【進撃の巨人】最新刊25巻の発売日4月9日までに抑えるべき考察まとめ!

4話目102話分を追加更新しました!

2018年4月9日発売予定となっている「進撃の巨人」第25巻とは、どのような巻でしょうか?

「進撃の巨人」の魅力を説明する際にトップに挙げるべきは、「張り巡らされた伏線」です。

その伏線は多岐に渡っており、時には回収場面が登場しても気付かず、以前に登場していた場面が伏線であることに気付かない場合があります。

そのように、この作品の魅力を損なわないように発売日までに抑えておくべき事柄をまとめてみました!

25巻発売日までには、ぜひ抑えておきましょう!

それでは順番に見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「ベルトルトの夢」が伏線だったことが判明!

2017-11-23_074508
「進撃の巨人」第97話「手から手へ」より


24巻97話にて、ベルトルトが「開拓地で首を吊ったおじさんの夢を見る」と、ライナーとアニに告白している場面が登場しました。

この場面には何かしらの意味があり、そこから97話考察!ベルトルト寝相と首を吊った男を考察!にて考察をし、「アルミンの登場」を意味しているのではと予想しました。

この場面が25巻第1話目にて、このベルトルトが見ていた夢の意味が回収されます!

97話考察!ベルトルト寝相と首を吊った男を考察!の考察結果とは違った展開にて回収されますが、25巻発売日までに24巻を読み返し、この場面を抑えておきましょう!

今すぐ「ベルトルトの夢」の回収場面を確認したい方は99話「疾しき影」あらすじ感想と考察!を見てみてください!
Sponsored Link


◆アニとアニ父の「約束」が登場!

a123d676c4da819839c7367e113da4be
「進撃の巨人」第33話「壁」より


8巻第33話「壁」にて、アニとアニ父との間に交わされた「約束」が登場しています。

これはアニが調査兵団に拘束される際に思い出した記憶であり、この記憶を思い出したアニは硬質化能力にて結晶化し、調査兵団の尋問から免れています。

この時にアニが思い出したアニ父との「約束」が、25巻第1話目となる99話「疾しき影」にて登場します!

登場場面にて、その意味が分かるように25巻発売日までに8巻を読み返しておきましょう!

今すぐ99話での「約束」登場場面を確認したい方は、99話「疾しき影」あらすじ感想と考察!を見てみてください!
Sponsored Link

◆新たな世界の歴史が登場!

2015-10-27_200052
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


「新たな世界の歴史」が、25巻第1話目にあたる99話にて登場します。

これまの展開で、壁内では改ざんされた歴史、レイス家が継承した歴史、クルーガーから見た歴史、グリシャ父が語ったマーレの歴史など様々な「世界の歴史」が登場しました。

もちろん作者による意図的な演出であり、計算された意味のある展開なのですが、そこから読者は色々考察し、どの歴史が正しくどの歴史が歪められた歴史であるのかを、色々なサイトでも考察され検証してきました。

そして25巻第1話目にあたる99話にて、新たな歴史が語られる展開となりました!

ここで登場する歴史も全てが正しいのかは確定できないですが、かなり信憑性の高い説となっています!

この新たな説を理解するためにも、これまでの作中にて登場した「世界の歴史」を振り返り抑えておきましょう!

少なくとも16巻64話「歓迎会」にて登場したロッド・レイスが語る「レイス家の世界の歴史」、そして21巻86話に登場したグリシャ父が語る「マーレの世界の歴史」、22巻89話にてハンジが語る「不戦の契り」の説明は抑えておきましょう!

今すぐ99話にて登場した新たな世界の歴史を確認したい方は99話「疾しき影」あらすじ感想と考察!を見てみてください!

◆「パラディ島の協力者」の存在?

2016-11-08_034538
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


25巻2話目となる第100話「宣戦布告」にて、ヴィリーの口からエレン達に協力する者の存在を匂わせる発言が登場します。

この存在は、22巻第87話にて登場した「東のマーレ敵対国」と繋がる可能性があるのでは、と思われます。

その「東の国」から連想されるのは24巻最後に登場した「東洋のヒィズル国」でしょう!

25巻のヴィリーの発言から、「東洋のヒィズル国」に繋がるように、25巻発売日までに22巻を読み返しておきましょう!

今すぐヴィリーの発言を確認したい方は、100話「宣戦布告」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!
Sponsored Link

◆戦槌の巨人継承者は誰なのか?

2017-12-12_052049
「進撃の巨人」第97話「手から手へ」より


24巻97話にて、9つの巨人での最後の未登場の巨人を継承しているタイバー家が登場しました。

ここでタイバー家当主ヴィリーは、「誰が戦槌の巨人か見抜けましたか?」とヴィリーはマガト隊長に問いましたが、その後の展開からヴィリーが継承者ではないかと思わせるような発言が多々登場しました。

ヴィリーが継承者ではと思った読者は多いと思われますが、25巻2話目第100話にてヴィリーの巨人継承が怪しいと思わせる場面が登場します。

ここで混乱しないためにも、25巻発売日までに24巻を読み返し「タイバー家の人々」を見直しておきましょう!

今すぐヴィリーが巨人継承していないと思わせる内容を確認したい方は、100話「宣戦布告」あらすじ感想考察!を見てみてください!

【追記】

25巻3話目101話にて、「戦鎚の巨人継承者」について大きな展開が起こります!

今すぐ「戦鎚の巨人継承者」についての大きな展開を確認したい方は、101話あらすじ感想考察!を見てみてください!
Sponsored Link

◆アニメseason2エンディングアニメーションの伏線回収が登場!

2017-04-04_060825-vert
これまでパラディ島にある3重の壁の名前「マリア・ローゼ・シーナ」について色々なサイトにて様々な考察がされてきました。

25巻2話目となる第100話「宣戦布告」にて、この名前について大きな展開が起こります!

それはアニメseason2エンディングアニメーションの映像にも繋がる内容となっています!

この展開を読み、season2エンディングアニメーションの伏線を連想できるように、25巻発売日までに確認しておきましょう!

今すぐ第100話の3重の壁の名前の意味についての展開を確認したい方は100話「宣戦布告」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

アニメseason2のエンディングアニメーションでの、3重の壁についての考察はアニメ2期ED考察!3重の壁について検証!にて行っているので、興味のある方は見てみてください!
Sponsored Link

◆8巻でのアルミンの発言に繋がる場面が登場!

2017-12-19_080450
「進撃の巨人」第34話「戦士が踊る」より


25巻2話目第100話では、3重の壁についてのエピソードがいくつか登場します。

その中には、8巻第34話「戦士が踊る」にて登場したアルミンの発言に繋がる内容も登場します!

このアルミンの発言は、この時の内容の伏線という可能性もありますので、25巻発売日までに8巻を読み返しておきましょう!

今すぐ第100話にて登場した3重の壁についてのエピソードを確認したい方は、100話「宣戦布告」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

◆元帥の「羽根の生えた巨人」発言の回収?

2017-05-08_040219
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


23巻93話での会議の場面にて、元帥が「羽根の生えた巨人は…」「いなかったか?」と尋ねる場面が登場しました。

これはマーレ軍があくまで巨人の力に頼った軍事展開を行っているという描写でした。

これは9番目の巨人「戦鎚の巨人」が「羽根があり空を飛べるのでは?」という意味での伏線ではないかとの予想が当時飛び交いましたが、この発言が違う意味での伏線だったのではと思わせる展開が、25巻3話目となる101話にて登場します!

25巻発売日までに23巻を読み返しておきましょう!

この元帥の発言を振り返りたい方は、93話「闇夜の列車」あらすじ考察と感想!にて確認できますので、見てみてください!

今すぐ違う意味での伏線だったのではと思わせる展開を確認したい方は101話あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!
Sponsored Link

◆中央憲兵団対人立体機動装置を思い出させる展開が!

2018-01-17_060319
「進撃の巨人」第58話「銃声」より


25巻3話目となる第101話では、中央憲兵が開発し使用していた対人立体機動装置を彷彿とさせる装備が登場します。

これは、気付かなかければそのままスルーしてしまうので、25巻発売日までに対人立体機動装置が登場した14巻、15巻を読み返し押さえておきましょう!

今すぐ対人立体機動装置を彷彿とさせる場面を確認したい方は101話あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!


◆1巻第1話、2話を連想させるような展開が登場!

2016-12-18_191832
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


これは伏線と言えるものではないかもしれませんが、25巻3話目となる101話では、1巻第1話、第2話を思い出させるような展開が登場します。

1話目「二千年後の君へ」のミカサのセリフである「いってらっしゃい エレン」
2016-12-18_191832
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


2話目「その日」のシガンシナ区陥落展開と対となるような場面が登場します。
img_0

25巻を読む前に1巻を読み返しておき、この辺りを押さえておきましょう!

今すぐ101話の内容を確認したい方は101話あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

◆ジャンの髪を伸ばしていたが伏線だったことが判明!

2015-08-07_225856
「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より


18巻第72話にて、シガンシナ区奪還作戦前夜の食事の場面が登場します。

そこでエレンとジャンがつかみ合いのケンカをするのですが、ここでエレンがジャンの髪について発言します。

これは第3話「解散式の夜」の対比となっている場面と察せられますが、この時のエレンの「何で髪伸ばしてんだ」という発言が、実は伏線だったと思わせる描写が25巻4話目となる102話にて登場します!

この時の発言が伏線であったことを読んだ際に気付けるように、25巻発売日までに18巻を読み返しておきましょう!

このエレンの発言が回収される場面を今すぐ確認したい方は、102話「後の祭り」あらすじ感想考察!にて分かりますので、見てみてください!


◆第70話「いつか見た夢」で登場した「光る鉱石」が登場!

2015-09-08_034226
「進撃の巨人」73話「はじまりの街」より


第70話にてレイス家の地下空間から採掘された光る鉱石が応用され作られたライトは、シガンシナ区決戦編でも活躍したことが分かっています。

これにより夜での移動が可能となり、巨人が眠っている間にシガンシナ区まで一気に移動ができました。

この光る鉱石から生み出されたであろうライトが、壁外調査以外でも活躍する場面が25巻4話目となる102話にて登場します。

この場面で「あの時の光る鉱石か」と察せられるように25巻発売日までに17巻を読み返しておきましょう!

この102話の場面を今すぐ確認したい方は102話「後の祭り」あらすじ感想考察!にて分かりますので、見てみてください!


◆第33話「壁」にて登場した硬質化したアニの登場は伏線だったのか?

2018-02-08_042625
「進撃の巨人」第33話「壁」より


24巻まででアニが最後に登場したのは(回想シーン抜きで)8巻第33話が最後となっています。

この最後に登場したアニは硬質化能力にて自分を覆い、調査兵団から情報を守る事に成功しました。

そしておそらくアニは、その後も生きているのだろうと考えられています。

このアニの硬質化物質で自らを覆っている場面を思い起こさせるような展開が、25巻4話目である102話にて登場します!

これはもしかしたらアニと関係がある展開なのかもしれないので、25巻発売日までにぜひ8巻を読み返しておきましょう!

アニの最後の場面を思い起こさせる102話の場面を今すぐ確認したい方は102話「後の祭り」あらすじ感想考察!にて分かりますので、見てみてください!

コニー死亡?25巻着せ替えカバーから検証!
【進撃の巨人】ネタバレ25巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
【進撃の巨人】ネタバレ24巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
【進撃の巨人】最新刊24巻の発売日12月8日までに抑えるべき考察まとめ!


Sponsored Link

17 Responses to “【進撃の巨人】最新刊25巻の発売日4月9日までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. お堅い話ばかりも何なんで、チョッと
    くだけたお話を…

    第99話で 落とし穴に落ちた ピークは、
    足を痛めて 二速歩行が困難になると
    思われます。
    そこであの、四つんばいで黒髪を垂ら
    した “貞子ピーク”が出現!!
    ピークには、普段の清楚な面と、口を
    グワーッと開けるような オドロオドロ
    しい二面性があると思われます。
    そのギャップの大きさに、萌え~ なの
    です。(笑)

    アズマビト家キヨミ様の登場で、東洋の
    新ステージが見えてきた感じで、考察
    (妄想?)の幅も 広がってきたようです。
    そのキヨミ様とは、
    巨(キョ)・身(ミ) お~ 巨人!!
    どうもキヨミ様は、生粋の東洋人ではなく、
    エルディア人の血も混ざっているのでは?
    と感じるのです。(ウドをかばった場面など)
    意表を突いて、キヨミ巨人出現!!
    その姿は、着流し姿で かっこ良いでしょう。
    (笑)

    話は全く違いますが、現在公開中のアニメ
    映画 「ゴジラ 怪獣惑星」。
    これ かなり良かったです。
    特に、その描き方などが 「進撃の巨人」を
    彷彿とさせ、進撃ファンも熱くなる作品だと
    思います。 ぜひご覧下さい。
    (エルヴィン団長 復活(笑))

  2. ゲレゲレ より:

    東の敵対国はヒィズルではなく中東連合かその構成国のことのような気がする。

  3. 竹槍 より:

    アニメseason2のエンディングシーンで思い出したのが「酵母」です。3人の娘が食べている肉塊は酵母っぽくないですか?もしかして始祖の巨人の死肉が酵母であり、それを食べることで巨人化ウイルスに感染してエルディア人になるのでは?つまりエルディア人とは特定の遺伝子を持つ民族ではなく巨人化ウイルス感染者のこと。

  4. あれだけ世間を騒がせた?ノッポ兵が
    101話で退場というのは解せません。
    巨大トゲや 巨大ハンマーの出現に、
    ノッポ兵が大きく絡んでいると 私は
    観ています。
    また、最初にエレン巨人に殴られた
    戦鎚の顔が、ノッポ兵に似ているのも
    大きな謎です。

    調査兵団の面子や、顎ひげマーレ兵
    の正体も注目です。
    恐らく 102話も、更なる怒涛の展開と
    なることでしょう。

    • 管理人アース より:

      怒濤の25巻最終話は、思わせ振りな終わり方をするかもですね(笑)

      ハンジさんが!?みたいな(笑)



      管理人アース

  5. 二度目の投稿 より:

    こんちは。団長。精力的な更新、お疲れ様です。
    今回読んでてピーンと浮かんだ妄想を書きます。
    ズパリ、パラディ島側もしくはフクロウの協力者はアニパパでは⁉︎説。
    確かアニが戦士になった時に、そんなつもりじゃなかったとか話があって、必ず生きて帰って来いという約束になったと思います。つまりアニパパがアニを鍛えていたのは反マーレ派としてであったが、訳あって戦士にした。
    101話でライナーママを押して逃してるようなシーンがありますが、これはパラディ島側に合流するため?ともとれます。
    エレンの手紙の宛先もアニパパだった?なんて。
    どうでしょうか。
    既に考察済みだったらすみません。

    • 管理人アース より:

      フクロウの協力者=エレンの手紙の宛先=アニ父という予想、面白いですね!
      これはあり得るかもですよ!
      ただフクロウの協力者は医者であり、フクロウをエルディア人と証明していましたし、さらにマーレ人であると偽っていたはずなので、そうなるとアニ父が名誉マーレ人というのが気になりますね。
      ただ、フクロウとアニ父が繋がっていたという考察は面白いですね!
      あるかもです!



      管理人アース

  6. sora より:

    ジークにもクルーガーの手が回っているとはおもいませんか?
    幼き頃のジークに手をまわしたのではないかと考えています。
    それをジークが理解できたかどうかは定かではありませんが、どうも納得できないんですよね。
    なぜジークは密告しなくてはならなかったのか。
    親が怪しいと思ったとも思うんですが、それだけでは密告しないと思うんですよね。
    密告をしたくなかったのに、密告した、ではなく
    密告したくはなかったのに、密告せざるをえなかった、密告するしかなかった、密告させられた、という風にどうもとれるんですやね、クルーガーはグリシャにしか復権派に正体を明かしませんでしたが、ジークには直接会い自分は実はエルディア人で巨人の力を持っている事を明かしてると思います。
    いくら子供でも口だけでは信じきれず、誰かに話してしまったり忘れてしまったりすると思います。
    なので自分が何者でなんの力を持っているか、なにをどうするつもりなのか、そういうことも真実も告げなければ子供は大人を信用しないと思います。
    一概には言えませんが、誰もが子供だった時、親や親戚、学校の先生から怒られたり、指導をされても、なぜそれがどうなってこうなるかを説明してもらわないと理解できなかった、というのは経験があると思います。
    ましてや7歳の子供が親を売るとは、たとえ憎くても相当な覚悟となにかバックアップがないとできないことですやね。
    多分ジークは誰のことも心から気を許してないと思うんですよね。
    唯一心を開くとすればエレンだと思います。
    そう感じるシーンはジークがエレンに言ったとこがありましたね。
    本当は巨人や人間や住む世界のことなんてジークはどうでもいいことなんではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      >本当は巨人や人間や住む世界のことなんてジークはどうでもいいことなんではないでしょうか?
      これ、なかなかスゴイ考察ですね!
      ジークが心を開ける存在はエレンだけ・・・
      たしかにそのような気持ちを示す場面がありましたね。
      83wagurisya

      「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


      これ、ジークがエレンだけを大切に思っているという意味の場面なのでしょうか?
      2016-07-08_035101
      「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


      これ、これから要チェックですね!\(^o^)/


      管理人アース

  7. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

    ジ-クの密告シ-ンで、クル-ガ-の描写もあるので、私もクル-ガが密告させた、密告するように仕向けたのだと思います。ジ-クはあと余命わずか1年。唯一心が開けるのが弟であるエレン。進撃の巨人は「血のつながり、血縁」に重き意味が置かれているように感じます。
    わずか余命1年で何ができるか。たまに自暴自棄的なジ-クを感じることもあったのでsoaraさんの考察にあるように巨人とか、マ-レとかエルディア人とか王家の血とかももうどうでもよいのかもしれません。今のジ-クの目的は、ただ、ただ、弟エレンをこの残酷な世界からと父親の束縛から救い出すことだけなのかもしれませんね。それが彼の生きてきた意味につながるのかもしれません。なんだか切ないですね。

  8. PANDA より:

    すみません
    今ツイッターの方を拝見しましてどちらに書き込んで良いかわからずこちらへ‥

    season3え、NHKっすか
    (・_・;)
    規制とか、予算とか、DVDBOX販売とかもろもろ不安しかないのですが
    だ、大丈夫なのでしょうか‥?

    でも、一つだけ希望を感じたのは
    NHKならば放送回数とか関係なく
    最終回までやってくれるのかなぁと
    これは本当に期待してしまいます

    • 管理人アース より:

      >season3え、NHKっすか
      まさに驚きですよね!
      これも記事にしようと思っていますが、公開はちょっと先になりそうですm(_ _)m
      規制はたぶん大丈夫かなと思っています。


      まさにりんごさんと同じイメージです。
      というか、そのように期待しています!(笑)



      管理人アース

  9. コスケ より:

    先日の考察で、昔、橋などを造ったのは戦槌では?とありましたよね。
    ヴィリーの代になってからも、戦槌の力を使って他国にインフラ整備を行ったのではないでしょうか?
    ヴィリーが他国の要人、特に有色人種の多い発展途上の国に、やたらと慕われてる理由がシックリきます。

    こうなるとエレンやパラディ島エルディア人の存在がさらに邪魔。まさしく「敵は世界」。

    • 管理人アース より:

      >戦槌の力を使って他国にインフラ整備を
      たしかに武力として使っていないだけで、インフラ整備では使っていたという可能性はありますよね!
      これ、面白いですね!
      戦鎚にはまだエピソードがありそうです!


      管理人アース

  10. sora より:

    連投で申し訳ありません。
    気になることだらけの進撃ですが、更に気になることがあります。
    先日エレンの巨人化の動作はフリーダと似ていると考察をしたものです。
    フリーダは始祖を継承していて、グリシャと戦い破れてしまいましたが。
    まだフリーダ巨人の姿はあまりでていませんが(これからもでるかはわかりませんが)そこで疑問に感じたのは女型の巨人は姿が女体のようだから女型の巨人、それは理解できるのですが、なぜフリーダ巨人の始祖も女性のような姿をしているのだろうと不思議でした。
    多くはないフリーダ巨人の容姿にはいくつか女性特有の胸の形をしているんですよね。
    なのになぜグリシャやエレンはそのような容姿を少しでも表に出ていないかと思いました。3つほど仮説がありまして、王家の人間は特別で昔から始祖を継いできているから継承者の姿が色濃く表にでる。
    もう1つは実は始祖の巨人も姿が元から女性のような体つきなのかもしれない、ユミル・フリッツの巨人の姿は女性の体つきでした。
    ユミルの死後3人の娘+6人(以前投稿させて頂いた時に娘3人+6人という管理人様の考察を交えさせて頂きました。)で巨人を継承したと思うのですが、マリア、ローゼ、シーナだとは思うのですが、始祖を継承しても3人共女性なのでそのまま巨人になっても女性の姿なのかもしれません。マリア、ローゼ、シーナの3人のうち1人は始祖、もう1人は女型など元の姿が女性だから2種類の巨人は容姿が女体。
    もう1つは2代とも女性なのでそこで始祖の巨人は姿が女体になった。
    そして上記のグリシャやエレンはなぜ女体ではないのか、継承した順が進撃→始祖なので姿は女体にならない、もしかするとここまですると案外単純な事もあるような気もするんですよね。
    諫山先生の箸休め的や、読者や先生の遊び心などもあるかもしれません。
    最後にですが、娘が3人だからといって3人全員が巨人を継承してないのかなとも思います。
    1人はパラディ島の王になるために巨人にならなかった、ということもあるかなと思います。

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      ただ、もしこのシーンがユミルの3人の娘の継承場面であれば3人とも継承していることになります。
      2017-04-04_060825-vert
      しかし女形の巨人と男形の巨人の発生の仕方はそうかもですよね!
      面白いですよ!


      管理人アース

  11. aaa より:

    結局大地の悪魔ってなんなんですかね。
    100年前の大芝居で仕掛け人に倒されましたでは納得いきません。そもそもエルディア帝国時代のエピソードでは契約について以外語られなかったのに姿を見せていたというのが驚きですわ。

コメントを残す

このページの先頭へ