【進撃の巨人】最新刊26巻の発売日8月9日(予想)までに抑えるべき考察まとめ!

8月9日が発売日(予想)となっている「進撃の巨人」26巻ですが、間違いなく「マーレ編」で最も盛り上がる巻となるでしょう!

25巻にて開戦した調査兵団とマーレの戦士達の戦いが、大激突する巻になっています。

さて、そんな戦闘展開が多い巻となっている26巻の中にも「伏線」「伏線回収」が多々しかけられています。

そのような伏線回収を見逃さないよう、26巻発売日までに抑えておかなければいけないポイントをまとめてみました!

26巻に関係する伏線場面を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆アニの最後の場面を踏まえた場面が登場!

2018-03-15_051631
「進撃の巨人」第34話「戦士は踊る」より


33話「壁」にて水晶体に覆われた状態で眠りについたアニは、34話を最後に登場しておりません。

このアニの水晶体を踏まえた場面が、26巻1話目第103話にて登場します!

アニの水晶体を踏まえた場面を読んだ時に、パッと意味が分かるように34話が収録されている8巻を26巻発売日までに読み直し抑えておきましょう!

今すぐアニの水晶体を踏まえた場面を見たい方は103話「強襲」あらすじ感想考察!にて載っていますので、見てみてください!


◆エレンの巨人化練度が感じられる場面の登場!

2016-05-07_035244
「進撃の巨人」第81話「約束」より


エレンの巨人化の練度については、当初はコントロールする事すら危ぶまれていましたが、シガンシナ区決戦時には全身の硬質化も可能になっており、かなり高度になっていました。

それから4年経った103話では、さらに練度が上がったように見られる場面が26巻1話目第103話にて登場します!

それらを感じられるように、シガンシナ区決戦編あたりからを26巻発売日までに読み返しておきましょう!

管理人アースは、20巻を読み返しました!

今すぐエレンの練度が上がっていると感じられる場面を確認したい方は103話「強襲」あらすじ感想考察!にて確認できますので見てみてください!


◆ベルトルトから超大型巨人を継承したのはアルミン

2016-08-08_040659
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


84話にて、黒焦げになっていたアルミンはリヴァイの巨人化注射により無垢の巨人となり、同時にベルトルトを捕食し超大型巨人継承者となりました。

その後アルミンが超大型巨人化した場面は登場せず、その設定すら忘れてしまっている方もおられるのではと感じています。

このアルミンが超大型巨人を継承していることを覚えていないと意味が分からないだろうと思われる場面が、26巻1話目第103話にて登場します!

その意味が分かるように、26巻発売日までに21巻を読み返しておきましょう!

今すぐその場面を確認したい方は、103話「強襲」あらすじ感想考察!にて確認できますので見てみてください!


◆車力の巨人のジャンの因縁

2016-07-08_035828
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


ジャンと車力の巨人はシガンシナ区決戦で相見えており、ハンジを捕食しようとした車力の巨人からハンジを助けています。

しかしその際、捕らえていたライナーを奪われ、その前にライナーを始末しようとしたハンジを止めたジャンの判断ミスとなりました。

そのためジャンから見ると、車力の巨人には借りがあるという形となります。

この経緯を知っておかないと意味がわからないであろう場面が、26巻1話目第103話にて登場します!

その場面の意味が察せられるようになるために、26巻発売日までに21巻を読み返しておきましょう!

今すぐその場面を確認したい方は、103話「強襲」あらすじ感想考察!にて確認できますので見てみてください!

◆壁を破壊した超大型巨人ベルトルトを復習!

2018-04-14_044814
「進撃の巨人」第79話「完全試合」より


第84話「白夜」にてアルミン巨人に捕食され死亡退場となったベルトルトですが、「進撃の巨人」のアイコンである超大型巨人として、重要なキャラクターとして活躍していました。

そして壁を破壊した張本人であり、さらには壁の中の巨人も超大型巨人であることが分かっているため、アルミンに継承されているであろうベルトルトの記憶は非常に重要であることが察せられます。

26巻2話目となる104話では、このアルミンに継承されているであろうベルトルトの記憶を察せさせる場面が登場します!

26巻発売日までにベルトルトとその超大型巨人を見直しておきましょう!

特に「シガンシナ区決戦編」に登場している超大型巨人や、24巻96話での超大型巨人が壁を壊す場面は読み直しておくと良いかなと思われます!

今すぐ104話でベルトルトの記憶を察せさせる場面を確認したい方は、104話「勝者」あらすじ感想考察!を見てみてください!

◆ユミル巨人の見直し!

yumiru
「進撃の巨人」第40話「ユミル」より


マーレ編に入ってから登場している「顎の巨人」はもともとユミルが継承していた巨人となっています。

マーレ編ではポルコ・ガリアードが継承していますが、ユミル巨人の時とはかなり容姿が変わっています。

そして26巻2話目となる104話では、ポルコ顎巨人が非常に大活躍し、ユミル巨人との比較が重要となる描写も登場します。

そのため、26巻発売日までにユミル巨人が活躍した10巻、12巻を読み返しておきましょう!

ポルコ顎巨人が大活躍となる104話の内容を確認したい方は、104話「勝者」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

◆コニーの「明かりの設置」を復習!

2018-02-08_040843
「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


24巻102話にて登場したコニーがサシャに言われ「明かりの設置」をする場面が登場しました。

これが何の為だったのかは謎となっていましたが、26巻2話目となる104話で回収される展開となりました!

26巻発売日までに25巻を読み返し、明かりの設置がされる場面を見直しておきましょう!

今すぐその場面を確認したい方は104話「勝者」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

当サイトでの明かりの設置に関する考察は、102話考察!コニーの明かり(ライト)を考察!にて行なっています!

ただ、追記にて伏線回収の説明もしていますので、ご注意ください!

◆エレンとミカサの生い立ちを復習!

2018-01-12_065713
「進撃の巨人」第6話「少女が見た世界」より


エレンとミカサは血は繋がっていませんが、兄妹(姉弟?)のような関係となっており、シガンシナ区にて同じ家に住んでいました。

これは2巻を読んでいただくとその経緯が良く分かります。

両親を殺されたミカサをエレンの父グリシャが一緒に暮らそうと提案し、そこからエレンと同じ家に住む事になりました。

この辺りの経緯を知らないと意味が分からないであろう場面が、26巻2話目となる104話にて登場します!

そのため、26巻発売日までに2巻を読み返しておきましょう!

できれば1巻、2巻と読み返した方がより分かるかなと思われます!

今すぐ、104話の場面を確認したい方は104話「勝者」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
【進撃の巨人用語集まとめ】
【進撃の巨人】25巻の発売日4月9日までに抑えるべき考察まとめ!


Sponsored Link

3 Responses to “【進撃の巨人】最新刊26巻の発売日8月9日(予想)までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. 激しい戦闘活劇ばかり長く続くと、返って
    ダレてきてしまうものです。
    ので、第104話=第26巻の中盤からは、
    心理戦や回想劇に入っていくのが定石と
    思われます。

    シガンシナ区決戦においても、戦いの中盤
    で アルミンとベルトルトの交渉劇があったり、
    マルコが捕食される 回想劇があったりと、
    そこで一息ついて、再び戦闘がスタートして
    いきます。
    第26巻の中盤でも、エレン、ジャン、ガビ、
    ジーク、ファルコ等の心理戦が繰り広げられ、
    最終決着に向かって この後どーなる?
    というのが 定石かと思われます。

    しかし、定石破りが充分に想定されることも
    忘れてはなりません。

  2. クロ より:

    伏線になってるのかもわかりませんが、ジークが持ち去ったミケの立体起動装置の行方についても気になります。
    その後マーレにて研究されたような描写もないですし、ジークが軍に渡さずまだ持っているのだとしたら…
    よりジーク寝返り説が濃厚になるような気もします。

    • 管理人アース より:

      これ、ずっと気になっていますよ!
      ただ今回もしジークが立体機動装置を使って獣から離脱したとしたら、ミケの立体機動装置で練習していたという回収があるかもしれませんね!
      シガンシナ区決戦まで、獣登場から2ヶ月間あったのでライベルから教えてもらっていたとか…
      そんな回収もあるかもですよ!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ