【進撃の巨人】89話ネタバレ考察!クルーガーの「後で誰かが見てるかも」を検証!

第89話では、ループや座標に関する多くの伏線が散りばめられていました。

その中でも、クルーガーの「後で誰かが見てるかもしれん」という発言は、ループを匂わせるようにも感じられましたが、これはループ伏線と考えて良いのでしょうか?

それとも、全く別の意味を持った伏線なのでしょうか?

このクルーガーの発言の考察は、過去のベルトルトとグリシャの発言も巻き込んで行いました!

それでは、その考察を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆クルーガーの「後で誰かが見てるかもしれん」から連想されるセリフまとめ!

2017-01-06_033820
「進撃の巨人」第89話「会議」より


管理人アースはこのクルーガーの発言を見て真っ先に思い出したのは、第49話「突撃」にてベルトルトが発した「頼む…誰か僕らを見つけてくれ…」です。
2017-01-11_035554
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


今回のクルーガーの発言と、何か繋がりそうですよね。

そして、グリシャの第10話での「彼らの記憶が教えてくれるだろう…」です。
2017-01-11_040201
「進撃の巨人」第10話「左腕の行方」より


この発言は表現こそ違いますが「巨人化注射によって、記憶障害が起きて忘れてしまうであろう事柄を思い出させてくれるだろう」という、クルーガーの発言と同じ意味合いを持っていると感じました。

クルーガーもグリシャも、つまりは同じ何かに向かって発言しているように感じられます。

ベルトルトの「誰か僕らを見つけてくれ」とグリシャの「彼らの記憶が教えてくれるだろう」は、今回のクルーガーの発言と何か繋がっていそうですよね!

それぞれ考察してみましょう!

Sponsored Link


◆クルーガーの「後から誰かが見てるかも知れない」発言を考察!

2017-01-11_040201
「進撃の巨人」第10話「左腕の行方」より


まず、グリシャの「彼らの記憶が教えてくれるだろう」を考察してみましょう。

はじめに「彼ら」とは誰なのでしょうか?

管理人アースは当初、「グリシャ巨人の代々の継承者」だと考えていました。

しかし、この後にエレンが教えられていない巨人化の方法である「自傷行為」で、手を噛んでおり、この方法はグリシャでなくレイス家@フリーダの巨人化の方法であったと分かってからは「レイス家巨人の代々の継承者」の事を指しているのかもと考えていました。
2017-01-11_040818-horz
「進撃の巨人」第10話、第63話より


つまり、巨人化の方法は、「レイス家巨人代々の継承者の記憶が教えてくれるだろう」という意味だと考えたのです。

さらに第88話「進撃の巨人」にて、全てのユミルの民を繋げている「道」の存在が明らかとなり、それからは「彼ら=これまでの巨人化能力者」なのかなとも考えられます。

「道」があれば、現在エレンの中にある巨人化能力者以外の巨人化能力者の記憶ともアクセスが可能だと考えられるので、「これまで全ての巨人化能力者」が教えてくれる存在となり得ます。

ただ、やはりグリシャが言っている「彼ら」は「歴代の進撃の巨人継承者」「歴代のレイス家巨人継承者」のどちらかでしょう。

「歴代の進撃の巨人継承者」は、エレンの味方になってくれそうですし、「歴代のレイス家巨人継承者」は記憶を司っていそうなので、その記憶が教えてくれそうな気がします。

ただ、そのアクセス方法は、「道」だと考えられそうですよね!

つまりこの時のグリシャの発言は「歴代巨人継承者の記憶が、巨人化の方法を教えてくれるだろう」という意味だと考えられそうです。

では、もうひとつのベルトルトの発言「誰か僕らを見つけてくれ」はどうでしょうか?
2017-01-11_035554
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


もし、この「誰か」も「歴代巨人化継承者」であったならば「これまでの巨人化継承者の誰かが、僕らを見つけて」と言っていることになります。

…なんだかちょっと意味が分からないですよね?

視点を変えて、ベルトルトがこの発言をした時の背景を振り返ってみましょう。

この時ベルトルトは同期のコニ―達に裏切った事を責められ、訓練兵団時代のベルトルトは嘘だったのかと突っ込まれています。
2017-01-11_042459
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


そしてベルトルトは「誰が人なんか殺したいと…思うんだ!!」と言い、「誰かがやらなくちゃいけないんだ」とかなり追い込まれていることを示します。
2017-01-11_042803
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


ここから、ベルトルトは自分の意志ではなく、使命感からエレンを攫おうとしている事が分かります。

そこから考えると「誰か僕らを見つけてくれ」は、追い込まれているベルトルトの救いを求めるような意味の言葉と理解できますよね。

どうしようもなくて、やっている行為だけど辛い…せめて「誰か僕らを見つけてくれ」、言っているように感じられますよね。

ここからは「誰か」は「歴代巨人継承者」ではなく、全く別の誰かのように感じます。。

例えば自分達の行為が後々正しいと認めてくれると信じており、その評価をしてくれる「未来の誰か」とか…

…現時点では、これ以上の考察は難しいですね。

ただ、第10話のグリシャの発言、第49話のベルトルトの発言も、時間を超えた誰かに向かって言っている事は間違いないような気がします。

そして最初の考察結果である、「彼ら」が89話の「誰か」であれば、今回のクルーガーの発言は「後から歴代巨人継承者が見てくれるかもしれない」という意味になりそうです。
2017-01-06_033820
「進撃の巨人」第89話「会議」より


さらにそれまでのグリシャとの会話の意味から「『家族、所帯を持て』とクルーガーが言った事を、後から歴代巨人継承者が見て、グリシャに教えてくれるかもしれない」という意味になりそうです。

これは、巨人化方法を知らないエレンが、巨人化を自然に行ったように、後からグリシャにも自然にカルラと結婚するように「歴代巨人継承者」が教えてくれるという意味になりそうですね!

では、壁内でカルラと出会ったグリシャが結婚に踏み切ったのは、歴代の巨人継承者がそのようにする使命を教えたからなのでしょうか?

まだまだ、この「誰か」「彼ら」の考察は、深い意味がありそうですね!

89話「会議」あらすじ考察と感想!
90話展開あらすじ!


Sponsored Link

18 Responses to “【進撃の巨人】89話ネタバレ考察!クルーガーの「後で誰かが見てるかも」を検証!”

  1. 玉無しの巨人 より:

    おおぉ…アー様深いぃ…

    ベルトルトの言葉が、未だよく理解出来てませんでしたが…
    クルーガーのセリフとならとてもわかり易そうですねぇ…

  2. てんげつ より:

    ベルトルさんの『誰か僕らを見つけてくれ』の、
    『誰か』は同期に対して、
    『僕ら』はライベルアニジーク、そして歴代後継者、
    『見つけてくれ』は戦士になる前の自分達を見つけてくれ、人殺しをする前の自分を見つけてくれ、だと思います。

  3. 水宮ハルキ より:

    「後で誰かが見ているかもしれん」というのは、グリシャが思い出せなくても、エレンのように、後の継承者がグリシャの代わりに「記憶」を代弁してくれる、ということではないでしょうか?
    なので、「巨人化して記憶喪失になっても、後の継承者がフラッシュバックするから、大丈夫」では?

    • 管理人アース より:

      水宮ハルキさん!

      コメントありがとうございます!

      「使い方は彼らの記憶が教えてくれる」が気になるのですよね?
      あれはフラッシュバックでの記憶回復ではなかったです。
      もしかしたら、いろいろな意味が含まれているのかもですが。

      またよろしくです!


      管理人アース

  4. にこ より:

    アース団長

    『後で誰かが見ているかもしれない』という言葉に私も激しく引っ掛かっていました。

    まず『後で』って過去でしょうか未来でしょうか?
    「未来が後」「過去が前」と言いますから未来が後になるけど、クルーガーを起点として歩んできた道は「後ろ」であり過去でもあります。(う~ん・・・わかりますかね・・・)
    つまり過去とも未来ともとれるわけです。

    『道』は往復できますから・・・
    わかりますかね・・・説明が下手ですみません。

    『誰かが』も引っかかっていたのですが、アース団長の考察を読んで、『誰か』は特定の人を指していて、『誰かが』と言えば複数のように感じました。
    つまりクルーガーの『誰かが』とグリシャの言った『彼等』と同じ複数だと確信しました。

    ベルトルトは『誰か僕らを・・・』で一人を指しているのかなあとか思っていました。

    う~ん、わかりますか・・・

    そして『見ているかもしれん』と『見るかもしれん』の違いも悩んでいました。
    時間の幅の違いなのかなあと思ったりしました。


    つまり『後で誰かが見ているかもしれん』は、「過去なのか未来なのかわからない、特定ではなく色々な人がずっと伺っている」みたいな・・・感じでしょうか・・・

    わかりますか・・・

    諫山先生がそこまで考えているのか直観なのかわからないのですが、もう何か哲学の勉強をしているみたいです。

    『進撃の巨人』は哲学書みたいです。

    で、自分だけだと結局グダグダで答えがわからず謎のグルグル回りをずっとしているのです。

    アース団長の整然とした考察を尊敬します。が、疲れませんか?大丈夫ですか?無理をしないでくださいね。

    長文すみません。

    • 管理人アース より:

      にこさん!

      コメントありがとうございます!

      >『進撃の巨人』は哲学書みたいです。
      「進撃の巨人」は読者を自由に予想させる作品ですよね。
      いや、その点に関しては飛び抜けている作品だと思いますよ。
      今月「ウロボロス」という作品の最終巻が発売となりました。
      この作品も考察、予想をさせる素晴らしい作品で追いかけていましたが、考察の自由さで言ったら「進撃の巨人」ですね。
      本当に素晴らしいですよ(^^)

      >まず『後で』って過去でしょうか未来でしょうか?
      これ、そうですよね。
      記事の時点でそこまで考えませんでしたよ(・_・;)
      素晴らしい考察、ありがとうございます!

      >無理をしないでくださいね。
      ありがとうございます!
      楽しみながら考察していますよ(^^)
      たまには休んでいますので。

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. にこ より:

    付けたしです。

    「2000年後の君へ」のメッセージを送った人が見てるのかもしれませんね。

    単にエレンがクルーガーの記憶をなぞって見てる所からエレンなのかもしれませんね。

  6. ギラ より:

    アースさんお疲れ様です。

    このクルーガーの台詞から感じたことは、時間の流れが二つ同時に存在している事です。
    「あとで」は過去形で、「みているかもしれん」は現在形です。
    つまり「道」を通って、記憶や意識や情報が行き来していると思うのですが、つまり今現在起こっている事柄を、時間を越えて、過去の人がアクセスし見ることが出来、また逆に、未来の人がアクセスし見ることが出来るのではないでしょうか?
    そしてそれがベルトルトの発言に繋がります。
    ベルトルトが誰か見つけてくれと言ったのは、道を通って過去の人でもいいし、未来の人でもいいから今の自分たちの状況を見つけてくれ。という意味ではないでしょうか?
    それが何を意味するかというと、道を通って、過去の人が今現在の未来を変える事も出来るし、未来の人が過去を変える事が出来るという事を意味しているのではないでしょうか?
    まとめると「道」は記憶や意思や情報が通ってくるだけではなく、道を使って今現在の状況を知り、未来の人や過去の人が今の状況を変える事が出来るという事かなと思いました。

    • 管理人アース より:

      ギラさん!

      コメントありがとうございます!

      >道を通って、過去の人が今現在の未来を変える事も出来るし、未来の人が過去を変える事が出来るという事を意味しているのではないでしょうか?
      これ、スゴイですね!
      考察も凄いですが、そのような展開も起きたらスゴそうだなと!
      「道」という設定は、想像を超えた展開を起こしそうですよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. ato より:

    こんばんは、最近はこのサイトを見るのが日課となったatoです(笑)。他の方のコメントを色々見ていて思ったのですが、クルーガーの「あとで誰かが見てるかもしれん」というのは、現在進行形でエレンがその記憶を見ているから、というだけなのではないですか?あと、ベルトルトの発言は、何らかの事情によりマーレの命令で、壁内人類を殺さなければならない状況にいることを理解して欲しい、または「お前は何も知らないのに!」という感情も混ざっているように思えます。この時点ではレイス家の記憶改ざんによって、マーレという国そのものを知らないことも含めてですね。色々な考察がありますが、ベルトルトたちは壁外人類のマーレの戦士という立場で、家族が人質に取られている可能性や、自分たちがマーレを裏切ることになればエルディア人収容区のエルディア人まで危険にさらしてしまうからではないでしょうか?そのエルディア人の中には家族も含まれますしね・・・。だから「誰か僕らを見つけてくれ・・・」と言ったんだと思います。「僕」ではなく「僕ら」と。収容区のエルディア人は壁内のエルディア人と違って、敵であるマーレに捕まっているはぐれたグループのようなものだし、ライナーが戦士であることを忘れ兵士になっていたように、ベルトルトも100%マーレ側の人間というわけではないのでしょう。もしこの考察が正しかったとすると収容区のエルディア人を盾にして、マーレの戦士に圧力をかけている人達の中にはジーク戦士長もいると思うので、2人がジーク戦士長をよく思っていないことにも説明がつくと思います。逆に、そういった理由がないのに壁内人類側に寝返らないワケがない気がします。間違いなく情が湧いていたと思いますしね。

    こんな感じに考察してみたのですがかなり脱線してしまいました(笑)。でもそこそこいいところをつけたかなとは思っています。(笑)

    • 管理人アース より:

      atoさん!

      コメントありがとうございます!

      >このサイトを見るのが日課となったatoです(笑)
      ありがとうございます!
      基本、毎日更新しているのでよろしくです!(^^)

      >現在進行形でエレンがその記憶を見ているから、
      それも考えられますよね。
      他の方からのコメントで「後は過去もありえるのでは」という考察が印象的でした。

      >2人がジーク戦士長をよく思っていないことにも説明がつくと思います。
      そのような印象も感じますし、いっぽうでライベルがジークの事をそこまで悪く思っていないようにも感じるんですよね。
      たとえば、このライナーの「俺達の」という表現からは、尊敬の念も感じられます。
      2015-11-07_023334

      「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より


      ジークとライベルアニの関係も気になりますよね!
      またよろしくです!


      管理人アース

  8. 玉無しの巨人 より:

    現時点での愚かなる考察…

    あちきは、ベルトルの「誰か僕等を…」発言は以前、アー様の考察なされてた壁の中の超大型巨人の記憶からくるモノぉ?に同意してました。

    近頃感じるのは、ユミルが、ヒストリアと別れても、ベルトル、ライナーに何故同調したのか?なのです。

    そこで
    ユミル=ユミル・フリッツと考えるとチョット納得出来たのが、ユミル・フリッツ巨人の末裔にあたる知性巨人ベルトル等の「自分の生きる道」に迷子になってしまっている…きっと善も悪も判らなく、流されるように生きてる「今」を目の当たりにして…

    ベルトル :「こんな地獄はもう…終わらせましょう」の決意発言からも「座標」がジークの元に届けば、この争いの元を解決出来るからと、信じてる戦士達

    ユミルが、あっち側に行く理由?意味?なのかと…
    しつこい様ですが、ユミルがキーに成ると思います。
    巨人の力がもたらしてしまった不幸や悲しみをユミルは何とかする為に、生き変えたのかとぉ…

    今はユミルの手紙は、ヒストリアを納得させる嘘なのかもと…何故ならユミルの民の末裔がマーレ内で幸せに成れるとは思えないので

    あと…マーレも戦士達が出発した後に色々と変化していそう…

    げげっ長くなっちゃったぁ…
    戯言ですが聞き流してくだせぇ…m(._.)m

  9. エルサレム より:

    考察お疲れ様です
    今回は過去と未来が考察の主体ですね
    ふと思ったのですが、クルーガーやベルトルトなど、ある程度の世界の実態を知っている巨人継承者は一般人と時間の思考が違うのかもしれません。
    複雑ですが、未来の結果によって過去が変わるという逆転の発想です
    過去から未来へ流れる一本の線があって未来でその線をずらす事で過去の線もつられてずれる、ベルトルトの「見つけてくれ」が抽象的な表現なのは承知の上ですが誰かが未来で「見つけた」場合、ベルトルトらは救われるという
    みたいな展開、諫山先生は書きそうにありません(笑)

    • 管理人アース より:

      エルサレムさん!

      コメントありがとうございます!

      この「未来の結果により過去が変わるのでは」という考察、最近目にしますね。
      今回のクルーガーの発言からは、そのようなイメージが湧きますよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  10. エルサレム より:

    追記
    「見つけてくれ」はマーレに洗脳された僕達の本当の人格をということでしょうか

    • 管理人アース より:

      エルサレムさん!

      コメントありがとうございます!
      >僕達の本当の人格をということでしょうか
      これをマーレに洗脳されたベルトルトが思わず言ったということでしょうか?
      う~ん、ありそうにも感じますが違和感もありますね。
      ただ、ユミルがこの発言に反応していたので、その可能性もあるかなとも思いました。

      またよろしくです!


      管理人アース

  11. 寸劇の個人 より:

    シンプルに考えると、atoさんの言うように、「『あとで誰かが見てるかもしれん』というのは、エレンがその記憶を見ている」の事かなーと思います。後の継承者の頭に、以前の保持者の記憶が蘇るという。

    ところで、クルーガーは始祖の巨人を奪って壁の巨人をマーレに差し向ける事に抵抗はなさそうな事もあり、この文脈で「人を愛せ」とは皆さん言っているように唐突に感じます。
    また、「誰であれ人を愛することが、繰り返す過ちを避ける事につながる」と、ここまで俯瞰的に世界の仕組みをクルーガーが知っていたのかどうか疑問に思っています。もしかすると、「愛せ」から「アルミンやミカサ」のくだりまでは、もう少し上のレベルの人の記憶や思想に支配された状態なのかなと。それがフリッツ王なのか誰なのか、過去か未来かも分かりませんが。。

    さて、「人を愛すること」のその後ですが、いずれ、ヒストリアがピンチになったときに、ユミルを食べた巨人がその記憶に操られて思わぬ助けをするかもしれないな・・。とか、アルミンの中のベルトルトの記憶のせいで、アニを取り逃がしたり・・。こういう誰かの愛の連鎖反応が積み重なって、ストーリーに影響をおよぼすかもしれないな、と考えています。

    これらが最終的には、エレンが壁巨人を発動してマーレを滅ぼすかどうか、という選択に収束するんじゃないかと思います。。

    • 管理人アース より:

      寸劇の個人さん!

      コメントありがとうございます!

      >誰かの愛の連鎖反応が積み重なって、ストーリーに影響をおよぼすかもしれないな、と考えています。
      おお、今回のクルーガーの発言から、今後の展開の方向性が決まるとい予想ですね!
      面白いですよ!
      というか、そのような展開を個人的には見てみたいなと(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ