【進撃の巨人】21巻の発売日12月9日までに抑えるべき考察まとめ!

21巻は、大いに盛り上がっているシガンシナ区決戦編が終盤へと向かって行く巻となっています。

そんな21巻には、購入する前に抑えておくべき事柄がいくつか存在します。

こちらでは、それらをいくつかピックアップしてみました!

21巻を読む前に、ぜひ抑えておきましょう!

Sponsored Link

◆ジーク戦士長とエレンの関係!

2016-07-08_034425
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


12月9日(仮)発売の21巻を読む前に、抑えておかなければいけない事柄の中で、最も重要な事柄ではないでしょうか?

21巻第1話、83話にてジーク戦士長から、グリシャが自分の父親と匂わす発言が飛び出します!

ジークがグリシャとの関係は、当サイトでも猿の巨人の中身の男の正体を画像から考察!で考察していました。

その他にもジーク・レイス説もありましたね。

獣の「俺の巨人」発言からジーク・レイスを検証!で考察しています。

21巻を読む前には、ジーク戦士長について抑えておきましょう!

◆ユミルが「手紙」にて再登場!

131212-01-thumbnail2
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


83話にて、第50話を最後に登場していないユミルが「手紙」という形で登場します!

ユミルは再登場するはずと管理人アースはリンクテキストユミルの再登場は単行本の何巻になるか検証!でも考察してきました。

しかし、「手紙」という形での登場により、死亡している可能性が高まりましたね(-_-;)

ユミルについては、まだ多くの伏線が残されており、最も大きな伏線であろう「ユミルの民」については進撃の巨人の巨人の正体をユミルの民から検証!でも考察しています。

これらの内容がユミルの手紙にて全て回収されるのかは分かりませんが、抑えておきましょう!

◆リヴァイの巨人化注射の登場!

2016-07-08_040104
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


これまで誰に使用するのか、かなり議論されてきた「リヴァイの巨人化注射」ですが、83話にてとうとうリヴァイの懐から取り出され、誰に使用されるのかという展開となりました!

リヴァイの巨人化注射の使用については、管理人アースはエルヴィンに使用するのではと当初から言っており、エルヴィンの腕は再生するのか検証!巨人化する?にて考察しています!

そして巨人化注射についての考察はリヴァイが巨人化注射使用までの考察すべき内容まとめ!にて行っています。

抑えておきましょう!

Sponsored Link


◆ミカサの頭痛が登場!

2016-07-08_035709
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


83話にて、38話振りというミカサの頭痛が、本当に久々に登場しました!

3年以上振りということになるでしょうか?

本当に久々ですよね!(笑)

今回のミカサの頭痛については83話ネタバレ考察!ミカサの頭痛を検証!で考察しています!

ミカサの頭痛の意味は?では、これまでのミカサの頭痛についても考察しています!

抑えておきましょう!

◆新兵が大活躍!

2016-07-08_040004
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


83話では生き残った新兵が大活躍します。

この新兵は70話「いつか見た夢」にて登場した駐屯兵団から世間の雰囲気により調査兵団に移籍した新兵だと思われます。

そして、76話「雷槍」で馬を繋ぐ場所をマルロに聞き、80話「雷槍」では調査兵団に入ったことを大いに後悔していました。
2016-04-08_033051
「進撃の巨人」第80話「名も無き兵士」より


その後悔ぶりは、演説を終えたエルヴィンに「命令に背いても」という程でした。

しかし、この新兵は81話「約束」で、獣の巨人の投石攻撃から生き残っていたが分かっています。

そして、83話にて、この新兵は大活躍をすることになります!

抑えておきましょう!

◆必死にエルヴィンを助けようとするリヴァイ

2016-08-08_035619
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


84話にて、リヴァイはエルヴィンを助けようとエレンを殴り、ミカサに襲われます。

それでも一貫し、エルヴィンを助けようとする姿には、もちろんエルヴィンが上官であり団長だからなのでしょうが、やはり私的な感情を感じます。

その後の結末も含め、リヴァイがエルヴィンに降った経緯が分かるスピンオフ作品「悔いなき選択」を抑えておくと良いでしょう。
2016-09-24_201511
「悔いなき選択」より


「悔いなき選択」については、進撃の巨人悔いなき選択のネタバレ考察まとめ!にて内容と考察を書いてあります。

本編にてリヴァイが、いかにエルヴィンを信用しているのかは分かりますが、この「悔いなき選択」では、エルヴィンに降るまでいかにリヴァイが反抗的だったのかが描かれています(笑)

ぜひ、84話を読む前に、いえ読んだ後でも内容を踏まえておきましょう!


◆リヴァイの力が弱まっている場面が登場!

2016-09-24_203851
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


84話にて、ミカサの力にリヴァイ兵長は圧倒される場面が登場します。

その時のミカサは「力が弱まっている」と感じています。

これは、リヴァイのリミッター解除が解かれ初めている前兆ではないかとも、感じさせられる場面となっています。

これまでにも、リヴァイには死亡フラグではないかと思われる場面が登場しており、リヴァイが死亡フラグが立った真相は?にて考察しています。

抑えておきましょう!

さらに、今回のリヴァイの力が弱まっている場面に関してはリヴァイの力が弱くなった理由を検証!にて考察しています。


◆アニメ5話のエレンの姿が再現!

2016-09-24_172444
84話にて、エレンがアニメ5話のこの姿と同じ構図となる場面が登場します。

だからと言って、何の意味があるのかは分かりません(笑)

ただ、把握しておくと「あれ?」と気付く事が出来ますので、アニメ5話のエレンのこの構図は抑えておきましょう!


◆エルヴィンの一生を決める場面が登場!

2016-08-08_040415
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


エルヴィンの一生を決める場面が、14巻第55話にて登場しています。

それは、エルヴィンがまだ子どもだった頃、教師である父に質問をしているという場面でした。

そして、この時には登場しなかった質問の具体的な文言が、虫食い状態ですが84話にて登場します!

14巻第55話で登場した質問の内容は、55話の考察!「痛み」の伏線ポイントまとめ!にて書いてありますので、抑えておきましょう!

ちなみに、この時の質問の文言の全文が、85話にて登場します!

この文言については84話登場時点での予想も含め、84話ネタバレ考察!エルヴィンのうわ言を考察!にて書いています!


◆リヴァイが巨人化注射を使用するまでに、数々の場面が登場!

2016-08-08_040315
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


リヴァイは巨人化注射を使用するまでの間に、ケニーとの会話、アルミンが夢を語る場面を思い出します。

この時のリヴァイの心情を察するためにも69話でのケニーとの会話を抑えておきましょう!

第69話については69話の考察!「友人」の伏線ポイントまとめ!にて考察しています。

アルミンが夢を語る場面は72話確定と画バレから伏線を考察!にて登場します!

この時のリヴァイが決断した理由を察するためにも、この場面は抑えておきましょう!


◆グリシャの地下室が登場!

2016-09-08_044502
「進撃の巨人」第85話「地下室」より


第1話にて、グリシャからその存在が示唆されていた地下室に、エレンは85話にてとうとう到着します!

グリシャの地下室については、地下室には何がある?グリシャの謎を検証!にて考察していますので、抑えておきましょう!

ただ、記事内の最後に【追記】にて、地下室のネタバレが行われていますので、ご注意ください。


◆西から昇る太陽が登場!

2016-09-08_044948
「進撃の巨人」第85話「地下室」より


85話最後の場面で、北西もしくは西から昇る太陽が登場します。

これまでにも作中では、西から昇る太陽が多々登場していました。

西から昇る太陽については、【進撃の巨人ネタバレ考察!太陽が西から昇り東に沈む真相!】
にて考察していますので、見てみてください!

ぜひ、21巻を読む前に抑えておきましょう!


◆グリシャの半生が判明!

2016-10-07_032144
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


86話は驚きの展開となっており、グリシャの半生が明らかになっています!

そして、これまで謎となっていた「失われた世界の歴史」が、かなり明らかになっております!

21巻を読む前に、グリシャイエガーの経歴プロフィールまとめ!を読み、これまでで明らかになっているグリシャの経歴を覚えておきましょう!

そして、グリシャの正体の予想をしておき、21巻を読みましょう!\(^o^)/

ぜひ、これらのことは21巻を読む前に抑えておきましょう!

最新刊22巻の発売日4月8日までに抑えるべき考察まとめ!
21巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
リ20巻発売日8月9日までに抑えるべき考察ネタバレまとめ!
【進撃の巨人wikipedia】


Sponsored Link

16 Responses to “【進撃の巨人】21巻の発売日12月9日までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. ハンジさん大好き より:

    こんばんわ!21巻発売たのしみですね~早く読みたいです。

    数日後には、84話が読めるので、とってもテンションが上がってます。(もちろん、ハンジさんの活躍を想像してw)

    私、一つ気になったのですが、ハンジさんはゴーグル無いけど、周りがみえてるのかな?って思いました。無くても、立体起動出来てるのでそこまで視力悪くないのかな。と思いました。(ハンジさんは、ゴーグルや眼鏡を外すと、感情的になるみたいです。)

    あと、地下室に行ったら二人とも延命できるんじゃないかなと思います。てか、エレンが獣の巨人みたいに注射なしで巨人化できると思いました。

    • 管理人アース より:

      ハンジさん大好きさん!

      コメントありがとうございます!

      >(もちろん、ハンジさんの活躍を想像してw)
      ハンジの活躍は間違いないですよね!
      アルミンとエルヴィンの巨人化で揉めている場面に登場→仲裁のような役割があるのかなと。
      楽しみですよね!

      >ゴーグルや眼鏡を外すと、感情的になるみたいです。
      これ、ニック司祭にキレた時がそうでしたね!
      ゴーグル無しで睨むハンジは怖いです!(笑)
      諫山先生も「怒ると一番怖いのはハンジ」って言ってましたっけ…

      エレンの力で二人共巨人化した後、どうやって二人共知性巨人化するかですよね。
      本当に84話楽しみですよ!
      21巻の2話目、どうなるのか…

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 生き残れなかった兵士 より:

    しかし100人いた調査兵団が今ではエルヴィンとアルミンを抜いて8人しかいないとは…。
    これ壁外調査生還人数過去最悪ですね…。
    恐らくヒストリアやザックレー、ナイルやキース、住民達が出迎えたら、言葉を失い、ヒッチが泣き崩れる展開が待っていそうです…。

    この時に私は、生き残った新兵の活躍に期待してます。

    まずヒッチは素直な女性ではありません。きっと内心にない言葉でマルロは馬鹿で無駄死にしやがってとか毒を吐き、住民達もヒッチの言葉に流される。

    ここで新兵がマルロ達が勇敢に立ち向かう姿を思い出して感情的になるのではないでしょうか!?

    エルヴィンの『あの兵士に意味を与えるのは我々だ』の言葉に、エルヴィンがダウン落馬した際、マルロと後ろに新兵がいました。
    マルロは止まるな!進め!と指揮をとり新兵もそれに従いました。
    死んでいったマルロ達は勇敢で最後まで闘う事を辞めなかったと唯一の生き証人です。

    ヒッチの無駄死や馬鹿などの卑下した言葉は、きっと新兵の見せ場を作るかと!
    何せエルヴィンの命令を背いてもと言ってしまう人物ですからね(笑

    いままで帰還して黙りだった調査兵団でしたが、今回は違う場面が見れると思います。
    住民も調査兵団に対して心境が違いますし、キースも目が見開く展開になるのではと期待してます!

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      コメントありがとうございます!

      >ヒストリアやザックレー、ナイルやキース、住民達が出迎えたら、言葉を失い
      ここでヒストリアがエレンの手を取り「最悪な事にならなくて良かった」と言い、横でヒストリアを睨みつけるミカサが…なんて展開は無いですよね(笑)
      確かに今回の帰還は、最悪ですよね。
      ヒッチと新兵の展開から、キース開眼の展開予想面白いですよ!
      キースの現役復帰があるのでしょうか?
      「傍観者」から「当事者」へ…良いですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 21巻がとっても楽しみです!だけど、ハンジさんが次の巻でしんでしまはないかと、いつも心配になります…

    • 管理人アース より:

      ハンジが好きな一般人さん!

      コメントありがとうございます!

      ハンジは大丈夫でしょう!
      シガンシナ区決戦も生き残りそうですし!
      大丈夫!…だと思います(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. アルミン・ベルトルト より:

    21巻最終話・86話にてグリシャが残した3冊の本の内容が判明、ハンジやリヴァイ率いる調査兵によるデブリーフィングが行われ、シガンシナ区の物語が一先ず終わると思います。(単行本的にも区切りが良いですよね)

    ただ、気になるのはその次の話です。

    エレンは地下室に行くという目的を果たしましたし(巨人の駆逐はまだですが笑)、シガンシナ編も終わるのでこれから壁内の人々は何をするのでしょうか。
    鎧と獣達の行方は不明なので基本的に後追いは出来ず、彼らがエレンを奪うため奇襲を仕掛けてくるとしても、その日までリヴァイ班は待機!というグダグダ展開にはならないと思えます。

    そこで今後の展開を安直に予想しました。
    グリシャ本には「進撃の巨人」世界ではない異世界の情報(本に挟まっていたアレ以外にも)が記されていて、そこへの行き方も載っていたことで調査兵達がその世界へ行き、戦士長達と再戦或いは巨人の根本的な謎を解明する”第四の壁突破(異世界)編”
    まあ上のは殆ど妄想の域ですが、壁内人類が今後どのような活動をするのかはグリシャ本の内容に基づくものであるというのは間違いないのかなと思います。

    87話以降、アースさんはどんな展開になると考えていますか?

    • 管理人アース より:

      アルミン・ベルトルトさん!

      コメントありがとうございます!

      86話の予想は、86話あらすじ予想!グリシャノートの真相!にて予想しています。
      そして、どこで書いたかが思い出せませんが、管理人アースも次は壁外の世界へ調査兵団が攻めて行くという展開が起きるのではないかと予想しています。
      場所は、仰る通りグリシャ・ノートに書かれているのではないかと。
      ただ、その前に壁外の調査兵団の再編成、アニの再登場、レイス家の謎回収等という「壁内の展開編」が起きてからかなと思っています。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. 21巻に入って、巨人の出現や 戦闘シーンが
    激減しているのです。
    (巨人の出現は 今のところ、四足歩行型と
     アルミン巨人だけ。)
    それでも作品のトーンは変わらず、ポテンシャル
    の高さを保っているのは流石です!

    巨人の出現が少なく、対人戦や 回想シーンで
    占められた、王政編(壁内編)が再び来るのか?
    という雰囲気がします。
    (ただし、拷問シーンだけは 考えてもらいたい
     ものです。(笑))

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >ポテンシャルの高さを保っているのは流石です!
      そうですね!
      戦闘シーンで盛り上がるのは分かりますが、戦闘シーン無く、それでもあの緊張感、緊迫感から地下室への展開は素晴らしいですよ!

      >(壁内編)が再び来るのか?
      そうですね。次は壁内が舞台の展開が来ると思われますよ。
      対人戦は無いでしょうが、アニ再登場はあるかなと。あって欲しいなと(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. 普通の東洋人。 より:

     進撃名物ウソ予告を予想。
     前回『おともだち』とお別れしたアルミンだったけれど、ある朝目覚めると何とおともだちが5人に!
     おともだちは実は六つ子だった…!

     本編が怒濤の展開ですので、表紙は『子供時代のエルヴィンとお父さんがいたあの日の教室』だといいなと思っています。

    • 管理人アース より:

      普通の東洋人。さん!

      コメントありがとうございます!

      >おともだちは実は六つ子だった…!
      もう、巨人ですらないような展開ですね(笑)
      六つ子巨人は、怖い!(笑)

      >表紙は『子供時代のエルヴィンとお父さんがいたあの日の教室』だといいなと
      で、子供エルヴィンが右手を挙げているという「あり得ない展開」とか!
      面白いですね!
      管理人アースは、「エルヴィン巨人化」だったら面白いなと思っています!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  7. 生き残れなかった兵士 より:

    21巻の表紙は何かと考えてみました!
    他の巻の登場キャラ数を数えて割り出してみます。

    ■ウォール・ローゼ奪還編■
    ●1巻【来襲】
    エレン.ベルトルト
    ●2巻【討伐】
    ミカサ
    ●3巻【巨人化】
    エレン.ミカサ.アルミン
    ●4巻【夕日】
    エレン.ミカサ.ジャン.サシャ.コニー.ライナーアニ.マルコ

    ■女型の巨人編■
    ●5巻【壁外調査】
    エレン.リヴァイ.ペトラ.オルオ
    ●6巻【知性巨人】
    アルミン.ジャン.ライナー.アニ
    ●7巻【共闘】
    エレン.アニ.エルド.オルオ.ペトラ
    ●8巻【因縁】
    エレン.ミカサ.アニ

    ■エレン奪還編■
    ●9巻【夜と満月と獣の巨人】
    エレン.ミカサ.ジーク
    ●10巻【朝日とウドガルド城と104期生】
    エレン.ミカサ.ヒストリア.ユミル.コニー.ライナー.ベルトルト
    ●11巻【裏切り】
    エレン.ライナー
    ●12巻【消失】
    エレン.ミカサ.アルミン.ユミル

    ■王政編■
    ●13巻【新リヴァイ班】
    エレン.ミカサ.アルミン.リヴァイ.ジャン.ヒストリア.コニー.サシャ
    ●14巻【調査兵団に来客】
    リヴァイ.エルヴィン.ハンジ
    ●15巻【存在】
    エレン
    ●16巻【レイス家と注射器】
    ヒストリア
    ●17巻【柵と夕日と104期生】
    エレン.ミカサ.アルミン.ジャン.ヒストリア.サシャ.コニー

    ■ウォール・マリア奪還編■
    ●18巻【西の太陽とシガンシナ区】
    エレン.ミカサ.アルミン.リヴァイ.エルヴィン.その他
    ●19巻【雷槍と硬質化】
    エレン.ミカサ.アルミン.ライナー
    ●20巻【囮】
    リヴァイ.エルヴィン.マルロ.ジーク
    ●21巻【???】
    ???

    これら表紙に登場したキャラクターとコンセプトを考えて、まず21巻に”登場しない人物”を考えます。
    18巻と20巻にエルヴィンとリヴァイが登場してますので、特にエルヴィンは21巻に登場は難しいかもしれません。ジークも難しいでしょう。
    ライナー巨人は一章ずつ跨いで登場する様になってますので無しにします。

    逆に登場登場する可能性があるのは、
    エレン、ミカサ、アルミン、ジャン、サシャ、コニー、ハンジ、リヴァイ、ベルトルトですね。
    ※ただし、リヴァイは20巻で大きく出てますので、目立たない可能性も有ります。

    全員が出る場面であれば、『ベルトルト捕食シーン』になります。
    ベルトルトを除くなら、『調査兵団凱旋シーン』か『アルミンの介護シーン』です。

    でも見てみるとこのウォール・マリア奪還編の表紙の数々は人が沢山出ていて、シンプルではありません。
    今回の表紙はシンプルにまとめるのではないかと!

    ■エルヴィン巨人化ルートで、エルヴィンが登場しない場合の表紙を考えました。
    ●『目が覚めてるベルトルトを掴みながらエレン涙を流す』【拒否】
    ↑1巻ぶりの2人のツーショット。私はこれ推しです!
    ●『エルヴィンの腕を掴むエレン』【兵士】
    ↑アルミンは死んでいて、エルヴィンに注射。
    ●『何かから逃げるミカサとハンジ達』【想定外】
    ↑エルヴィン奇行種ルートです
    ●『調査兵団凱旋で五人の後ろ姿』【凱旋】
    ↑エルヴィン帰還ルートです
    私が思いつくエルヴィン生存ルートの表紙はこんな感じです!


    また20巻と21巻が繋がっているのだとしたら、獣の巨人は投石攻撃してこない為エルヴィン怪我はしない事になりますので、全くの別の有り得ない展開にも成りそうです。

    ●『エレンとミカサと本体のベルトルト』【決着】
    ↑ミカサがエレンとアルミンを気にかけたのは、ループした世界ではあり得なかったからです。またループ世界で『光臨』にてミカサが呼び止めなかった為にアルミン死亡ルートになってます。
    ●『エレンとミカサ.リヴァイの注射器』【兵士】
    ↑『光臨』にてミカサが呼び止めなかった為にアルミン死亡ルートになってるので、弱っているエルヴィンに注射するのは必然的な流れになっている。
    ●『ベルトルトと超大型巨人』【意思】
    ↑16巻みたいにデカデカと乗るベルトルトと超大型巨人で何か終わった様な表情している。


    ざっとこんな感じのを思いつきました!早く表紙の展開が見たいです(笑)

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      コメントありがとうございます!

      登場人物からの表紙考察、斬新ですね!
      このような考え方はしていなかったので、非常に興味深いです!

      >●『目が覚めてるベルトルトを掴みながらエレン涙を流す』【拒否】
      ↑1巻ぶりの2人のツーショット。私はこれ推しです!
      これ、面白いですね!
      やはり、エレンとベルトルトの2ショットで来ますかね!?

      >20巻と21巻が繋がっているのだとしたら、獣の巨人は投石攻撃してこない為エルヴィン怪我はしない事になりますので、全くの別の有り得ない展開にも成りそうです。
      これ、どうですかね?
      例えば8巻と9巻の表紙を比べると、8巻では女型の巨人を倒せた展開かなと思っています。
      しかし、9巻でも女型の巨人と戦っているので、繋がりはないのかなと思われます。
      なので、20巻と21巻の表紙は繋がっていない展開で来るのかなと!
      管理人アースは、やはりエルヴィン巨人化展開の表紙かなと思っています。
      となると、リヴァイが実際にエルヴィンの腕に注射して、バックにはエルヴィン巨人誕生の瞬間が描かれているような描写かもしれないですね。
      ただ、86話の展開を見てからまた考えたいですが!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

      • 生き残れなかった兵士 より:

        返信ありがとうございます!

        そうですね!86話の展開を見なければ、生存ルートのエルヴィンがしていたであろ展開も思いつきませんからね!


        私も何らかの原因でエルヴィン巨人化ルートに賛成です!

        ただ、アルミンがその時どうしているのか……。

        コゲミンになっているのか、既に前からの展開で死亡しているか、あるいはアルミンは深手を負わずに済んでいるのか…。
        表紙考察では案外、アルミンは一章に一回か二回程度の登場でエレンとミカサと並ぶ程登場していません。

        もしかしたら次の表紙ではアルミンは登場しないのかなと思います。


        だから私も、エルヴィンに注射器をする展開になると思いますが、アルミンはもう死んでいるので、エレンもミカサも賛同している展開であってほしいです!

        それこそがループ世界でミカサが後悔した展開であり、
        ミカサのあの涙は、エルヴィンが外の世界を知り、裏切り展開、ベルトルトの洗脳、エレンを引き渡す、或いは調査兵団解体など、力を持つ者だけが行える最悪な展開になるからだと知っているからリヴァイに刃物を向けてまで止めたいのだと思いたいからです!
        リヴァイに刃物を向けた伏線はループの物語で回収されると見ています!(^_^)

        もう少しで86話始まりますが楽しみです!

        • 管理人アース より:

          生き残れなかった兵士さん!

          コメントありがとうございます!

          >アルミンは一章に一回か二回程度の登場でエレンとミカサと並ぶ程登場していません。
          ああ、なるほどですね!
          今章は、18巻19巻で登場しているので、もう無いかもですね!17巻も登場していますし…

          >リヴァイに刃物を向けた伏線はループの物語で回収されると見ています!
          面白いですね~。
          この回収も、どのようにするのか、楽しみですよ!

          またコメントください!
          よろしくです!


          管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ