ヒストリア死亡の真相は?

「ヒストリアの展開予想!」を追加更新しました!


第69話「友人」にてヒストリアは女王に即位しました。

これから調査兵団はヒストリア女王のバックアップを得て人類の未来の為に動いていくと思われますが、役割を終えた登場人物は死亡していく「進撃の巨人」で、ヒストリアも死亡する可能性はあるのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link


◆ヒストリア女王の死亡する可能性を検証!

141108_01
「進撃の巨人」第63話「鎖」より


エルヴィン団長発案によりヒストリアは女王に即位しました。

調査兵団のバックアップをすることが、これからのヒストリアの役割になるでしょう。

ということは、巨人駆逐が終わるまではヒストリア女王の役割は終えることがありません。

このように見ると、ヒストリアの死亡する可能性は無いと思われます。

しかしそれはヒストリアが代替不可能な存在とした場合です。

真の王家であるレイス家の血筋が「ヒストリアのみ」だと代替不可能ですが本当にそうなのでしょうか?

もしヒストリア以外にレイス家の血を引く者が他に存在すればヒストリアは代替可能になり、死亡する可能性が出て来ます。

検証してみましょう!


◆ヒストリア以外のレイス家血筋を検証!

cats
「進撃の巨人」第63話「鎖」、第50話「叫び」、第64話「歓迎会」より


レイス家長女フリーダとエレンの母親カルラの顔は本当に似ていますし、エレンとフリーダの顔も良く似ています。

そのため以前から「カルラ・レイス説」があります。

実際に、もしエレン母カルラがレイス家の血を引いているのならエレンもレイス家の血筋になり、ヒストリアの代替可能な存在となります。

そうなると、ヒストリアが死亡する可能性が出てくることになりますね。

それだけではなく、エレンがレイス家血筋だとするといろいろな展開が考えられます。

ひとつはレイス家血筋しか不可能と言われた、「座標の力」「巨人の力」の発動が可能になることです。

Sponsored Link


これによりエレンは「巨人の頂点」に君臨できることになります。

さらにフリーダが持っていた失われた人類の歴史も復活し、記憶改ざんの力も発揮できる事になります。

一気に物語の多くの謎が明かされることになりますね。

この「カルラ・レイス説」が正しい場合、ヒストリアの死亡する可能性だけでなく物語自体の多くの謎が明かされる可能性も高くなります。

ただ「カルラ・レイス説」がありえるかどうかとなると、難しいところです。

レイス家血筋なら、なぜシガンシナ区のような危険な場所に住んでいたのか?

もっと良い暮らしをしていなければおかしいだろう、など色々な疑問点があります。

ですので「カルラ・レイス説」はまだまだ検証の余地がありますね。

今のところヒストリアは代替不可能な存在で役割もあります。

ヒストリアの死亡する可能性は低いでしょう!

これからのヒストリアの活躍もまだまだ見られるようです!(^O^)!

◆ヒストリアは真の王家血統ではない!ヒストリアの展開予想!

2017-05-29_105620
「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より


ここまでは2年前の5月に書いた記事となっており、非常に懐かしく読みました。

カルラ・レイス説はダイナが登場したことにより、現在ではかなり可能性は低くなっていると思われます。

その必要性がなくなったように感じられますね。

そしてこの当時、何の疑いもなく「レイス家=真の王家」と考えている事自体が懐かしいです。

この辺りはレイス巨人は存在するのか検証!にて考察しているので見てみてください!

ザックリと言うと現在の管理人アースは、レイス家とフリッツ家は別であり、レイス家は真の王家ではないのでは?と考えているという考察です。

そこ考察からは、「不戦の契り」とはレイス家がフリッツ巨人を捕食し奪い、始祖の巨人を手に入れたのですがフリッツ王家血統ではないために座標を発動できなかった状態の事を指しているのではという考察にも繋がります。

現在のこの考察から2年前の記事を踏まえると、ヒストリアは王家血統ではないために、代替可能になりますよね。

真の王家であるフリッツ家の血統を継承しているのはジークであり、その意味ではヒストリアの王家血統という役割は無くなることになります。

となると、ヒストリアの役割はどうなるのでしょうか?

管理人アースはレイス家とは始祖の巨人とは別で、9つの巨人の一体を継承していた家系なのではと考察しています。

その能力は「記憶の改ざん」であり、レイス家の血統者がその巨人を継承すると発揮できるという能力なのではと考えています。

そのため、始祖の巨人と共にレイス家巨人も取り入れられているエレンがヒストリアと接触すると、グリシャの記憶を思い出すという展開が起こるのではと思われます。

ここから、ヒストリアにはエレンと接触すると、以前の継承者の記憶を思い出す事ができ、さらに改ざんされた記憶を思い出させたりも出来るのではと察せられます。

ここで気になるのは、ユミルを捕食して顎巨人を継承したガリアードです。
2017-05-08_041510
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


彼の中にはユミルの記憶が存在しており、ガリアードは少しづつ思い出しているようです。

そんなガリアードが、エレンと接触している状態のヒストリアと邂逅したらどうなるでしょうか?

レイス巨人の能力が発動し、ガリアードの中にあるユミルの記憶が一気にフラッシュバックするのではないでしょうか?

それとともに、目の前にいるヒストリアから、ユミルが持っていたヒストリアに対する思いも…

そんなガリアードから、未だ明らかになっていないユミルの過去、さらにそこからヒストリア女王に与するという展開が…起きたら良いなと希望しています(笑)

ここまで来ると考察や予想というには、あまりにも甘い展開かなと思います。

しかし、ヒストリアには9つ目の巨人の継承家の血統者としての役割があるのではないか、と管理人アースは考えています。

そこには例えばベルトルトの記憶を思い出させる為にアルミンに発動させたりと役割はいろいろ考えられますし、いっぽうで壁内の記憶を改ざんし、忘れさせられた「壁内人類の罪」「悪魔の末裔とされる壁内人類の過去」の罪を背負う立場となる展開もあるのではとも思います。

その過去にはレイス家が行った、非道な事実があるかもしれません。

それが明らかになった時、ヒストリアは女王ではなく壁内人類からは「悪魔の末裔」とされるかも、とも予想できます。

もしかしたら、それがヒストリアの最後の役割かもですね!

その時のヒストリアを支えるのがガリアード…という展開だったら面白いな、と思う管理人アースでした!(笑)

【アニが死亡の真相!】
【エレンが死亡の真相!】
【ミカサが死亡の真相!】


Sponsored Link

9 Responses to “ヒストリア死亡の真相は?”

  1. ヒストリアについて、書きたい事は
    色々あるのですが、何しろ最新話の
    あの画像で 情報が錯綜状態です。

    あの画像は 明らかにニセモノですが、
    しかし、もしあれと似たような情況が
    生まれていたら…
    先月以上の激震が走ることは、間違い
    ありません。
    早く真相を 公表してほしいものです。

  2. 玉無しの巨人 より:

    確かにガリアード頼み…

    アニメ35話の暴露から、ユミルの謎はやはり説かれたとゆう事ですね……

    ユミルに関してはガリアードの記憶からしかないのですね……

    ユミルの容姿の変更等、謎の改変?があったのか?後々にでも聞けたらいいですね……( ̄▽ ̄)

    • 管理人アース より:

      ガリアードとヒストリアの展開は楽しみですよ!
      ぜひ登場して欲しいです!

      またよろしくです!


      管理人アース

  3. 沈撃のニシン より:

    アース団長 更新お疲れ様です。
     ヒストリアがフリッツ血統かどうかは、今後の物語の展開収束に大きく影響を与えそうですね。
     私も、ヒストリアはフリッツ血統ではなく(フリッツ≠レイス)、始祖の座標を稼働することはできないと思います。不戦の契りも、アース団長とほぼ同じですが、要するに壁内のフリッツ血統を断絶し、非フリッツ血統のレイス家(元レンズ家?)に始祖を承継させることによって、始祖の座標を封印したことを指すのだと考えています。
     ただ、レイス巨人(個人的にはレンズ巨人なんですが)の能力は、「記憶の改ざん」にとどまらず、全エルディア人の記憶・知識の承継・集積に及ぶのではないかと妄想してます(いわば知の巨人)。64話でのロッドの言葉が主な根拠ですが、進撃の世界観では、記憶・知識と意思・選択が意図的に使い分けられており、巨人の意思を操る始祖と記憶を操るレイス(レンズ)巨人という構図(両巨人とも他の知性巨人と異なる特別の巨人)もありえるかなあ、と思ってます。
     記憶の改ざんも、もちろんレイス巨人の力の一部ですが、それには座標の一部行使が不可欠のように思われますから、レイス巨人の真価を発揮するのにレイス家(元レンズ家?)の血が必要という話とも整合しますし、知性巨人承継者の記憶承継が断片的なのも、レイス巨人が現状力を眠らせているためとも考えられます。

     けどそうなると、ヒストリア死亡によりエレンの中のレイス巨人が発動して世界の謎が明かされる、みたいな展開が予想されるので、そりゃそれで嫌かもです笑。

  4. 沈撃のニシン より:

    例によって連投すみません。

     145代フリッツ王と初代レイス王の関係ですが、私は同一人物だと思っています。
     三重の壁が出来たのが850年から107年前、調査兵団が850年に104期修了(期間3年)ということですから、記憶の改ざんは壁が出来た直後に行われたはずです。他方で、クルーガーやダイナは壁を作ったのは145代フリッツだと明言していますし、ロッドはレイス領内の地下礼拝堂を作ったのも壁を作ったのと同じ巨人だと言っています(つまり記憶改ざん後に145代フリッツがレイス家当主に収まった後も145代は健在)。
     そうすると、記憶の改ざんはフリッツ巨人とレイス巨人が協力して行ったか、前者が後者を操って(あるいは前者が後者を捕食して)行ったと考えた方が自然です。後者が前者を捕食して始祖を奪ったとすると、フリーダがグリシャに負けたのと同じ矛盾が生じますし、むしろ、記憶の改ざん後に、145代フリッツ(=初代レイス王)が自らをレイス巨人ないしレイス家の血を引く者に捕食承継させたと考えた方が良いのではないでしょうか。

     あと、845年とか850年とかいうのは、壁内にもマーレにも年号はないようですから、やっぱ前のループからの年数でしょうかね?

     思いつきを長文で書き連ねてすみません。読み飛ばしてもらっても結構です。

     最後になりますけど、そろそろパラディ島の現状について、アース団長の予想がみたいです。更新楽しみにしてます。

    • 管理人アース より:

      パラディ島の予想は今行ったら完全妄想になるので( ̄▽ ̄;)

      もう少し情報が入ったらやりたいですにね。

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. テリー より:

    カルラがレイス血統という話は肯定派です。
    どうして一般人として生活しているかというと確かに不自然ですが
    メタ的な解釈で言えば作者の意向で整合性がとれる範疇の不自然さです。

    「こういった偶然が重なって」あるいは「こういった人為的な工作があった」という説明があれば納得がいく範疇かなと思えます。

    • 管理人アース より:

      そうですね。
      ただ、現在管理人アースはレイス≠フリッツと考えているので、カルラがレイス家血統であるメリットがあまり感じられなくなっています。
      そしてヒストリアの存在も大きいですね。

      今後のヒストリア関連の展開は要注目ですね!
      またよろしくです!


      管理人アース

沈撃のニシン にコメントする

このページの先頭へ