【進撃の巨人】ネタバレ96話考察!「タイバー家」と「不戦の契り」を考察!

96話「希望の扉」が発表され、これまで謎となっていたシガンシナ区陥落の裏側が明らかとなりました。

ライナー側から描かれた壁ドンには、色々な感情が湧き上がりましたよね!

そんな96話となっていますが、その内容からは新たな謎も登場しています。

その中でもトップなのは「タイバー家と不戦の契り」でしょう。

多くの読者がここに違和感を覚えたと思われます!

なぜタイバー家は不戦の契りを知っているのか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆不戦の契りとは何か?

2017-01-06_033347
「進撃の巨人」第89話「会議」より


「不戦の契り」とは89話「会議」にて初登場しますが、レイス家が「始祖の巨人」の能力を使わない、使えない理由として登場しています。

「不戦の契り」については89話考察!「不戦の契り」を考察!でも考察していますが、言葉の意味としては「前世からの宿縁であり、戦わないという約束」であり、「145代フリッツ王が戦わないと約束した誰かとの約束」という意味であると思われます。

そして今回の96話で「不戦の契り」という言葉がライナーのセリフにて登場した場面でも「壁の王が動かなかった理由」として出てきていますね。
2017-08-08_022242
「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より


意味としては「レイス王が全ての巨人を操れる力である『始祖の巨人』を使用しない』という事ですね。

ただ、ここで問題なのは「タイバー家がなぜレイス王が『不戦の契り』に縛られているという情報を知っていたのか?」でしょう。

この違和感に関してはコメントでも多くいただいております!

ここからタイバー家と不戦の契りについて考察してみましょう!

Sponsored Link


◆タイバー家と不戦の契りの関係を考察!

2017-01-06_033406
「進撃の巨人」第89話「会議」より


まず、89話で「壁の王は戦わない」という事を予想し、その理由として「不戦の契り」を説明したクルーガーですが、それでも「不戦の契りが何なのかは分からない」と述べていました。

この「不戦の契り」と言う言葉は145代フリッツ王が壁の門を閉ざす際に「大陸の王家」に言い残したとされており、「大陸に残った王家残党の革命軍」を父に持つクルーガーがその情報を知っている事は分かります。

しかしその言葉を巨人大戦にて最初に反旗を翻したタイバー家が、なぜ知っていたのでしょうか?

これは不思議ですよね!

ただ、管理人アースは95話考察!タイバー家黒幕説を検証!にて「不戦の契りとタイバー家は繋がっている」と考察しており、「145代フリッツ王が不戦の契りを交わした相手はタイバー家」だと予想しています。

もし145代フリッツ王が不戦の契りを交わした相手がタイバー家ならば、知っていて当たり前です!

今回「壁の王は不戦の契りに縛られている」とタイバー家が知っていると明らかとなりましたが、この考察がかなり真実味を増して来ましたよね!

そしてこの考察は、さらに「タイバー家は自分が王家になろうとしている」という考察も派生しています。
2017-07-06_041216
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


もし、この考察が当たっているとしたら、タイバー家はかなりヤバイですよね!

間違いなく近々登場するであろう、「タイバー家」とその巨人、「戦槌の巨人」要注目ですよね!

97話あらすじ展開予想!
【進撃の巨人】96話「希望の扉」あらすじ感想考察!


Sponsored Link

28 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ96話考察!「タイバー家」と「不戦の契り」を考察!”

  1. ヤマユリ2010 より:

    こんにちは。いつもアース様の考察楽しく読ませて頂いています。私も不戦の契りはフリッツ家とタイバー家の間で交わされたのだと思います。タイバー家が戦鎚の巨人を保持しながらも実戦使用しないのは、代々の戦鎚保持者がレイス家のように不戦の契りが交わされた当時の当主の思想に囚われているからではないでしょうか。しかしタイバー家は世界の覇者となる野望を捨ててはおらず、ゆえにマーレを使って間接的にフリッツ家を滅ぼそうとしているのかなと。マーレ軍の元帥が妙に存在感のある描かれ方をしているので、もしかしてタイバー家の息がかかっているのか・・・。妄想はどこまでも広がりますね。

  2. 寺田 より:

    更新お疲れ様です!

    フリーダの17巻辺りの描写で初代王の記憶で過去の罪に悩む姿がありました。
    これはタイバー家に嵌められて残りのエルディア人を大陸に置いてしまったことからなのでしょうかね。
    タイバー家とフリッツ家(=のちのレイス家)はこの2つの家が確実に生き残れるよう残りの家を裏切った。
    そしてタイバー家の策略により、戦うと他のエルディア人が殺される状況になってしまい、戦うことができなかった。

    あと、戦鎚の巨人はどうやら戦いに特化した種族ではない気がしますね。名前と矛盾してますが。
    というのも、ロッド・レイスがヒストリアにエレンを食べさせようとした時、
    「もっとも戦いに向いている巨人を選んだから」
    といった発言をしています。
    ロッドは加齢によりうまく巨人化できませんでしたが、見た目から察するに、あれはベルトルト、または歴代の超大型巨人の脊髄液であり、最強の巨人は超大型巨人であると思われます。

    あの薬自体はどこから来たのかが気になります。
    エレンがかじったヨロイの瓶にはライナーとかかれていました。
    つまり、あれはライナーの脊髄液であると考えられます。
    そうすると比較的新しいものであるはずです。
    とするとレイス家に代々伝わるものではなく、マーレ人の巨人研究学会?の研究の末脊髄液を保存した。
    なんらかの繋がりによりその液がロッドの手に渡った。
    グリシャが島に来た時点ではライナーは訓練生であったはずなので、グリシャ経由ではない。
    とするとライナー、ベルトルト、またはその他の意図を持った人物によって手渡されたものであると考えます。
    この辺みなさんどうお考えになるでしょうか。
    意見を聞きたいです。

    • 寺田殿
      巨人化薬が、パラディー島と マーレ
      との間に 何らかの繋がりがあって、
      ロッドの手に渡った。
      この意見、賛同いたします。

      そもそも パラディー島は、あれだけ
      大きな島で、定期船も通っている時代
      なのです。
      なのに、全く孤立無縁という方が 考え
      難いと思います。
      密輸や密入国が行われ、それを陰で支え
      ていた 黒幕(=タイバー家?)がいると
      考えた方が、普通ではないかと思います。

      ただし 諌山殿は、こうした王道的筋書の
      常に 斜めを行くお方なので、一筋縄では
      いかない気がします。
      例えば、レイス家の地下深くに科学施設が
      あって、巨人化薬の技術を知る人物がいる
      という展開も面白いかと思います。

      • 寺田 より:

        おおぞらバード殿

        ご意見ありがとうございます!

        確かに、タイバー家の差し金で定期船で運ばせたのかもしれませんね。
        諌山先生が予想の斜め上を行くということでいうと、戦鎚の巨人の能力によるものかもしれません。
        というのも、力は超大型、守りは鎧、俊敏さは顎、持久力は車力、知能は始祖、バランスは女型、能無しの獣??、非常識の進撃??と来てますので、戦鎚の巨人は戦いのための能力を持っていないと予想します。
        とすると、ハンマー的なものから掘ることが能力で、実は地下でパラディ島を含めた世界とつながる道を構築しており、世界を牛耳っている。
        その地下世界を通して王政、つまりはロッドにクスリを渡していたとか笑笑

        これはハンジが、地下を掘る巨人が現れたら、といった発言をしてることからのアイデアです。

        あと進撃の巨人の能力の一つとして、能力の共存ができるのかもしれません。
        鎧が食べてしまうと新しい能力と共存できず、うまく取り込めないといった感じで。
        だからライナー達は食べれなかった。
        そうすると進撃の巨人はすべての巨人を統合できることが能力、みたいな。

        謎が深まる。

    • 管理人アース より:

      まず、エレンが硬質化を獲得した巨人化液には「ヨロイ・ブラウン」と書かれており、ライナーではありません。
      なので、もしかしたらライナーの祖先にも鎧の巨人継承者がいたのかもしれませんね。


      管理人アース

  3. 青ねこ より:

    フリッツ王家の「不戦の契り」をタイバー家が知っているのは、「契り」の相手がタイバー家だからと考えられます。そして実質的に巨人大戦後に「不戦の契り」を行使しているのはタイバー家も同じ。マーレ側を騙して何かのための「時期」を伺っているのでしょうか。

  4. 芋をふかした者 より:

    久々のコメントです。
    不戦の契りをタイバー家と結んだというのは賛同します。
    タイバー家側も壁の王と同じように不戦の契りにより力を行使できない可能性もありそうだと思いました。
    ただ、始祖の巨人が記憶に縛られて力を使えないってわかったときから思ってましたが、この漫画、一応バトルものなのに戦えないってのは酷な話だなと思いますw

    結構前からちらほら見かけますが、レイス家や偽フリッツ王政が進行形で壁外勢力と繋がっているというのは賛同できませんね。
    王家は壁のど真ん中にいて、壁の門をあけるだけでもおおごとなのにそれを民にバレずにやるのは不可能では?
    どっかに抜け穴があるとしても壁を幾つも超え、しかも壁の外に行っても巨人だらけ。
    逆パターンも同じです。壁外人が壁の中心に行くにしてもそもそも島に来た時点で巨人だらけで危険ですしね。
    巨人化液追加とかのために繋がりがあったとしても、上記の理由からそれを100年も続けることは無理です。

    なので、レイス家が持つ巨人化液は初めから数に限りがあるのではと思います。同時に不戦の契りにも期限がありそうです。
    巨人化液と不戦の契りの期限が残ってる間は壁の中に楽園を築きあげ、巨人化液が無くなったor不戦の契り終了のタイミングで楽園は終わりでまた戦えますよという。
    考えれば考えるほどわからなくなりますねw

    • 芋をふかした者 殿
      ライナーが 壁の中の空洞に隠れて
      いたように、あの壁には、隙間や
      抜け穴などの 仕掛けが幾つもある
      のではと思います。
      それに、そこを見張る駐屯兵団は、
      昼間から酒を飲む ていたらくだった
      のです。彼らの目を盗んで、壁を行き
      来できたと思われます。

      あと、壁と海岸までの通行手段ですが、
      これは 代々の 車力や 顎が担っていたの
      ではと思います。

      その他 考えられるのは、レイス家の地下
      から延びている通路です。パラディー島
      には、数多くの地下通路があるとされて
      います。
      また、軽量のものの伝搬には 鳥を使った
      とか…

      • 芋をふかした者 より:

        あおぞらバード殿
        抜け穴は考えましたが兵士に見つからなくても壁に入ってくるのを偶然一般人が発見するというのが100年間1回もないというのはちょっと厳しいかなと、、

        レイス家直通の地下通路や、鳥が運ぶのはとてもありそうです!
        鳥は作中何回も印象的に描かれてきましたしね

        • 寺田 より:

          見つけたとしても中央憲兵に口封じに殺されるのではないですかね。
          エルヴィンの父親みたいに。

    • 管理人アース より:

      不戦の契りの期限という考察は面白いですね❗

      ロッドが持っていた注射は壁に籠る時に持参したのかなと思っていますよ。


      管理人アース

  5. 芋をふかした者 より:

    追加で、今更タイバー家が動き出したのは不戦の契りの期限が近づいてるということだと思います。お互い戦える状況になるわけです。

    ですが始祖の巨人はエレンが持ってるので不戦の契りは意味無い気がしますけどどうなんでしょうね。ジークやヒストリア巨人にぺチンで他の巨人操れそうですし。
    不戦の契りに意味が出てくるのはレイス家の人間が始祖を持ってる時ですよね。そうなるとヒストリアがエレンを食うしかなくなりますし主人公だからそれはないと思うのですが、やっぱどうなのかなと。

    • 管理人アース より:

      この辺りの予想は難しいですね。エレンがヒストリアに補食される展開はさすがに無いと思いますが。


      管理人アース

  6. 馬来熊 より:

    不戦の契りというのがあっても、壁に侵入する巨人を座標パワーで防いで(始祖の巨人なら無垢にも命令できるみたいですし)くれてもよさそうなもんですが、それさえしなかったということは……
    という、何か重要なことをタイバー家が握ってそうですね

  7. 進撃の芋女 より:

    こんにちは、進撃の芋女です。

    あおぞらバードさんのコメントでピンときたので一言…。

    骨髄液の入った注射器ぐらいなら運べそうですよね。

    私としては壁内の王が適役を、タイバー家が世界を一つにまとめて敵を倒す役をするために100年前に別れたと思ってます。

    ただ、そうだと自己中な王が裏切る可能性も大なんですよね。

  8. 進撃の芋女 より:

    進撃の芋女です。

    肝心な事を書き忘れてました。

    鳥が手紙なり骨髄液の入った注射器を運ぶ事が可能。

    スマホで入力がきついんです、たびたび追加でごめんなさい。

    • 進撃の芋女 殿
      鳥については、実は冗談半分の
      つもりで書いたのですが、それが
      意外と反響があって驚いております。
      鳥は 思いのほか知能が高いので、
      使えるかもしれません。

      ただ 現実世界では、どんなに困難が
      あっても、密輸や密入国が絶える事が
      なく、その可能性が高いのではと思い
      ます。

  9. さあまば より:

    道についてですが、巨人の肉体は「道」を通って送られてきてその道が合流するところが「座標」(=始祖の巨人)でしたよね?たしか。
    始祖の巨人の肉体も道を通ってどこからか送られてくるのでしょうがその供給源は「大地の悪魔」ではないかと考えています。
    始祖の巨人自身が肉体の供給源という描写もなかったと思いますし。
    契約したのは始祖の巨人なので大地の悪魔から直接供給されるのは始祖の巨人のみ、契約したわけではない他の巨人は始祖の巨人から分岐した道を通じて巨人の肉体を得る、と。
    だから始祖の巨人が巨人に関する契約をする相手は大地の悪魔なのかなという気がします。
    「始祖の巨人と(大地の悪魔が)不戦の契り」ではないかと考えてますがどうでしょう。

    • 管理人アース より:

      素晴らしいですね❗
      こうなってくると、大地の悪魔がなんなのか、その目的は?となりますね。

      それと不戦の契りのキッカケが何なのかも謎ですね。
      いろいろ明らかになっているのに謎が多い(笑)


      管理人アース

  10. すだちおろし冷かけ より:

    アース団長 初めまして。
    いつも楽しく拝見しています。
    145代目がタイバー家と交わしたとされる「不戦の契り」は、タイバー家も戦槌の巨人を使えないのでは?
    継承ではなく、管理と言っているので、たとえばア二みたいな状態とか?
    仮説ですが、巨人の力をもっと強大にするため、145代目が巨人化注射を作り無垢の巨人を戦力にし、世界征服を企てた。
    アッカーマン一族はその副産物。
    そこでタイバー家が反旗を翻し、破れた145代目と「不戦の契り」を結び、3重の壁に幽閉した。壁の巨人が内側を向いているのはフリッツ家を見張るため。なんてのはどうでしょう(笑)

  11. 進撃の芋女 より:

    こんにちは、進撃の芋女です。

    今、アニメの11話を見てます。

    ピクシスがエレンに争いが絶えずにいて、そこに敵があらわれると一致団結するって話してる事がありました。

    やっぱりここのシーン気になっていて、世界の敵になるために壁に籠ったのではないでしょうか。

  12. Charlie より:

    初めまして、いつも考察記事の更新を楽しみにしています。

    不戦の契りですが、タイバー家との約束という説に私も一票です。不戦の契りは、始祖と戦槌が始めた戦争の停戦協定として締結したと予想しています。
    恐らく、戦槌の巨人も脅威となる特殊能力を持っていて、能力を互いに封印する事で停戦としたのではないでしょうか。それが、エレンによって始祖側の契りが解かれた事で戦槌側の契りも解除され、最近になってタイバー家が動き始めたと踏んでいます。
    また、タイバー家とフリッツ王はどちらも自分の領地に引き篭ってるという見方をすれば類似しているようにも見えるので、世界に不干渉とするという約束もあったのではないかと合わせて考えています。

  13. ゲスみんスキみん より:

    表向き「不戦の契り」でも本来は「始祖の巨人を守った」とは考えられませんか?
    タイバー家は悪人相でいかにもって印象でしたが、一貫してマーレの兵士の印象はユミルの民を卑下し軽蔑し扱いもひどい。一方ユミルの民は実直で健気で。
    巨人大戦で全ての巨人、特に始祖の巨人がマーレに支配される寸前それを避けパラディに籠らせた、、
    マーレ支配下の時代となった後も革命軍やフクロウやダイナもタイバー家が関わっていた。。全てはユミルの呪いからの解放の為に、、?

    • ねっこ より:

      ゲスみんスキみん さん
      はじめまして。横から失礼します。
      わざと大陸のタイバー家と島のフリッツ家とで別れ、お互い手出しできない不戦の契りをしたことでユミルの民の滅亡を免れ、9つの巨人全てを支配下におかれないようにしたということでしょうか?
      ありえそうですね。一説ですが、日本の戦国時代、真田家は東軍と西軍に家の者を別れさせてどちらが勝っても真田家の血は断絶しないようにしたとか(他にも理由は色々あったらしいですが)。

      問題は、100年経過した現在のタイバー家がどう考えているのかですね。
      おそらく巨人学会に表向きは巨人の運用に関する研究をさせる一方で、ユミルの呪いを解く手がかりは探求しているでしょうが。
      代替わりしてフリッツ家などどうでもよくなってる可能性もありそうです。

  14. PANDA より:

    不戦の契り、ダイバー家と交わした説派が多数ですね
    純粋に 「始祖の巨人」 と交わしたものと文字通り受け取っていました(´ヮ`;)
    それと、伝書鳩ならぬ、鳩郵便、ありだと思います!

    で、すみません、だいぶ脱線してしまうと思うのですが
    思うところが三つほどあるので聞いてください
    1つ 初回壁ドンのベルトルトin超大型巨人は煙のようにきえないのですね
    カルライーターに接近を許すほど脱出に時間がかかっていましたよね?
    5年ぶりに再開したエレンが切りかかった時は影も形も無くなったというのに。

    2つ 交易船のような、子供エレン達が壁ドンから避難する際に乗ったあの船は壁を潜ってより内地に移動するのですよね?
    壁の下、川の所はやはりなにか柵とかあるのでしょうか?
    無ければ泳いで渡れる?
    なら、アニが巨人化した時に移動したのは川から?
    (鎧と大型は動きが鈍いので泳げないとか)
    なんだか抜け穴っぽい気がして仕方ないのです

    3つ 不戦の契りを交わした、ら、その代わり…とか、その代償…とか
    付き物のような気がしませんか?
    戦わない約束をした、もし万が一約束を破る時には、壁にいる全ての超大型巨人が
    「まず」壁内の人類を滅亡させる。
    (マリアの巨人は全世界へ向けて動き出し、
    ローゼの巨人は内側へ動き出すそのためハンジさんがみた巨人は内側向きだった)
    だから王家の人間は契りに縛られていて、力を使えないでいた…とか…?

    1度世界を焼いてしまったことを
    非常に後悔し自責の念にかられた王家の人間が、2度と惨劇を起こさない、起こしてしまうくらいなら
    いっそ滅んでしまおう…
    でも、死んでしまう前に一時の楽園を味わおう…
    なんて、本当に儚くて美しい心の持ち主だなぁと思いました

    毎度のことながら
    的外れコメントすみません
    (TдT)

    • 管理人アース より:

      >伝書鳩ならぬ、鳩郵便、ありだと思います!
      これ、支持者多い感じですね(*^^*)
      管理人アースは、壁内と壁外の交流は無かったのではと考えています。

      >エレンが切りかかった時は影も形も無くなったというのに。
      これ、謎ですよね。
      もし理由を付けるとしたら、845年の壁ドンでは超大型巨人を消す技術がなかったけれど、5年後の巨人化では可能になっていた、とか。

      >アニが巨人化した時に移動したのは川から?
      おお、なるほどですが、女型の巨人が泳げるほどの深さ広さがあったのか?
      あと目立たないかなぁ、とは思いますが、川は抜け道としてありそうですね(^^)


      管理人アース

  15. まる より:

    こんにちは、団長。
    いつもお疲れ様です。
    仕事中も考察してしまいますよね。

    さて、この素晴らしい作品ですが、全体のテーマとして「善悪」というものは視点の違いで変わってしまうものだ、という印象を受けます。それはマーレ側がこんなに描かれると尚更です。ということはタイバー家もそうなんですかね。

    そこで気になるのが「不戦の契り」。「不戦」ってそもそも誰と誰が戦わないのでしょうか。「始祖」と「レイス家」?「始祖」と「悪魔」?レイス王が交わしたので、「レイス家」とどこか、ですかね。「壁内」と「壁外」、あるいは「パラディ島」と「大陸側」とするとマーレが納得しない気がします。タイバー家が「売国奴」的悪役になって巨人大戦をでっち上げたなら可能かもしれません。

    仮に片方は「レイス家」とすると、もう片方は「タイバー家」ですかね。だとするとタイバー家は「戦える」ことになります。
    レイス家と戦えるということは、「始祖」の能力に相対する事が出来る事になります。

    「戦槌」という字面、響きから始祖の作った「壁の巨人」を物理的に壊すようなイメージを抱きますが、私の妄想は「始祖に左右されない」能力です。具体的には「結晶化を無効化する」能力や「洗脳されない」能力です。
    「9つの巨人」のバランスを考えると、「始祖」は全体を統括する立場ですが、「始祖」が暴走したら止められないんですよね。

    タイバー家、「戦槌」にもし「無効化」する能力があれば、「一年以内にパラディ島を制圧する」事が可能だと考えました。壁も壊せるし、アニも戻せますしね。壁が出来てから長きに渡ってその能力を使用していないのも、その必要性がなかったからでしょうか。

    同時に、長きに渡ってタイバー家がその能力を使っていないのは、もうひとつ理由があって、それが「契り」なのかもしれません。「契り」は互いにメリットがないとダメ。レイス家、タイバー家個別のメリットは両家の身分保障か?もしタイバー家が悪役を買って出ていたら、両家のメリットはエルディアの存続か。

    クルーガーが「いたずらにマーレに殺されるよりも、巨人化させて同胞をパラディ島に放す方が、いい」と考えていたフシがあることが気になります。もしパラディ島の壁が「壊せないくらい強靭」なら「壁内」は人間として、「壁外」は巨人として同胞を絶滅から守れる。レイス家は「始祖」の能力で壁を築き、「壁外」の人々は絶滅したと洗脳して壁外に同胞が出ないようにする。マーレ側に隔離されている同胞はタイバー家がマーレを情報操作したり裏で操り、注射薬で次々とパラディに移せば、やがて・・・。
    そうだとしても、実際にはどちらも全くうまくいってないですし、絶滅の危機ですけどね。なのでタイバー家が重い腰を上げて動こうとしているのでしょうか。

    以上、長文・駄文・妄想、失礼いたしました。

  16. かねがね より:

    不戦の契り自体がダイバー家がフリッツ家に施した洗脳では?と仮定するとダイバー家の参戦していないにも関わらずマーレでの特別扱い、国際的な信用という一見不釣り合いな現実と合うような気がします。エルディア人に対しての根深い恨み、差別が最初に裏切った程度で無くなるとは思いにくいです。

    洗脳は巨人の力とは別の系統の気がします。ロッドも巨人の力を取り入れてないにもかかわらず、使っています。ダイバー家が使えても特におかしくはないと考えます

コメントを残す

このページの先頭へ