【進撃の巨人】ネタバレ98話考察!ヴィリーのセリフ「順番」を検証!ハンジと邂逅展開か?

大きな展開を迎えた98話「よかったな」ですが、その中でもヴィリーとマガトの会話の場面は見どころのあるやり取りとなっていました。

そこでのヴィリーのセリフ「たまたまなんだ…」「たまたま順番が回ってきただけの男なんだよ…」は意味深ですよね!

考察好きの進撃ファンなら、まず14巻56話「役者」でのサネスのセリフを思い出しますよね?

ここには何かしらの伏線があるのでしょうか?

まさかのハンジと邂逅展開!?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆ヴィリーとサネスのセリフを検証!

2017-10-13_060737
まず今回のヴィリーのセリフを見て行きましょう。

マガトとの会話の場面にて登場します。

マガトから「国はあなたのものだ」と言われますが否定し、ヴィリーは「国はマーレ人とエルディア人のものであり、自分は操舵輪を握った者だ」と返します。

つまり、国の舵取りを任されただけの者だと言っていますね。

しかし、その重責に押しつぶされそうになり、震える自らの手を眺めながら「私は たまたまなんだ…」「たまたま順番が回ってきただけの男なんだよ…」とつぶやくように、マガトに説明します。

つまり「舵取りを任されたのも自分の能力に依るところではなく、たまたま順番が回ってきただけなのだ」との意味でしょう。

ここからは驕るところのない、彼の謙虚な面が見えますよね!

同時に、その役割がかなりの重責であると感じているのが分かります。

いっぽう、14巻第56話のサネスのセリフはどうだったでしょうか?

リヴァイとハンジにはめられ、自分が王家を裏切った事を知ったサネスは泣き悔やみます。

そしてニック司祭に行なった事をハンジに引き合いに出されたサネスは、そのハンジに「順番だ」と言います。

「…順番だ」「こういう役にはたぶん順番がある…」「どうりでこの世からなくならねぇだけだ」「がんばれよ…ハンジ…」と涙を流しながらサネスはハンジに言います。

これはサネスがこれまで自分が行なってきた、人としてやってはいけないような拷問を振り返り、それは誰かが担わなければいけない役だったのであり、自分の次はハンジが担われたのだと感じて言ったセリフだと思われます。

この場面は非常に強い印象を与える場面で、3年以上経った現在でも「ハンジがサネスのように拷問に合う伏線ではないか?」と考察好きな方からたまにコメントをいただいております。

さて、先ほどのヴィリーのセリフとサネスのセリフを比較してみるとどうでしょうか?

「順番」というワードが重なっており、「誰かがやらなければいけない」というような意味合いを持ったセリフという所が同じように感じますよね!

ハンジの場合は常に誰かがその役を担わなければならず、たまたま担う順番だったのがハンジであり、ヴィリーの場合はこれまで誰も担う事がなかった操舵輪を、担わなければならない順番だったのがヴィリーだったという事になっていますが、意味的には同じですよね!

何かしらの役割を自分の意志とは別で、順番が来たから担わなければならなくなった、という所は同じ意味だと感じます。

ただ管理人アースは、「たまたま順番が来た」とは表現されていますが、その役割はハンジでなければ出来ないことだったのだろうしヴィリーだったから選ばれたのでは?と思いました。

この辺りはそれぞれの読者の解釈になってきますが、管理人アースにはそのように感じました。

さて、ではこの「順番」というワードが重なるヴィリーとサネスのセリフには、何かしらの伏線が貼られているのでしょうか?

伏線ならば、ここから何かしらの展開が予想できると思われます。

考察してみましょう!

◆二つの「順番」からの展開予想!

2017-10-13_060512
本人の意志とは関係なく「順番」が回ってきたヴィリーとハンジには、今後どのような展開が待っているのでしょうか?

ヴィリーとハンジ、それぞれ予想してみましょう!

まずヴィリーには今後どのような展開が待っているのでしょうか?

ハンジの「順番」は、ハンジがニック司祭に行なった拷問をサネスに行なった事により回ってきたものでした。

ここから、同じく順番が回ってきたヴィリーも、同じような事をすることになるのかなと管理人アースは妄想します。

「拷問」とまでは限定しませんが、「かなりヒドイ行為」をすることになるのではないでしょうか?

それは、98話で「たまたまなんだ」とつぶやいた時の手の震えや、セリフを言った後の「フー…」と項垂れるヴィリーから、「かなりヒドイ事をしなければいけない」とのプレッシャーを感じているようにも見えます。

ここから、ハンジの「順番」を繋げて考えると、「拷問のようなヒドイ行為をするヴィリー」という展開が予想できますよね!

さらにコメントでは「祭事では、祭りの出店に仕込まれていた巨人化液によって巨人化した大量の無垢の巨人が各国要人を捕食するのでは?」との考察コメントが多く見られ、これもヴィリーの「ヒドイ行為」予想と重なりますね!

それではハンジにも、「順番」から何かしらの展開が起こるのでしょうか?

「ハンジが拷問にあう」という予想が多く見られ、管理人アースも「もしかしたらハンジの最期は拷問によって…」と考えた事があります。

ただ、今回のヴィリーが「同じ順番を語る場面」を見て、変わりました。

おそらくヴィリーは回ってきた順番により、今回の「劇」を開催することになっています。

その劇で、彼は世界に何かしらのメッセージを送り、それを「宣戦布告」とするようです。

その宣戦布告により、ヴィリーはパラディ側との戦いを開始することにするでしょう。

もしかしたら、その戦いで、ヴィリーとハンジが邂逅する展開が起こるのではないでしょうか?

そこでヴィリーはハンジに同じように「順番」について語り、ハンジはサネスから順番を任された事を思い出す…

そんな場面が登場するのではないかと妄想してしまいます!

「二つの順番」からは、ヴィリーとハンジの邂逅展開が予想できました!

そんな展開が起こったら、かなり熱いですよね!

ちなみに、サネスがハンジに「順番」を説いた第56話のタイトルは「役者」でした。

もちろんこの「役者」はサネスとハンジを表しているでしょう。

そして、今回「順番」を語っているヴィリーは自らを演出家と語り「劇」を行おうとしています。

「役者」と「劇」…

やはりこの二人はどこかで繋がりそうな気がしますよね!\(^o^)/

そんな熱い展開を待っている管理人アースでした!

98話考察!ヒィズル国の正体と紋章の意味を考察!
98話考察!エレンのボールとグローブから展開を予想!
98話考察!「使える柱」「ネズミ」を検証!ジーク、コスロ、エレン?


Sponsored Link

28 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ98話考察!ヴィリーのセリフ「順番」を検証!ハンジと邂逅展開か?”

  1. 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

    どうも、継ぐべきモノの重さに悩む動物好きの巨人でございます。

    何となく、ヴィリーの気持ちがわかるんですよね、私。我が家は長き歴史を持ち、そしていずれは、私か弟が跡継ぎとしてそれを継ぐのでして。自信家で重責に耐えられる一面が私にあればよかったのですが、私は心配性で非力、そんなものに耐えられないはしない、けれど、弟の人生を私の我がままで棒に振らせるわけにはいかない、なら、なるしかない。そういうのって、辛いですよ、本当に。

    祭事にて、各国の要人を巨人に喰わせるという話もあるそうですね。でもそりゃないだろうと思います。そんなことしたら、「やっぱり、マーレの奴らは悪魔だ!エルディア人ごと皆殺しにしろ!」「○○様の仇だ!」「パラディ島より先に攻めやすそうなマーレをぶっ潰せ!」「今なら各国が味方になるから、巨人兵器なんか怖かないぜ!」「全世界全戦力をもってして、悪魔の如き大国マーレを討つ‼︎」とコニーでもわかる、祭事ならぬ惨事になることでしょう。パラディ島攻撃に合わせて、本国が袋叩きになりますよ。そんな作戦のどこにメリットがあるのですかね。せいぜい、各国の憎しみと敵対心を増大させるだけですよ(*弟の見解ですよ(^^;;)

    ハンジが拷問に遭う・・・ですか。そもそもあの奇行種をスパイと見破れるのですかね。逆に目立って安全を確保するのは、いい作戦だと思います。ただあまりに目立つと怪しいので、周囲に溶け込む程度にというのがいいですかね。そもそも、そういう順番も断ち切るべき鎖のはず、ハンジには、そういう役者ならぬ業者になってほしいです。
    (*これは私の見解です)

    長々と申し訳ありませんでした。それではまた。

    • 管理人アース より:

      祭事ならぬ惨事が目に浮かびます(・_・;)
      まさに第2話のシガンシナ区での惨事が再び、いやそれ以上でしょう!
      巨人が攻め込んでくるのではなく、巨人化されそれが人々を…
      もしこの展開が起こるとしたら、ヴィリーがエルディア帝国を再び!と決心した瞬間でしょう。
      どのような展開が起こるのか、次回はライナーとエレンの展開も含め、楽しみですよね!


      管理人アース

  2. 馬来熊 より:

    サネスが言ってた「順番」は悪魔の役回りのことだと思いますが
    ハンジと、そして同じパラディ島のアルミンも、敵に回って本気で悪どいことしたらトンでもなく厄介な相手になりそうですね…
    そんなわけで敵としてこの二人が登場する場面も見てみたいです

    • 管理人アース より:

      悪魔の順番ということですね!
      なるほど!たしかにそのようにも受け取れますね!
      となると、ヴィリーは再びエルディア帝国を興そうとしているのかな…(・_・;)
      次回が楽しみです!(^^)


      管理人アース

  3. 芋をふかした者 より:

    >ちなみに、サネスがハンジに「順番」を説いた第56話のタイトルは「役者」でした。
    のところでなんか鳥肌立ちましたw
    次回のタイトルは劇に関係ありそうなものになりそうですね。

    ヴィリーは「国はマーレ人とエルディア人のもの」と言っているので共存路線にいくのかな?
    あの場で巨人化させて要人を食わせたら世界大戦ものですよ。国を大事に思うなら流石にないと思います。

    ただ、悪魔を自らかってでて世界の悪役を演じるならそれはそれでアリかと思います。
    ピクシスの「もし人類以外の強大な敵が現れたら人類は一丸となり争いごとをやめるだろうと」というのを思い出しました。ユミルフリッツも、壁の初代王も、ヴィリーでさえも同じように考え、実際は争いごとは消えないので一時的ではありますが平和を作ろうとしたのかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      あのヴィリーの手の震えが気になるんですよね。
      とんでもない重責を感じている描写にも「とんでもなくヒドイ事をしようとしている自分に対する震え」にも見えるので(・_・;)
      エルディア帝国復活!なんて事を考えていなければ良いのですが(;´Д`)


      管理人アース

  4. 寸劇の個人 より:

    個人的な考えでは、これは「世界は残酷」などと同じく、作品のテーマ・メッセージのひとつではないかと思いました。運命論へのアンチテーゼというか・・。
    定めというのは誰しもが順番や成り行き、あるいは紙一重の選択?から偶然巻き込まれるものであって、運命的に背負っている決まった役割とは違うよ、という感じの。
    悪役も絶対的な悪ではなく、正義の味方も間違いを犯さないヒーローでなく、「やるべきことを果たしていたら皆いつの間にかそこにいた、そして後戻りできず進むしかなくなった」という世界観は大部分の少年漫画の否定になりますが、すごく好きです。
    (あれ?でもエルディア人とアッカーマンは生まれたときから背負ってますね・・)

    • 管理人アース より:

      運命論や血統主義という展開へのアンチ・テーゼと考えると、カッコイイですよね!
      それがたとえ、拷問をされる順番だとしても!(笑)(;´Д`)

      >エルディア人とアッカーマンは生まれたときから
      そうですね(笑)
      現実世界でも多かれ少なかれ背負わされている事はあるので、そういうことなのかなと。
      ただ、最後の最後にはエレンの「精神力」にて全てを駆逐してくれる展開を待っています!\(^o^)/


      管理人アース

  5. 妄想を捧げよ! より:

    アース隊長!

    ハンジとヴィリーの邂逅記事を読ませていただきました^ ^

    妄想でしかないのですが、ハンジがヴィリーから戦鎚の巨人を継承する展開、ないでしょうかね?

    ハンジはサネスから拷問される役を引き継いだのではなく、ヴィリーからこれから起こる劇の役者を演じさせられる事になるかもしれません。

    大地の悪魔を倒すヘーロス
    と、
    戦鎚の巨人を倒すハンジ

    みたいな^ ^

    • 管理人アース より:

      ハンジ巨人はもの凄く見たいですし、ハンジが巨人研究の為に自ら巨人を継承しようとする展開も否定できません(笑)
      ただ巨人を継承してメリットがある人物はヒストリアなので、そちらの展開の方があるかもです。
      もしかしたら、女型を既に継承しているかもですが・・・
      戦槌の巨人、早く見たいですね(^^)


      管理人アース

      • 馬来熊 より:

        ユミルと一緒に戦った時ややエレンの拘束を解いた時など
        ヒストリアは盛り上がる場面でヒーローっぽい性格を見せてくれるので
        女型を継いで戦ったらカッコ良さそうですね
        あ、しかしそうなるとアニ再登場がなくなってしまう……

        • 管理人アース より:

          ここ、ジレンマですよね(笑)
          もしくは、アニ目覚め➡アニ父回収➡壁内に寝がえり➡ヒストリアが補食と丁寧に描かれれば嬉しい展開ですね❗
          ただ、アニには少しでも長く残って欲しいですが( ̄▽ ̄;)


          管理人アース

  6. Gelatoni より:

    初めてのコメントになります。
    いつも楽しく読ませて頂いております。
    最近「進撃の巨人」の展開が熱くなってきましたね!

    私も「ハンジは拷問をうけて最期を迎えるかもしれない」と思っていましたが、
    ヴィリーとハンジが邂逅する展開の方がずっと面白くて良いです!!

    ハンジはサネスに拷問で、きれいに爪を剥がしましたが、殺してはいません。
    マーレでは死なないはずです。
    (個性的なキャラクターのハンジは大好きです。そう簡単には死んで欲しくありませんよ^^)

    もしヴィリーとハンジが邂逅して、二人が宣戦布告の言葉を交わすなら(仮)、
    お互いの国と人々の生死をかけた戦いになりますので、

    きっと「迫力ある壮絶な言葉」を掛け合う事でしょうね。

    ぜひ見てみたいです!!

    ハンジは強烈な言葉を使ってきそうなので、
    どのようなセリフになるか考えただけで 

    シビレてきます!!

  7. 考察初心者🔰 より:

    管理人様❗️お疲れ様です😊

    私も最近、仕事が忙しくて以前の様に書き込み出来ず😱
    日々、ストレスと戦っています😅

    ヴィリーは先祖が145代目フリッツ王を裏切った(真実は解りませんが)のと同じ様な事を狙ってるのかな❓

    と…ふと思いました🙃
    エルディア帝国を滅ぼしてマーレを復活させた様に❗️

    今度はその逆をやろうとしてるのでは❓

    これがヴィリーの考える「この国はマーレ人とエルディア人のもの」の意味ではないかと妄想してます😅

    来月号のヴィリーの行動から過去の真実も明らかになっていく様な展開になる…

    こんな予想はどうでしょう❓

    • 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

      考察初心者🔰殿も、面白い考察をされますね。今度はマーレをぶっ潰して、エルディア帝国を再建するということでしょうか?

      ヴィリーがその気なら、むしろ新しい国を築いて、とりあえずは、マーレとエルディアの混合国家にして「我々は今から同じ国民である!」みたいな宣言をするのではと思います。国名も変えて、マーレ人もエルディア人も今から○○人という一括りにすることはあるかな、と思います。

      お互いこれからも進撃の巨人を考察していきましょう。
      それではまた。

    • 管理人アース より:

      ヴィリーが「エルディア帝国復活」をもくろみ、調査兵団とぶつかる…そこにジークが絡み三つ巴展開とか妄想したりしましたよ(笑)
      ただ、エルディア帝国復活をもくろんでいるヴィリーにマガトが協力するかな?とも感じたり…
      ヴィリーの目的は、今後の展開待ちになりそうです。

      >最近、仕事が忙しくて以前の様に書き込み出来ず😱
      日々、ストレスと戦って

      忙しいのとストレスは嫌ですね(笑)
      サラリーマンである管理人アースは、よく分かりますし共感します!(笑)
      ただ、いつかはまた穏やかな毎日が戻ってくると思いながら頑張るしかないですよね!(^0_0^)
      お互い頑張りましょう!


      管理人アース

      • 考察初心者🔰 より:

        管理人様✨

        わざわざ返信いただいたのに何のリアクションも出来ず申し訳ありませんm(_ _)m

        やっと仕事も落ち着いて来ました😆

        仕事をしながらこのサイトを運営している管理人様には頭が下がります😊

        毎月、楽しみにしています✨体に気をつけて頑張ってください😊

  8. 考察初心者🔰 より:

    動物好きの巨人様✨

    返信ありがとうございます😆そうですね😅書き込みながら…

    我ながら突飛な発想だな🙃
    とは思いました❗️

    ただマガト隊長との会話からヴィリーも今のマーレの現状には不満がある様に感じます❗️

    進撃の世界の中ではタイバー家は常にイニシアチブを取る事を思考してる様に感じますし😅

    ソコから考えて↑の妄想になったんですが…

    エルディアである必要は無いですよね😆

    中東連合の国をマーレの後釜に…とか考えてるかも❓

    すいませんm(_ _)mこれも妄想です😆

    自分としてはマーレを潰す辺りまではジークもタイバー家に協力するけど…

    後釜をどこにするかで決裂してタイバーVSジーク&エレン的な構図になるのでは…

    なんて妄想もしてます😆

  9. まるまる より:

    こんにちは。
    私も、ハンジは拷問によって退場するのではないかと思ってます。
    その拷問によって、性別が明らかになるのではないかとも思います。(男への拷問と女への拷問は違うので、わかりやすい判別方法かと)たしかいつか性別について決着をつけると先生がおっしゃっていたので、やはり拷問されそうな気がします。

    • 管理人アース より:

      ハンジの性別は、女性でほぼ確定していると思いますが、拷問方法で確定はキツいですね(泣)
      できれば正視できる展開で退場して欲しいです💦



      管理人アース

  10. まるまる より:

    私も女であることはほぼ確定である思っていますが、未だに一定数男派の方々いらっしゃいますからね…我ながらゲスなことを考えるなぁとと思ってしまいましたがw
    しかし男派の人にハンジが女であることを証明させるために、拷問方法以外はないか言われたら、【かなり際どいラインの描写】くらいしか思いつきません。
    男派の方の意見を見る限り、認めざるおえないシーン(例えば正面からの全裸、性的描写など)でないと、認めないかと思います。
    でもそんなシーンは、本筋に全く関係ないですし、批判が殺到すると思います。
    よって、やはり拷問かと…
    …って、めちゃくちゃ話逸れましたね笑 すいません。
    今回の「役者」もそうですが過去回の題名や台詞を匂わせる様なシーンを自然に出してくることがちょくちょくありますよね。改めて諌山先生の技量は素晴らしいと思いました。
    もしかしたら、パラディ勢が「役者」として現れる…とかないですかね?笑

  11. シーナ より:

    更新お疲れ様です。
    いつも楽しく読ませて頂いております。

    前の考察で「ハンジは拷問にあうのではないか?」とコメントした者です。
    皆さんの考察を見ていると、面白いですね(^^)

    『ハンジとヴィリーの邂逅』いいですね‼
    私の中でも色々な妄想が広がってきます。

    ハンジ、マーレに拘束される➡ヴィリーがハンジに会う➡リヴァイがハンジを救出
    でどんな会話になるか想像してみました。

    🎬
    ヴィリーは近衛兵を引き連れて、ハンジが拘束されている地下牢へ行く。
    ヴィリーはハンジの顔をじっと見つめる。

    ヴィリー「……おまえ……女なのか?……名は?」
    ハンジ 「………」

    この時 立体起動を付けたリヴァイがハンジを助ける。
    拘束を解き、出口へ駆け出す。

    ハンジ 「あんたがヴィリーだね💢
    パラディ島で捕まえたら、お前の爪
    全部はがしてやる‼ 私は女だよ!!💢 」
         「 バーカ!! 」
    🎬
    こんな会話どうでしょう?(^^♪

    今回の考察 とても面白かったです😁✨ 

    • 管理人アース より:

      この場面が登場したら最高ですね!
      サネスもビックリです(笑)
      ただ、あのサネスの言葉は何かしらの回収がありそうですよね!
      楽しみです!


      管理人アース

  12. シーナ より:

    追伸

    考えたコメントを、実際にサイトにアップすると
    思った以上に キツイ印象の文章になってしまいました。
    もっと柔らかい感じで書き込みたかったのですが……すみません💦

  13. ロビン より:

    コメントの流れ無視しちゃって申し訳ないですが、各国要人は喰われるんじゃなくて人質にした方が有利かななんて思ったのですが、どうなんでしょうね?

    切れるカードは多いに越したことはないと思うんですが。

    それか要人を集めた(?)のは証人になってもらうため(って言ってましたっけ?)なのはなにも劇だけの話ではなく、彼らの日常やら街並みやらマーレからの扱いに至るまで、っていうことなのかなと。
    エルディア人が何か余程のことさえしなければ革命が起きたとしてやっぱりあいつらは悪魔の~とかの声を遮ってくれる…柱?(笑)になるんではないかな…とか。

    そういえばサネス以外にも同じ事を言ってる人が居たなとふと思ったのですが…(ベルトルト)彼もまた何か他のメンツとは違って“知ってた”“わかってた”んですかね。

    ここへ来て(ライナーの回想が多かったので当然ではあるんですが)ベルトルトの発言にもなんとなくうん?て思うようになってきたんで、上記のようなことが無くとも彼にはまだ何かあるような気がしてしまうので、もしかしたらどこか経由してヴィリーの発言にも繋がってくるのかな?なんて妄想レベルのことを考えてます。

    うまく言えないんですが、そんな感じでふわっとしてます(笑)

    • 管理人アース より:

      証人というか「目撃者」という表現をヴィリーがしていましたね。

      >サネス以外にも同じ事を言ってる人が居たなとふと思ったのですが…(ベルトルト)
      これ、ちょっと思い出せないのでまた教えてくれたら嬉しいです。
      ベルトルトが「順番」という表現をしていたという意味ですかね?

      >切れるカードは多いに越したことはないと思うんですが。
      マガト隊長も「カードの切り方を間違えちゃだめ」って言っていましたね(笑)
      あれも何気に名言かも(笑)


      管理人アース

      • ロビン より:

        順番という言葉じゃなかったような気もしますが、誰かがやらなくちゃいけないんだ云々の所ってそういうことなんじゃないかなと勝手に思って読んでたので、そうなのかなと…元々無い自信が無くなってきましたけれども(笑)

        ベルトルトの場合はその言葉ピンポイントというより前後の言葉とか彼の置かれた状況とかを見てそう思ったといいますか。

        だからっていうわけじゃないですけど、アルミンの眠ってる間の夢がまだ出てこない(流れ的にもそうですが必要なければ描かないでしょうし)のかなって(´・ω・`)

        早い段階で見せちゃうとヴィリーのこととかターニングポイントになるようなバレとかそれに近い何かだからまだ伏せてる感じもしますしね。

        これだけ書いてて違ったらすごい恥ずかしいなこれ(笑)

        いや違う違うに違いない(笑)

        朝っぱらからお目汚し失礼致しました^^;

        • 管理人アース より:

          誰かがやらなくちゃってベルトルトのセリフ、ありましたね。エレン争奪戦の時でしたね。
          順番という概念に近いかもです。
          これ、繋がると面白いですよ❗( 〃▽〃)


          管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ