【進撃の巨人】ネタバレ99話考察!ピークのパンツァー隊抱きつきを考察!

99話では物語に大きな動きが起こりましたが、細かいところでは伏線も貼られています。

伏線なのではと思える場面では、ピークがパンツァー隊の男に抱きついたシーンが挙げられるでしょう。

この時、ピークはなぜ急にパンツァー隊の男に抱きついたのでしょうか?

そこには、今後の展開に生きる伏線が仕掛けられているのでしょうか?

考察してみましょう!

Sponsored Link

◆ピークがパンツァー隊の男に抱きついた場面を検証!

2017-11-10_193442
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


この場面は、アゴ髭マーレ兵により劇の観客席から連れて行かれている途中にて登場します。

ジークだけが別の所に行くように指示され離れ、その直後にピークはこのマーレ兵を怪しむような表情をします。

そして「あなたをどこかで見たことがある気がする」と言い「どこの所属?」と尋ねます。
2017-11-09_045948
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


この質問にマーレ兵は的確に答え、「無駄話に付き合う気はない」と連れない返事をしたため、ピークは「それは残念…」と笑顔で返します。

そのようなやり取りがあった後に、5名ほどのマーレ兵隊が「ピークさん!」と声をかけてきます。

これに「パンツァー隊!」とピークが呼び、その中の一人に「こんな日までお勤めご苦労」と言いながら抱きつきます。
2017-11-14_045342
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


このパンツァー隊は、「車力の巨人と運命を共にする隊」とされており、そのためピークに近い兵ばかりであり、抱きつかれた兵に皆が嫉妬している描写があるところから、ピークは皆からアイドルのように思われているようです。

そしてこの後、ピークはアゴ髭マーレ兵の罠にハマり、床から落とされ、ポルコと共に捕まったのだろうと思われます。
2017-11-14_045408
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


さて、ピークがパンツァー隊に抱きついた場面は、一見すると「ピークの独特なキャラを表す描写なのかな」と解釈しスルーすることもできますが、「伏線」とも取れます。

この場面を「伏線」として見たら、どのような意味を持った伏線だと考えられるでしょうか?

まず、ジークだけを別の場所に行くように指示したアゴ髭マーレ兵の場面を見てみましょう。
2017-11-14_045845
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


この時、アゴ髭マーレ兵は、ジークの事を「イェーガー」と呼んでいます。

たしかにジークの姓は「イェーガー」ですが、これまでマガトにしろマーレ軍元帥にしろ、ジークの事を「イェーガー」と呼んだ人はいません。

それなのにこのアゴ髭マーレ兵は「イェーガー」と呼んでいます。

その為、ジークは「…はーい」と何か違和感を覚えながら返事をしているように見えますし、この呼び方でピークは「…」と怪しみながらマーレ兵をジット見たのではないかと思えます。

そして、「どこかで見たことがある気がする」という口実を作り「どこの所属?」と所属を訊ねたのだと読み取れます。
2017-11-09_045948
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


しかし、その返答が完璧だったために、ここでピークは「残念」と言いながら引き下がります。

ただ引き下がりはしましたが、それでもピークの中では疑いは晴れず、アゴ髭マーレ兵を怪しんだままでいた可能性は高いと思われます。

そして、このタイミングで自分と近い関係を持っている隊であるパンツァー隊と出会います。
2017-11-14_045342
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


すると、すぐにピークは抱きつきます!

そんなピークにポルコは「突然どうした」と訊ねている所から、ピークがいつもこのような行動を取っている訳ではない事が分かりますよね!

となると、この時になぜピークはパンツァー隊の男に抱きついたのでしょうか?

もしかしたら、アゴ髭マーレ兵がどうしても怪しいために、抱きつきながら何かしらの助けを求めたのではないでしょうか?

例えば、「私の後を付いて来て」と耳打ちしたとか…

そのような意味の分からない指示を受けたために、抱きつかれた男の表情がこの後ちょっと驚いているような表情になっているのではとも思えますよね!
2017-11-14_050628
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


こう考えると、この抱きついた場面は「この後にパンツァー隊がピーク達を助けに来るという伏線」になっていると見えますよね!

十分にあり得る伏線ではないかなと思えます!

それでは、この伏線が回収された場合、この後の展開はどうなるのでしょうか?

予想してみましょう!
Sponsored Link

◆伏線が回収された場合の展開を予想!

2017-11-14_045408
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


もし伏線が回収された場合、パンツァー隊によりピークとポルコは罠から助けられるという展開となるでしょう。

その場合、どのような展開となりピーク達を助ける事になるのでしょうか?

まず、100話あらすじ!で予想していますが、二人が落とされた下ではアニが待ち伏せしていると考えています。

アニではなかったとしても、誰かが待ち伏せしているでしょう。

そして、何かしらの方法でポルコとピークを拘束すると思われます。

地下深くであり巨人化できないポルコとピークは逃れられなく、何ともならない状況にピンチとなりますが、そこに後をつけてきたパンツァー隊が見付け、助けるという展開になると思われます!

そこからライナーとジークにも危険が…と考え、ポルコとピーク、パンツァー隊が動き出す…というような展開になるとも予想できますよね!

ちなみに二人が落とされた瞬間の場面ですが、ポルコは驚き抜けた床下を見ていますが、ピークは驚きながらも自分をハメたアゴ髭マーレ兵を見ています。
2017-11-14_051701
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


ここからパンツァー隊に助けられたピークはまず、「どこかで見たことがある男だと思ったんだけれど、あのアゴ髭、パラディ島で会った馬面だ…」「ということはあいつら…この大陸に既に侵入している…」なんてつぶやくのではないかなとも予想します!

さてさて、この伏線と回収、そして予想は当たるのか?

第100話が楽しみですよ!\(^o^)/

99話考察!アズマビト家キヨミとは?ミカサとの関係を考察!
【進撃の巨人】99話「疾しき影」あらすじ感想と考察!
【進撃の巨人】100話101話あらすじ展開予想!アニ登場を予想!


Sponsored Link

20 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ99話考察!ピークのパンツァー隊抱きつきを考察!”

  1. 進撃できない大学生 より:

    こんばんは、いつも楽しく考察を読ませていただいています!

    ジークがイェーガーと呼ばれた時怪しんでいる描写から、もしあご髭マーレ兵が調査兵団の人だとすれば不自然だと思います。
    ジークが内通していれば繋がっていれば事前にどこに連れて行かれるのかなど把握しているのでこういう反応はしないのでは…と。
    そうなるとエレンとジークが繋がってる説はどうなのかな…?と思いました。

    ただ呼び方が違って「計画と違うぞ…?ピークとポルコに怪しまれてしまう」と思っただけかもしれませんが。

    もしくはエレンと調査兵団は別行動なのか?(可能性は無いに等しいですが笑)

    そこからあご髭マーレ兵は全くの第三者かもしれない、というのが有力になりましたが、この展開で新キャラを出すのは無さそうな気がします…


    長々とまとまりの無い文章ですが、疑問に思いましたのでアースさんのご意見を聞かせていただければ嬉しいです!

  2. 謎の髭マーレ兵ですが、そもそもが
    口の聞き方が おかしいのです。
    九つの巨人を継承する 戦士といえば、
    警備兵などより ずっと格上のはずです。
    その格上に対して、
    「マーレの戦士よ マガト隊長がお呼びだ」
    まるで、上から目線です。 普通は、
    「戦士の皆さん マガト隊長がお呼びです」
    なのではないか。
    もうこの時点で、このマーレ兵を 逆に尋問
    してもいいはずです。

    ところが、ライナーたちが戻って来ない事が
    引っかかっていた。
    また、マガト隊長から “ネズミ”が潜んでいる
    事も伝わっていたのではないか。
    そこで、この兵士に不審を感じながらも とり
    あえず付いて行って、マガト隊長に事情を
    聞こうとなったのではないか。

    さらに次の登場シーンでは、
    「イェーガーは そのまま正門に行け」
    戦士長に対して、無礼千万ではありませんか!
    「戦士長は そのまま正門に行ってください」
    ではないのか。
    ピークとコルトには、「二人はこっちだ」 とは
    何事か?
    「お二人は こちらです」 なのではないか。
    とにかく この兵士の口の聞き方は、三人を
    引き離し、すぐさま逮捕して尋問するみたい
    なのです。

    そこに 余りにタイミング良く、パンツァー隊の
    登場です。
    謎のマーレ兵のグループ?が、彼らをその場
    に呼び集めていたのか?  
    長くなるので 続きは次回コメントにて。

  3. 青い戦槌 より:

    おおぞらバードさん、横から割りこみ失礼します。

    マーレ兵の口のきき方ですが、そこはマーレ人とエルディア人の差ではないでしょうか。

    九つの巨人の継承候補者であろうと、現巨人継承者であろうと、マーレにとっては『兵器』でしかない筈です。
    強大な力を持ってはいても、自分達と同等の扱いをする存在ではないのではないでしょうか。
    言うなれば『奴隷』的な存在。

    顎髭マーレ兵は確かに怪しく、調査兵団の誰かではないかという気がしますが、口のきき方は特に問題ないと思います。

    • 青い戦槌 殿

      その前に、前コメントで 名前が間違っており
      ました。
      ピークとコルトではなく、ピークとポルコでした。
      名前を間違えるとは 何事かー!! 私めに、
      喝!!!

      さて ご指摘どおり、戦士たちが名誉マーレ人
      とはいえ、民族間の差別は歴然とあるのかも
      しれません。

      ただ それにしても、この髭マーレ兵の態度は
      余りにぶっきらぼうではないか?
      兵士に変装した 敵方が紛れ込んでいる事も、
      想像できると思います。
      一方 それに対し、ジークたちは 無防備過ぎ
      ではないか?
      素性の知れない兵士の言葉を信じて、すんなり
      付いていくとは、軍隊の世界では ちょっと考え
      難い気がするのです。

      従って パンツァー隊は、ピークがこういう情況に
      備えて、前もって召集をかけていた可能性もある
      と思います。
      果たして パンツァー隊を呼んだのは、髭マーレ
      兵側か? ピーク側か?
      只今、熟考中であります。

  4. nina より:

    これも舞台のストーリーに組み込まれているようにおもいます。
    ライナーの件も含めて、タイバーのストーリーに含まれていて、このことをマガトにとって気の進まないことだったろうに戦士隊を嵌めることを指して言っていたのではないでしょうか?
    なぜなのか?どうなのかはまったくわかりません(^^;;

  5. パンツァー隊について、ちょっとブレイクタイムです。
    実は、シガンシナ区決戦にて、四足歩行型(車力)
    巨人が背負っていた「木箱」の中身が、未だに明か
    されていないのです。
    しかし今回、木箱の中には パンツァー隊が入って
    いて、巨人化して車力と共に戦う体制であった事が
    明かされたと思われます。
    つまりは、シガンシナ区決戦にて ジークの叫びで
    突如として現れた巨人たちは、パンツァー隊だった。

    さらには、その巨人たちの中には
    井上麻里奈 巨人 石川由依 巨人 梶 裕貴 巨人
    そんな “声優型巨人”が居て、彼らはパンツァー隊
    所属であったという、驚きの事実が浮かび上がって
    きたようです。
    残念ながら、彼らはリヴァイによって あえなく討伐
    されてしまったようですが…
    もっと彼らの活躍?とか、その人間体の姿を見て
    みたかったです。
    でも、まだ希望があります。 声優型巨人で、
    小林ユウ 巨人  藤田 咲 巨人  細谷佳正 巨人
    らが残っているのです。
    彼らがパンツァー隊の一員として登場し、巨人の姿で
    大暴れするのを、ぜひ見たいと願っております。(笑)

    ところで、ピークの “ダッキ”。 これは良いです。
    ダッキとは “脱気”。 つまり 緊張を和らげることです。
    (ここで 脱力しないように。(笑))
    言葉の響きも良く、壁ドンと肩を並べる位のインパクト
    があるので、ぜひ今年の流行語大賞に!
    (もう遅いか…(笑))

    • 芋をふかした者 より:

      おおぞらバードさん
      パンツァー隊は腕章つけてないのでマーレ人だと思います。また、以前別記事でコメントされていた方がいましたが「パンツァー」とはドイツ語で戦車を意味する言葉ですので、車力の巨人を戦車とみて、例えば92話の車力に積んでる武器を操縦するようなマーレ兵士をパンツァー隊と呼んでいると思われます。
      補足するとパンツァーはWW1の前は鎧の意味で使われていたようです。
      いずれにせよ声優巨人なら特に画伯巨人出て欲しい!

      ↓ここから予想
      穴の下にはパラディ勢が数人いると思うのでパンツァー隊が現場まで追って来てもピークちゃん達はこれ以上捕まらないためにもパンツァー隊に「(危険だから)近寄らないで!」とか言いそうですよねw
      同世代のピークポッコがジークと分けられたということは、やはり2人と同年代であるアニが穴の下で待ち構えてるのでしょうか?(アニ父も出ましたしフラグは立ってる)
      そこに追加でハンジ登場でパンツァー隊を出さないように出口を塞ぐとかありそうです。
      ジークが向かった先にはリヴァイがいそうな気がします。
      なんとなく以前あったナンバリング考察のマーレ版ができそうな気がして来ましたw

      • 芋をふかした者 殿

        パンツァー隊が マーレ人とは!
        これは目から鱗で、これで様相が大きく
        変わってきました。

        先ずは、シガンシナ区決戦の 木箱の中は、
        収容区から送られたエルディア人となります。
        (あの “声優型巨人”たちも、収容区に閉じ
         込められているのだろうか?)

        そして パンツァー隊の登場です。
        ピークとパンツァー隊との 合流シーンで、
        この時、先に声をかけたのは パンツァー隊
        なのです。 「あ! ピークさん!」と。
        それは、ピークと偶然出合った様子ではなく、
        ピークが来るのを 待ち構えていた感じなの
        です。 (もし偶然なら、「あれっ?」となる)
        つまりは、ピークが危機を想定して、彼らを
        召集していたと思われるのです。

        その直後の ダッキですが、危機を耳打ち、
        それも極めて短時間なので、恐らく危機を
        意味する暗号とかを囁いたと思われます。
        その時の 髭マーレ兵の表情なのですが、
        (「何をしている 行くぞ!」のシーンです。)
        実は、ヘルメットの奥の 片目が釣り上がって
        いるのです。
        これは、「しまった!」 という表情にもとれる
        と思います。

        そして落下シーンですが、このピークの表情は、
        最初は誰かに似ていると思ったが、近くで見る
        と 微妙に違っていたという感じか?
        これは ベルミンを匂わせます。

        ともかく 今回のシーンで、ピークというキャラの
        懐の深さ、人望の厚さなどが垣間見られ、主要
        なキャラになってきたと思います。
        次回、そのピークが足を痛め 二足歩行困難に。
        そして “ピーク貞子”出現!!
        これには エレンもビックリ!? な展開となるか、
        乞うご期待!

  6. 馬来熊 より:

    パンツァー隊は他のマーレ人兵士からどう思われてるのかちょっと気になりますね……

  7. ギラ より:

    アースさん
    お疲れ様です。

    パンツァー隊ですが、ピークとポッコの後を、アゴ鬚マーレ兵に気付かれない様に、ピークの指示どおりに尾行するとは思いますが、落とされた穴の地下まで探しに行ってまで助けるような行動は出来ないと思います。

    せいぜい、案内された建物の場所をマガトに伝えるのがせいぜいでしょう。

    それはピークに抱きつかれた直後のパンツァー隊の態度や雰囲気を見れば解ります。

    抱きつかれた兵に対し、抱きつかれて無い兵達が羨ましがっていたり、抱きつかれた兵もキョドって唖然としています。
    とても緊張感や危機感を持ってその場に居るとは思えません。救出などの行動までは起こせないでしょう。

    • 管理人アース より:

      なるほど。鋭い考察だと感じます!
      マガト隊長に知らせて終わりですかね?
      もう少し出番はありそうな気がしますし、期待したいですよ!(*^^*)


      管理人アース

  8. 団長ー、パンツァー隊の考察お疲れ様です!

    今回のピークの言動は間違いなく伏線だろうと思われますよね!あの冷静なピークが取る言動とは思えませんw

    このあご髭マーレ兵が、戦士を呼びつけた時の描写なんですが、ピーク、ポルコ、コルトの3人はあご髭マーレ兵の方を見ているのに対し、ジークだけはそうではない。
    呼ばれたなら、ましてやエルディア人がマーレ兵に呼ばれているとなれば、軍隊ならなおのこと話している人の方を見るのが普通かと思います。

    ですが、ジークは1点を見つめているかのような描写なので、ここは、
    『そろそろ、作戦が動き出したか…』
    などの心境を表しているようにも感じられました。
    よって、あご髭マーレ兵はパラディ側の人間であり、今のところ、ジークとも手を組んでいるのではないか?

    かと言って、ジークがパラディと完全に手を組んでいるとは思えないので、ジークの作戦のうちの一つが実行され始めたのかな?と思っています。それにしても、コニーなのかジャンなのか?気になるー!

  9. 途中で送信してしまいました…

    パンツァー隊に関しては、ほぼ団長と同じ考察ですが、パンツァー隊が全員同じ行動するとは思えません。

    まず、抱きつかれた男がマガト隊長に報告をするのでは?
    全員で同じ行動をすると、罠にハマった時の保険がないと助けを呼べないので。

    何人か1組になり、マガト隊長に報告するチームと尾行をさせるチームとに別れるのでは?

    連れて行かれた小屋?部屋?の近くまで尾行し、中々出てこないピーク達を心配して、別れたチームに合流。
    一方では、すでにマガト隊長に報告済みでマーレ側も動き出す。
    マガト隊長はネズミがいることを承知しているので、この辺りでつかえる柱も登場するのでは?
    マガト隊長はこうなることも予期していたように感じるので、この事も含めヴィリーとは話しがついているかと予想します。

    • 管理人アース より:

      パンツァー隊が分かれて別行動という予想は面白いですね!
      つまり、今後このパンツァー隊の一人一人の個性も描かれてくる展開が起こるかもですよね!
      もしかしたら、2018年はパンツァー隊の年になるのか!?(笑)
      そこまで行かなくても、楽しみですよ!(*^^*)



      管理人アース

  10. 青い戦槌 より:

    ちょっと気付いたのですが…
    (どこかで既出だったらすみません)

    ピークとポッコが地下(床下?)に落とされた小屋ですが、あんなからくりのある建物を、誰が、いつ用意したんでしょうか?
    マーレに侵入したパラディ組だけでは難しそうですよね。
    そう考えると、やはりジークが一枚噛んでると考えられますよね。

    特段新しい発見ではないですが、ジークがパラディと通じているという根拠の一つとして、どうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      そうですね!
      パラディ側が用意したにしろ、どのように作ったのかと考えると必ず協力者が必要ですよね!
      今エレン達がいる地下室も、既存の物にしろ時間をかけて調べないと用意はできないでしょうし。
      やはりジークと繋がっていると考えられそうですよね!
      面白い考察、ありがとうございます!


      管理人アース

  11. ライナーは必ず俺たちの仲間に返ってくる より:

    ピークがパンツァー隊のオデブ君の耳に「私達ヤバい状態なの。ついてきて。」と囁いたという設定には丸っと同感です。
    一番忠実そうなオデブ君を選んだ辺りも頭脳派のピークの行動だと思います。

    そして、パラディ側とつながっているのはキヨミ様というワクテカ展開を期待しています!

    • 管理人アース より:

      >パラディ側とつながっているのはキヨミ様
      これ、87話で明らかとなったグリシャが支援と亡命を求めていた東のマーレ敵対国に繋がるのかなとも想像できますよね。
      むっちゃ気になりますよ!


      管理人アース

  12. 普通の東洋人。 より:

    実は件のパンツァー隊員君、ピークちゃんとは恋仲だった! なんて…
    戦場ではピークちゃんずっと巨人の姿のままですし、レベリオでは人目がある、マーレ幹部たちの目の届かない間隙を縫って、気持ちを伝えたのでしょうか…。
    他の戦士たちは既に、これまでの展開で家庭環境や各々の抱える葛藤など、それぞれの事情が描かれました。 ピークちゃんはその辺まだ謎なので、この先忍び会う恋に身を焦がす展開が…?

    • 管理人アース より:

      恋愛展開が少ない進撃なので、こんな展開があったら盛り上がりますね!
      ピークファンはけっこう多いと思うので、いろいろと騒がれそうです(笑)


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ