【進撃の巨人】ネタバレ99話考察!エレンとの再会からライナーの最期を予想!

99話にて、これ以上ないほど追い込まれているライナーは、見ていても不憫で仕方がない状態となっていました。

以前に比べ成長し、落ち着き払っているエレンとは対称的となっており、パラディ島時での二人の関係と比べたら、その立場は完全に逆転したように見えました。

そんな状態のライナーの今後は、一体どのようになってしまうのでしょうか?

ライナーには、救いのある最期は用意されているのでしょうか?

現在のライナーの状態を検証し、そこからライナーの最期の展開を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆エレンとの再会したライナーを検証!

2017-11-17_202140
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


まず、現在最新話99話でのライナーの状態が、いったいどのようなものなのかを検証してみましょう。

地下室でエレンと再会したライナーの最初の一言は「…ありえない」でした。

これは、目の前にいるエレンを確認しながらも「ここにエレンが来られる訳がない」という、現実的に不可能な出来事としか思えないライナーの心情を表していると思われます。

たしかに、パラディ島からマーレに「来られるわけがない」と、まずは思うでしょう!

しかしその後、傷を付けた掌を見せながら地上にいる一般人を「いつでも巨人化し、その人々を殺すことができる」という意味の言動をエレンは見せます。

そこで初めてライナーはエレンがエレンだと実感し、そして恐怖の表情を見せます。

おそらくここでライナーは、自分がエレンの故郷であるシガンシナ区で行なった大量殺戮「壁ドン」を想起したでしょう。

そこからしばらく時間が経ち、ライナーはやっと一言「どうやって…ここに来た?」と、やはり現実的な疑問をエレンに尋ねます。

しかし、エレンに無碍に却下され、改めて「何しに…ここに来た?」と、エレンがそこにいる理由を改めて尋ねます。
2017-11-17_202204
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


その質問に対するエレンの「お前と同じだよ」という答えを聞き、一気にライナーは追い込まれた表情をし、同時に一気に息が荒くなります。

そして「…な…」「な…」と何か言葉を発しようとするのですが、具体的な言葉が発声できません。
2017-11-17_202222
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


ここでエレンに対する恐怖と、さらにおそらくは「自分自身が行なった罪に対する恐怖」がライナーに襲いかかっているのだと思われます。

最初にエレンに感じた「巨人化による殺戮」の恐怖から、今度は「自分が行なった罪に対する恐怖」がライナーの中で、間違いなく大きくなっていると感じられます。

ただ、ライナーの中には「恐怖」だけが生まれているのでしょうか?

管理人アースは冒頭に登場した場面から、それだけではないと感じます。

99話冒頭では、97話にて登場した訓練兵団時代のライベルアニが夜に集まり会話した場面の、その続きが登場しています。

そこではベルトルトが「開拓地で首を吊ったおじさんは、誰かに裁かれたくて自分達に壁ドン時に子供を見捨てて逃げた話をしたのだろう」と話しています。

これはまさに、現在のライナーの心情を表した場面だと管理人アースは捉えています!

つまりライナーは、「エレンに裁いて欲しい」という気持ちを間違いなく持っているはずです。

それはエレンがここに来た理由を「お前と同じだよ」と答えられ、それが「壁ドンをした時のライナーと同じだよ」という意味だとすぐに理解している事からも察せられます。

エレンを見て、すぐに「壁ドン」を連想していることからも、「その行為をエレンに裁いて欲しい」と願っている事が分かりますよね。

そしてまさにこの時に、ライナーはエレンに裁かれていると感じているはずです。

そこからも、エレンに「恐怖」以外の「願いが叶いつつある充足感」も伴っているはずです。

しかし、ライナーが感じている罪があまりに大きすぎ、それに慄き、もう恐怖しか感じていないような描写となっていますよね!

ライナーの願いが叶っている状況なのですが、ライナーは恐怖しか感じられていないのかもしれませんね。

そして「…俺は」と何か言い訳のような言葉を発しようとしていますが、エレンに止められ、それも叶わない状態となってしまいます。

ここから黙ってヴィリーの劇を聞く事になりますが、その間は自分の罪の意識のみに襲われている状態のように見えます。

その後、ヴィリーの劇を聞いたエレンが、「お前達は世界を救おうとしたんだろ?」とライナーに言います。

その言葉にライナーは目を見開き、しかしそれでも後ろめたさと不安が混じったような目で顔を上げ、エレンを見ます。
2017-11-17_202240
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


そんなライナーにエレンは「何も知らねぇ子供が4人…」「あの島に放り出された…」「まだ何も…知らなかった」と、まさにライナーの救いとなる言葉をエレンは発し、その言葉にライナーは信じられないような表情をします。

さきほど止めれたライナーの言い訳はおそらく、「…俺はただ、世界を救おうとしただけなんだ」「そうするより他はなかったんだ」と言おうとしていたのではないでしょうか?

その言葉をまさにエレンが言い驚き、「自分は許されるのか?」「エレンは理解してくれるのか?」という気持ちでエレンを見たのだと見受けられます。

ライナーは裁かれたかったでしょうし、同時に許されたかったのでしょう。

それもシガンシナ区で母親を失った「壁ドンの被害者」であり、訓練兵団時代の同期である意味最も親しくなった相手である「エレンに裁かれたく、許されたかった」のだと考えられます。

この時まさにライナーは、それが手に入るのか?という気持ちで、同時に信じられない気持ちを持ちながらエレンを見たのではないかと思われます。

このように、99話でのエレンとの再会場面は「恐怖、充足感さえも打ち消される恐怖と、そこから手を差し出された救いとそれに対する不安」を、ライナーは感じたのではないかなと思われます。

ただこのままライナーは、エレンの言葉から救われるのでしょうか?

それとも!?

ここから、この後のライナーの展開、そしてその最期を考察し、予想してみましょう!


◆エレンとの再会場面からライナーの最期を予想!

2017-11-17_203608
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


これまでの考察から分かった「エレンに裁かれたい」が、「あまりの罪の大きさに、裁かれる恐怖に支配されている」ライナーの最期とはどうなるのでしょうか?

現在展開しているマーレに舞台が移ってからのライナーには、「悲しい子供時代」から「分裂が生まれつつある訓練兵団時代」の描写が展開していました。

母の望みである父親と暮らすという目的の為に戦士を目指し戦士となりますが、父親には全くその気がない事が分かり、戦士となった理由もマルセルによるものだと判明します。

そしてマーレのため、人類のためだと言い聞かせながら壁ドンを行いますが、そのために流された血は、決して目を逸らせられるものではありませんでした。

自分の為にマルセルは死に、アニからも罵倒され、全ては自分が原因である事も理解しています。

そんなライナーの救いはエレン経ち104期生でしたが、戦士と兵士の間での揺れに耐えられず、戦士へと決行しますが、マーレでの暮らしもライナーには安寧をもたらすものではないようでした。

マーレが舞台となってから判明したこれまでのライナーは、支えになるものから、ことごとく裏切られているように見えますし、周りをことごとく裏切ってしまっているようにも見えました。

これはライナーに分裂が生まれた原因でしょうし、分裂が生まれたことにより、兵士も戦士も裏切ってしまっていますよね。

そんな自分に耐えられず、自殺しようとしている描写も登場していました。

ある意味、自分を裁こうとしていたとも見えます。

そして今回、最も自分を裁くに適したエレンが目の前に現れ、裁かれようとしています。

そして、ライナーを許すような言葉をかけようとしているように見えます。

エレンはライナーを許すのでしょうか?

ここから、ライナーはどうなるのでしょう?

管理人アースは、ライナーはエレンに許されたとしても、おそらくは自分で自分を許す事ができないのではないかと考えます。

おそらく、エレンはこれまでのライナーを最も理解できる人物となるのではと思います。

それにより、訓練兵団時代でのエレン達を裏切っていた自分が許される事はあるかもしれません。

そして壁ドンを行なった自分をも、理解してくれるかもしれません。

しかし、どう考えても、現在のライナーが自分を許す事はできないのではないかと思われるのです。

ただ、鍵となるのはファルコかなと思われます。
2017-11-17_203632
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


ファルコは、まさに戦士候補時代のライナーを投影する存在となりえます。

そのファルコの言動により、これからのライナーの贖罪となる行動を指し示す展開が起これば…もしかしたらライナーが救われるという展開も起こるのかなと感じます。

ただ、救われる展開が起こっても、ライナーの最期が登場しそうに感じるのは管理人アースだけでしょうか?(・_・;)

今後、ファルコの動きによりライナーに救いとなる展開が起こるのではという考察結果となりました!

ただ、ライナーの最期が近いのでは、とも感じる管理人アースでした(;´Д`)

99話考察!エレンの目的「お前と同じ」を徹底検証!
99話考察!ヴィリーの演説からフリーダの返答を予想!
99話考察!アゴ髭マーレ兵の正体を考察!ジャンかコニー?
99話考察!アズマビト家キヨミとは?ミカサとの関係を考察!


Sponsored Link

12 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ99話考察!エレンとの再会からライナーの最期を予想!”

  1. ガブリエル より:

    アース団長。昨日はご返信ありがとうございました。
    ライナーに救いのある最後が来る前に、出来ればヒストリアとも再会させてやりたいです。

    「手から手へ」の銃を口に突っ込むまでのあの回想シーンは読んでて辛い。(T ^ T)

  2. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    マーレ編のライナーは本当に気の毒としか言いようがありません。まるで裏切られる運命で、意図してそのようなキャラで描かれているかのようです。
    ヴィリーの演説でも、国のために始祖の巨人の座標を奪いに行ったにも関わらず、壁の王は平和をもたらしたなどと言われ、「ちょっと待って!」という感じでしょう。パラディー島行きそのものを否定されているかのように言われています。
    ここまで裏目裏目と描かれていますと、最後まで「ちょっと待って!」キャラなのではないかと思ってしまいます。シガンシナ決戦でジークに「運が良かったね」と言われてましたが、生き残るという意味では、本人の意に反してでも、しぶとく残っていくのではないでしょうか。
    一つ裏切られることで、一つ罪を償っているかのようです。個人的にはその先に救いがあればいいなと思ってしまいます。

    生き残るか死ぬかの二者択一なのにこの考察は難しいですね。

  3. 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

    どうも、ライナーに救いある運命を!と思っている、動物好きの巨人でございます。

    ライナー、不憫すぎる(泣)そうとしか言えぬ展開しか最近ないですよね、全く。まあ実際にエレンもまた、自殺願望している場面がありましたからね。そう、第2期アニメの一項目「王政編」のヒストリアに喰われそうになったところですね。ライナー達が行った大量殺戮とは規模は違えど、エレンの父グリシャは、ヒストリアの大切な姉とその他の異母兄弟を狂気的に殺害したわけですからね、さらにその狂気の結果が自分の中にあったわけですし、父がそんなことしなければ、救われた命があったというついでの罪悪感もあったし、そのときのエレンは全ての壁内人類に申し訳ない気持ちになったはずです。そして、ライナーはそれ以上の罪悪感に身を侵されている、ベルトルトの記憶を得たアルミンから聞けば、いくらエレンでもわかることでしょう。今のエレンには、「ライナーは恨めしい奴だが、自分以上の罪悪感を背負っている、それならもうお互いに悔いの残らないことをするしかない」と思っていてほしいです。

    長々と申し訳ないですが、とにかく、結論言えば、ライナーに救いがあってほしい!それではまた。

    • 管理人アース より:

      >ライナーに救いがあってほしい!
      みなさんのコメントにこの思いが込められていますよね!
      来月100話の展開で、少しは救いがあれば・・・と思いますよ!


      管理人アース

  4. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    御指摘の通り、ライナーは自分の犯した罪の重さに
    日々苦しみ「裁かれたい」と思っていたと思います。

    そしてエレンとの再会によって追詰められてますが
    エレンの発言によって、ライナー達がとった行動の理由を
    エレン(パラディ側)が理解してくれていると悟ったと思います。

    そこで、エレンはライナーを裁くというより
    罪滅ぼしというか、根本的事態解決の打開策を
    提案し、ライナーにその話を持ち掛けると思います。

    そしてその打開策の話に乗る事が、今までライナーが
    犯した罪を償う事にもなり、しいてはエルディア人全員の
    為になるという話をするんだと思います。

    罪の意識から自殺を考え、救いを求めるライナーにとり
    それが納得できるものであるなら例え自分の命を投げ出してでも
    贖罪の為の打開策の加担するのではと期待してます。

    つまりパラディ側への勧誘であり 同時にそれが
    ライナーの心を救うことになる展開があるのではないかと。

    その結果例えライナーが死ぬことになっても
    本当の意味でエルディアを救った英雄になれるのかもしれません。

    パラディ側に、ライナーが寝返った展開が楽しみです。

    • 管理人アース より:

      >つまりパラディ側への勧誘であり 同時にそれが
      ライナーの心を救うことになる展開が
      これ、良いですね!
      そんな展開が100話で起こってくれれば良い年越しが出来そうな気がしますw
      ライナーに救いの展開あれ!\(^o^)/


      管理人アース

  5. 4人目の幼馴染 より:

    なるほどな考察ありがとうございました。
    たしかに概ね同感です。
    裁かれて解放されたい、でもそんな甘えが許されるのだろうか、という風に感じました。

    拝見していて思ったんですが、ライナーがこれまで間違えてきたベースには、自分の甘えがあったという認識なんじゃないかなと。
    (その時々で正義のために戦ってきたわけなんですが、本人が現状納得していないのであえて間違いと言わせていただきます)

    母とともに父と暮らしたい、きっと喜んでくれる、自分の実力で戦士になったと過信した、マルセルを二つの意味で失ってしまった経緯、あの時自分の過失を隠そうとせず引き上げていたら、パラディ島には悪魔しかいないと信じていたこと、本当の意味で人を殺す覚悟ができていなかったこと、などなど。

    特に、兵士と戦士を混同していたのは、どちらかといえば、兵士として生きたい気持ちの方が上回っていたんじゃないかと想像してしまうんですね。
    兵士として過ごしていた時の方が幸せそうに思えるので。
    虐げられてもないし、強制されてもないし、羨ましかっただろうなと。
    でももうその気持ちが故郷への裏切りですもんね。

    自分の家族が巨人の手にかかる恐怖という逆の立場になって、なおさらエレンへの贖罪を強くしたのではないかと思いました。
    甘えたいけど一番甘えてはいけない相手だと。この場合は甘える=許される、裁かれる、でしょうか。

    ここで甘えてしまっては、逆にライナーの魂が救われることがなくなってしまいそうに思うので、すでに心中とても身を裂かれる思いだとは思いますが、最後に気概を見せてほしいような気がします。

    命が終わる時、ライナーが少しでも納得して、安らかでいられたらなぁと思います。
    長文失礼いたしました。

  6. 芋をふかした者 より:

    ライナーが救われるかの分岐点としてエレンから持ちかけられる話があると思いました。
    地上で戦闘が起こり、悲鳴なんかが地下にいるライナーにも聞こえてくる中エレンから「選べ(兵長風)」なんて言ってくれてたらいいなと思いますw
    そこで地上に母親がいることが脳裏をちらつきエレンの誘いを断ったことで救われない方向へ進んでいき、苦しみながら亡くなってしまう展開もありではと最近思ってきました。

  7. 進撃の巨人に進撃されっぱなし より:

    管理人アース様、
    いつも考察ありがとうございます。
    ライナーがせつなすぎて、少しでも心安らぐ最期が待っていたらと妄想をふくらませています。

    ライナーが預かったユミルからの手紙を思い出したのですが、それに対してライナーへのお礼とお願い(懇願、リクルート)としてヒストリア(クリスタ)からの手紙がライナーに渡されたらいいなと思いました。 エレンからのリクルートの後、ヒストリアからの手紙を渡されたら、少しは救われるんですが。その手紙がヒストリアのものか信じるか信じないかはライナー次第ですが。

    登場人物の大半が皆若いのに大変な苦労、重責を背負って生きていて、可哀想。恋愛のひとつもできるところじゃないなんて。 
    せめて最期にライナーに、淡い恋心を思い出して、味あわせてあげたいと思うのでした。何度も「結婚したい」って心の中でクリスタに言っていましたものね。

  8. 竹槍 より:

    知性巨人である以上、最終的には誰かに喰われて死ぬわけで、そこに救いがあろうとも、悲劇には違いない…。そして、それはジークやエレン、他の知性巨人たちも同じ…。主要キャラクターが将来確実に悲惨な最期を遂げることが確定しているなんて、とんでもない物語ですよ、進撃は!

    ライナーはパラディ島側に鎧を渡すのかもしれません。エレンに喰われて…。そして、エルディ&マーレから裏切り者扱いを受ける。ガビや母親からも…。だけど、ファルコだけは事情を知っている。ライナーにとっては、それが救いとなる。こんな未来を予想しました。

  9. 巨人化学毛根再生術研究員 より:

    ライナーはエレンと組みますが、結局最期はヴィリーに消されるor食われるような気がします。
    マーレ側でライナーは壁内の情報を唯一知っている人物ですので、ヴィリーが嘘の演説をする際に都合が悪いからです。
    おそらくヴィリーは演説にて、本当の事を言うが、時系列で誤魔化す類の詐欺をすると思います。(すでにパラディ島に4人の戦士が行った理由が、エレンが始祖を王から奪ったからみたいな話になりそうな勢い。)
    エレンが自覚なしに、巨人の力を持っていたと知っているのは、ライナーだけだと思います。

  10. より:

    「うわエレンが来た皆殺されるガクブル」
    「演劇聞こうぜ」
    「事情は分かってる、大丈夫」

    99話までがこうで予想つかなかったが、

    「握手しよう」
    「ホッ…」
    「嘘だよー!」(ビル倒壊タイバー八つ裂き)

    という超COOLな展開になった
    ファルコを巻き込む事まで辞さない覚悟完了ぶり
    なんて面白いんだ

コメントを残す

このページの先頭へ