リヴァイが巨人化するか検証!

「ユミルの民の意味を考察!」を追加しました!

第70話「いつか見た夢」にて、リヴァイが巨人化の注射をエルヴィンより託されました。

これは、リヴァイが巨人化するフラグでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link


◆ケニーが巨人化しなかった場面を検証!

img_15_m
「進撃の巨人」第69話「友人」より


もともと、この巨人化の注射は第69話「友人」にて、リヴァイがケニーから託されたものでした。

このシーンを振り返ってみましょう。

リヴァイがケニーを見つけた時には、大やけどと大量出血により、ケニーは「もう助からない」状態でした。

そうリヴァイが言うと、ケニーは「いいや?どうかな…」と言って出して来たのが、この巨人化注射でした。

ケニーが言うとおり、注射を使えばひとまずは延命出来るはずですが、ケニーは射ちませんでした。

なぜ巨人化しなかったのかは「ちゃんとお注射打たねぇと…あいつみてぇな出来損ないに…なっちまいそうだしなぁ…」とケニーが言っていますが、もちろんそうではないはずです。

その理由は明確にはされませんでしたが、おそらくは「自分の目的、夢が叶ったから」巨人化してまで延命する必要を感じなかったからだと思われます。

では、リヴァイはいざとなったら巨人化注射を使うでしょうか?

Sponsored Link


◆リヴァイが巨人化するかを検証!

第30話「敗者達」
「進撃の巨人」第30話「敗者達」より


他サイトにてリヴァイが巨人化するのかをテーマにしているところを、チラホラと見ましたが、「リヴァイが巨人化して3m級だったら笑える」などの妄想であり考察ではありませんでしたので、参考にはなりませんでした(笑)

今後の展開でリヴァイが巨人化することはありえるでしょうか?

ひとつ考えられるのはリヴァイが巨人化して無知性巨人のままでいるという展開は無い、と言う事です。

リヴァイを無知性巨人にしたら、さすがにファンが黙っていないでしょうし、それはさすがに作者もしないと思われます(笑)

では、リヴァイが巨人化して巨人化能力を有している者を喰うという展開はあるでしょうか?

もしあるのなら、現在の状況ではエレンかアニを喰うしかありませんね。

アニを喰うことは今の段階では無理です。

では、リヴァイが巨人化してエレンを喰う、という展開が今後あるのでしょうか?

それとも今後、ライナー、ベルトルト、獣の巨人の正体を喰うという展開があるのでしょうか?

このあたりは未知数です。

ただ、リヴァイが巨人化したらどうなるでしょう?

エレンが巨人化した後にも覚えていた格闘術を使う場面から、もともとの身体能力が反映されることが分かっています。

ただでさえ「人類最強の男」が巨人化したら「完全無敵」になるのではないでしょうか?(―_―;)

女型の巨人と戦った動きをリヴァイが巨人化してやったら…すごいシーンが見られそうです!(*^_^*)

そう考えると、「リヴァイが巨人化するとしたら」最強の相手である「獣の巨人と対峙した時」ではないか思われますね。

リヴァイが巨人化注射を射たなければならないくらい追い込まれるのは、獣の巨人が相手ならありえますし、巨人化したリヴァイなら「獣の巨人」と勝負が出来そうです!

そんなシーンが、いつか見られるのかもしれませんね!(^O^)!

◆「ユミルの民」の意味を考察!リヴァイは巨人化できるのか検証!

2017-06-06_052614
「進撃の巨人」第86話「あの日より


ここまでは、2年前の6月に書いた記事となっています。

この時にはケニーもリヴァイも巨人化注射を使用すれば巨人化が可能だと考えていた時期であり、非常に懐かしく感じます。

最新話94話まで進んだ現在となっては、巨人化できるのはエルディア人だけであり、アッカーマン一族の末裔であるケニーは、巨人化注射を使用していたとしても巨人化できなかったであろうという事が予想できます。

ただ、この記事のタイトルである「リヴァイが巨人化するか」はどうでしょうか?

2年前の考察は「リヴァイが巨人化する展開はあるのか、あるならば…」というテーマでしたが、実際にリヴァイが巨人化注射を打ったらどうなのでしょうか?

巨人化するのでしょうか?

ケニーがアッカーマン一族であるため巨人化が無理というなら、リヴァイもそうなのでしょうか?

リヴァイがアッカーマン一族の血を引くのは母クシェルがケニーの妹であり、アッカーマン一族だからです。

父親は分かっていませんが、王都地下の娼館で働いていたクシェルが客の子を身籠ってという事から、父親は王都の住人であろうと察せられます。

もしこの王都の住人である、リヴァイの父親がエルディア人だったらどうでしょう?

リヴァイはアッカーマン一族とエルディア人のハーフ、ということになります。

その場合、巨人化は可能なのでしょうか?

ここで気になるのは「ユミルの民」という言葉の定義です。

作中ではエルディア人と同じ意味のように使用されているように感じられますが、ここでのハンジは【エルディア国の中でも「巨人になれる特殊な人種」ユミルの民】と説明しています。
2017-06-06_052634
「進撃の巨人」第89話「会議」より


このハンジの説明ですと、「エルディア人=ユミルの民」ではなく、エルディア人の中の一部、特殊な人間がユミルの民という事になり、「エルディア人>ユミルの民」という意味なります。

そして、そのユミルの民が巨人化が可能という事になりそうですね。

では、この「エルディア人の一部であり、特殊な人種」というのは、どのような人を指すのでしょうか?

いろいろ考えられますが、管理人アースは「純血のエルディア人」かなと考えています。

グリシャやグリシャ父がいるマーレ国内のエルディア人収容区には、純血であるエルディア人のみを収容しているのではないでしょうか?

となると、マーレ国内で収容されているエルディア人は、全てユミルの民ということになります。

そこからグリシャは純血なエルディア人であり、ユミルの民となりますね。

そしてカルラは純血なエルディア人だったのでしょう。

もしかしたら、グリシャはカルラが純血なエルディア人だったことを調べてから、結婚したかもしれませんね。
2015-07-09_010046
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


ここから、エレンが「ユミルの民」であることが分かります。

しかし、リヴァイは父親がユミルの民である可能性はありますが、母クシェルはアッカーマン一族であるため、ユミルの民ではないということになります。

ここから、管理人アースはリヴァイは巨人化できない、と考察します!

今回は、「ユミルの民は純血のエルディア人」であり「リヴァイは巨人化できない」と考察しました!

作中で答え合わせができる展開が起こるかは分かりませんが、当たってたら嬉しいです!(*^^*)

と、ここまでが6月6日に書きあげたものでした。

公開するのは9日以降になると思われ、「94話まで進んだ現在」と書いていますが、実際は94話が明らかになる前の6日に書いていました。

まさか、この考察を覆すような内容の展開が起こるとは!!!(;´Д`)

94話を読んだであろう方は分かると思いますが…

そうです!

ライナーの父親です!
2017-06-08_041007
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


今回94話にてライナーの父親がマーレ人であるということが判明しました。

そして、ライナーは鎧の巨人を継承しており、巨人化できる存在となっています。

となると、ここまでの「ユミルの民=純血のエルディア人」であり「リヴァイは巨人化できない」という考察は、全て崩れることになります!_| ̄|○

ただ、コメントでもいくつかいただきましたが、ライナーの父親がフクロウ=クルーガーのようにマーレ人に扮したエルディア人であれば、この考察は生きていることになります。

なのでこの記事の考察は、まだ完全に否定された訳ではないです!\(^o^)/

ユミルの民が純血のエルディア人であり、リヴァイは巨人化できないのか…

今後の展開に要注目ですね!(^^)

【進撃の巨人のネタバレ70話の確定まとめ!画バレから内容を考察!】
【エルヴィンの腕は再生するのか検証!巨人化する?】


Sponsored Link

24 Responses to “リヴァイが巨人化するか検証!”

  1. ごまだれ より:

    こんばんは!
    少し考察を。
    悔いなき選択にてリヴァイは訓練兵ではないことが明かされましたが、引っかかるのはなぜ立体起動装置を持っていたかです。
    まず立体起動装置はアニが巨人のビーンなどを切った時、立体起動装置は◯月◯日点検・・・など厳重に管理されていたので訓練兵から取るのは難しいかと。
    そしてわざわざ壁外に出ても犬死するだけです。ましてやリヴァイだけでなくファーランやイザベルも持っていたため3人も兵士は暗殺できないかと(ーー;)
    だとしたら死んだ兵士からか、と思いましたが陥落していない地域に兵士の死体があるわけでもなく・・・マリア陥落の時でも巨人の巣になっているので無理だと。
    そこでまた引っかかったのがベルが巨人の時兵士を食って立体起動を奪っていました。この事からリヴァイは知性巨人じゃないかと考察しました。ついこの前まで没考察だと思っていましたがこの考察やシキシマがタイミング良くあんな風になると(笑)没じゃ無い気もしてきました。
    長々とすみませんでした。
    また考察楽しみにしてます^ ^

  2. 馬来熊 より:

    リヴァイが知性巨人化するなら
    エルヴィンに誓った通り獣の巨人を討ち取って奪う
    しかしその際ジークの記憶とともに、本当に目指していたことを受け継いで……
    という展開だったら燃えるものを感じますね

  3. 秘密結社 おしなり より:

    いつも考察楽しく見させてもらっています。

    衝撃の真実(予想)

    ライナーの父親は「エレン・クルーガー」ではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      その考察記事を、まさに明日公開しますのでよろしくです!


      管理人アース

  4. プリン より:

    お疲れ様です。
    ほんと3m級だったら笑いますw
    リヴァイが巨人化能力持ちになるのなら、やはり獣の巨人を撃ち破り手にいれるのでしょうか…エルヴィンとの最後の約束でしたし…

    もしくは判明していないもう一体を手に入れることですかね。
    もう一体はどこにいるんでしょうかねw
    個人的には行方不明になってるからここまで出てこないんじゃないかな?と考えます。
    候補生はちゃんと七人居たわけですし…
    どこぞに赤子継承した形で
    まだ見つかってないか成長を
    待っているのか…

    • 管理人アース より:

      管理人アースはもう7つ目の一体が、進撃だと思っています。
      その展開が起こるのが楽しみですよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. ファースト・ライナー より:

    ●前提
    注射を射って巨人化できるのがエルディア人の中でも特殊な人種「ユミルの民」に限定される

    ●前提への疑問
    マーレ支配において差別対象がエルディア人全体である。その中で「ユミルの民」が分別管理されている記述がほとんどない。
    「楽園」送りにする場合や戦士候補生を選ぶ場合、「ユミルの民」であるかの確認はどのように行われるのか?

    ●仮説
    ・「ユミルの民」は純血のエルディア人
    ・パラディ島内にいる壁内人類のうち知性巨人になれる人間(ユミルの民)となれない人間がいる

    ●仮説への疑問
    ウォール・マリア奪還作戦に先立ち「知性巨人を捕獲したら、瀕死の兵士に注射を射ち、その無知性巨人に捕らえた知性巨人を捕食させ、巨人の力を奪え」という指示が調査兵団全体に通達されていた。
    仮説が正しければ「アルミンが知性巨人化できたのは、運よくユミルの民(純血のエルディア人)だったから(エルヴィンやサシャや他の兵士だったら知性巨人化できなかったかもしれない)」となり、ドラマ性が崩れる。

    従って、アッカーマン一族、東洋の一族など特殊な限定があるキャラ以外は、壁内人類は全てユミルの民であるはず、と考えます。

    • 管理人アース より:

      そうなりますよね。
      なので、ライナーの父親がマーレ人でもユミルの民であり巨人化は可能ということになりますよね。
      そうなると、ハンジが言った「特殊な人種」というのがどうも違和感を覚えますが…

      またよろしくです!


      管理人アース

  6. レイ より:

    リヴァイ3m級説に一瞬吹き出しましたよ…

    でも、そのサイズなら立体機動が使える、ある意味最強の巨人が誕生しますね(笑)
    工場都市の皆さん、是非とも装置の大型化を!

    • 管理人アース より:

      (笑)
      たしかに巨人で立体機動が使用できたら最強ですね!
      リヴァイですし!

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. 沈撃のニシン より:

     ライナーの父親=クルーガーという考察をかなりの方がされているようですね。

     クルーガーが進撃をグリシャに承継して死んだのが832年(850年から18年前)ですから、ちょっと年代的に厳しいかなと思っていたのですが、ライナーのプロフィールをみると、ライナーは850年当時17歳のようですね(私はライナーもエレンたちと同い年だと思い込んでいました)。そうすると、ライナー父=クルーガーもぎりぎりあり得そうです。
     少なくとも可能性としては消せないという感じでしょうか。

    • 管理人アース より:

      ですね!
      明日「ライナーの父がマーレ人からの展開を予想!」という記事を公開するので、また見てください!
      よろしくです!


      管理人アース

  8. SINYA-F より:

    「純潔のエルディア人」って、どの範囲までが「純潔」なのでしょうか。極端な話、長ーい歴史のなかでマーレ人とエルディア人がきっちり分かれたまんまでその……それぞれ子作りしてたわけじゃないだろうし、マーレの血がいっさい入っていないエルディア人なんてほぼいない。民族浄化の話が真実とか以前のことです。エルディア人が物語現在のように迫害されるようになってからはマーレとエルディアのハーフなんてめずらしいでしょうが(ライナーのように……父親が隠れエルディア人の可能性もあるけど置いといて)、一滴も他の血が混じらないエルディア人なんかいるわけがない。

    それなのに『楽園送り』の処刑を見ると、連行された人たちは当たり前に全員、無知性巨人になってるんですよね。今まで「ありゃ、こいつは巨人に変身しねえや」なんてことがあったら、少しは描写されるんじゃないでしょうか。グリシャと一緒に連行された仲間のなかにだって1人や2人。そう考えると、私は少なくとも「エルディア人の母親の腹から産まれた」人間は巨人化体質を持っている『ユミルの民』だと思えるのです。

    で、楽園送りの場面じゃないだろうけど「ありゃ、こいつは巨人に変身しねえや」なんて言われながら誕生したのがアッカーマンでしょう。リヴァイの母はアッカーマン、父親がエルディア人なら巨人化の素質ありということになりますが、私はリヴァイの巨人化はないと思います。あの小さな身体で巨人を殺戮しまくる人類の誇り、それがリヴァイのキャラだと考えられるからです。獣の巨人を瀕死に追い詰めたときのリヴァイこそ、この作品の輝きのひとつだという気がするので。

    • 管理人アース より:

      よくわかります。
      となると、ライナー父は伏線ではなくミスリードですかね?
      どんな意味があってのマーレ人父だったのか?

      またよろしくです!



      管理人アース

  9. 進撃の初老 より:

    連日の更新、お疲れ様です。毎日楽しみにしています。”民族浄化”ってのは男は皆殺し、女はさらって子供を産ませてその民族の文化、宗教、言語を奪うってやつですよね。その観点からすると1700年の”民族浄化”の結果、エルディア人でマーレ人の血が混じっているのは元々大量に存在していることになります。あとグリシャとクルーガーの会話で”血液検査”という言葉がありましたので、血液検査で巨人化できる遺伝子を持ったやつはバレてマーレ人の社会にいた人間も収容所送りになるのでは?あとクルーガーの他にもマーレ人のふりをしたエルディア人はたくさんいると思いますので、ライナーぱぱをむりやりクルーガーにしなくても話は成立するような気がします。

    • 管理人アース より:

      クルーガーは1700年間民族浄化が実際に行っていたら髪の毛一本無いだろうと言っていたので、それは嘘の歴史である可能性が高いですね。

      ただ、血液検査はなるほどですね。
      それはあるかもです。

      またよろしくです!


      管理人アース

  10. セカンド・ライナー より:

    アルミンは、知性巨人になれるという意味では壁内人類の中で特別ではない、と思いますが、アルレルト家は記憶改竄が十分に及んでいない特別な家なのではないかと思います。
    ・「おじいさんが隠していた書物」という伏線
    ・キース教官の「バカみてぇな名前だな」

    • 管理人アース より:

      その可能性はずっと言われていますね。
      ただ、そのような展開が来るのかどうか・・・
      ちょっと分かりませんね。

      またよろしくです!


      管理人アース

  11. マルロとヒッチの息子 より:

    リヴァイが巨人化したら巨大立体機動装置作らなきゃですね。

    • 管理人アース より:

      ハンジならやってくれますよ!(笑)

      またよろしくです!


      管理人アース

  12. 進撃のおかん より:

    連日の更新おつかれさまです&ありがとうございます!
    数ヶ月前に通りすがりでこちらのサイトに訪問しましたが、アース様の考察のおかげでさらに進撃の巨人が好きになり、こちらのサイトも毎日見るようになりました。
    アース様の考察記事ももちろんすばらしいですが、コメント欄のみなさまの考察もすばらしい!
    毎日コメント欄までじっくり読ませていただいております♡


    考察拝読して思ったのですが、壁内で流行した「伝染病」。
    これって、グリシャが持ち込んだのでは?
    純潔のエルディア人(SINYA-Fさんが上で指摘されてるような、純潔に近い濃度のエルディア人も含む)しか感染しない病気で、壁内人類の状況を調査したのかな、と。

    過去にアース様が考察された「グリシャが治した20年前の伝染病って何?」という記事で、
    『この伝染病は巨人化に繋がるような病気では?』と考察され、考察は外れたと結論づけておられましたが、それを掘りかえします笑
    単なる流行り病ではなく、「巨人化”できる”人間にしか感染しない伝染病」という考えです。

    ・壁に守られた壁内で、今まで存在しなかった病気が、グリシャの壁内侵入後に発生
    ・グリシャがワクチン?治療法?を見つける
    ・病気にかかる人とかからない人がいる
    ・その後、グリシャの地位や信頼度が急激に向上する

    ウイルスとワクチンを両方用意して壁内に侵入したのか、意図せず感染源になってしまい、自分の血液から抗体を作ったのかは不明ですが、レベリオ収容区内に存在した、エルディア人にしか感染しない「呪われた病気」みたいなものがあってもおかしくないかなと思います。(グリシャはワクチン摂取または過去に感染して抗体ができてたので壁内で感染せず)

    自分でウイルス&ワクチンを持ち込んでたら相当ゲスいですが、私はこの可能性を推します。
    エレンにエレンと名付けたということが発覚した今、グリシャは相当ゲスな人間と(私の中で)認定されています。

    エレンのことを「カルラとの愛の結晶」ではなく(もちろん親としての情愛はあったでしょうが)、我が子の名を呼ぶたびにクルーガー、エルディア人、マーレ人、そしてジーク、ダイナのことを思い出したに違いありません。
    クルーガーに壁内で「家族を持て」と言われたから子供を作ったのでしょう。
    結婚し、子供が生まれてもこのような冷徹さなのですから、壁内侵入時に病原菌を意図的にばらまくなんて朝飯前でしょう。

    偶然病気が流行って、偶然グリシャが医者で治療法見つけて、、てちょっと都合よすぎですよね。

    記事の本題とズレまくりなことを長文でダラダラと書いてすみません;

    • 管理人アース より:

      たしかにこの時のグリシャは怪しいですよね。
      もともとここでカルラがレイス家血統だと調べたのでは、という「カルラ・レイス説」もありましたし、今ではカルラが「ユミルの民」であることをこの時調べて結婚したのかなとか…
      まだ何を持って「ユミルの民」なのかは分かっていませんが、そんなゲスいグリシャを妄想してしまいます(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  13. SINYA-F より:

    進撃のおかん様、横槍で失礼します。

    グリシャがゲスい(笑)というのはあまり信じたくないにしても、そもそも家族やら小さな幸せやらよりも大きなものを見据えて生きてきたことは明白ですよね。カルラは「人より優れていなくたって……」という考え方の女性なのに、ある意味不幸な組み合わせの夫婦です。

    あの伝染病の話が、グリシャの有能を際立たせるためだけのものでないのは間違いないでしょう。ただ私は、完全な自作自演ではなく、巨人化の薬を自作しようとしたら過失で菌が洩れてしまった、とかいう事情だと思いたいところです。カルラの感染を知った際のグリシャの狼狽は本物だったし。

    もともと『ユミルの民』って……遺伝子操作で作られたミュータントでしょ、たぶん。だからある種の病原菌と科学的に反応してしまって病気が発症する、というのはスッキリ納得できますね。巨人化体質の人間にだけ感染する類の病というのは、まさにおっしゃるとおりだと思います。

    グリシャの愛情がどの程度のものだったか……少なくともカルラやエレンを単なるエルディア復権のための道具としては見ていなかったことは信じたいものですね。初期のエピソードですが、エレンとミカサの初対面の前、グリシャが「同い年だから仲良くしなさい」と言ったらエレンが「相手の出方次第だな」と応じた場面がありましたよね。そこでグリシャは「そんなふうだからおまえには親友がひとりしかいないんだ」と呆れる。私はこれ、グリシャっていいお父さんだなと思いました。息子の性格的欠陥を憂慮しながら、そんな息子にアルミンという親友がいることをきちんと理解している。もちろん知っていること自体は当たり前なのですが、意地悪な親だったら「だからおまえには友達がいないんだ」という言い方をしますよね。「親友」という言葉を使い、アルミンの存在を当たり前に頭に思い浮かべている……これは少なくとも、自分の子供と誠実に向き合っている親の姿勢だと思います。

    ミカサを引き取った様子も「仕方なく」ではなくそうするのが当然という態度に見えたし。でもこれ、何かのきっかけでミカサがアッカーマンだと知っていて、エレンを守らせるために関係を強化する意図があったとかだったら最悪ですね(笑)

    • 進撃のおかん より:

      SINYA-F様
      横槍なんてとんでもないです!!嬉しいです♪

      > カルラは「人より優れていなくたって……」という考え方の女性なのに
      ああ。本当に、そうですね。
      単に母親の無償の愛の台詞として受け取ってました。が、父親グリシャとのギャップをふまえるとさらに深みが増しますね…。

      > もともと『ユミルの民』って……遺伝子操作で作られたミュータントでしょ、たぶん。
      しっくりきました。注射液がどんなにスゴイものだとしても、注射1本で巨人になるって…?という部分が補えますよね。

      > 初期のエピソードですが、エレンとミカサの初対面の前…
      そうなんです。。グリシャってすごくいいお父さんなんです。
      でも、これって家族として過ごしたことで父性が目覚めて(カルラの愛が勝った!?)初期の良い父親グリシャになったのであって、やはり壁内進入後しばらくはゲス男だったのでは。
      エレンと名付けたのがどうしても納得?できません。

      父性に目覚めた時期は分かりませんが、
      少なくともグリシャノートを書いたのは壁内進入後で、「ジークへの洗脳行為が罪深い行為だった」と自分の行為を悔いる気持ちが芽生えたのは、カルラやエレンのおかげだと思います。

      そんな、グリシャ=悪い男説を推す私でも↓

      > ミカサがアッカーマンだと知っていて、エレンを守らせるために関係を強化する意図があったとかだったら最悪ですね(笑)

      この説、グリシャが黒すぎて震えます(笑)
      ここまでの黒さは求めてないですww
      しかも、アッカーマンなのは知ってるでしょう。たしか訪問診療でしたっけ?ゾワッとしました笑

      長文すみません!

コメントを残す

このページの先頭へ