしたら、人間時と同じで「より近い方」に反応するかもですよね。

      >アッカーマン一族の能力として、数秒先の未来が見える
      これも面白いです!
      とくに戦闘時には、ありそうな能力ですね!
      「何をどうすれば良いか分かる」というリヴァイの言葉にも当てはまるのでは?

      >いずれも損失が
      大きいので、、、、、難しいなぁ。。。。
      ここに行き着きますよね…
      それにミカサの動きが、リヴァイとぶつかりますし…難しいです。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  15. たんこぶ より:

    ミカサはアルミンが生きたままだと、リヴァイとエレンが注射の取り合いでやり合い、エレンに命の危険が及ぶと察知したため、アルミンの命を奪うため泣きながらブレード抜いたのかと想像しました。
    来月が待ち遠しいですね。

    • 管理人アース より:

      たんこぶさん!

      コメントありがとうございます!

      リヴァイからエレンを守るためという予想ですね!
      さらに、アルミンを楽にしてあげるため…泣けますね(-_-;)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  16. Kookin Freiheit より:

    こんにちは!いつも楽しく拝見させていただいております!!!
    さて今回ですが、ミカサがリヴァイにではなく、アルミンに刃を向けたっていう考察はとても面白かったです!だとすると、進撃の巨人のキャッチコピーとも言える、『美しく残酷な世界』にぴったりとはまりますよね。(ただし残酷の方が圧倒的ですがwww)
    でもさすがにないと思いますね。僕はエルヴィンの方が退場すると思います。
    ハンジが片目を失ってる描写があり、それはオーディンとリンクさせているのでは?という考察がここでありましたが、オーディンは大切なもの(何だったかは忘れてしまいましたwwww)と引き換えに片目を失ってます。
    エルヴィンから見てハンジは兵団のナンバー2。すなわち自分にとって限りなく必要なピースであるわけです。それはハンジにも同じことが言えると思います。
    人間は五感を持っていますが、視力から得る情報は70%以上と言われており、視力なしで生きていくのは、果てしなく難しいのです。ハンジにとってエルヴィンの死亡はそれに近いと思います。事実、長距離索敵陣形を作り、死傷人数を減らしたのはエルヴィンです。
    ハンジが片目を失って、それがオーディンとリンクさせているのであれば、エルヴィンの死亡退場は必然なんじゃないかと思います。
    その分これからはハンジが頑張らないといけませんねw
    長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      Kookin Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >オーディンは大切なもの(何だったかは忘れてしまいましたwwww)と引き換えに片目を失ってます。
      これは、「知識」ですね。
      なので、ハンジが片目を失う=オーディンから「地下室に行き、知識を得る」という伏線であると考察しています!

      ハンジ再登場から、エルヴィンの退場予想ということですね!
      たしかにこれはあり得ますね。
      管理人アースも、84話予想では、アルミン巨人化を予想しています!
      しながら、アルミン巨人化も正直シックリ来ていませんが…(-_-;)
      難しいです!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  17. 兵長の寝室掃除係 より:

    私はミカサループ説はないと思っているのですが
    もしあるとしたら…

    ループは有限ないのではないでしょうか?

    例えば、ミカサの手首の刺青(?)が成長して消えてしまうまでならば何度でもやり直せるが、消えてしまえばやり直せなくなるといったような制限です。
    頭痛が酷くなればなるほど、ループの限度が迫っているとか。

    そしてもしかしたら、この世界が最後のループなのかも…。

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!

      ミカサループが起きなかったら「いってらっしゃいエレン」はエレンの夢で、「二千年後の君へ」はスルーになるかなと思います。
      起きると思うのですが…

      >この世界が最後のループなのかも…。
      ハッピーエンドなら、そうなるかなと思いますが、その時でもこれまでのループに関する記述が出るかなと妄想しております(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  18. おいも より:

    はじめまして、いつも楽しく読ませていただいてます。

    アルミンが邪魔という考察考えていなかったのでびっくりしました!
    それを読んで思いついたのですがアルミンが邪魔で倒したいではなく、ここでアルミンが巨人の力を持ってしまうと、エレンの野望である全ての巨人を駆逐するっていうのにアルミンも入ってしまう為、エレンに悲しい思いをさせないように巨人になる前にミカサが倒してしまおうっていう考えはどうでしょう?

    初めての投稿で緊張してますが少しでも考察に貢献できればなと思いました!
    更新楽しみにしてます(*´ ˘ `*)

    • 管理人アース より:

      おいもさん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンに悲しい思いをさせないように巨人になる前にミカサが倒してしまおうっていう考えはどうでしょう?
      この考え方は、正しい方向ですし、素晴らしい発想だと思います!
      進撃の巨人for auスマートパスのショートストーリーに、巨人駆逐の夢を果たす際、最後に自分自身も駆逐しなければと思うエレンと同じ展開ですね!
      しかし、ミカサがそのように判断するという予想は、良いですよ!
      やはり「エレンのためにアルミンを削ぐ」という展開もあり得そうです!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  19. 兵長の寝室掃除係 より:

    もしミカサがループしているとしたら、記憶の引継ぎはどうなるのかも疑問ですよね。

    「いってらっしゃいエレン」ですが
    もしミカサが幾つもの世界の記憶を引き継いだままいるとしたら
    エレンが食われるかもしれない世界へ「いってらっつしゃい」などと、割とあっさりと送り出すでしょうか?

    愛しい人が食われるかもしれない世界へ送り出すなら、「次こそはハッピーエンドにする」と、もっと鬼気迫る台詞になると思うのですが…。

    もしくは、ループ作品として有名な「ひぐらし」のように、ミカサはハッピーエンドの世界を諦めていて「いってらっしゃい」と言えたのか…?

    あるいはミカサは破滅世界の記憶を引き継いでいない?
    だとすると、「次はもうない」という台詞に説明がつかなくなりますし…。

    「いってらっしゃいエレン」はどこか不自然なのですよね。

    • 管理人アース より:

      兵長の寝室掃除係さん!

      コメントありがとうございます!

      >「いってらっしゃいエレン」はどこか不自然なのですよね。
      なるほど!
      そのようには考えてはいませんでした。
      確かに言われてみると、失敗した後に送り出す言葉としては、弱いような気がしますね。
      どういう状況だったのか…
      おそらくは、死亡したエレン、瀕死のエレンに微笑みながらミカサが言っているのはないかなと思うんですよね。
      「頑張ったねエレン…失敗してしまったけど。まだチャンスはあるし、私が作るから!」
      「…いってらっしゃい エレン」
      のようなニュアンスかなと。

      最終回がいつなのか…まだ先でしょうが、どのように回収されるのか楽しみですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  20. えーじ君 より:

    お久しぶりです
    ミカサがアルミンを殺そうとしていると言う前提で話します。
    以前ミカサはアルミンにたいして「そんなこにそだてた覚えはない」と言っていました。ではどういう風に育てたのでしょうか。エレンに愚直に命をかけるよう育てたのではないでしょうか?もしかしたら伏線になっていたのでは…その線からミカサがアルミンを殺そうとしているかどうかの判断ができるかもしれません!考察してみてはいかがでしょうか…

    • 管理人アース より:

      えーじ君さん!

      コメントありがとうございます!

      >「そんなこにそだてた覚えはない」と言って
      これ、今回の考察をする時にも頭よぎりましたよ(笑)
      つまり、「こんな命を捨てる作戦を立てるような子に、育てた覚えはない」という風に取れば、お仕置きとしてアルミンを削ぐのでは…なんてことはないですよね(笑)

      アルミンを殺すつもりですかね?
      何とも、まだ分かりませんが…84話が楽しみですよ!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  21. 紫の巨人 より:

    もし、アルミンが生きているとエレンの身になにかおこるとしたら、何らかの理由でベルトルトを捕食させることに失敗し、エレンを捕食してしまったループがあるのではないでしょうか…それならミカサがアルミンを切り捨ててもおかしくはないと思うのですが…根拠のない考察ですが

    • 管理人アース より:

      紫の巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンを捕食してしまったループがあるのではないでしょうか…
      これ、あり得ますよね!
      となると、ミカサがアルミンを削ぐ可能性が高くなりますね…(・_・;)
      84話は、どのような展開になるのか…(-_-;)
      怖いですが、楽しみですよ!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  22. 珠星 より:

    アルミンがミカサの頭痛に関係ないのだとしたら、今回頭痛が起こったのは「エルヴィンにここで退場してもらう必要があったから」と考える事はできないでしょうか?

    例えば「エルヴィンに地下室を見られたらまずい」や「リヴァイとエレンが険悪になるとまずい」といった場合です。

    とすると次回アッカーマン対決が起こるかもしれませんが、流石の兵長でももう体力が限界じゃないかなぁ…(笑)

    • 管理人アース より:

      珠星さん!

      コメントありがとうございます!

      >流石の兵長でももう体力が限界じゃないかなぁ…(笑)
      しかし、ミカサもガス切れなので、リヴァイとは立体機動装置なしでの対決となりますね。
      リヴァイは、エレンからガスは補充していたのでしょうか?
      もし、していれば、立体機動装置が使用できるリヴァイの方が有利かもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  23. mady より:

    そもそもミカサはアルミンの事をどう思っていたんでしょうか。(エレンにとって有益とか無益とかいう観点で)

    エレン自身が壁外への興味を持つきっかけを作ってくれたのは、アルミンだと述べてていましたが、ミカサは「調査兵団に入るのは反対だ」と。

    エレンの窮地を助けてくれるけれど、エレンを壁外へ連れ出そうとするアルミン。どっちをミカサは重要視しているのかなぁと。

    • 管理人アース より:

      madyさん!

      コメントありがとうございます!

      >そもそもミカサはアルミンの事をどう思っていたんでしょうか
      これは、この考察を書き上げた後に管理人アースも疑問に思いました。
      ただ、ひとつ言えるのは、ミカサと出会う前からアルミンとエレンは友人だったということです。
      ここから、ミカサにとっては「エレンにとって有益か無益か」と言う前に「エレンの唯一の友人」として存在していたということになります。
      「前提」のような存在なのでしょう。

      >どっちをミカサは重要視しているのかなぁと。
      これ、疑問ですよね。
      今回アルミンが助かるのか助からないのかで、この辺りの答えも出るのでしょうか?
      84話で分かるような描写があるかもですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

      • mady より:

        アースさんこんばんは。

        84話が待ち遠しいような見たくないような・・

        何だかいっきにエンディングに向けて畳み込んでいるような気がしてちょっと寂しい気分がしてきました。
        まぁ、まだまだ伏線が回収されてないので、大丈夫かな。

        そういえば、76話のエルヴィン回想シーンで同じ食卓にナイル・ドークっぽい人が同席していますが、もしナイルだったらエルヴィンとエルヴィン父の立てた仮説というのを聞いていたんですね。エルヴィンが何を答え合わせしたかったのか、彼なら知っているんでしょうか。

        • 管理人アース より:

          madyさん!

          コメントありがとうございます!

          >ナイル・ドークっぽい人が同席していますが
          これ、ナイル・ドークでしょう!
          どこかの記事で指摘したはずですが、その記事が出てきません(・_・;)
          ナイルは同期なので、このような席でエルヴィンの父の仮説を聞いているのでしょうね。
          もし、グリシャの地下室に行って、エルヴィンが死亡するという展開となれば、その報告を聞いたナイルが「あいつは…あの時の夢を果たしたのか…」的なシーンが登場するかもですね!

          またコメントください!
          よろしくです!


          管理人アース

          • mady より:

            アースさん!記事見つけました。ナイル・ドークのタグにある記事の事ですね?

            髪型が独特だから、やっぱり、訓練兵時代のナイルさんなんですかね?王政編際、女型捕獲作戦の時のエルヴィンの謎かけのような問いに、何か感づいているようだし、エルヴィンの世界の真相に対する仮説もきっと知っているのでしょうね。

            所で、ナイルさんの奥さんのマリーが、居酒屋で働いていたのって、何だかカルラと一緒ですね。カルラもエレンを調査兵に入れるのは反対だったし、調査兵を志願していたナイルが憲兵団に進路変更するきっかけを作ったのもマリー。(キースとエルヴィン団長も似た立場ですね)

            家族のためだとは思うけど、ちょっと不思議です。

          • 管理人アース より:

            madyさん!

            コメントありがとうございます!

            こちらも見つけました(笑)
            ナイル・ドークのプロフィールまとめ!ですね。
            ナイルのプロフィール考察記事だったとは、盲点でした(笑)

            >何だかカルラと一緒ですね
            そうですね。
            おそらく憲兵団を選ぶキッカケとなったということは、訓練兵団時代に出会ったのだと思いますね。
            ただ、大事な人のために内地に行くためと考えればあり得る決断かと。
            「Before the fall」では、駐屯兵マリアと婚約をしていた調査兵ソルムが、妊娠していた彼女を最後と決めていた壁外調査で死亡しています。
            こういう歴史が、結婚を決めていたら調査兵は辞めろ、みたいな教訓を作っているのかもしれませんね。

            またコメントください!
            よろしくです!


            管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ