【進撃の巨人】ネタバレ94話考察!リベリオは誤植ではない!?レベリオを検証!

93話にて登場した「リベリオ」でしたが、94話にてガビ達が到着した故郷は「レベリオ」でした。

これは93話にて登場した「リベリオ」が誤植であろうと察せられ、94話記事でもそのように管理人アースは判断し指摘しました。

しかし、よくよく見直してみると、これは誤植ではない可能性が出てきたのです。

これは新しい方法である、新たな伏線なのか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆「リベリオ」は誤植なのか?レベリオと共に意味から検証!


94話「壁の中の少年」あらすじ考察と感想!にて書きましたが、管理人アースは93話にて登場した「リベリオ」という地名が「レベリオ」の誤植ではないかと指摘していました。

そして93話で帰れると言っていて94話にて到着したガビの故郷の名前は「レベリオ」であり、ここから93話で言っていた「リベリオ」は「レベリオ」と間違えていた誤植だと管理人アースは判断し確定しました。
2017-06-08_035242

「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


同じ場所を指して、いっぽうでは「レベリオ」と言いもう一方では「リベリオ」と言っていれば、それは誤植だと判断しますよね!

しかしコメントにて、得れん家がさんの考察を見て考えが変わったのです。
Sponsored Link

◆得れん家がさんのコメントからLiberioを考察!

2016-12-08_042127
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


得れん家がさんの「英語訳では『レベリオ』がRebelio(?)なのかLiberioなのかという議論があり、公式訳はLiberioになりそうです。」「もしLiberioだとすれば、ラテン語のliber(自由な)由来になるので、どちらにしろ皮肉なネーミングですね。」というコメントを読み、管理人アースは「ん?」と引っかかりました。

もともと「レベリオ」には英語で「rebellion…反逆、謀反」という意味があります。

ガビ達の故郷であるこのレベリオにはエルディア人の収容区があり、そこは86話に登場したグリシャの故郷と同じであり、数十年以上前からマーレにより、エルディア人が隔離されている場所だと考えられます。

その地名に「反逆、謀反」という意味の地名を付けるというのは、かなり意味深ですよね!

なので間違いなく「リベリオ」と93話で違う名称が書かれていた時は「誤植か、レベリオと違う場所の収容区かの、どちらかだろう」「ただここで別の収容区を登場させる可能性は低いので、誤植の可能性が高い」と判断しました。

しかし、得れん家がさんのコメントでの「Liberioだとすれば、ラテン語のliber(自由な)由来に」を見て、もしかしたらと思いLiberioを調べたら、ポルトガル語由来で「自由」という意味があることが分かりました。

「自由」と言うのは、「反逆、謀反」を起こして成功して得られるものですよね!

つまり、この「レベリオ」と「リベリオ」は繋がっており、ワザとそのように変えて地名を登場させたのではと推測したのでした!

つまり、故意に誤植し、そのような展開の伏線としたのではと思ったのです!

この予想がもし当たっていれば、8月9日に発売の23巻に収録された93話での「リベリオ」がそのままのはずですよね!

8月9日が楽しみですよ!\(^o^)/

【追記】


23巻コミックスでは「レベリオ」に変更されていました。

単純な記載ミスだったようですね(・_・;)

「リ」と「レ」って間違えるのかな?(;´Д`)


94話「壁の中の少年」あらすじ考察と感想!
95話あらすじ
94話考察!ライナー父がマーレ人から展開を予想!
諫山創先生×川窪慎太郎氏ロングインタビュー考察まとめ!


Sponsored Link

11 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ94話考察!リベリオは誤植ではない!?レベリオを検証!”

  1. PANDA より:

    新考察お疲れ様です

    ということは
    リベリオ県のレベリオ区
    とかそういう事になるのでしょうかね?

    私はガビが「本部」と言ったのが気になりました
    収容区の中に本部?
    なんの本部?と

    団長の、リアの多忙さをお察ししてますのでお返事不要です
    懲りずにコメントはチョイチョイさせて頂きますが(笑)
    多分「アース調査兵団」の団員の皆さん同じ気持ちだと思います
    くれぐれもお身体だけはご自愛下さいませね?
    身辺とお仕事が落ち着かれるのをアニメ3期を待つのと同じ気持ちでお待ちしてます
    (*´︶`*)

    • 管理人アース より:

      本部はマーレのエルディア人戦士隊の隊本部ですかね?
      おそらくはレベリオ区内にあるのでしょう。

      >リアの多忙さをお察ししてますのでお返事不要です
      お気遣いに涙が出てきます(T_T)
      Twitterでは書いたことがあるのですが、来月から異動となり、これまでとは全く違う業務を任されることになりました。
      現在は自分の仕事と後任者の引き継ぎ等が重なり、かなり忙しくなっています。
      これまでは「アニメ記事が終わるまでは!」という気持ちでずっとほぼ全てのコメントに返信をして来ましたが、最終話アニメ記事を仕上げた瞬間プツンと張り詰めた何かが切れました(;´Д`)
      これから仕事はさらに忙しくなり、来月からは想像もできません(・_・;)
      そのため返信はかなり厳しくなっています。
      ただ、全てのコメントには目を通していますし、これまで通り記事にて使わせてもらうこともありますので、よろしくです!


      管理人アース

      • PANDA より:

        あっ!
        返事くれてる!
        本当にお忙しいだろうに…
        感謝です!

        私はTwitterは、やってないので、覗かせて貰うのもドキドキなのですが(苦笑)
        先日移動って書いてあったのを拝見しまして、団長の忙しさ、少し知ってました。
        実は私も先月部署移動しまして(>_<)
        帰宅してからは死んでる毎日でした(笑)

        団長もアニメロス状態だったのも察しておりましたし、忙しさに忙殺されかねないと思いながら日々の考察もされてて凄いお人や…っ!と陰ながら見守ってました←

        早く色々片付いて、仕事にも慣れられて、余裕が出来ることを
        切に願いつつ、構ってもらえる日をお待ちしてます♪

        ◯´∀`)oファイトォ♪

  2. ryruss より:

    アースさん、お疲れ様です。

    今回の記事もなるほどなぁ、と思いました。

    記事を読みながら、もしかしたら、マーレ人とエルディア人とで呼び名が違うのかな、とも思いました。

    正式名称はマーレ人側の呼称「Liberio」(この区域の中ではエルディア人は自由なので)なんでしょうが、幽閉されているエルディア人側からすれば自由でも何でもないので、彼らの中では「Rebellio」(反乱)と呼んでいるのかなと。

    フクロウは本来は「Liberio」と言うべきところを、エルディア側の呼称をうっかり使ってしまったとか…。発音はかなり違うので、それだけでバレそうですが…。

    そんなに脇が甘いスパイだと簡単に捕まってしまいそうなので、有り得ないかもしれませんが、妄想が広がりました(笑)

    アニメ期間中の更新お疲れ様でした!
    アースさんの記事、楽しみにしてますが、無理なさらないでくださいね!

  3. ジョン より:

    ここにコメントされてる方々の人柄。最高ですね!!アース団長のところに集まる人達の質の高さは、アース団長だからこそです。皆さんを尊敬します!!

    記事と関係なくてすみません。
    どうしても言いたくて。

    • 管理人アース より:

      ありがとうございます!
      自分も常々ありがたいと感じています。
      やはり常連さんが、真面目な考察をされる方が多いのだろうと感じています。
      本当にみなさん、いつもありがとうございます!
      返信が厳しくなりますが、これからもよろしくです!


      管理人アース

  4. ヤヴァイ兵長 より:

    本当にいつもお疲れ様です!

    アース団長もお仕事が忙しくなるとの事……無理なさらず。
    私はやはり、ここのサイトが1番好きです。
    皆さんが進撃の大ファンでアース団長の団員で、コメントで荒れたりすることも無く、真面目に考察や感想をしているからです。
    ですので、無理せずに続けていただけたらと思います。

  5. 芋をふかした者 より:

    外国語由来の言葉をカタカナ表記にするとどうしても語源がわかりにくくってしまってますね。
    それ故に語源を考えると得れん家がさんの言う「自由」と「反逆」というのはなんとも皮肉なものです。

    リベリオとレベリオが同じ場所ならリベリオの方は誤植だと思ってますが、レベリオの語源としてはRebellion(カタカナ表記:リベリオン)から来てると思います。
    日本人の感覚からするとLとRの発音も難しくて似たようなものですが、外国の方からするとLとRが違うだけでもちろん意味が全く変わってしまいますね。レベリオの意味が「自由、反逆」でダブルミーニングっぽくなってますが自由、反逆はアルファベット表記にしたときスペルがそれぞれLRで違うので「レベリオ」自体には結局どちらか一方の意味しかないと思いました。

    誤植じゃないとしたらもしかしたらリベリオ・レベリオどちらかが自由の意味でもう片方が反逆で実はそれぞれ別の場所にある?

  6. あおい より:

    初コメです。誤植を装って伏線を仕掛けるという考え方はありませんでした。すげえっす…

  7. sin より:

    正式には反逆謀反を意味するレベリオ(マーレ側がつけた)だけど
    そこの住民エルディア人は自由を意味するリべリオと呼んでいるのかもしれないですね

  8. 得れん家が より:

    私の初コメントを考察に採用してくださってありがとうございます!(涙)
    私も誤植だろうと思っていましたが、まさか意図的だとしたら凄いですよね。
    英語訳と日本語の違いにはいろいろと興味深い点が多いので、また何か気付いたらコメントさせていただきます。
    リヴァイの名前がLeviだったりRivailleだったり、調査兵団がSurvey CorpsだったりScout Regimentだったり、立体起動装置に至ってはVertical maneuvering equipment、Omni-directional mobility gear、そしてThree-dimensional maneuver gearなど、翻訳者によって名称が違います。
    以前ご指摘の通り、そもそも「進撃の巨人」の訳のAttack on Titanも、日本人からすれば誤訳ですよね。題名とは区別して、エレンが所有している巨人の名前はAttack Titanと、やや格好の悪い訳になってしまっているようです・・・。
    海外のファンの議論やコメントを見ていて嬉しいのは、エルヴィンの「進め!」が流行ってコメント欄に’SUSUME!’と書かれまくったり、アニメ第二期のオープニングの「捧げよ」の部分だけみんな歌えたりと、漫画とアニメを通して日本語を少しずつ学んでくれているところです。(たまに「心臓」の発音を間違えて「腎臓」になっていますが・・・)
    ファンの一部には「ゲスミン」というニックネームを知っている人もいるようなので、やや感動しました。

コメントを残す

このページの先頭へ