【進撃!巨人高校】ネタバレ「となりのマーレ学園」あらすじ感想まとめ!

累計230万部を誇るスピンオフ作品「進撃!巨人中学校」の続編「進撃!巨人高校」が別冊マガジン7月号にて掲載されました!

巻頭カラーにて一挙2話掲載されるという驚きの登場となりましたが、いったいどのような内容だったのでしょうか?

読み終わると、やはり「巨人中学校」と同じ「腹を抱えて笑わざるを得ないクオリティー」となっていました!(笑)

それでは「巨人高校」見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「進撃!巨人中学校」続編「巨人高校」とは?

2018-07-01_160026
「別冊マガジン」7月号より


今回登場した「巨人高校」は、「進撃!巨人中学校」の短期続編となっています。

「進撃!巨人中学校」は「進撃の巨人」のスピンオフ作品で、数ある「進撃の巨人」スピンオフ作品の中でも最古参となっています。

「進撃の巨人」のパロディ作品でありコメディー作品となっています。

「進撃の巨人」の登場人物がクラスメートや教師として登場し、さらに巨人も先輩としても登場し、主人公エレンは本編と同じく巨人を駆逐することを目的とし、数々のトラブルを起こします。

今回の「巨人高校」はその続編となり、進学したエレン達の高校が舞台となります。

「進撃!巨人中学校」の内容は、全話考察まとめ!の下の方に「アニメ進撃巨人中学校まとめ」があります。

興味のある方は見てみてください!

◆「巨人高校~青春!となりのマーレ学園~」あらすじ!

2018-07-01_155951
「進撃!巨人高校」より


春ー

エレン、ミカサ、アルミン達104期生が中学校を卒業する場面から始まります。

エレンは泣きじゃくりながら、「同じ高校行くって約束しただろうが」とライナー、ベルトルト、アニ達に叫びます。

どうやらライナー達はエレン達とは違う高校に行くようです。

エレンはミカサ、アルミンと一緒に「巨人がいない進撃高等学校」に進学し、ライナー達と別々になりながらも巨人と別れられる事を喜んでいました。

しかし高校に入り、日々を送っていく内に魂が抜けたようにエレンは無気力になっていきます
2018-07-01_160048
「進撃!巨人高校」より


「巨人を駆逐する」という人生唯一の目的を失い、完全に生きる屍となっていきます。

そんなエレンを見かねて、ミカサは「エレンの新しい生きがい」を探す行動に出ます!
2018-07-01_160116
「進撃!巨人高校」より


学校を抜け出したミカサはエレンを連れてファミレスに行きます。

そこでエレンの大好物であるチーズハンバーグを勧め、気力を起こさせようとします。

しかしエレンは巨人を駆逐するキッカケである「チーズハンバーグを食われた」事件を思い出します!

巨人がいなくなった事を思い出し、泣き出すエレン!(笑)
2018-07-01_160137
「進撃!巨人高校」より


チーズハンバーグが無理だったため、アルミンの提案で猫と遊べる店へと移ります。

しばらくは可愛い猫とじゃれ合い、エレンの気持ちが上向いたように見えます。
2018-07-01_160157
「進撃!巨人高校」より


しかし猫に甘噛をされると巨人にされていた甘噛を思い出し、再びエレンは巨人を思い出します!

結局エレンに気力を戻させることは失敗となります!(笑)

エレンにやる気を出させる事に失敗したミカサとアルミンは店を出て学校に戻りますが、今度は学校に不信感を持ち始めます。
2018-07-01_160219
「進撃!巨人高校」より


そんなアルミンは、ライナー達が進学したマーレ学園に行った方が良かったのかもとミカサと話し合います。

そのように話し合っている二人にクリスタが駆け寄り、ライナー達と同じマーレ学園に進学したユミルから連絡が来て、向こうが大変な事になっていると告げます!
2018-07-01_160251
「進撃!巨人高校」より


クリスタのスマホを見たアルミンとミカサは驚きます!

それまで無気力で立つことができなかったエレンが、それに反応し立ち上がります!
2018-07-01_160313
「進撃!巨人高校」より


ザッとエレンが立ち上がった描写があり、1話目が終わります。

場面はマーレ学園へと移ります。

マーレ学園とは幼稚園から大学までを運営している学園であり、ほとんどが幼稚園からのエスカレーター組となっています。

特に高等部からの編入が難しいとされていますが、ライナー、ベルトルト、アニはその難関を突破しマーレ学園に編入したようです。

プラス、ユミルも編入したようです(笑)
2018-07-01_160332
「進撃!巨人高校」より


入学したばかりのライナー、ベルトルト、アニ、ユミルが廊下を歩いています。

すると、ライナーは他生徒と肩がぶつかります。

最初は相手も謝っていますが、ライナーが付けている腕章を見て「あの腕章…外部生だ」「謝って損したぜ」と言い去っていきます。

どうやら、高等部から編入した外部生は腕章を付ける事になっており、差別されるようです。
2018-07-01_160351
「進撃!巨人高校」より


しかしこの腕章は、どうみても「あの腕章」ですよね!(笑)

そしてライナー達の担任マガト先生が登場します!

ライナー達は「悪魔」と呼ばれ、教室は外となっています。
2018-07-01_160411
「進撃!巨人高校」より


さらに、他生徒から物を投げつけられます!
2018-07-01_160432
「進撃!巨人高校」より


そして机に塗ってある粘着剤により、まともな授業が受けられなくなっています!

もう、こんなの学校ではないですよね!(笑)

しかしマガト先生は、そんなライナー達にいちおう気配りもしてくれています。

この辺りも何となくマガトっぽい(笑)

そんな差別的扱いはさらに続きます!

学食では全て炭水化物on炭水化物しか食べられないとか!(笑)
2018-07-01_160454
「進撃!巨人高校」より


そんなライナー達に「転校生」がやってきます。

まさかのガリアード巨人が転入生となり、やってきます!(笑)
2018-07-01_160519
「進撃!巨人高校」より


同じ教室(外)でガリアード巨人と授業を受ける事になりますが、ベルトルトが甘噛され、コリコリされたりします!
2018-07-01_160536
「進撃!巨人高校」より


そのような光景を見たライナーは、アニやベルトルトと母親を楽にさせるためにマーレ学園に来た事を思い出します。

しかし、もう本当に授業を受ける事ができなくなったライナーは、ここへ来た意味が無かった事を悟ります

そんな絶望の淵に立っているライナーに、エレン達がマーレ学園へとやって来た事を告げられます!
2018-07-01_160557
「進撃!巨人高校」より


ザッとエレン、ミカサ、アルミンがマーレ学園に入ってくる描写があり終わります。

◆「巨人高校」の感想!

2018-07-01_160137
「進撃!巨人高校」より


まさに「マーレ編」!!!

そんな内容でしたね!

巨人がいなくなった事により「燃え尽き症候群」になったエレン(笑)

マーレ学園に入ったライナーがしていた腕章や差別的扱い(笑)

全てが本編を踏まえたコメディーとなっており、爆笑ものでした!\(^o^)/

そして細かいところまで本編を踏襲しているなと感じたのは、「進撃中」と変わらなかったですね。

マガト先生が微妙にライナー達に優しいところや、親の為にマーレ学園に入ったことなど、何気に本編を踏まえていますよね!

このような細かい設定に本編を感じ取らせるところも「進撃中」の頃を変わらないなと感じました。

あと、これは無気力になったエレンをミカサとアルミンが運んでいる場面ですが、
2018-07-01_160757
「進撃!巨人高校」より


4巻第16話のこの場面を踏まえていますよね!(笑)
2018-07-01_161423
「進撃の巨人」第16話「必要」より


進撃ファンには、このような細かい設定が本当に笑いを誘いますよね!

非常に満足な「巨人高校」でした!

8月号も楽しみですよ!\(^o^)/

107話あらすじ考察!
106話「義勇兵」あらすじ感想考察!
106話考察!義勇兵の意味からイェレナを検証!
106話考察!サシャの「オニャンポコン」スルーを検証!


Sponsored Link

4 Responses to “【進撃!巨人高校】ネタバレ「となりのマーレ学園」あらすじ感想まとめ!”

  1. 紅き地と蒼き天を傍観する者 より:

    いや〜これはコミック化されたら是非とも買いたい、どうも、紅き地と蒼き天を傍観する者でございます。

    またまた面白そうですねー。っていうか、ガリアードとユミルが共演してるのはかなり貴重ではありません?

    今回は感想だけ、それではまた。

    • 管理人アース より:

      たしか8月9日にコミック発売だったかなと!
      要チェックですよ❗



      管理人アース

  2. 1.6m級奇行種 より:

    コミック化や巨人中学校みたいにアニメ化してほしい!ピークとジークも早く出てきてほしいです。おそらく校長はヴィリーですね!っていうかライナーが高校生にしては老けすぎ(笑)

    • 管理人アース より:

      ピーク見たいですよね!
      続きはまだ先ですが、また書きますので‼



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ