【進撃の巨人】悔いなき選択アニメ後篇ネタバレ感想考察!

スピンオフ作品「悔いなき選択」のアニメ後篇は、「進撃の巨人」16巻限定版に付属しているDVDにて観られます。

原作と比べて、どのような改変がされているのでしょうか?

そして、そこからはどのような考察ができるでしょうか?

それでは考察を開始しましょう!

Sponsored Link

◆アニメ「悔いなき選択」後篇の内容&あらすじ!


原作第3話にあたる、リヴァイ、ファーラン、イザベルが調査兵団に入る場面から始まります。
2016-12-16_185854
リヴァイ達の入団に、フラゴン分隊長が猛反対しています。

しかし、リヴァイ達は入団することになり、原作通り無作法なあいさつをし、フラゴン分隊長の班に入れられます。
2016-12-16_185954
壁外調査に出陣することが決まり、リヴァイはファーランとイザベルに理由を作り、出陣しないように指示をします。

見たことが無い巨人を相手にしながらエルヴィンから書類を奪い、エルヴィンを殺す事をイザベルとファーランには出来ないとリヴァイは判断したのです。

しかし、ファーランとイザベルの説得により、3人で壁外調査に出陣することをリヴァイは決定します。
2016-12-16_191158
そして、とうとうリヴァイ達は第23回壁外調査へと出陣します。
2016-12-16_191830
出陣してすぐに、15m級巨人一体と、10m級巨人2体が現れます!
2016-12-17_195952
調査兵を捕食しだす巨人!

リヴァイはその巨人に向かって馬を走らせます!

そして、立体機動装置にて、リヴァイは見事に巨人を倒します!
2016-12-17_200042
さらに、イザベルとファーランも巨人を倒します!

三人の圧倒的な戦闘力を見て、フラゴン分隊長は「エルヴィンが入団させたがったのが分かる」とリヴァイ達の実力を認めます。
2016-12-17_200116
その後、原作通り雨が降り出します。

この雨を利用し、エルヴィンを襲うとリヴァイが提案し、リヴァイは単独でエルヴィンを襲いに行きます。
2016-12-17_200203
イザベルとファーランは、素直にリヴァイを行かせます。

道中、リヴァイは巨人とすれ違い、すぐに巨人に襲われた調査兵の多数の死体を発見します。

それを見て、奇行種とすれ違った事をすぐに理解し、引き返すリヴァイ!

しかし、時既に遅く、イザベルの頭を発見します。
2016-12-16_192504
そして、ファーランも捕食されているのを確認します。

キレるリヴァイ!
2016-12-16_192619
ズタズタに奇行種を切り刻み、最後にうなじを削ぎます!

そこにエルヴィンが登場し、リヴァイはエルヴィンにブレードを振り上げます!

それを受け止めるエルヴィン!

そして、ファーランとイザベルを死なせてしまった自分の判断を後悔するリヴァイ。

そのリヴァイに「よせ、後悔するな、後悔の記憶は次の決断を鈍らせる。そして決断を他人に委ねようとするだろう。そうなれば後は死ぬだけだ」とエルヴィンは諭します。
2016-12-16_192809
そして、「壁外調査を続ける、お前も来いリヴァイ」とそのまま馬にて移動して行きます。

そのエルヴィンに「自分とは違う景色を見ている」と判断し、エルヴィンに降ることに決めたリヴァイ。

リヴァイが「この決断は後悔しない」と思い、終わります。

Sponsored Link


◆アニメ「悔いなき選択」後篇のポイント考察!


後篇の考察ポイントはこのようになっています!

  • 第23回壁外調査
  • リヴァイにアニメオリジナルの説得をするエルヴィン

  • それでは考察に移りましょう!


    ◆アニメ「悔いなき選択」後篇の考察!

    2016-12-16_191830
    まず、原作では登場していませんが、今回の壁外調査は「第23回壁外調査」とされています。

    そして、この話は原作では844年となっています。

    つまり、エレン達が調査兵団に入団し活躍している850年から6年前となっています。

    そしてその850年に行い、エレン達104期生が参加し、女型の巨人と巨大樹の森で戦闘を繰り広げた壁外調査は「第57回壁外調査」となっています。

    となると、6年で34回、壁外調査を行っていることになります。

    1年で平均5回以上行っている計算となりますよね。

    これは、想像よりも多いように感じませんか?

    本編「進撃の巨人」でも、約4ヶ月以内で第57回壁外調査とシガンシナ区奪還作戦を行っているので「年5回以上」のペースと言えるかもしれませんが、「悔いなき選択」時代の壁外調査はシガンシナ区から出陣する、本当の意味での壁外調査となっています。

    ちょっと無理なペースのように感じますよね!

    ただ、この第23回壁外調査は、キース団長時代に長距離索敵陣形を実施した「幻の壁外調査」なので、あまり回数も参考にしない方が良いかもですね!

    そして、「悔いなき選択」で最大の見どころと言っても良いであろう、エルヴィンがリヴァイを説得する場面ですが、アニメでは改変されており、エルヴィンは「よせ、後悔するな、後悔の記憶は次の決断を鈍らせる。そして決断を他人に委ねようとするだろう。そうなれば後は死ぬだけだ」とリヴァイを諭します。
    2016-12-16_192809
    続けて「結果など誰にも分からない、ひとつの決断は次の決断の材料にして初めて意味を持つ」と語ります。

    原作でのエルヴィンは「全ての原因は巨人だ」と巨人のせいにし、人類のために調査兵団で戦え」と説得しています。

    それよりも、アニメでのエルヴィンの諭し方の方が、リヴァイに対し説得力がありそうですよね!

    エルヴィンが「自分が見ているのとは違う景色を見ている」と感じ降るリヴァイですが、ウーリに降ったケニーにも似ているようで、納得させられます。

    間違いなく、良き改変でしょう!

    「進撃の巨人」「進撃!巨人中学校」でもそうですが、「進撃の巨人」シリーズのアニメ作品は、素晴らしい仕上がりばかりですよね!

    第2期アニメ「進撃の巨人」が、さらに楽しみになった管理人アースでした!

    悔いなき選択アニメ前篇ネタバレ感想考察!
    進撃の巨人悔いなき選択のネタバレ考察まとめ!
    悔いなき選択ネタバレ1話「自由の翼」感想考察!


    Sponsored Link

    4 Responses to “【進撃の巨人】悔いなき選択アニメ後篇ネタバレ感想考察!”

    1. 曲者 より:

      アニメ進撃の巨人の11話 でリコさんが、先輩、同期、後輩で死んでいった、人たちの名前を言う時 イザベルって聞こえるんですが…聞き間違えですかね?

      • 管理人アース より:

        曲者さん!

        コメントありがとうございます!

        「進撃!巨人中学校」でも踏まえられた場面ですよね。
        ありましたね!
        イザベルが呼ばれたのかは覚えていませんが…もしそうだとしたらリコとリヴァイが同期ということになりますね!
        う~ん…リコってけっこう年いってるのか…(笑)

        またよろしくです!


        管理人アース

    2. さすらいの河豚 より:

      後編のネタバレ、ありがとうございます。

      私もアニメのエルヴィン団長の言葉の方が、説得力がある気がします。
      こうして比べてみると、巨人だけを全ての悪とするのでは、先の先まで常に考えているエルヴィン団長の言葉の重みが、軽くなってしまう気がしますね。

      調査兵団の壁外調査の回数、かなり多いですね。
      壁外調査にはお金と人命がかかるので、そんなに頻繁には行けなかったのではと思いますが…
      しかも第23回壁外調査は天候のせいで、成功したと言えるのかどうか?
      でも、壁外調査に行っていない時は、調査兵団はいったいどんな活動をしているのでしょうね?

      これまでに本編で亡くなった調査兵団員にスポットライトをあてた、調査兵団の日常を描いたスピンオフなども読んでみたいですね。

      • 管理人アース より:

        さすらいの河豚さん!

        コメントありがとうございます!

        >調査兵団の壁外調査の回数、かなり多いですね
        ちなみに5巻収録の「イルゼの手帳」では「34回目の腕章」「一年前に死んだ兵士」とハンジが言っています。
        で、一年後が57回壁外調査…
        やはり多いですね!

        またよろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ