【進撃の巨人】ネタバレ95話考察!血の繋がりのある記憶継承から展開を予想!

95話「嘘つき」では多くの伏線回収が起こりましたが、同時に新しいキャラ、新しい設定が多く登場する回でもありました。

その中でも「血の繋がりが記憶継承に強く影響する」という設定が、さり気なく登場していました。

この設定から、どのような展開が予想できるでしょうか?

考察してみましょう!

Sponsored Link

◆「血の繋がりが記憶継承に強く影響する」の意味を検証!

2017-07-06_040323
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


95話でのライナーとガビの会話の中でさり気なく登場した、新しい巨人化継承の情報となっていました。

この会話から、これまで好意を持っているのであろうライナーの鎧の巨人を継承したいという、ちょっと理解し難かったガビの気持ちが分かる展開となっていますよね。
2017-04-07_024855
「進撃の巨人」第92話「マーレの戦士」より


つまり、他の血の繋がりのない人物に鎧の巨人を継承させるよりも、血の繋がりのある自分が継承すれば、継承後も「ライナーが生き続ける」と考えていたようですね。

これなら、好意を持っているライナーを捕食して鎧の巨人を継承しようとしているガビの気持ちが、まだ何となく分かるような気がしますよね!

ただ、逆に分かりそうで分からいないのが「血の繋がりが記憶継承に強く影響する」の「強く影響」の部分です。

この辺りは考察の余地がありますよね。

記憶継承の「何に」強く影響するのか?

ここを考察してみましょう!

「記憶の継承に」強く影響するとの事ですが、具体的に記憶の継承の「何に」影響するのでしょうか?

やはり、「多くの情報の継承」に強く影響するのでしょうか?

血の繋がりがあった方が、多くの記憶を継承しそうですよね!

さらに、管理人アースは情報だけではなく、「感情」も継承するのかなと思いました。

これは第87話での、エレンとグリシャが同時に涙を流している場面を見て感じました。
2016-11-08_035149
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


このように、情報だけではなくその時に湧き出た感情も継承できたのは、エレンとグリシャに血の繋がりがあったからなのかなと考察しました。

これなら「記憶の継承に強く影響する」という情報にも合致しますよね!

管理人アースは、血の繋がりは記憶の継承時の「感情の継承」に強く影響するのだと考察しました。

ここから、今後どのような展開が起こるのかを予想してみましょう!

Sponsored Link


◆「血の繋がりが記憶継承に強く影響する」からの展開を予想!

2017-07-10_053200
「進撃の巨人」第69話「友人」より


95話あらすじ考察と感想!でも取り上げましたが、「血の繋がりが記憶継承に強く影響する」という設定からは、まずはレイス家とタイバー家からの展開が起こるのではと考えられます。

タイバー家はまだ登場していないので具体的には分かりませんが、レイス家は「始祖の巨人」を代々継承しており、毎回「血の繋がりのある血統者」に巨人の力を継承しています。

その為、おそらくは初代ユミル・フリッツからの情報、つまりは真の歴史を継承していたと考えられますよね!

さらに、先ほどの考察通り「感情」まで継承していたとしたら、「ユミル・フリッツの思い」まで継承していた可能性もあります。

これは、145代フリッツ王である初代王の「思想」を継承していたウーリやフリーダを見ると、あながち間違った考察とは思えないですよね!
2015-11-01_050510
「進撃の巨人」第69話「友人」より


なぜ145代フリッツ王の「思想」だけをその後の継承者が強く継承していたのかは分かりませんが(おそらくはそこに不戦の契りが絡んでいるとは思いますが…)、血の繋がりが記憶の継承に強く影響するという設定に、レイス家の展開が絡んでくるのは間違いないように思えますね。

そしてもうひとつ気になるのは、ユミルから顎の巨人を継承したポルコですね。
2017-05-08_041510
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


その前に兄マルセルが継承しているので、そこから兄マルセルのポルコへ対する思いを継承した時、どのように影響するのか…

この辺りも要注目ですよね!

「血の繋がりが記憶継承に強く影響する」という設定から、いろいろな展開が予想できました!

これからどのように物語が展開して行くのか…楽しみですね!\(^o^)/

95話「嘘つき」あらすじ考察と感想!
96話あらすじ!
95話考察!タイバー家黒幕説を検証!
95話考察!血の繋がりのある記憶継承から展開を予想!


Sponsored Link

10 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ95話考察!血の繋がりのある記憶継承から展開を予想!”

  1. アミールモコタール より:

    こんばんは。アース様。記憶継承の考察、感服いたしました。私は冒頭の巨人に注目する前にマーレの王様について考えていたことを以前ここにかいたのですが、たしかその時「マーレの王は巨人化できるのではないか」と書きました。覚えていらっしゃいますでしょうか?今その時の自分の考察を振り替えって今改めて考えたことは、マーレは軍が仕切っていますが、元々の王様はタイバー家だったのではないかと思いました。というのも、旧満州国の皇帝溥儀とマーレがにているなと思ったからです。形だけの王様がいてその人は裕福に暮らせても政治は軍が仕切っているので他の人々(進撃ではエルディア人のみ)はそれに従わなければならないところはまさにそれと一緒です。フリッツ王が島へ行くことになった原因は、戦争ばかりしていたエルディアを嫌った144代目フリッツ王がグリシャがジークにしたように洗脳するかのような教育と島に一定の民族をつれた大移動計画遂行を促した。そして145代目フリッツ王は平和な世界の実現のため、自分に賛同する人をつれて島へいこうとするが、始祖の巨人を狙っていたタイバー家はそれに反発した。そこでフリッツ王は「自由と平和を求めて」進撃の巨人と共にタイバー家率いる現マーレ管理下7体の巨人と巨人対戦を起こしたのではないでしょうか。絵にある槍を持った、髪のない巨人と女の巨人は進撃の巨人と始祖の巨人と考えられます。持っている槍は反撃の心を表していると思います。具体的にいうと、戦争ばかりするエルディアへの反抗心といったところでしょうか。そしてなんとか勝ったのですが戦いで始祖を戦槌から守ったのか進撃の巨人が死亡して赤子継承が起こった、フリッツ王は条約(二度と戦争はしない不戦の契り)をマーレと交わしたが、その後マーレはエルディア人を兵器として扱うために嘘の歴史を作り、パラディ島は敵だとのプロパガンダを発信することで国力を保ち、現在に至ったと考えました。また、話は変わりますが、ユミルが言った「もうすぐ壁の中が地獄になっちまう」はあれはクルーガーのセリフのように未来の記憶の継承の結果でしょうか?そうだとすると、戦槌が壁の中を荒らすとか。怖いですね。前述した巨人対戦の話がビンゴなら、進撃は戦槌に負ける可能性が高いですが、エレンには始祖が入ってるのでなんとかなりますかね?あと、巨人化には練度が関係するので一度も巨人化してないタイバー家の継承者がいきなり巨人化してもフリーダのように弱いのではないでしょうか?長々とごちゃごちゃ書きましたが目を通していただけるだけで幸いでございますので御無理だけはなさらないでくださいね。失礼しました。

  2. アミールモコタール より:

    追記です。いつもひとつにまとめられなくてすみません。赤子継承ですが、一度確認されないとわからないことだと思うので初めて起こったタイミングとしては巨人対戦かなーと思いました。失礼しました。

  3. コンロガス より:

    答え合わせとしては、アースさん御指摘のとおり、不戦の契りをレイス家が継承してきたこと、グリシャの記憶・感情がエレンと一体化してきたことですね。

    また、示唆されることとしては、タイバー家が「何か」を継承してきた可能性があることに加えて、アルミンがベルトルトの記憶・感情をグリシャとエレンの関係ほどには継承していないこと、パラディ島の誰かがアニを食っていたとしてもアニの記憶と感情はさほど引き継がれないこと、ですね。

    そして、まだ分からないのは、間に誰かを挟んだ場合です。マルセル→ユミル→ポルコと引き継いできたマルセルとポルコの兄弟は、果たして記憶・感情の一体化ができるのでしょうか?これ、今のところポルコはマルセルの記憶を何も思い出していないようですし、一体化できない可能性も大いにあり得るかなと思います。

    ここで大事になりそうなのは、やはり始祖の巨人と不戦の契りです。145代壁の王→(レイス家)→ウーリ→フリーダと引き継いできた不戦の契りは、グリシャとエレンには明らかに影響がありませんでした。これは王家の血によるものと理解されてきたように思います。

    では、もしも、フリッツ家の血を引くヒストリア、ジーク、ダイナ巨人の誰かがエレンを食ったとき、145代壁の王が結んだという不戦の契りは再び発動するのでしょうか?これまでの理解のように血に依るのならば、当然、発動するでしょう。ですが、もしも血ではなく、記憶に依るのならば、間にグリシャとエレンを挟んだことにより、不戦の契りは発動しなくなる可能性が出てきたように思います。

    不戦の契りが物語を進める上での単なる制約なのか、今後物語上で機能する伏線なのかで、この「血」なのか「記憶」なのかという議論の重要性は全然変わってきます。もしも今後も機能する伏線なら、エレンが食われる=進撃のラストに関わりますので、、、

    (話は違うのですが、「赤子継承」も制約なのか伏線なのかが分かりません。過去に起きたのは間違いないのでしょうが、実際に赤子継承した人物が今後の物語に現れることはなく、単なる制約として機能するのかなという気が今はしていますけれども。)

    • 管理人アース より:

      いつもコメントありがとうございます!

      補食された場合のアニと補食されたベルトルトの記憶&感情の継承は気になりますね。
      ガリアードが継承から数年かかって(予想)端々の記憶を思い出しているだけのようですし…
      パラディ側の展開がきたら、真っ先に知りたいです(笑)
      制約か伏線かという考察、物凄く納得です❗
      面白いです!


      管理人アース

  4. リヴァイの塩焼き より:

    考察お疲れ様です‼️
    (о´∀`о)
    記憶の継承は継承者をさかのぼるほど(古い記憶ほど)継承しにくいのではないでしょうか?ガリアードは血の繋がりのあるマルセルよりも最近の継承者であるユミルの記憶を思い出しました。このことにより、
    最近の継承者の記憶>血の繋がりのある人の記憶
    ではないかと思います。
    さらにユミルは獣の巨人のことや月光の巨人の知らなかったことに対し、ガリアードはユミルの生い立ちやユミルの見た訓練兵時代のライナーのことなど詳しく知っていたことから、記憶の継承には個人差があるのではないかと思います。

  5. より:

     最新話見て一番突っ込んだのは、ライナー達があの段階で巨人化の能力を持ってたのなら、なんでユミルは生きてるの? でした。
     不意を打たれて一人犠牲になるのは解るんですが、その後逃げ回る必要ないと思うんですが、巨人化して野良巨人を殺してはならないって戒律でも有るんでしょうか?

  6. 進撃のにゃんちゅう より:

    145代フリッツ王は、本当のフリッツ家ではないのでは?その代でフリッツ家が代々継承していた始祖の巨人をレイス家が継承し、巨人大戦が始まったのでは?

  7. 動物好きの巨人newlife25 より:

     大切な者たちのmemory(記憶)、それは、今生きし者を苦しめる袋小路か、それとも、進むべ未来をその手でつかみ取るための道となるか…動物好きの巨人でございます。

    エレンやウーリなどを見ていると、なんとなく納得ができるものですよね、その情報。もしかしたら、「不戦の契り」もそうした影響故のものなのかもしれないですね。

    それにしても、なんでライナーはガビではなく、ファルコに鎧を継承したいのでしょうね。単に従妹を守りたいだけでなく、丁度クルーガーとグリシャみたいな感じになっているのかと考えています。「進撃の巨人」は、自由に対する渇望が強き者を次の継承者に選ぶ傾向があるように感じます。つまりは、鎧の巨人やその他の九つの巨人にもそのような傾向があるのではないでしょうか。ライナーとファルコの共通点は「他人を思いやる心がある」ことですよね。マーレが継承に介入していると、そんな傾向なんか無視されそうですしね。しいて上げれば、「始祖の巨人」はチャレンジャー的な人物を選んでいるような気がします。巨人をすべて殺し、先祖の亡霊に打ち勝とうとした、フリーダやウーリ、楽園を築こうとした初代王ように。

    最近は感想をいただけていないので、少し考察を頑張りましたよ。それではまた。

  8. 兵士A より:

    23巻の表紙公開されましたね!!かっこよかったです!

  9. みやきょう より:

    フクロウがなぜかエレンの記憶を持っていた事に何か関係があるのでは?

コメントを残す

このページの先頭へ