【進撃の巨人】88話ネタバレ考察!「有機生物の起源」を考察!

第88話「進撃の巨人」では数多くの謎の解明が起きましたが、同時にいくつかの伏線、謎が仕掛けられもしていました。

その中のひとつが、この「有機生物の起源」でしょう。

ユミル・フリッツが接触したのかもしれないと言われている「有機生物の起源」とは何なのでしょうか?

それは、9つの巨人とどのような関係があるのでしょうか?

そして、考察は「大地の悪魔」へと移り、なんと東洋の一族へと発展!

では、考察内容を見てみましょう!

Sponsored Link

◆有機生物の起源の意味を予想!

2016-12-08_041659
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


まず、「有機生物」とは何でしょうか?

「有機生物化学」という言葉は存在しているようで、核酸、ポリペプチド鎖、糖鎖という、生体内にある3つの鎖を研究する分野のようです。

つまり生体内がどのような構造、変化をしているのかを研究するという事でしょうか?

ここから、「有機生物」をザックリ言うと、「生物」「生命」と言い換えられるかもしれませんね。

本当にザックリですが(・_・;)

では次に、「起源」の意味が何なのかを調べてみます。

これは一般的な言葉ですが、デジタル大辞泉によると「物事の始まり。起こり。源。」となっています。

つまり、「有機生物の起源」とは「生物、生命の始まり」のように言い換えられるかもしれません。

あくまでザックリですが(・_・;)

では「進撃の巨人」作品内で、「有機生物の起源」つまり「生命の始まり」とは何を指すのでしょうか?

予想してみましょう!

Sponsored Link


◆有機生物の起源が何なのかを考察!

2016-10-07_032549
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


今回登場した「有機生物の起源」とは、始祖ユミルが接触した存在と言われており、これは第86話での「大地の悪魔」、もしくは「大地の悪魔が渡したリンゴ」と同じ存在だと思われます。

つまり、ユミル・フリッツは「有機生物の起源」=「大地の悪魔、もしくはリンゴ」と接触し、「9つの巨人の元」を手に入れたのでしょう。

では、この「有機生物の起源」「大地の悪魔」とは何なのでしょうか?

86話の絵ではリンゴに例えられていますが、もちろんこれはリンゴではないでしょう。

ここからは考察ではなく、ほとんど妄想となりますが、ユミル・フリッツは「大地の悪魔」から「有機物の起源」を貰ったのだと考えています。

つまり、「大地の悪魔」とは人物であり、「有機生物の起源」とは「ツール」ではないかと考えられます。

では、「大地の悪魔」とはどのような人物なのか?

ここで、未だ回収されていない東洋の一族が絡んでくるのではないかと考えています。

つまりユミル・フリッツは、ミカサの先祖である約2000年前の東洋の一族が生んだ「有機生物の起源」と言われている「9つの巨人の元」を渡された(体内に注入された)のではないでしょうか?

この辺りの回収が、ミカサの手首の刺青からされるのではないかと思われます!

ミカサが右手首の刺青から、自分の先祖の行いによりエレンの寿命が8年も無いと知ったら…(・_・;)

このような残酷な展開が起こるのではないかと妄想します!


◆東洋の一族が「二千年後君へ」の回収なのか?

2016-12-15_051003
「進撃の巨人」第6話「少女が見た世界」より


管理人アースが、「有機生物の起源」をユミル・フリッツに渡したのが東洋の一族であると妄想する根拠は、ミカサにあります。

ミカサには東洋の一族に伝わる刺青が右手首に刻まれており、そのメッセージは二千年前から続いている可能性があるからです

そう考えると、第1話「二千年後の君へ」は、ユミル・フリッツが発信源という予想がほとんどですが、管理人アースは、この「有機生物の起源」を渡した「大地の悪魔」=「東洋の一族」が、エレンもしくはエレンの次の継承者に送っているという可能性もあると考えています。

ミカサの右手首には「二千年後の君へ」と始まるメッセージが刻まれているのではないでしょうか?

ほとんど妄想ですが、可能性はいくらかある展開ですよね!

ミカサの刺青の回収、楽しみです!(^^)

89話あらすじ!
「進撃の巨人」第88話あらすじ考察!
88話ネタバレ考察!エレンクルーガーの意味を考察!


Sponsored Link

12 Responses to “【進撃の巨人】88話ネタバレ考察!「有機生物の起源」を考察!”

  1. おちゃ より:

    アースさん更新お疲れ様です。いつも楽しく拝見しています。
    今回の考察も大変興味深いです!

    大地の悪魔、リンゴなどと聞くとなんとなくファンタジーというか、昔からの言い伝えのようでしっくりこなかったのですが、大地の悪魔を人物、リンゴをツールと考えると、ぐっと現実的、実際的な感じがしますね!

    人物が東洋の一族というのも、東洋は東洋医学や神秘的な象徴のイメージがあるので、始祖ユミルにツールを渡す人物としてぴったりな気がします!

    東洋の一族はとても長い伏線なので、明かされた時は感激しそうです!

    ツールは、人間の手による科学的、化学的なものなのか、自然発生のものなのかが気になります!


    私は、はじめに有機生物の起源という言葉を見たときに、巨大樹と酵母がパッと思い浮かびました。

    どちらも自然発生的な要素を含んでいそうですが、巨大樹は、その大きさから巨人に関わる何かがあるのではと想像できますし、酵母は、本編には全く出てこないのに、早々と現在公開可能な情報として挙げられていたので、進撃の世界で何か重要な要素なのかなぁと思いました!

    • 管理人アース より:

      おちゃさん!

      コメントありがとうございます!

      >ツールは、人間の手による科学的、化学的なものなのか、自然発生のものなのかが気になります!
      管理人アースのイメージは科学的、化学的ですが「東洋の一族」から「魔術的」でもOKかも(笑)
      ただ、これまで諫山先生は理論的、科学的回収をされて来ているので、「科学的」かなと。

      >巨大樹は、その大きさから巨人に関わる何かがあるのではと想像できますし、酵母は、本編には全く出てこないのに、早々と現在公開可能な情報として挙げられていたので
      「巨大樹」は、それこそ大地の悪魔の「ツール」と関係あるかなと感じています。
      酵母…ありましたね!
      これ、「ツール」と関係あるのかな…(・_・;)
      酵母も覚えておかなければですね(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

    • ロビン より:

      初めまして。

      色々と中途半端に考察してみました。

      作中に出てきた単語とその訳とで考えると、
      マーレが海、
      巨人が大地(の悪魔)、
      ユミルの民が天(神)、
      と予想。

      ユミル・フリッツは特殊な力があった。

      リンゴをもらう絵は本当は知性のリンゴを、大地の産物である有機物から出来た巨人に神であるユミル・フリッツがあげた、もしくは大地の有機物に知性を与えて神であるユミル・フリッツが創造したのでは。

      それで知性巨人が誕生しその使役…というよりも協力体制?で海の一族のマーレと対決し制圧。

      その後の混血により、
      神族×巨人=エルディア人
      神族×マーレ=エルディア人
      エルディア人×マーレ=エルディア人orマーレ人
      純血マーレ人=マーレ人
      純血神族=東洋の一族?
      純血巨人=知性巨人9種類
      となったのでは。

      本当の意味でのユミルの民と混血のエルディア人は実は別。
      遠い昔、マーレと戦っていたのは東洋の一族(神族)で、支配した後に混血人のエルディア帝国を作って統治。
      歴史改竄でマーレの言う歴史にもエルディアの言う歴史にも出てこない話。


      知識を与えた時の呪いで
      神族に巨人の血を入れると無知性巨人になるので、神族の血が混じったエルディア人は巨人になれる。
      混じっていないマーレ人はなれない。

      リミッター解除は東洋の一族の神がかった能力。
      アッカーマン一族は神族の血が濃いので巨人に影響のある記憶改竄(操る力?)が聞かない。
      記憶改竄はいざとなった時に巨人を制御するための能力。

      ミカサはユミル・フリッツの直系。
      右手首の刺青はその継承。

      マーレ人は金髪。
      東洋の一族は黒髪。
      エルディア人は混血なので両方いる。
      マーレの人も長い歴史でエルディア人との混じっていても『俺はマーレ人』と思っている人もいる。
      なので黒髪マーレ人もおり、妹を犬に食わしたマーレ人も巨人の血を入れたら実は巨人になっていたかも。

      長々と支離滅裂な文ですが、考察でした。

      • 管理人アース より:

        ロビンさん!

        コメントありがとうございます!
        ユミル・フリッツなので、こちらで修正させてもらいました。

        ユミルの民とエルディア人、マーレ人の血統についての考察、面白いですね!
        髪の色まで含めての考察、面白かったです。
        巨人の耳の形を含めて考えると、ユミル、グリシャ、エレン、ジークの共通点もあるはずなので、それを含めて考えても面白いです。
        ただ、最近は耳の形は血統ではないような気がしているので…こちらの考察を踏まえまた考えたいです!

        またよろしくです!


        管理人アース

  2. 突撃の小人 より:

    アース団長、団員の皆さん、こんにちは。

    この世界における有機生物の起源について少し考えてみました。
    はじめに人間の先祖である猿人と、獣の巨人の容姿の関係が気になりましたが、ここはうまく考えがまとまりませんでした。
    海やプランクトンの発想も私の頭では展開せず…

    視点を変えて「大地の悪魔」を考えてみます。
    大地を司るものでよく出てくるのがノームやドワーフです。
    ドワーフは小人ですが、物づくりの技術に長けており、グリシャの言っていた「荒地を耕し、道を作り…」の能力を持っています。
    進撃の舞台と仮説されているドイツでは、クリスマスになるとドワーフの雑貨をよく見ますね。
    リンゴは単純に考えればキリスト教の知識の実ととれるので、ドワーフの土木技術を受け継いだと見られます。

    北欧神話では、ユミルの死体の土から生まれたドヴェルグがドワーフと関連づけられているようです。
    闇の妖精に属しており、太陽の光を浴びると石になるそうです。
    進撃の巨人の巨人は暗くなると活動が鈍くなるので逆ですが…
    トールキンのドワーフは女性も男性寄りの外見でヒゲが生えることもあり、男性と区別がつきにくいのは巨人と似ていますね。

    そしてこの記事で触れられたミカサとの関係ですが、
    読者側の世界では日本人(東洋人)は農耕民族なので土と関わりが深く、
    アッカーマンはドイツ語でアッカーが畑という意味で農民を表していますから、確かにものすごく「大地」っぽいですね!

  3. ヘイ!長 より:

    アース団長こんにちは!

    的外れになるかもしれませんが思いついたので書いてみます。

    先日バラエティ番組で、人類の言語の起源はアフリカのある地域では、という説を見ました。現在使用されている音素の数が最多であること、そこから大陸移動して世界中に広まったため、アフリカから離れれば離れるほど音素の数が減っていく、というような事を解説していました。
    それを見た時は、ぼんやりと「あーだから進撃の世界ではアフリカの地図がベースなのか?」とぼんやり思ったりしたのですが、それを踏まえると今回の「有機生物の起源」のお話では、何となく私の中で東洋の一族のことは引っかかりませんでした。
    何というか、人類の起源から東洋人も派生しているだろうから…東洋人だけ突然変異ってことにはならないかな…とざっくりぼんやり思ってるだけなのですが。

    それで、ちょっとググってみたら、ご存知かなとも思いますが「ミトコンドリア・イブ」という言葉を見つけまして、諫山先生はこれを参考にしてるんじゃないかなーと思いました。
    「人類の起源を辿っていくとたった一人のアフリカ人女性にたどり着く」と言う学説です。
    だから作中のあの人物が女の子なのかなぁと…。
    アース団長の言われるツールがミトコンドリア、ということなのかなぁ…と。

    東洋の一族が魔女的な役割を果たしているとしたら、聖書の中にもそんな様な話があるみたいです。
    (ヤペテの役割とかそんな話です。もう頭パンクしそうです笑)
    色んな素材が組み合わさって、改めてすごい作品なんだなと感心してしまいます。

    駄文ですみません。

  4. キンタ より:

    大地の悪魔。
    大地から得た人知を超えた力・・・

    なんらかの、ウイルスとか病原菌とか、そういうものかな、と。

    これが、人体に作用して巨人化。
    植物に作用して巨大樹、黒鋼竹。へと繋がるのかなと思います。

    食糧需給を支える「酵母」もこの辺に繋がるように思います。

    まだまだ、分からないことだらけですが、こちらの考察を参考に考えると、進撃がさらに楽しくなります。

  5. コンロガス より:

    こんにちは~。

    身も蓋もない話で恐縮ですが、有機生物の起源は、「と唱えるものもいる」という言葉を使ったクルーガーの話の文脈上、伏線でも何でもなく「ただの一説」にすぎないのかなあと思っています。


    ただ、「始祖ユミル」が巨人化能力を得るくだりは、いずれ漠然と明らかになるのではないかとも思っています。

    なぜならば、エレンが「始祖の巨人」を保有しているからです。

    日を増すごとにグリシャの記憶が融合しつつあるエレンは、グリシャの記憶ほどには鮮明ではありませんが、フリーダレイスの記憶も有しています。グリシャの記憶と同じく、始祖の巨人を有していたフリーダの記憶も徐々にエレンと融合していく可能性がありますよね。ところで、レイス家の人々が始祖の巨人を継承すると、継承時点で初代王(ユミル)の思想に完全に染まり切ります。これはフリーダも例外ではありませんでした。エレンはレイス家ではないので、おそらく最後まで完全には染まり切らないでしょうが、いずれエレンの中に、フリーダの中にあった初代王の思想の記憶が芽生え始め、最終的(=約8年後?)には漠然とした「約2000年前の始祖ユミルの記憶(=巨人化能力を得るくだり)」が蘇ることになるのではないでしょうか。

    そして、そのときに「2000年後の君へ」という意味も明らかになると予想します。

  6. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく読ませていただいております。

    団長の考察、するどいですね。東洋の一族が、絡んでくることを前提に自分も妄想してみました。
    まず、パラディ島がマダガスカル島をモデルにしているなら、両島を照らし合わせて考えるとなかなか面白い考察が出来ます。マダガスカル人のルーツは最初に東南アジアから渡って来た人びとと、あとから来たアフリカ系の人びととのミックスと言われています。そしてマダガスカル島に住む生物の90%は固有種で独特の進化を遂げています。
    これをパラディ島に当てはめてみますと、ユミルの民は東洋と西の大陸にルーツを持ち、パラディ島で独特の進化を遂げた人びと(他の民族とは違ったDNA や酵素を持つなど)と例えられるのではないかと思います。もしかしたら作られた人種?とも思っているのですが。
    “有機生物の起源”もこの島ならではの固有種からの研究ということもなきにしもあらずです。
    東洋人=大地の悪魔は連想しづらいので、東洋人が大地の悪魔を生み出したと考える方がより自然かなと思います。
    少々こじつけですが、東洋人が何かしら絡んでそうですね。

  7. 普通の東洋人。 より:

     熱帯魚の飼育や園芸が趣味の方はご存知かもしれません。
     「光合成細菌」という『光合成を行う生物で、最も原始的な生物』と言われる微生物がありまして。
     一部の種類を培養したものが、水質や土壌の改善・作物の生育促進などの目的に使用、市販されています。 探せば水田や海洋、湿地にもいる模様。
     中でも初期に出現した『緑色硫黄細菌』『紅色硫黄細菌』は、光合成により酸素ではなく「硫化水素を利用し硫黄」を生み出します。 太古の地球に降り注ぐ宇宙線・紫外線そして当時は生物に有害だった酸素を避け、水中や土中に生息していた名残だそう。
     前置きが長くてスミマセン…。
     『有機生物の起源』とはズバリコレで、ジークがシガンシナ戦で発生させた巨人の『素材』かなと思いました。
     一応この『緑色・紅色硫黄細菌』と巨人との共通点を。
    ①太陽光がエネルギー源。
    ②酸素が苦手。
     巨人薬も空気に触れると気化しますが、巨人のうなじを削ぐと絶命するのは、脊髄液が外気に触れるから?
    ③硫黄臭。
     諫山先生への一問一答で、
    「ミケは色んな匂いを嗅ぎますが、巨人はどんな匂いがしますか?」
    「温泉街特有の匂いです。」(諫山先生)
     …偶然にしてはピンポイントな解答なので気になります。
     先生のご実家は梅農家さんですから、もしかすると有用微生物についてはお詳しいかも…?
     という訳で、『有機生物の起源』とは…。
    「ある種の無知性巨人の身体を構成する、土中の光合成細菌の一群」と推測。
     蛇足ながら前に『大地の悪魔』は「人間を巨人へと変えてしまう土中の病原性細菌では」と考察したのですが、科学技術が未発達だった始租ユミルの時代なら、突如現れた巨人に皆『悪魔の仕業』と信じたのかも。
     とまあ…真に科学の知識をお持ちの方には「んなアホな!」と一笑に伏されそうな考察が出てきました。
     それ以上に、ならどうやって巨人に変えたのかという最大の謎がもう全く見当もつかないという…。 
     ただジークには、脳に思い浮かべた形状を現実化する力がありそうですが(子供ジークの猿のオモチャといい…)。

  8. ガビかわいい。 より:

    有機生物の起源に関して。
    考察いつも楽しく読ませてもらってます!
    進撃の巨人にハマった後、改めてエヴァを見直したら、あれ?なんか色々と設定が似てるなーと感じ、有機生物の起源に関してと、エヴァと進撃の類似点をここに書きます。
    かなりの独断偏見がありますが、そこはご了承下さい。

    実は過去に制作が中止となったエヴァンゲリオンの2時間の映画のプロットが、実は進撃の巨人の世界観の設定に似ていたと言うお話がありました。
    ATフィールドの壁に囲まれた場所で人類が生き残り、その壁の外に出ると使徒に食われる。

    たまたまかなーと思ったんですが
    エヴァが使える唯一の特殊能力ATフィールド
    と進撃の巨人の硬質化、、あれ?硬質化で壁を作る。硬質化した体は硬質化した拳で突破。

    有機生物の起源、、アダム?
    実は今回の新劇場版に関して旧劇場版のループ世界であると言うのは有名な説ですが、旧劇場版でアダムは一体だったが、新劇場版では9体となり、名前がアダムスになっていると言う考察があります。(アダムス=量産機説)
    有機生物の起源のアダムが、九体のアダムスに。
    始祖の巨人は、九体の巨人に、、あれ?

    あと今回エヴァ新劇場版のパイロットの設定に関して、実は人間じゃないと言う説があります。歳をとらない、リリン(人間)が近づけない場所にいられる、強化ガラスを割るほどのパンチ力(アスカ)

    巨人の力を継承した者は寿命が13年になるが不死に近い再生力を得ると言うのも、あれ?なんか似てると感じました。

    ここから先はエヴァンゲリオンのイメージに基づいて進撃の巨人を考察します。
    大地の悪魔と契約を結んだ。この契約と言う言葉もエヴァっぽいですが、エヴァではアダムやリリスにも思惑がありました。
    進撃も契約と言うからには、大地の悪魔が力を貸した理由と言うか、ユミルに力を与える事で何か叶えたい事があったのかな?と感じました。

    エヴァではアダムから使徒が、リリスから人が生まれてます。
    進撃では大地の悪魔とは有機生物の起源であり人類の起源でもあり母のような存在です。

    リンゴを渡してる描写もエヴァっぽい。
    エヴァで言うとリンゴは知恵の実で、使徒は生命の実を食べてます。
    進撃で言うとリンゴをもらう前から知恵は持っているので、使徒的な力、生命の実のようなものを食べたのかな?

    進撃では食べる事で力を継承しますが、その際みんな巨人になって食べてますよね。
    ユミルは最初は人間のまま食べたはずだから手のひらサイズの何かを食べたはず。

    これを考えるとつい、ゲンドウの手にくっついてたサイズのアダムを思い出す。あ、旧劇場版ではゲンドウもシンジ(エヴァ)に食べられてますね。お父さんは息子に食われる定めです。

    話を戻して、有機生物の起源でありなが、大地の悪魔と言うのはなんか変ですよね。
    有機生物全てが悪魔の末裔って事になりますから。巨人は有機生物の起源から生まれ、それは大地の悪魔と呼ばれ、人間とは異なる者?
    では人間は?有機生物の起源とは違うものから生まれた?大地の悪魔とは違う存在?

    有機生物の起源から人間も生まれたが、高い知性が芽生えた後に、改めて有機生物の起源と再会し、知恵の実はもう得ていた(ユミルは服を着ている)から次に生命の実をもらい食べた?

    ユミルの民を長い歴史の中で栄えさせる事で、次元を超えて何かを伝えたい?何かを知りたい?それが2000年後の君へ?
    すみません、わかりません。

    余談
    エヴァの人類補完計画で人類全てがLCLになり、どこまでが自分でどこからが他人なのかわからない世界になったシーン。

    進撃でいう「道」みたいだなーっと

    ミカサ?アルミン?誰の事だ?
    さぁ?誰の記憶だろう

    どこまでが自分でどこからが他人なのか。

    あと少しだけ類似点。
    ライナーとアルベルトはカヲル君ポジションでしたね。
    未来を与えられる生命体は1つしか選ばれないだよ、壁外人類か、壁内人類か、、。やはり最後の敵は同じ人類だったな。。
    エヴァの開発の過程で生まれた感情表現の乏しい綾波、巨人科学の副産物で生まれた言語力の乏しいミカサ。

    でもそんな事はどうでもいい。ガビかわいい。

    そんなわけで、今後のガビの活躍を心待ちにしてます!

コメントを残す

このページの先頭へ