【進撃の巨人】Before the fallネタバレ46話「岐路の兵団」の感想考察!

前話45話では立体機動装置が完成するという待ちに待った展開が起こる一方で、調査兵団が解散されるかもしれないというシャルルの説明で終わりました。

今回46話では、調査兵団がどれほど追い込まれている状態なのかが明らかとなります!

それを回避するには完成したばかりの立体機動装置で巨人を倒すしかなく、そこにはベルンハルト隊長の影が!?

そしてキュクロの仇敵シャビィの久々の登場が!

46話を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」ネタバレ46話「岐路の兵団」あらすじ&内容!

2018-01-02_092406
「Before the fall」46話より


45話の最後の場面であるシャルルからの「2ヶ月後の壁外遠征で巨人討伐が果たせなかったら調査兵団解散」という説明から始まります。

この2ヶ月というラインは、現在訓練している新兵が編入された直後というタイミングであり、それに即座に気付いたホルヘ教官は激昂し、「新兵編入直後に遠征を行なえというのか!?」とシャルルに怒鳴ります。
2018-01-02_092429
「Before the fall」46話より


ホルヘの激昂に驚き怖がるシャルルをかばい、キュクロは「怒鳴らないでくれ」とシャルルをかばいます。

それに対し「すまん」とホルヘは謝りますが、周りの空気はおかしくなり、カルディナ達は「夕食を取ろう」と言い、宿舎に戻ろうと提案します。
2018-01-02_092450
「Before the fall」46話より


宿舎に戻りキュクロ達が夕食を取り場が和んだ頃、アンヘルは1ヶ月前にゼノフォンの工場に工場都市担当の憲兵団隊長であるベルンハルトが訪れた際の話をします。
2018-01-02_092512
「Before the fall」46話より


アンヘルとゼノフォンが立体機動装置についてのアイディアを出し合っていた所に、ベルンハルト隊長は訪れます。
2018-01-02_092536
「Before the fall」46話より


ベルンハルト隊長はその場にいたシャルルに、偶然出会ったかのようにあいさつをします。
2018-01-02_092557
「Before the fall」46話より


そして、その場から出ようとするアンヘルにも「元発明王・アンヘル・アールトネン殿」と呼び止め、その日の午前に届いたカルディナのレポートについても全て知っていたかのように話をします。
2018-01-02_092620
「Before the fall」46話より


憲兵団隊長という立場から、シガンシナ区にいるホルヘ教官から届く手紙、カルディナから届くレポートを検閲し、それにより全てを把握していたのです。

その上で、「立体機動装置で巨人が駆逐できるなら、それに協力するメリットがある」と判断したベルンハルト隊長は、兵団に立体機動装置を導入する事に協力しようと提案します。
2018-01-02_092642
「Before the fall」46話より


しかし、中央の憲兵団では調査兵団解散の声が高まっており、それを抑えられるのは3ヶ月がリミットだとし、それまでに「巨人討伐」という結果を出せと命じます。

この話から1ヶ月経った現在ではリミットは2ヶ月となっており、さらに立体機動装置の量産は10日に5機が限度となっており、それを聞いたホルヘ教官は、新兵の習熟期間を計算するととても立体機動装置を使いこなせる時間が無く、絶望します。
2018-01-02_092736
「Before the fall」46話より


しかし、カルディナは訓練プランを見直し、新兵の習熟期間を適正のある少人数だけでも作ろうと提案します。
2018-01-02_092754
「Before the fall」46話より


それにより見通しが立ち、訓練兵団は立体機動装置訓練に向け動き出します!
2018-01-02_092819
「Before the fall」46話より


しかしもし新兵の訓練が間に合わなかった場合、調査兵団解散を飲むとホルヘ教官は言い、息子カルロ隊長も同意します。
2018-01-02_092841
「Before the fall」46話より


次の日となり、カルディナがキュクロ用に作っていた姿勢制御訓練装置を使い、新兵の適性検査をする準備をします。
2018-01-02_092905
「Before the fall」46話より


適性検査を通った者から順番に数の少ない立体機動装置の習熟訓練に向かわせる、という方法を取るという事でしょう。

その姿勢制御訓練装置をいくつか作っている間に、もし新兵の訓練が間に合わなく遠征が中止になったら、自分一人でも巨人を倒しに行くとキュクロはつぶやきます。

その言葉に「それは困るな」と答えた人物が登場し、それがシャビィだと分かり終わります。
2018-01-02_092929
「Before the fall」46話より


◆第46話の感想と考察!

2018-01-02_092754
「Before the fall」46話より


ついにシャビィ再登場!

キュクロの宿敵であるシャビィが訓練兵団に登場したのを見て「おお!」と感じたのは管理人アースだけではないでしょう。

原作である小説版「Before the fall」でのシャビィは訓練兵となっており、そこにキュクロとカルディナが中途入団するという展開となっていました。

しかしこのコミカライズ版ではその辺りはかなり改変されており、キュクロとカルディナは訓練兵というよりも教官補佐となっており、シャビィは憲兵団に入団しベルンハルト隊長の下に付いています。

この辺りをコミカライズ版ではどのように持っていくのかが気になっていましたが、ここでシャビィが登場したことにより、訓練場所にて再会したのでこの辺りから原作にある程度沿っていく展開となるのかなと感じました。

次回からの展開が、かなり気になる終わり方でしたね!
2018-01-02_092929
「Before the fall」46話より


考察ポイントとしては、カルディナが提案した「姿勢制御訓練装置でのふるい分け」ですね。
2018-01-02_092905
「Before the fall」46話より


これは本編「進撃の巨人」での訓練兵団でも取り入れられている方法であり、ここでエレンが苦労する展開がありましたよね(笑)
2018-01-02_090327
「進撃の巨人」第16話「必要」より


このふるい分けが、カルディナが提案した方法だったというのは、面白いエピソードですよね!

本編でこの辺りが反映することは無いかもですが、ちょっと面白いプチ話かなと感じました。

今回の話を読み、また原作4巻を読み返してみようかなと思った管理人アースでした!(^^)

Before the fallネタバレ47話「波瀾の来訪」の感想考察!
Before the fallネタバレ45話「干城の翼」の感想考察!
進撃の巨人Before the fallのネタバレ考察!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ