【進撃の巨人】ネタバレ97話考察!ソニビン始末の犯人がアニライナーを検証!

ここ数話、様々な伏線回収が進んでいますが、97話でも多くの伏線が回収される展開となりました。

その中でも気になったのが、ソニーとビーンを始末したのが「アニとライナー」だと言う事実です。

77話ではマルコ死亡の謎の回収展開となっていましたが、今回はソニーとビーンを始末した犯人の回収展開となっていました!

このような場面までキチンと回収される諫山先生は、本当に丁寧に作品を描かれていると言えますよね!

今回の回収を振り返り、考察してみましょう!

Sponsored Link

◆ソニーとビーンの死亡展開からマルコの立体機動装置までを振り返り復習!


今回97話では、ライナーの回想シーンでトロスト区攻防戦にて捕獲した2体の巨人ソニーとビーンを始末する為に動くアニとライナーの描写が登場しました。

これは、第20話「特別作戦班」の終盤で殺されたソニーとビーンに繋がる伏線回収となっていますよね!

この回収は第21話にてアニが提出した立体機動装置が、マルコの物だったという展開にも繋がる描写となっています。

この辺りを、今一度おさらいしておきましょう!

第14話でエレンゲリオンが大岩を用いて扉を塞いだことにより、人類初の勝利にて終結したトロスト区攻防戦ですが、その際に調査兵団は、2体の巨人ソニーとビーンを捕獲します。

この2体の巨人はハンジの実験の被験体となり、巨人の謎の解明の為には重要な存在でした。

その2体の巨人は20話にて、何者かに始末され、その犯人はこれまで作品内では明確に描写されていませんでしたが、今回アニとライナーであることが確定しています。

いっぽう、21話冒頭ではソニーとビーンの犯人探しの描写があり、2体の巨人を始末する際に使用したであろう立体機動装置を調べ、兵団が犯人を突き止めようとする展開が起こっています。

しかしここで犯人は突き止められず、アニとライナーがソニーとビーンを始末した際の立体機動装置を、ここでは提出していなかったことが分かっています。

そしてその時にアニが提出していた立体機動装置がマルコのものであり、それに気付いたアルミンがアニが女型の巨人の正体である事を突き止めるキッカケとなっています。

この辺りはマルコボットはなぜ死亡?でも考察していますので、見てみてください!

つまりはアニは、ソニーとビーンを始末する際に自分の立体機動装置を使用しており、その立体機動装置をここで提出すると犯人だと分かってしまうのでマルコの立体機動装置を提出したのでしょう。

このマルコの立体機動装置は、アニが自分でマルコから外し放り投げているので、ソニビンを始末した後に回収に行ったのだと思われます。

ここから、ライナーも兵団が犯人探しで立体機動装置を調べることを予想し、トロスト区で死亡した兵士の立体機動装置を予め用意していたのだろうと予想できます。

管理人アースは、アニ一人でソニビンを始末したのだろうと想像していたので、今回の回収には驚きましたが、第20話で「二人以上の計画的作戦」と指摘されているので、諫山先生がそこを忠実に守った回収なのだろうと考えられます。

非常に丁寧な回収ですよね!

これだけ丁寧に回収されると、考察する側も安心して予想できますよ!

さて、ここ数話続いているライナー祭りですが、今回のソニビン犯人回収展開も含め、ここまででライナーの謎や伏線がかなり回収されています。

あと回収されていないのは「ニシンの缶詰」くらいでしょうか?

ここで、ライナーに残された伏線を考察し、その後のライナーを予想してみましょう!

Sponsored Link


◆残された伏線の回収後にライナーは死亡するのかを考察!


97話時点で、ライナーの残された伏線はどのようなものがあるでしょうか?

パッと思い付くのは「ニシンの缶詰」「母カリナ」「ヨロイ・ブラウン」くらいでしょうか?

「ニシンの缶詰」はユミルの素性関係の伏線なので、謎は残っていますが回収されたと考えても良いかもしれません。

そして今回マーレ編にて登場した「母カリナ」は、まだ何か役割が残っているように感じます。

ライナー父がマーレ人というのは、「一緒に暮らせない」、「暮らすつもりがない父」を演出するためであると考えられるので、もう役割は果たしたと考えられますが、母カリナはまだ活躍するような気がします。

逆に言えば、母カリナの役割が終わったら、ライナー自身の役割は「エレン達との再会」のみとなり、役割は終えるのかもしれません。

ここで考えたいのは、「エレン達との再会を果たしたらライナーは死亡するのか」という事です。

「進撃の巨人」のほとんどが、「役割が終わったキャラクターは死亡退場する」という展開を迎えます。

ライナーも、そのような展開を迎えるのでしょうか?

管理人アースは以前、「ライナーはパラディ側の味方となるのではないか?」と予想したことがあります。

その時は、そのように考えました。

ただ、今は正直「半々」という感じです。

本当に予想が難しく、「味方となりパラディ側として戦うか、そのままマーレの戦士と戦い死亡」という展開となるのか、どちらもあり得るように感じられます。

本当に、今後の諫山先生しだいですよね!

その為、これは予想ではなく「感覚」から来る妄想なのですが、現在はおそらくライナーは死亡するだろうなと感じています。

やはり壁内をあれだけの地獄にしてしまった「罪」は被り、死亡する展開が訪れるだろうなと感じるのです。

ただ、その死亡展開が「マーレの戦士」としてか、それとも「パラディ側について戦った」結果なのか…

死亡展開だとしても、できればライナーに少しでも救いがある展開であって欲しいなと願っています。

まだまだ先が読めませんが、ライナーの死亡展開はそう遠くないだろうと思っています!

それまでには、キチンと予想をしていたいな、と考えている管理人アースでした!


Sponsored Link

22 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ97話考察!ソニビン始末の犯人がアニライナーを検証!”

  1. 進撃の芋女 より:

    こんにちは、進撃の芋女です。

    漫画だとライナーはむごい死に方をするんだろうなって思ってました。

    ただ、アニメ二期のエレンの最後の言葉がライナーに償わさせる、だったので今後償う場面があるのではないでしょうか。

    それが同期をかばう形で死亡退場だと希望がもてるのですが。

    アニはエレン・マルロに憧れや同調を見せていたので壁内側に寝返る可能性が大だと思います。

    どちらの親とも子供にこんなひどい事を押し付けて、後悔してほしい(アニパパは後悔してますが…。)。

    鬱展開なキャラの最後でしょうね、きっと…。

    いくら覚悟して読んでも毎回落ち込むのですが、対処法が知りたいくらいです。

    たまにはグットエンド希望です。

  2. ライナーは必ず俺たちの仲間に返ってくる より:

    あああ。
    ライナーに対する団長のお言葉、本当に同感です。

    マーレ編がこんなに続く前は、私も自分のハンドルネームの通りと予測してましたが、そう簡期待通りにはいかないだろうなと覚悟しています。

    97話でエレンも登場したことですし、そろそろ最後の決戦でしょうかね(涙)

  3. ダダ より:

    アース団長様
    初めてコメントお送りします。
    以前1期アニメを見たら、話の先の妄想が止まらなくなり、コミック読みきってさらにドツボはまり。
    団長のこのサイトに巡り会わなければひとりで妄想死にしてました。
    こんなにスゴイものをありがとうございます!

    ライナーの母、カリナのことなのですが、いよいよ息子がパラディ島へ向かう時の、お見送りのあの言葉、表情・・自分の欲望を叶えることにしか意識がなく、息子のことなど自分の欲望を叶える道具にすぎないあの恐ろしい表情・口角を見たとき、
    「コイツ、なにかすごく浅はかでねちっこーい計画たててる」と思ってしまいました。
    男性陣にはコワ~イ話かもしれませんが、
    マーレ人のライナー父がライナーを自分の息子だと思っているのって、きっとただ単に、カリナが「アナタの子よ」って言ったからですよね?(まあ、思い当たるフシもあるのでしょうが。)
    ホントのところなんて女にしかわからない。

    そう思うと、ライナー父がエルディア人の可能性もまだ捨てきれないかと。
    そのライナー父の件や、彼女の個人的欲望計画が、またしてもライナーに変化をあたえる、などと妄想し、団長の仰る”カリナにはまだなにか役割が残っている”が嬉しく、コメントしました。

    • 管理人アース より:

      カリナからは、まだ何か展開が起こりそうな気がしますよね!
      ただ、今のライナーの状態からは悲惨な展開の予感がしかしない…(・_・;)
      ライナーに少しでも救いのある展開であることを祈るばかりです。


      管理人アース

  4. sukekiyo より:

    更新お疲れ様です。

    ソニーとビーンの殺害をアニとライナーの二人が行った間、ベルトルトはどうしていたのでしょう?作中において故郷3人組の中でベルトルトの背景だけが未だ見えてこないのも不思議です。

    立体起動装置の点検時、ライナーは追及を逃れられたのも彼は見張りだったのでしょうか。
    おそらく次回以降で明らかになりそうですね。

    ライナーに絡んだ謎の中でもう一つ私の中で気になっていることがあるとすれば、四肢切断されハンジから追及を受けている際に兵団側が注射器の存在について話しているのを彼は聞いていたはずですが、マーレに戻ってからの報告書には触れられていなかったという点です。あの時の記憶がごっそり抜けているなら話は別ですが、多分ライナーは覚えていますよね。
    ジーク達もシガンシナの壁上からベルトルトがアルミンに喰われた様子を見てはいなかなったのかなぁと…今でもひっかかっています。
    これが「知っていたけれど報告していなかった出来事」ならば今後の展開に繋がるような気がしています。

    • 管理人アース より:

      訓練兵団時代のベルトルトは、本当に謎ですよね。
      単純に「自分がない」という事を表しているだけなのかなと思っていましたが、マーレ時代のベルトルトだったらもう少し動きそうにも見えますし…
      謎ですね(・_・;)

      ライナーが兵団側の注射器について隠している事実、ありましたね。
      これはこれからのライナーの展開から明らかになるのか…
      こうなって来ると、エレンとの再会よりもあるミントの再会が気になってきます(笑)
      何にしてもライナーと104期生たちとの再会が楽しみです!\(^o^)/



      管理人アース

  5. 青ねこ より:

     ライナーについては97話で自殺未遂まで行っていたので、本人に「やるべき事」明確な目標などがあるとは思えません。ので、エレン側またはファルコ絡みでの役割があるのかと考えています。外から役割を与えられて活躍するわけですね。
     そこで気になるのは繰り返される「待って」発言で、これが最後に発動して彼の最後の行動に繋がり、役割が終わるのかと。

    • 管理人アース より:

      ライナーの退場場面が「待って」で終わる展開はありそうですよね!
      エレン側で役割とは、パラディ側に付く展開になるのですかね?
      だと、嬉しいですが!\(^o^)/



      管理人アース

  6. 芋をふかした者 より:

    ライナーは任期&鎧継承の話といい自殺未遂といい既にフラグビンビンなので死亡退場すると思いますね。アニが目覚めるならライナー死亡した後だと思いました。

    個人的にはカリナよりも、ベルトルトの家族だけ全く出てきてないのが気になります。
    エレン・ミカサ・ヒストリア・アニあたりは親や血統が重要ですし、ジャンはオムオム回があり、サシャコニー親は2期で焦点が当てられ、アルミン家は本を持ってたり気球作ってたりしますしね。ユミルだって親がいないという描写がちゃんとあるのにベルトルトだけ家族の描写がないのは不思議です。単純にベルトルト自体のキャラが薄いから話を広げられなかっただけですかねw

    • 管理人アース より:

      ベルトルトの親は、壁の中の巨人と繋がっていくのかなと思っています。
      妄想の域ですが(・_・;)
      これ、どこかで記事にしたいなと今思いました(笑)



      管理人アース

      • 芋をふかした者 より:

        Twitterでおっしゃっていたベルトルトが超大型をすぐに使いこなせた理由は、先代の戦士隊の超大型の人がベルトルトの血族だったからじゃないかと思いました。
        血の繋がりが記憶継承に強く影響すると仮定すると、先代超大型の記憶があるベルトルトがすぐ使いこなせたのも頷けますし、ユミルがライベルアニは巨人だと見抜いてた描写がなかった=記憶がないから気づけなかったことにも繋がると思います。エレンが詳細にグリシャの記憶を思い出してることからも血の繋がりは結構影響ありそうですよね。
        あとジークのメガネからも先代戦士隊の存在感をちらつかせているのでそのうち先代の話が出てきてもいいでしょうし超大型の先代も◯◯・フーバー説を推しますw
        ライナー→ガビのように連続して同じ血族が続くこともわかっているので可能性はあるかと。

        ただマーレの6つの巨人はタイバー、レイス家のように一つの家で継承されるものではないので超大型巨人とベルトルトの家系に直接的な関係はないと思いますね。
        そうなると壁の中の巨人もヨロイ・ブラウンも謎です^^;

        ベルトルトの家族には妄想が広がりますが本当にキャラが立たないってだけで登場してないのなら残念ですw

  7. 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

    その鎧にかかるは、後悔か罪悪感か・・・、動物好きの巨人でございます。

    現実世界のソニー・ビーンらと同じく二体の巨人も、何が何だかわからないままの最期になってましたね。しかし、それをやった(殺った)のが、アニとライナーだったとは、驚きましたよ。

    万が一に備え、トロスト区の亡骸から拝借していたのでしょうね。ライナーのも、殺りに行くときのは自分の立体機動装置を使い、点検のときは、別の拝借したのを見せたのかもしれないですね。あるいは、行くときは拝借したので、点検のときは、自分のやつを見せたのかもしれないですね。そちらのほうが安全そうですね。なにか質問を受けたときも、自分のなら答えられるでしょうし、アニが使ったマルコのやつだって、同期のだから、ガスをいつ交換したか?などという質問にも、難なくクリアできるでしょうしね。ベルトルトはまぁ、「お前は背が高すぎて目立つかもしれんし、逃げるところを見張りに見られて覚えられ、『身長は190センチぐらいあった』なんて言われたら、104期生内では真っ先に疑われるだろうしな」(byライナー)などとでも言って、連れてってなかったのかなと考えております。今のところ、これだけしか考えられないですね。

    それではまた。

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      ソニビン殺害に自分の立体機動装置を使ったのは、他の人の立体機動装置だと癖があり使いにくいので、さすがに巨人を倒す時にはマルコのを使うことにはリスクがあったのでしょう。
      他人の立体機動装置が使いにくいという描写はアニメオリジナルですがアニメ13話でジャンが他人のトリガーを「なんでこんなに硬いんだ」みたい言っている場面があったと思います。
      これは故障してではなく「他人の立体機動装置は癖がある」という意味かなと管理人アースは捉えています。
      ここから、ライナーもソニビン殺害時は自分の立体機動装置を使い、提出には誰かのを拝借したのかなと思っています。
      ベルトルトの身長からの「連れてこなかった理由予想」は素晴らしいですね!
      たしかに、ですよ!(^^)



      管理人アース

      • 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

        ありがとうございます。

        しかし、なるほど、他人の立体機動装置には、癖があるのかもしれないですね。やっぱり、誰かが使い古したものでしょうしね。でも、ある程度は、その立体機動装置についての情報がないと、質問のとき危険ではないですか?提出したやつは、やはり骸となった同期のものではないでしょうかね。赤の他人のを使うより、リスクが低くそうですし。

        それではまた。

        • 管理人アース より:

          そうですね。
          ある程度親い人の物でないと検査を切り抜けられないですよね。
          マルコの立体機動に対するアルミン程でなくとも、ある程度の知識がないと、ですね。
          ここまでの回収は無いかもですが、そう考えられますね!


          管理人アース

  8. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です

    何故、ソニービーンを何者かが殺したのかが疑問でしたが、「誰が」の部分が回収されて少しすっきりしました。
    残るは「何故?」の部分ですが、やはりあのままハンジによって色々な仮説検証を続けられたら、重要な事が、パラディ側に知れてしまうと思ったからでしょうね。

    という事は、マーレ側がやっていたであろう巨人科学研究と同じく、つきつめて無知性巨人を研究していけば壁内側でも、きっと謎や秘密に辿り着くのでしょうね。

    それが何だったのかが気になります。

    • 管理人アース より:

      >マーレ側がやっていたであろう巨人科学研究と同じく、つきつめて無知性巨人を研究していけば壁内側でも
      そうですよね。
      もしかしたら、「脊髄液を摂取すると、壁内人類も巨人になる」とか「巨人の正体が人間」とかなのかなとも思っています。
      ソニビン殺害時点では、この辺りも謎でしたし。
      この辺りもライナーかアニ辺りから説明があるかもですね!


      管理人アース

  9. 竹槍 より:

    ライナーはガビに鎧を継承してもらいたくないと考えているけど、ライナーの気持ちを誰かにわかってもらうには、血縁関係のあるガビが鎧の記憶を受け継ぐしかない。あまりにも悲劇的な救いではありますが、諌山先生ならやりかねない。だってマンガだもん。

  10. レオン より:

    初めてコメントを送ります。
    更新お疲れ様です。いつも楽しく読ませて頂いております。

    「ライナーが近いうちに死亡する展開を迎えるのではないか」は非常に寂しいですが、そのような感じがしますよね。

    ライナーは、鎧の巨人だと知らなかった初期の頃は、私が一番好きなキャラクターでした。巨人だとわかった後でも、努力、挫折、裏切り、苦悩の姿は人間らしく、共感できる部分がありました。

    ライナーがどのような最期を送るのか?を私なりに妄想してみました。
    タイバー家が「世界にすべてを明かす」祭事で、もしかしたら…人前でガビにライナーの鎧を継承させる(食べさせる)のではないかと妄想しました。
    コメント書いていて自分でも怖いです。

    どのような最期を送るにしても、私にとっては、ライナーは愛すべき存在です(^-^)/

    • 管理人アース より:

      タイバー家の祭事に何が起こるのか…
      そこでライナー死亡展開が起こるというのは、キツイですね(;´Д`)
      もしそうなったとしても、その前にエレンとの会話、何かしらの接触があって欲しいなと思っている管理人アースです。
      このままの状態でライナーの退場展開は起こって欲しくないな…


      管理人アース

  11. 兵長の寝室掃除係 より:

    お久しぶりです、アース隊長。
    書き込みはしていませんでしたが、考察はずっと拝見しておりました!

    私もライナーは死亡すると思います。

    ライナーは心の底では普通に生きたかったと願っているはずなので、ガビ達に鎧を継承させないまま退場しそうです。
    そうなった場合、どこかに鎧の力を持った子が生まれてしまうのですが……何となく、ライナーは誰かに捕食されて死ぬとは思えないのですよね。

    「兵士」だった頃の事を思い描きながら、凄惨な死に方をしてしまいそうな気配がヒシヒシとしていて……。

    エルヴィンを失った時とはまた違う放心状態に襲われてしまいそうです。

    • 管理人アース より:

      お久しぶりですね!
      コメントありがとうございます!

      ライナーの最期がどのように迎えられるのか…
      想像するとたまらないですよね(;´Д`)
      ただそこに少しでも良いので救いがあったら嬉しいなと思っています!
      諫山先生の展開だと厳しいかもですが(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ