進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!

進撃の巨人のストーリーの中で、現在までに回収されていない伏線、謎をまとめてみました!

ユミルの発言、ミカサの頭痛など、まだ未回収となっている伏線を紹介しています!

Sponsored Link


◆70話現在までに未回収となっている伏線まとめ

第1巻「二千年後の君へ」というタイトル

37f81fbe
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


「進撃の巨人」連載開始からの謎となっています。

「二千年後」はいつから二千年後なのか?君とは誰のことを指すのか?

エレンもミカサもお互いを「君」とは呼び合わないで、誰が誰に向かって言っているのか、全てが謎です。

作中の「いってらっしゃいエレン」と共に、ループ説の根拠ともなっている伏線です。

ミカサの頭痛の理由

2015-06-20_192034
「進撃の巨人」第2話「その日」より


第2話でエレンの母親が目の前で殺され、ミカサは頭痛を起こしながら「あぁまたこれか…」とつぶやきます。

第7話ではエレンの死を聞いて頭痛を起こしながら「また…ここから始めなければいけないのか」とつぶやきます。

第29話、第45話でもミカサには頭痛が起きています。

ミカサによるループ説の根拠ともなっているこの頭痛の理由の説明はされるのでしょうか?

こちらでミサカの頭痛に関する考察をしています。
進撃の巨人ミカサが頭痛の意味を検証!  

ミカサの右手首の刺青

a32330a2
「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より


東洋の一族に代々伝えられてきた刺青に何が記されているのかは未だ謎となっていますが、失われた世界の記憶の記録があるのではないかと思われます。

こちらで考察しています。

【進撃の巨人の東洋の一族の正体は?アッカーマン家と関係も?】

グリシャの目的、レイス家を襲った理由、グリシャの地下室には何があるのか?

s91
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


グリシャがエレンに喰われ死亡していることは明らかになっていますが、未だグリシャの正体、グリシャがなぜレイス家を襲ったのかは分かっていません。

そして、グリシャの地下室には何があるのでしょうか?

グリシャの地下室についての考察はこちらでしています。

地下室には何があるか検証!

【追記】

第85話「地下室」にて、エレンたち調査兵団がグリシャの地下室にたどり着きました!

85話最新画バレ「地下室」考察あらすじ感想!にて詳細が書いてあります。

巨人はなぜ南から現れるのか?

20100824075432
「進撃の巨人」第12話「偶像」より


第12話で「調査兵団の報告によると巨人は南から現れるとされていた」との説明があります。

スピンオフ作品「進撃の巨人Before the fall」でも同じ説明がされています。何か意味があると思われます。

壁外の南には何があるのでしょうか?

「進撃の巨人」の世界についてはこちらで考察しています!

【進撃の巨人のモデルの場所を考察!鰊と猿、太陽から検証も!】

【追記】

巨人が南から現れる理由は、壁のあるパラディ島の南端でエルディア人が巨人化させられているためであることが、第87話にて明らかになりました!

詳細は87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!に書かれていますので、見てみてください!

Sponsored Link



マルコは誰に殺されたのか?

001-01
「進撃の巨人」第18話「今、何をすべきか」より


第18話でマルコの死体が発見された時は衝撃でした。

マルコは誰に殺されたのでしょうか?

本当にアニが殺したのでしょうか?

マルコの死の考察はこちらでしています。

【追記】
77話「彼らが見た世界」にてマルコの死の真相が明らかになりました!

⇓にて考察し、真相も紹介しています!

マルコボットはなぜ死亡の真相!


ライナー、ベルトルトの故郷

2015-06-13_140415
「進撃の巨人 Before tHE fall]第11話「獄中の奇縁」より


ライナーと、ベルトルトの「故郷」とはどこにあるのでしょうか?

それは獣の巨人の「故郷」でもあるのでしょうか?

そしてベルトルトの「悪魔の末裔」発言には、どのような意味が隠されているのでしょうか?

「故郷」についての考察はこちらでしています。

獣の巨人とライナー達の関係は?

【追記】
2017-06-08_035220
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


第94話「壁の中の少年」にて、長い間謎となっていたライナーの故郷がマーレ国内のレベリオ収容区であることが判明しました。

獣の巨人の正体であるジークの故郷も同じであり、「悪魔の末裔」発言の意味もこの94話で判明しています。

94話「壁の中の少年」あらすじ考察と感想!にて確認できます。


ユミルの民とは?ユミルは生きているのか?ユミルの「せー」は何を指しているのか?

19 - 1
「進撃の巨人」第46話「開口」より


第5巻収録の特別編「イルゼの手帳」での「ユミルの民」とは、何を表わしているのでしょうか?

同時にライナー、ベルトルトの「故郷」に行ったであろうユミルは生きているのでしょうか?

この謎はライナーとベルトルトが再登場したので近々分かるのではないかと思われます。

そして、第46話でユミルが言おうとした「せー」は、何と言おうとしたのでしょうか?

ユミルの「せー」については、こちらで考察しています。

進撃の巨人の黒幕は「せ」発言の真相とは?

【追記】
2017-01-06_033208
「進撃の巨人」第89話「会議」より


第89話「会議」にて、ユミルの「せー」がハンジにより回収され、「世界」が答えとなっていました。

89話「会議」あらすじ考察と感想!にて詳細が分かりますので見てみてください!

進撃の巨人の黒幕は「せ」発言の真相とは?での管理人アースの予想は的中となっていました!(^^)

叫びの力、座標とは何か?巨人と壁が生まれた理由とは?

b92d0e20
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


「進撃の巨人」は巨人の存在によって物語が構成されています。

つまり巨人が生まれた理由が明かされれば、全ての謎が解明されると思われます。

巨人が生まれた理由とは何なのでしょうか?

そして巨人により造られた壁は、人間を巨人から守る為に造られたのでしょうか?

巨人を操る「叫びの力」、そして「座標」とは何なのでしょうか?

誰が何の為に作ったのでしょうか?

巨人が生まれた理由はこちらで考察しています。

進撃の巨人70話から脊髄液と巨人作成の目的を考察!


「叫びの力」「座標」については、こちらでも話題に!

猿の巨人が座標を求める真の理由とは?


太陽が西から昇る理由!世界は逆転しているのか!?

2015-09-24_053403
「進撃の巨人」第40話「ユミル」より


作中のいくつかの場面で太陽が西から昇る描写がさえれています。

さらにアニメ巨人中学校のエンドロールにて時計が逆回転しているのが分かります。

これは「進撃の巨人」の時間軸が逆行していることを表わしているのでしょうか?

太陽が西から昇る事についての考察は【進撃の巨人ネタバレ考察!太陽が西から昇り東に沈む真相!】にて考察しています。

時計が逆回転している考察は【進撃!巨人中学のアニメネタバレ考察!時計逆回転の真相は?】にて考察しています!

【追記】
2016-12-08_042654
「別冊マガジン」1月号より


88話「進撃の巨人」が掲載された別冊マガジン1月号の一問一答にて、太陽が西から昇っている理由が「鏡合わせの世界だから」だと諫山先生より回答がありました。

「西から昇る太陽」の理由が一問一答で回収されるとは予想外でしたが、回収がされているので追記しておきます。

88話「進撃の巨人」あらすじ考察と感想!にて詳しく載っていますので、見てみてください!


まだまだ謎は尽きませんが、主だった謎についてまとめてみました!


◆すべての謎は説明されるのか?

42126354
「進撃の巨人」第18話「今、何をすべきか」より


これらの謎、伏線は全て説明されるのでしょうか?

作者諫山創先生は、これまで作中で多くの謎、伏線を作ってきました。

女型の巨人の正体がアニだと指し示す数々の伏線も作中に示し、見事に回収しました。

ライナー、ベルトルトとアニが仲間だという伏線も数々張り巡らせ、見事回収しています。

これらの謎の回収を見ると、作者の伏線回収の腕は素晴らしいと感じられます。

全ての謎、伏線を回収してくれるのではないかと思わされます。

これがこの作品の一番の魅力ではないでしょうか?

読者に、最終回までに全ての謎の解明をしてくれると信じさせる「信頼」が、この作品にはあると思われます!

【【進撃の巨人】地下室には何がある?グリシャの謎を検証!】
【進撃の巨人ミカサが頭痛の意味は?結末がループ説の真相を検証!】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

23 Responses to “進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!”

  1. 初めてコメントいたします。
    実写版を観て感動し、最近 原作17巻まで読破したばかり
    の新参者です。 が、謎解きストーリーの面白さにハマリ
    込んでしまい、さらに良い “指南書”がないかと思い、
    このサイトに辿り着きました。よろしくお願い致します。

    先ずは、第一話が 「二千年後の君へ」という謎。
    私は 物語の舞台はこのタイトル通り、今から二千年後の
    世界だと思っています。
    その間、人類は合いも変わらず、戦争や環境破壊を くり
    返し、人口は爆発的に増加。 地球環境はこれを支え切れ
    なくなってしまった。
    そこで考えられたのが、人類の生体細胞を変えること。
    例えば、ものを食べず 少ないエネルギーでも生存可能に。
    また 生殖器をなくし、無駄な繁殖を抑えること。
    (これは 巨人の特徴に繋がることです。)

    ところが、その実験が 何らかの事故か企みによって暴走!
    突如 大増幅が始まり、巨人が大量発生してしまった。
    そしてほとんどが、生存のみに生きる無知性巨人となるが、
    事故の特異な影響を受けた わずかな種類がいて、それが
    巨人化⇔人間化可能な巨人や、優れた特性を持つ
    アッカーマン一族などに繋がっていったのではないか。
    その後は、互いの生存権を争う、人間対巨人、巨人対巨人、
    人間対人間の争いが、二千年近くも続く事となってしまった。

    が、100年ほど前に、巨人の細胞を “硬質化”する発見が
    された。 そしてこれを利用して 「壁」を造り、人間と巨人とを
    隔てることが出来た。
    これによって 長い戦乱は収束し、その「壁」の建造者たちは
    神、初代王と崇められ、レイス家へと繋がる。
    その際、過去の戦乱の歴史は禍根を招く恐れがあるため、
    全て隠蔽された。
    ただし、アッカーマン一族などは、その特異性が災いしてか
    よほど酷い仕打ちを受け、そのため記憶が拭えないのでは
    と思われます。

    このように 「二千年後の君へ」は、現代から続く過ちを
    背負った世界、つまり このままだと二千年後はこうなっちゃうぞー!
    という、「現代文明に暮す 我々への警鐘」が込められていると
    私には思えるのです。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      面白い考察ですね!

      >つまり このままだと二千年後はこうなっちゃうぞー!
      ということは「君」とは読者の事でしょうか?
      う~ん、なかなか面白いです!
      ただ、二千年後の読者へというのは厳しいような気もしますが…説明は出来ている考察だと思います!
      意味的には「二千年前の君へ」のような気がするのがどうかなとは思いますが・・・

      また面白い考察があったらコメントください!
      良き「指南書」になるよう頑張って書きますので(笑)これからもよろしくです!


      管理人アース

      • ななし より:

        ずっと前から気になっていたのですが、壁内で使用されている「850年」などの暦は何を紀元1年としているのでしょうか?
        ユミル・フリッツが力を得たのも巨人大戦が起きたのも850年前ではないですよね?
        それとも考え過ぎでしょうか。

        • 管理人アース より:

          巨人大戦とは別だと思いますよ。
          これはまだ謎ですね。

          またよろしくです!


          管理人アース

  2. 24時間考察 より:

    2回目のコメントです、 これから何か思い付くたびにコメントしますのでよろしくお願いします^ ^

    まず二千年後の君への謎ですがこれはエレンの中にいる巨人、つまり過去の始祖の巨人能力者の記憶かもですね。ちと言い方が難しいですがw 実際87話のエレンは少しグリシャの記憶と共通してましたし、”私”などの発言からして

    次はミカサの頭痛、もしかしたらミカサもある記憶があり 乗っ取られる/表に出る時に頭痛が発生するのかも(..)

    そしてユミルの発言は 世界だと思いますね、確かアーサーさんが言ったようにエルディア人は世界に敵を回してるような発言が87話でされましたから

    でも自分が一番気になる謎は何故巨人は人間を捕食するのかですね、大地の悪魔とゆう名乗った誰かがそれか大地の悪魔自体が人間に何か恨みを持っている過去があるんではないかと踏んでいます

    追記
    87話のクルーガーめっちゃカッコ良かったですw 一気に自分の一番好きなキャラになりました( ´ ▽ ` ) あのどうしようもない状況に置かれたグリシャから救うヒーローの姿、その後帽子を投げた瞬間は最高でした(*゚▽゚)ノ

    • 第4住宅 より:

      でも、なぜ帽子を取って投げる必要があったのでしょうか。単にマーレ当局員としての自分を捨てるという象徴的なものでしょうか。

      この物語には、このような小さな動作にも何か意味があるのかと考えさせられてしまいます。

  3. この作者は 伏線を回収すると、すぐさま
    新たな謎を巡らせてくるようです。

    今回 極めつきは、クルーガーの口から出た
    ミカサとアルミン。
    何で クルーガーが、ミカサとアルミンを知って
    いるんだ?
    時間的に、全くかけ離れているのに。
    こうなってくると、皆さん苦心して考えられた
    進撃の巨人年表なんかが、意味を成さなく
    なってしまうのでは?

    もう一つの 新たな大きな謎は、「九つの巨人」
    の継承者です。
    「九つの巨人」の力を宿す者が、その力を継承
    することなく死んだ場合、それ以降に誕生する
    ユミルの民の赤子に、突如として継承されると
    あります。
    しかし、こうなってくると 壁外、壁内関係なく、
    「九つの巨人」の継承者がいる事になるのでは?
    例えば、ライ、ベル、アニたちも、壁内人だった
    可能性も出てくるのでは?

    それ以前にそもそも、「九つの巨人」の継承者か
    どうかを、どうやって見分けるのか??
    何か特徴を持って生まれてくるのか?
    「九つの巨人」の識別法とは何か、大きな謎が
    増えたと思います。
    (これもひとえに、「座標」を持つ者のみぞ知る
     ということでしょうか?)

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >進撃の巨人年表なんかが、意味を成さなくなってしまうのでは?
      出来事は時系列順なのだと思いますが、知識、記憶は時間を超えるようですね。
      これも巨人化能力者の能力なのかなと思いますが。

      >「九つの巨人」の継承者かどうかを、どうやって見分けるのか??
      怪我をしながらスプーンを取ろうとすると分かるのかなと(笑)
      いや、これはたしかに謎だと思われます。

      またよろしくです!


      管理人アース

    • 玉無しの巨人 より:

      ちょっとおぢゃましますぅ〜(๑•ૅㅁ•๑)

      『道』の設定が現れて尚更疑問が増えて来ましたね?
      ルールと言うか決まり事が
      ほぼ作者のさじ加減…?
      『道』は時間軸をも超えて繋がる?
      思い出せるとか、覚えて居ないとか、
      見てる側からぢゃわからないのは無理ないよねぇ…(*´◒`*)=3

  4. アールグレイ より:

    初コメです。アニメを見て原作に度はまりし、以来このサイトでアース団長を始めとした、皆さま方のすばらしい考察を見ていた者です。これからも進撃していって下さい!

    …と、挨拶はこのくらいで。ふと思ったことがあったのでコメントさせていただきます。伏線ではないと思いますが、既出だったらすみません。
    「炎の水」「氷の大地」「砂の雪原」についてです。資源を求めているという話を見てから、
    「炎の水」→温泉とか火山とかの地熱
    「氷の大地」→メタンガスや天然ガス
    「砂の雪原」→化石燃料
    なんてことはないでしょうか?
    壁内の北側はかなり寒いみたいですし、天然ガスとかありそうだなー、と。
    ただ、アルミンが発言したり考えたりしたことは今のところ正しいので、そうすると壁内に「氷の大地」があるのは矛盾してしまいますが…。

  5. 通りがかりのファン より:

    いつもありがとうございます。

    伏線ではないですが、気になっていることがあります。
    マーレ側はどのようにして、7つの巨人を手中に収めて管理し続けられているのでしょうか。脊髄液とした場合、新たなエルディア人に継承されなくなるのでしょうか。

  6. ミカン より:

    はじめましていつも楽しく拝見させていただいています。
    わたしは個人的に
    ユミル再登場はあると思ってるのですが、
    ニシンの字についての説明がされてないからです。

    あれはライナーがカマをかけていただけなのでしょうか

    • 管理人アース より:

      ミカンさん!

      コメントありがとうございます!

      その可能性はありますね。
      というか、管理人アースとしては現在公開されている情報からは、そのようにしか考えられないです(・_・;)
      再登場してそこを回収して欲しいですよね!
      ただ、ライナー側からの回収となるかもですが…

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. 敵国マーレの戦士で、巨人継承者の
    ライナー、ベルトルト、アニ、さらには
    ユミルが、どうやって調査兵団に入隊
    出来たのか?
    これが今も説かれていない、デカイ謎
    なのです。
    しかも彼らは、キースの“通過儀礼”を
    免除されているのです。

    これには、パラディー島の軍部が絡んだ
    大きなカラクリがあると、私は睨んでおり
    ます。
    来月号の予告では、彼らがパラディー島
    に 来た時の様子が描かれるようなので、
    非常に楽しみです。

    そして、マーレ編の最大のミステリーと
    いえば、“右腕の腕章の人物”です。
    これも 来月号の展開が、大変興味深い
    です。

    • 名無し より:

      横からすみません。ライナー達やユミルが調査兵団に入れた理由ですが、それはそもそも彼らがどのように訓練兵団に入れたか、というところが重要になると思います。そして、その部分のヒントは既に原作・アニメにて公開されています。ライナー・ベルトルトの正体が明かされるとき、ハンジが「戸籍の管理が雑」「戸籍はどれもいい加減で大ざっぱ」といった発言をしています。これは壁の破壊に伴う混乱により起こった事だとわかります。そして、アニの身辺調査一つで丸一日又は数日かかっている事を踏まえると、本当に扱いが雑だったこともわかります。つまり、ライナー達は予め用意さえしておけばある程度のごまかしくらい可能だったはずなのです。マリアは外の壁という事もあってかなり広い、そのうえ巨人により多くの人が喰われ生き残りが少ない。だから辺鄙な山奥に住んでいたことにしても、誰も違和感を持たない。そもそもその近辺にいた人々が喰われて死んでいてばばれないのです。
      また、キースの洗礼を受けなかったのはエレン・ミカサが受けなかったのと同じ。単純に面構えが違ったからだと思います。

  8. 馬来熊 より:

    マーレが7つの巨人を味方につけた経緯が気になりますね
    どうやってそそのかしたのか、
    もしくは大胆な説ですが、元々エルディア帝国なんて国はなかったのでは… とか

  9. メルか より:

    あんまり物語の本筋ではないけど、11巻で語られたアニとミカサの対人格闘の勝負の行方も気になるかな
    まぁ、アニ復活と同時に語られるんだろうけど

    • 管理人アース より:

      これはキース教官に止められ決着付かずと「諫山先生の一問一答」にて明らかになっています。
      なので、再戦待ちですね。


      管理人アース

  10. にわかハンジファン より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
    ミカサの謎についてひとつ思うことがあるので初めてコメントいたしました。

    私はミカサおよびその母方の東洋人の一族はフリッツ王家による記憶操作が効かないのは始祖の巨人(座標)に集約されるエルディア人の〈道〉とは別の〈道〉を持っているからではないかと思います。

    この作品のテーマ・キーワードとして「生命の起源」「世界の歴史」「選択(ありえない情景が描かれた表紙は別の選択がされた場合のIF世界だと考察しています)」というものが挙げられると思いますが、私はこれらの概念が総合的に〈道〉という言葉に表されていると考えています。

    ミヒャエル・エンデの『モモ』という作品にまったく時間の影響を受けない、「たとえ時が止まっても世界の果てまで歩くことができる」カシオペアというカメが出てきますが、東洋人の一族はまさにそのカメのようにエルディア人の〈道〉とはまったく影響しあわない独自の〈道〉を持っているのではないでしょうか。

    「紅蓮の弓矢」OPの冒頭でミカサが一人だけ振り返るシーンや、辛い情景を前に一人デジャヴを起こしているような頭痛のシーン(東洋人の〈道〉を通った記憶のせいでは?)、ミカサ母の「子孫にこの印を伝えなさい」という言葉はミカサが世界の歴史や時の流れを超越した存在であることを感じさせます。

    なによりミカサ自身がエルディア人が滅ぼうがこの世界が終わろうがカシオペアのように一人地の果てまで歩いていってしまいそうな想像ができるのでこんな考察をしてみました。長文失礼いたしました。

    • 管理人アース より:

      全く同じ考えで驚きました。
      コメントされている「ミカサが一人だけ振り返るシーン」「に一人デジャヴを起こしているような頭痛」「子孫にこの印を伝えなさい」「コミックス表紙」は全て考察記事にしていますが、全てそう感じさせます。

      良かったら他の記事見てください!


      管理人アース

  11. しんげきフレンズ より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見しています。

    勝手な妄想ですが、不戦の契りは9つの巨人に分かれたことではないかと思います。
    9つの巨人が1人に集約された時に、本来の力が発揮されるのではないかと。
    9つの巨人は人間の思想?基本的な性質?例えば本能、母性、攻撃性とかを表しているのかなーとか。九罪やエニアグラムも9だし、これはこじつけですが。

  12. メカタ より:

    管理人様、2回目の投稿になります

    ふと思ったんですが、ユミルは60年さまよった後に人間に戻ってますよね。つまり、巨人のうなじに60年間同化せずに人間の形のまま残っていたと言う事でしょうか?
    それを利用すればコールドスリープのように何百年も昔に無垢巨人になった者を知性巨人化すれば大昔の歴史も正確に判明すると思うとワクワクします。
    他にもしエレンが他の知性巨人を補食しまくった場合、その巨人達の形質を取り込んでいって最強の巨人になるのかなあと妄想しております。
    最後にエレンは始祖巨人の記憶からレイス側の記憶は思い出して無いですよね?
    いつか思い出したら不戦の契り辺りの謎が判明しますね

  13. ウッソだろお前 より:

    はじめまして、初投稿になるので文章が滅茶苦茶になるかもしれないので悪しからず

    漫画を読み返して最近ふと思いついたのですが、エルディア人等の『エルディア』はギリシャ語の理想郷を意味するアルカディアが由来なのではないでしょうか。
    マーレ在住のエルディア人が嫌う楽園送りも関連性が有ると思いますし、今現在あるアルカディア県の風景もパラディ島の風景と酷似しています。

コメントを残す

このページの先頭へ