【進撃の巨人】最新刊25巻の発売日4月9日までに抑えるべき考察まとめ!

2018年4月9日発売予定となっている「進撃の巨人」第25巻とは、どのような巻でしょうか?

「進撃の巨人」の魅力を説明する際にトップに挙げるべきは、「張り巡らされた伏線」です。

その伏線は多岐に渡っており、時には回収場面が登場しても気付かず、以前に登場していた場面が伏線であることに気付かない場合があります。

そのように、この作品の魅力を損なわないように発売日までに抑えておくべき事柄をまとめてみました!

25巻発売日までには、ぜひ抑えておきましょう!

それでは順番に見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「ベルトルトの夢」が伏線だったことが判明!

2017-11-23_074508
「進撃の巨人」第97話「手から手へ」より


24巻97話にて、ベルトルトが「開拓地で首を吊ったおじさんの夢を見る」と、ライナーとアニに告白している場面が登場しました。

この場面には何かしらの意味があり、そこから97話考察!ベルトルト寝相と首を吊った男を考察!にて考察をし、「アルミンの登場」を意味しているのではと予想しました。

この場面が25巻第1話目にて、このベルトルトが見ていた夢の意味が回収されます!

97話考察!ベルトルト寝相と首を吊った男を考察!の考察結果とは違った展開にて回収されますが、25巻発売日までに24巻を読み返し、この場面を抑えておきましょう!

今すぐ「ベルトルトの夢」の回収場面を確認したい方は99話「疾しき影」あらすじ感想と考察!を見てみてください!
Sponsored Link


◆アニとアニ父の「約束」が登場!

a123d676c4da819839c7367e113da4be
「進撃の巨人」第33話「壁」より


8巻第33話「壁」にて、アニとアニ父との間に交わされた「約束」が登場しています。

これはアニが調査兵団に拘束される際に思い出した記憶であり、この記憶を思い出したアニは硬質化能力にて結晶化し、調査兵団の尋問から免れています。

この時にアニが思い出したアニ父との「約束」が、25巻第1話目となる99話「疾しき影」にて登場します!

登場場面にて、その意味が分かるように25巻発売日までに8巻を読み返しておきましょう!

今すぐ99話での「約束」登場場面を確認したい方は、99話「疾しき影」あらすじ感想と考察!を見てみてください!
Sponsored Link


◆新たな世界の歴史が登場!

2015-10-27_200052
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


「新たな世界の歴史」が、25巻第1話目にあたる99話にて登場します。

これまの展開で、壁内では改ざんされた歴史、レイス家が継承した歴史、クルーガーから見た歴史、グリシャ父が語ったマーレの歴史など様々な「世界の歴史」が登場しました。

もちろん作者による意図的な演出であり、計算された意味のある展開なのですが、そこから読者は色々考察し、どの歴史が正しくどの歴史が歪められた歴史であるのかを、色々なサイトでも考察され検証してきました。

そして25巻第1話目にあたる99話にて、新たな歴史が語られる展開となりました!

ここで登場する歴史も全てが正しいのかは確定できないですが、かなり信憑性の高い説となっています!

この新たな説を理解するためにも、これまでの作中にて登場した「世界の歴史」を振り返り抑えておきましょう!

少なくとも16巻64話「歓迎会」にて登場したロッド・レイスが語る「レイス家の世界の歴史」、そして21巻86話に登場したグリシャ父が語る「マーレの世界の歴史」、22巻89話にてハンジが語る「不戦の契り」の説明は抑えておきましょう!

今すぐ99話にて登場した新たな世界の歴史を確認したい方は99話「疾しき影」あらすじ感想と考察!を見てみてください!

【進撃の巨人】ネタバレ25巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
【進撃の巨人】ネタバレ24巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
【進撃の巨人】最新刊24巻の発売日12月8日までに抑えるべき考察まとめ!


Sponsored Link

One Response to “【進撃の巨人】最新刊25巻の発売日4月9日までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. お堅い話ばかりも何なんで、チョッと
    くだけたお話を…

    第99話で 落とし穴に落ちた ピークは、
    足を痛めて 二速歩行が困難になると
    思われます。
    そこであの、四つんばいで黒髪を垂ら
    した “貞子ピーク”が出現!!
    ピークには、普段の清楚な面と、口を
    グワーッと開けるような オドロオドロ
    しい二面性があると思われます。
    そのギャップの大きさに、萌え~ なの
    です。(笑)

    アズマビト家キヨミ様の登場で、東洋の
    新ステージが見えてきた感じで、考察
    (妄想?)の幅も 広がってきたようです。
    そのキヨミ様とは、
    巨(キョ)・身(ミ) お~ 巨人!!
    どうもキヨミ様は、生粋の東洋人ではなく、
    エルディア人の血も混ざっているのでは?
    と感じるのです。(ウドをかばった場面など)
    意表を突いて、キヨミ巨人出現!!
    その姿は、着流し姿で かっこ良いでしょう。
    (笑)

    話は全く違いますが、現在公開中のアニメ
    映画 「ゴジラ 怪獣惑星」。
    これ かなり良かったです。
    特に、その描き方などが 「進撃の巨人」を
    彷彿とさせ、進撃ファンも熱くなる作品だと
    思います。 ぜひご覧下さい。
    (エルヴィン団長 復活(笑))

コメントを残す

このページの先頭へ