【進撃の巨人】87話ネタバレ考察!「無垢の巨人」の改変考察!

別冊マガジン1月号には、21巻からの続きが読められるように、87話と88話が掲載されています。

つまり、87話「境界線」は12月号に続き、1月号にも掲載されているのです。

そこで驚くべきことに、この1月号掲載の87話には、セリフの改変がありました!

今回は、この改変について考察してみます!

Sponsored Link

◆1月号87話に加わったクルーガーの「無垢の巨人」とは?

2016-11-08_034609
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


場面はグリシャがパラディ島に運ばれ、防波堤の上でクルーガーと会話をするシーンです。

12月号では、クルーガーはただ「知性の無い巨人」と言っていますが、1月号では「知性の無い『無垢の巨人』」となっており、「無垢の巨人」という言葉が加わっています。
2016-12-14_132625-horz
「進撃の巨人」別冊マガジン1月号、12月号より


これは、驚きですよね!

コミックス化されてのセリフの改変というのは良く見られますが、1ヶ月後の雑誌掲載時での改変と言うのは珍しいのではないでしょうか?

管理人アースが、これまでに気付いたのは、75話「二つの戦局」の場面だけです。

76話最新あらすじ画バレ!「雷槍」感想と考察!でも指摘していますが、ちょうど1年前の別冊マガジン12月号ではこのように、「トロスト区で」となっていましたが
2015-12-08_142129
「進撃の巨人」別冊マガジン12月号75話「二つの戦局」より


別冊マガジン1月号掲載でのハンジのセリフは、このように「シガンシナ区で」と変更となっています!
2015-12-08_141743
「進撃の巨人」別冊マガジン1月号75話「二つの戦局」より


これは単純に名称のミスなので、すぐに気付き、次の1月号で変更したのでしょう。

しかし、今回は名称ミスのような明らかなミスではありません。

コミックス掲載前でも、クルーガーのセリフに「無垢の巨人」という単語を加えたかったということでしょう!

何の為に、どのような理由でこの「無垢の巨人」を加えたのでしょうか?

その理由を考察してみます!


◆クルーガーに「無垢の巨人」と言わせた理由を考察!

2016-12-08_041713
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


まず、この「無垢」とはどのような意味でしょうか?

goo国語辞書によると、「清浄であること。けがれがなく純真なこと。うぶなこと。」とあります。

たしかに「無垢な少女」など、そのような意味で使われていますよね。

となると、「無垢な巨人」とは「けがれがない巨人」という意味となります。

これ、良い意味ですよね!

たしかに「人を喰らう」以外に興味を示さない無知性巨人は、言ってみれば無垢なのかもしれません。

しかし、巨人に対して「無垢」というのは、何だか奇妙な表現ですよね。

例えば、ユミルが言ったセリフや
2016-12-14_143138
「進撃の巨人」第46話「追う者」より


ハンジが言ったセリフを思い出します。
2016-12-14_143158
「進撃の巨人」第57話「切り裂きケニー」より


ユミルが巨人に対し親近感を持った表現をするのは、彼女自身が巨人であった時代があり、さらには彼女が「ユミル」だからでしょう。

ハンジは、間違いなく変人だからでしょう(笑)

しかし、クルーガーに「無垢の巨人」と改変してまで巨人に対し良い意味を持つセリフ言わせる理由とは、何なのでしょう?

おそらくは多くの同胞、エルディア人を巨人にして来た自責の念を表す為の改変だと思われます。

彼がその行為を悔いている場面も登場していますが、巨人達を同胞であると思っていることを表すために、巨人に対して良い意味での表現をさせた改変をしたのでしょう。

あとは、もしかしたら今後クルーガーが、無知性巨人に対して良いイメージを持っているという場面が登場する予定であり、その伏線と捉える事もできますよね!

88話を最後にクルーガーの登場はもう殆どないのではと考えている管理人アースですが、この改変を見て、もしかしたらまだクルーガーが登場する場面が、予想以上にあるのではと思う管理人アースでした!

89話あらすじ!
「進撃の巨人」第88話あらすじ考察!
88話ネタバレ考察!エレンクルーガーの意味を考察!


Sponsored Link

14 Responses to “【進撃の巨人】87話ネタバレ考察!「無垢の巨人」の改変考察!”

  1. リヴァイ料理長 より:

    こんばんは!
    お久しぶりです。

    このセリフの改変は僕も気になっていました。
    ただ、よくよく読むと「無垢の巨人」とは無知性巨人の名前なのではないかと思いました。
    エレンの巨人が「進撃の巨人」という名前があるように無知性巨人には「無垢の巨人」という名前もしくはマーレでそのように呼ばれているのではないでしょうか。

    ここで、無知性巨人の名前を入れることで、巨人全てに名前があるということを表しているのではないかとおもいました。

    • 管理人アース より:

      リヴァイ料理長さん!

      コメントありがとうございます!
      お久しぶりですね!(^^)

      >「無垢の巨人」とは無知性巨人の名前なのではないか
      ああ、なるほど!
      知性巨人は「9つの巨人」ですし、無知性巨人は「無垢の巨人」なのですね。
      そうなると、もしかしたら「奇行種」にも何か名前があるのかもですよね(^^)
      これ、面白いですね!
      しかし、急遽改変するということは、急に思い付いたのですかね?(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

      • 芋を蒸した者 より:

        私もリヴァイ料理長さんと同じように「無垢の巨人」は無知性の名称なのではと感じられました。わざわざカギカッコで囲ってあるあたり、カギカッコ無しで知性の無い無垢の巨人と書くよりも[無垢の巨人]という[単語]を強調しているように見えます。
        仮に、無知性巨人の名称ではなかった場合、「無垢な巨人」と表現されると思ったのも根拠の一つです。
        無垢という言葉を使うときは無垢な◯◯と使うことが多く、今回は無垢「の」になっておりますので無垢の巨人が名称だとしたら知性巨人の名前と同じように「◯◯の巨人」という名付け方に沿って無垢「の」となっているのだと思います。
        ただ、9つの巨人の名称であるとしてもそんな割と重要なことであるなら書き忘れるとも思いませんし普通改変される前から書かれているとも思いますけどねw

  2. 元ウトガルド城主 より:

    アース団長お疲れ様です。

    無垢な存在というと私は赤ちゃんを連想しちゃいますね〜。
    赤ちゃんって動くものに興味を示し、なんでも口に入れてしまいますよね笑
    無知性巨人の行動原理的なものは人間に興味を示す赤ちゃんなのかと…

    今後注射の作用機序まで解明されたら何かわかるかもですね〜

    更新お疲れ様です!

  3. 進撃してやる! より:

    考察お疲れ様です

    あの書き方だと知性のある「無垢の巨人」もいるのかと思ってしまいました。もしかしたら四足歩行の巨人が知性のある無垢な巨人なのかも…ないですかねw

    以上です。

  4. 突撃の小人 より:

    アース団長、皆さん、はじめまして。
    アニメ2期を前にし、考察サイトを久しぶりに読み渡っていてこちらにたどり着きました。
    どうぞよろしくお願いします。

    「無垢の巨人」は、もともと「知性のない巨人」と言っても差しさわりない場面で使われたので、その同義語と考えて良いと思います。
    ここで、あえて似たような言葉に書き換えたのは「知性のない巨人」とさらに区別をつける必要があるためではないでしょうか。

    この場面では、グリシャの仲間が巨人になり、まだ人間を捕食した描写がありません。
    そのことから私は「まだ人間を食べていない巨人」のことではないかと感じています。

    • 管理人アース より:

      突撃の小人さん!

      コメントありがとうございます!
      「無垢の巨人=無知性巨人」で間違いないように感じますね。

      >「まだ人間を食べていない巨人」のことではないかと
      これ、面白いですね!」
      人間を捕食した時点で、無垢ではなくなるかもですね!
      そうなった巨人には、また違う名称があるのかもです(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. 寸劇の虚心 より:

    アース団長、こんにちわ。
    いつも楽しく拝見させてもらってます。初投稿です。できるだけ、端的にコメントします。たくさんの方が投稿されているので同じような考察は他にもあるかもしれません。

    私も、この「無垢の巨人」は無知性巨人のことを指していると考えるのが自然かと思います。そして、これは、無知性巨人が巨人として存在する意味を純粋に行使しているという意図かなと。
    無知性巨人がすべからくやっていることといえば、ご存じのとおり人間の捕食です。ただし、私は巨人は単に人間を捕食しているだけの存在ではないと思っています。

    最初に違和感を感じたのは、カルラが捕食されるシーンです。捕食される直前は、確かハンネスにエレン達をつれて逃げるように諭すという場面だったかと思います。母親の純粋な愛情を表現する名シーンです。このとき、巨人はカルラをつかんではいるもののまだ捕食していません。そして、カルラは「行かないで」と人間らしさを見せた後で食べられてしまいます。聖母のように子供たちのことを思いながら亡くなるというのは漫画としてはあり得るパターンかなと考えると、ここであえて人間らしさを出すというのは、なくてもよかったかなと思います。それを描くのが、進撃の巨人なのかもしれませんが(笑)

    そして、もう一つ、イルゼが捕食されるシーンです。イルゼは捕食される前にイルゼイーターと一定期間コミュニケーションをとっています。そして、何かをきっかけとして、捕食することにためらいを覚えながら、何かと葛藤しながら最終的にイルゼを捕食します。きっかけは、イルゼが巨人に対して敵意を示したことだったように記憶しています。

    そして、初代王の意識を継承しているウーリは「そのわずかな人類の黄昏に 私は楽園を築きあげたいのだ」と言っています。無知性巨人は初代王の目的に沿って行動していると考えるのが自然であり、それは、楽園の構築と関係するのかなと考えています。

    これらを踏まえて、私は、巨人は敵意といった友愛と反する精神に反応しているのかなととらえています。そして、無知性巨人は戦争をしたり、私利私欲のある人間を排除する役目を担っており、初代王は聖人のような人たちを残すことで、皆が幸せに生きることができる楽園を築きたかったのかなと(当然、それは成功していないんですが)。そう考えると、「無垢の巨人」は重要なニュアンスを持っている気がします。

    では、今後も団長の考察を楽しみにしています。

  6. sukekiyo より:

    こんにちは、アースさん。

    『無垢の巨人』に関しては私も既にコメントを寄せられている方々と同じで「巨人の名前の一つ」だと思っていました。
    ただ、9つの巨人の名称の一つとはまた違うような気がしています。

    ちょうど88話が公開された直後、Twitterのフォロワーさんがこの改変について呟かれており、(私は最初見逃していたのでその方のツイで初めて知って)そこでハッと気づきました。
    先にコメントされている元ウルガルド城主様と全く同じ発想なのですが、「無垢」という単語のイメージから「赤子のようだな」と連想したわけです。

    赤ちゃんて目がしっかり見えないのでわずかな音や匂いにも敏感だったり、手当たり次第に目の前の物を口に入れてしまう行動なんかはよく似ていますよね。
    巨人が人をどうやって感知してるのか未だ謎なのも、このあたりにヒントがあったりするのではないかな…と妄想しています。全然的外れかも知れませんが。

    やはりわざわざ「無垢」という表現を充てるところからみると、巨人側にも正当性があって存在しているような印象を受けます。何も悪いことはしていないから恨まないで欲しいとでも言うように。
    今物語のアングルは壁の外の人物に向けられているのでそのような表現なのかも知れませんが…。

    少なくとも一番最初にこの「無垢の巨人」が誕生したきっかけなどが分かればスッキリしそうですよね。そして「進撃の巨人」以外の9つそれぞれの巨人の名前も知りたいですね。

    • 管理人アース より:

      sukekiyoさん!

      コメントありがとうございます!

      >巨人側にも正当性があって存在しているような印象を受けます。
      そうなんですよね。
      無知性巨人がエルディア人であり、無理やり巨人化されているのもそうですが、初期の頃の巨人とは見方が変わりますよね。
      最終的に、誰が敵なのか…ユミルの「せー」が気になります(・_・;)

      >「進撃の巨人」以外の9つそれぞれの巨人の名前も知りたいですね。
      これ、気になりますよね!
      ひとつは「始祖の巨人」でしょうか?

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. りりり より:

    初めてコメントします。
    つまらないものですが察するに。
    アダムとイブが禁断の果実を食べて、無垢ではなくなり知恵を得たことをモチーフにしているのではないでしょうか?
    〇アダムとイブ→禁断の果実食べる→無垢でなくなる(知恵を得る)→裸が恥ずかしくなり服を着る等。
    〇無垢の巨人→有機生物の起源に触れる→小型化し、人間が誕生(知恵を得る)
    これがモチーフだった場合わかることは、ユミルの民の本来の姿は巨人であり、人間のような状態でいることが特殊であることになりますね。

  8. りりり より:

    追記ですが、上の結論とと同時に。
    いつものユミルフリッツがリンゴを与えられる絵では、リンゴ(有機生物の起源)を与えているのは少女側であり、巨人側が受け取っているのではないでしょうか?
    だとしたら面白いなって意見です。

    • 管理人アース より:

      りりりさん!

      コメントありがとうございます!

      >巨人側が受け取っているのではないでしょうか?
      これは54話の画の事ですかね?
      2015-10-05_044157

      「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より


      としたら、あり得そうですよね!
      86話の大地の悪魔との画でも、そのようにも見えるかもですが…としたら少女の方が「大地の悪魔」とも言えますね!
      これは面白いかもです(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  9. 青ねこ より:

    管理人さん、初めまして。

     無垢の巨人、という言い方は皆さんの予想のように「リンゴを食べる前の悪知恵等がなく、汚れがない」という巨人のことではないかと思います。ユミルとヒストリアの巨人についての会話で、ユミルが「あいつらは結構いいとこもあるんだ」などと言っています。これはマーレとエルディアの「9つの巨人」を使った果てしない民族や国の争いに対し、無垢の巨人はある意味では害がなくて悪用できない、ということを指しているのではと思います。
     ただし、まだあのユミル(いわゆる始祖のユミル・フリッツではない)の素性とかどうして巨人になったかが不明なので、それによって発現の意味が変わってくるとは思いますが。
     ただし、ユミルは上記に挙げた発言の他に「(60年間壁の外をさまよっていたことについて)悪夢のようだった」とも言っているので、全面的に巨人の存在を肯定しているわけではないのですが。
     ユミルの素性については「私は皆のために一度死んで生まれ変わった、だから今度は自分のために生きる」とあるところから、ユミル・フリッツの生まれ変わりかも?という予測もできます。そう、まさしく「座標」を通して時空を超えて移動したというような事があるかもしれない。

コメントを残す

このページの先頭へ