【進撃の巨人】ネタバレ107話考察!サシャの墓参り場面から家族と作者の思いを検証!

107話では東洋の一族の回収、さらにはヒストリア妊娠と大きな動きがありましたが、その中でもサシャの墓参りの場面は派手ではないですが、泣ける展開となっていました。

ニコロとコニーのやり取りは、何とも言えない涙を誘う展開でしたよね!

そこからサシャの家族が登場する流れは、本当に驚きました!

そこで気になったのは、その家族です。

この子どもはサシャの妹か弟なのでしょうか?

それとも36話の!?

さらに、サシャの追悼展開から諫山先生の思いを検証してみました!

見てみましょう!

Sponsored Link

◆サシャの墓参り場面から家族を検証!

2018-07-07_050411
「進撃の巨人」第107話「来客」より


107話ではサシャの墓参り場面にて、そのサシャの家族が登場しました。

父親と母親が登場し、弟か妹かは判断できない子どもが一人いました。

父親は第36話に登場していましたが、母親は初登場でしたね!
2015-06-19_035735
「進撃の巨人」第36話「ただいま」より


そしてもうひとりの人物は、弟でしょうか?妹でしょうか?

ちょっと判断しかねますが、ナノシーガさんから面白しコメントをいただきました。
サシャの弟がサシャが助けた子供に似てる気がするのは僕だけでしょうか…

男の子と判断し、36話でサシャが助けた子どもではないかと考察されたようです!

たしかに36話で助けた子どもと今回登場した子は、同一人物のように見えますよね!
2015-09-04_194332
「進撃の巨人」第36話「ただいま」より


似ています!
2018-07-17_064432-horz
「進撃の巨人」第36話、107話より


ただ、この子どもは女の子のように感じますね。

アニメでも女の子のように描かれていたかなと。
2018-07-17_062706
おそらくですが、この子は36話で助けた女の子なのでしょう!

ナノシーガさん!

素晴らしい考察をありがとうござます!


となるとサシャが助けた後、サシャの両親が面倒を見ていたということになりそうですね。

両親が殺された後のミカサとグリシャの両親が一緒に暮らしたエピソードを思い出させられますよ!

これ、気付かなかったら全くスルーしてしまう描写ですが、気が付くとかなり妄想が膨らむ仕掛けですよね!

まだ回収されていませんが、102話考察!最後の真ん中分けの調査兵を考察!で考察している真ん中分けの少女と同じような仕掛けですよ!
2018-02-12_150503-horz
「進撃の巨人」第5話、102話より


本当にこのような仕掛けが、諫山先生は上手いです!

では次に、今回107話のサシャの墓参り場面を違う角度から見てみましょう!

◆諫山先生のサシャへの気持ちを考察!

2018-07-07_024916
「進撃の巨人」第107話「来客」より


107話の墓参り展開は、ミカサがサシャの墓標にうずくまっている場面から始まります。

これ、106話の最後の場面と繋がっている感じですよね!
2018-07-17_060930
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


この場面から始まった事により、106話の時点でミカサが座り込んでいる墓がサシャの墓だと気付かなかった読者も、今回気付く事になりますね。

そしてそこにニコロがほぼ泣きながら登場し、コニーとサシャの死を悼み合います。
2018-07-07_024941
「進撃の巨人」第107話「来客」より


そこにさらに家族が登場し、ニコロとも交流する事になります。

「進撃の巨人」では、これまでに本当に多くのキャラクターが死亡しています。

調査兵団の団員でもそうですし、ミケやモブリット、それこそエルヴィン団長ほどの人物も死亡しています。

しかし、その死を作中でこれほど悼まれたことがあったでしょうか?

墓が用意され、そこでその人物の死を他の登場人物が悲しむ場面というのは、初めて見たように思います。

これ、作者諫山先生の思いを感じますよね!

ニコロやコニー、ミカサやジャン、さらに家族を登場させサシャへの気持ちを語らせることにサシャへの愛情を感じますよ!

諫山先生のサシャへの感謝、そしてその死への悼みが感じられます。

そしてもちろん、これは作品の演出も兼ねているでしょう。

もともとサシャは36話で死亡する予定でしたが、担当編集者バック氏の「もっとふさわしい死に場所があるのでは?」という指摘で変更となり、ここまで生き残ってきました。
2015.9.05
「2013年オトメディア10月号」より


逆に言うと、「105話での死亡場面がサシャにとってふさわしい死に場所」だったということになります。
2018-05-08_051023
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


これはどのような意味で「ふさわしい」と考えられるでしょうか?

やはり、ガビへの効果でしょう!

サシャの死が作中で悼まれ悲しまれれば悲しまれるほどに、読者の怒りや憎しみ、悪意がガビへと向かいます。

これが諫山先生の狙いなのでは、と思われます。

つまりここにサシャの死に場所が選ばれ、これまで無いほどに作中で悼まれているのは、ガビへの悪意を煽るためなのではないかと考えられるのです!

今回107話でも、ガビは自分を心配して診に来た兵士を過剰に殴りつけ脱走しています。
2018-07-07_025026
「進撃の巨人」第107話「来客」より


これも、サシャの墓参り場面から6ページ後という、かなり近いところで展開しています。

サシャの墓参り場面の後に、殺したガビのこのような展開を見せれば、読者の悪意がかなりガビへ向けられますよね!

おそらく、そのように持っていこうとしているのでしょう!

それはなぜなのか?

ここからは妄想ですが、おそらく大きく膨れ上がった読者のガビへの悪意がそのままひっくり返るような展開が待っているからなのかなとも思います。

その衝撃を大きくするために、今は準備しているのかなと!

ひっくり返るのはまだまだ先でしょうし、おそらくもっともっとガビへ悪意が向けられるような展開が用意されているのでしょうが、最終的にそれ自体が仕掛けだったと分かるような展開が待っているのでは、と管理人アースは思っております!

その回収は物語の中でもかなり大きな意味を持つでしょうし、その衝撃を大きくする為の一要因としてサシャの死に場所をここに決められたのかなと!

たしかに、いろいろな意味でここがサシャの死に場所にふさわしかったように感じますよね!

このように考えられますが、もちろん諫山先生のサシャへの思いがベースにあり、それプラス物語上の演出上でサシャの死を悼む場面が多く登場したのかなと!

今回の考察で「サシャの妹が36話の少女である可能性」「諫山先生のサシャへの気持ち」、そして「ガビへの仕掛け」が考察できました!

今はサシャの死を悼み、今後はガビの展開に要チェックですね!(´;ω;`)

107「来客」話あらすじ感想考察!
107話考察!ヒストリア妊娠とエレンの恋愛展開を検証!
107話考察!氷爆石を検証!巨大樹の森、黒金竹との関係も!
107話考察!時系列まとめ!ミカサとヒストリアのw妊娠はあるのか?


Sponsored Link

36 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ107話考察!サシャの墓参り場面から家族と作者の思いを検証!”

  1. 名前はまだない より:

    団長の考察、脱帽です。読者のガビへの憎悪を煽る、そのマクロ的(?)な観点凄いです! 私はすっかり諫山先生に煽られていました。

    ファルコ、ガビはどういう役割を担っているのか。ずっと気になっていますが、全く読めません。願わくば今のエレンを救ってあげてほしいですね。

    • 管理人アース より:

      今のエレンとカビはリンクしていますよね。
      この二人が重なる時が必ず来るだろうし、その時がひっくり返る時かなとぼんやり思ったりしています。


      管理人アース

  2. ジャンの母ちゃん より:

    考察ありがとうございます。

    アルミンが焦げ焦げになって死ぬんじゃないかと思った時でもここまで悲しくなかったのに、どうしてサシャの死はこんなに悲しいのか・・・自分でもびっくりします。

    ガビもサシャに仲の良かったおじさんを殺されて、どこまでガビを責めれるんだろうと思うと私はまだまだガビの仕掛けが足りない感じです。

    別マガの仲良し三人組のクオカードプレゼント応募しました!めっちゃ好きなシーンなので絶対に当てたいです!!

    • 管理人アース より:

      クオカ、管理人アースも応募しましたが、当たったら発狂ものですね(笑)
      ガビはガビで地獄を背負ってるので分かります!
      その見方だと、本当に残酷で救いがない展開に見えますよね(泣)
      せめて最後には救いが欲しいですよ❗



      管理人アース

  3. サシャの墓参りシーンは、たまらなく
    良いシーンです。
    二コロくんと サシャパパのやりとり
    には、サシャが死んでしまって悲しい、
    残念、申し訳ないといった言葉が
    一切出てきません。
    その感情を全て “料理”を通して言い
    現しているのが良いのです。

    二コロくんは 「汚ねえ食い方しやがって」
    と言いながら 「誰よりもうまそうに食べて
    くれました」 と内心嬉しく思っていた。
    そして サシャの家族に 「もしよかったら…
    俺の料理を食べに来て下さい!」
    サシャパパは、それに優しい表情で応え
    「もちろん 無料なんやろ?」
    二コロくんは意外そうに 「あ…はい…」
    と応えます。

    そして、二コロくんと サシャパパの握手。
    この握手には、娘の死を無駄にしないよう
    後は頼んだぞ! というサシャパパの意思が
    込められていると感じます。
    このシーンが アニメ化されれば、派手さは
    なくても、しみじみと味わい深いシーンに
    なるものと期待しております。

    • 管理人アース より:

      むっちゃアニメ化楽しみな場面ですよね!
      いつになるのかは、全く分かりませんが( ̄▽ ̄;)




      管理人アース

  4. 馬来熊 より:

    ガビについて
    ちょっと思い出してみましょう、エレンの「何も知らない子供が、何も知らない大人に吹き込まれた」というセリフ
    そのことを痛感したエレンやライナーが、同じように吹き込まれて育った次の世代をどう扱うのか、というストーリーを展開するために登場したキャラクターがガビなのだと思います。
    ちなみに、「吹き込まれて」とはいったものの、彼女は診にきた兵士やジークについて、何かおかしいと疑問を抱き始めたファルコと意見がわかれています。
    二人とも同じマーレの教育で育ったのに…
    これは「ガビは自分の信じたいものを無意識のうちに選択している」という表現でしょうね
    現代に生きる僕たちにも同じことがいえます。
    パラディ島やマーレのエルディア人収容所と違い、インターネットがあって当たり前、ほしい情報をザッと集めるだけならすぐできてしまう環境にいても、なかなかうまくいかないもので
    「信じたいものを信じる」これはどこでも見られる光景です

    ガビというキャラクターが表しているのは僕たちの、あるいは僕たちが間違ったまま育ててしまった未来の子供たちの姿のように感じます。

    僕はガビを好きではないですけど
    ネットでムキになって叩いてる人を見ると「でもこの人もガビなんだろうなぁ…」と思ったりします

    • 管理人アース より:

      ネットで叩いている人達への洞察、素晴らしいですね❗
      すごく分かりやすい文章での考察、ありがとうございます❗



      管理人アース

  5. 劇団の小人 より:

    サシャの死に場所から、ガビの伏線へ・・・なるほど!
    納得の考察です!
    物語の謎についての伏線だけでなく、登場人物の心情の変化や成長に関わるものも、ストーリーに深みを与える醍醐味ですね。

    私はガビは好きですけどね。
    マーレ側の主人公・・・もっと言えばマーレ版エレンという感じがします(顔も似てる気がする)。
    エレンが厳しい現実に純粋さを失っていったように(見える)、ガビにも、今後大きな認識の変化があるのは確実でしょう。
    そこでエレンと好対照な展開があるのではないかな〜と。
    願わくば、ガビが物語の希望の一端を担う存在になってくれればと思っております。
    ファルコと一緒に、成長していってほしいです!

    • 管理人アース より:

      ガビがマーレ側のエレンという見方は、全くの同感ですよ!
      エレンと対称になりながら成長していくのではと思いますし願っています❗



      管理人アース

  6. los dias より:

    久しぶりにコメントさせていただきます。

    ガビへの悪意を煽る描写からのそれを覆す展開がくるだろうとの考察、とても共感できます。

    ガビはマーレの洗脳教育を象徴するような存在ですし、昔のエレンと重ねられているなど、ファルコ以上に今後大きな役割を担うキャラクターなのでは、と思います。

    妄想ですが、進撃の巨人の物語の畳み方として、エルディア人が将来世界でどのような存在になるか、という結論が出る際、成長したガビがそれに対して大きくプラスの働きをするのではないかと考えています。

    • 管理人アース より:

      ガビがエルディア人の将来を担うポジションに・・・
      良いですね❗
      そんな展開が起こった時にファルコが隣にいたら最高ですよ❗



      管理人アース

  7. リヴァイ大好き より:

     こんにちわ。
     確かに、漫画の仕掛けとしては、そうだと思います。
     同じ立場だったエレンの場合には、読者側も巨人は理解できない存在で、エレンを応援したくなる気持ちがありましたが、巨人の謎が解明された今では、ガビに哀れみは持てても共感はできません。
     エレンは人間でいられる期間が、あと少しです。
     ガビの役割は、ファルコと一緒にエレンのその後を生き延びること。そういう役割かと思っています。
     そのためには、エレンの行動を理解する必要があり、現在獣の様に動いているのは、そのためなのかと。
     いつか近い将来にエレンにガビは辿り着く。その時に、ガビが全てを理解する展開かと妄想しています。

    • 管理人アース より:

      ファルコとともにエレンの先の未来に生きるという展開は希望がありますよね❗
      そんな希望が見える終わり方だと嬉しいですが!
      見届けたいですね!



      管理人アース

  8. 住吉夢物語 より:

    団長、新考察記事有難うございます。

    確かにここ最近の数話はファルコよりガビにクローズアップしている描写が目立ちますね。やはり、そこには作者の何らかの意図があると思われます。団長の考察も納得です。
    さらに私なりに追加で考えたのは、今後の展開においてガビは、一つの指標として存在しているのではないか、という事です。

    現時点でも今後のパラディ島の基本政策で、エレンとアルミン達との間には乖離があると考えています。そして今はやや強引ながらエレンとジークの考えで動かざるを得ない状況となっています。

    その中でアルミン達の基本政策(融和的政策?)を遂行するにはガビはうってつけの試金石です。
    ガビを懐柔するか、少なくともパラディ島への敵視を削ぐ事が出来れば、アルミン達の政策は現実味を帯びて来ます。今回、アルミンが登場していないのもこの辺りへの布石かもしれません。

    ガビの今後の展開は、パラディ島側政策のメルクマールの一つとして位置ずけられるのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      ガビがパラディの方針の指標になる・・・
      これはこれであり得そうですよね!
      とりあえずは、脱走したガビの行き先で何かありそうですね!



      管理人アース

  9. ミケニャンコ より:

    こんにちわ。

    36話にでてきたサシャに助けられた女のこ、というのを読んで感心し私もそうかもと思いました。
    身よりのなくなった女のこをブラウス家でひきとるのはありですよね。
    お墓参りにきてたのは妹と思ってました。ロングヘアを後ろでしばってますし、スカートをはいてる感じだったんでw;

    連日暑いですね。団長もみなさんも体調に気をつけて><

    • 管理人アース より:

      このような細かい描写に大きな意味をもたせるところが、諌山先生のスゴいところですよね❗



      管理人アース

  10. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     バックさんと同じく、私も36話【ただいま】でホロリとさせ
    られた記憶があります。TV版でも実際泣きそうになりました。
     
     サシャ父は、人は外界(他者)と関わらなければ生きてゆけないと
    説きました。他者と関わり大人になれと、サシャを訓練兵団へ入れ
    ました。結果彼女は自分だけを見て生きるのではなく、他者の為に
    生きられる(巨人から少女を助ける)人間に成長した事で父に「ただ
    いま」と言えたのでしょう。(既出でしたらすみません)
     ガビにも、サシャ父が説いた教えを授けてくれる人物が現れて欲
    しいです。エレンかライナーかは分かりませんが。サシャが少女を
    助けた時と同じく「助けてくれる人はきっといるから、この道を走
    れ(=生き延びろ)」と背中を押してくれる人がいて欲しいです。サ
    シャを射殺した事で、道が閉ざされていなければいいのですが。
     
     サシャ父は閉鎖された世界に閉じ籠る生き方を否定はしませんで
    した。それは145代王が選んだ生き方にも通じます。ですがもし
    エルディア人に安住の土地があるなら、ガビとファルコには本当の
    自由を知って欲しいです。
     
     考察といようりも、個人的な感想をつらつらと書き綴ってしまい
    ましたが・・・。失礼致します。

    • 管理人アース より:

      管理人アースも、特にアニメでは涙が溢れたのを覚えています。
      あの感動は忘れられないですよ❗



      管理人アース

  11. あしゅけ より:

    ものすごく都合良く、この先の脱走したガビとファルコのことを考えると、
    村に帰る途中のサシャの家族に拾われるというのがいいのかなと思っています。
    「もう誰も信じられない」ガビの心境に変化が起こるのには、サシャの両親と、サシャが命を救った少女との交わりが必要だと思います。

    • 管理人アース より:

      救われそうな展開ですよね!
      まだまだガビへの憎しみを煽る展開を考えると、ネット上で言われている「ガビが妊娠ヒストリアのところへ偶然行き殺すのでは」という展開もあり得るかなとか。
      今後のガビは本当に要注目ですね!



      管理人アース

  12. 暴食のサシャ より:

    ガビはネットで叩かれてるんですね。
    アースさんのサイト以外見てないので知りませんでした。
    私はガビが嫌われる理由がよく分かりません。エレンと違うのは反撃のチャンスがあったかどうかの違いでしかないと思います。
    話は変わって、サシャのお墓にはキースも来たんでしょうね。
    1番世話の掛かる教え子だったと思うので花を置いて行ったのはキースじゃないかなと思いました。
    今後キースも活躍する時が来るでしょうね。
    ハンジと組めば、お互いにダメなところを補っていいコンビになりそうです。

    • 管理人アース より:

      キース教官のサシャ墓参りも泣けますね。
      ガビはかなり叩かれていますね。ヘイトだらけです。
      パラディ側から見ると、ガビはそうなるんでしょうね。
      その気持ちが分からないというのも、分かりますよ!



      管理人アース

  13. 次列三・伝達 より:

    団長、皆様、連日の猛暑の中、気温に負けない位の熱い考察お疲れ様です☆



    私はサシャの死により、「自分が半分なくなっちまったみてぇだ…」と言ったコニーが不憫でなりません。



    空白の2年間で付き合っていたのか分かりませんが、大切な恋人を失ったひとの心中を一番に表すセリフだと思いました。



    ジークにより故郷ラガコ村を失い、家族を失い、そのジークを救う為にサシャを失い…。



    最初は好きでは無かったキャラでしたが、最も失いたくないキャラへと変わりました。




    今回のサシャとコニーを見ていると、進撃の巨人の世界では、「大切な人を失った者は生き残る」のかなと思いました。



    母を失ったエレン。
    両親を殺されたミカサ。
    祖父、両親を殺されたアルミン。
    エルヴィンを失ったリヴァイ兵長。
    モブリットを失ったハンジ団長。
    マルコを失ったジャン。
    ベルトルトを奪われたライナー。
    兄を食べられたガリアード。
    ウド達を失ったガビとファルコ。

    他にも沢山…。



    これからの物語の展開は読めませんが、今までは多くの人々があっけなく亡くなっていきました。



    ある意味、死への“マヒ状態”の読者に対し、サシャの死とその後の描写が、命の大切さを思い出させてくれていると思います。



    今後も生き残った多くの大切なキャラの死が続かざるを得ない作品です。



    考えたくはありませんが、その大切なキャラ達の死も考慮した予想もしなければならないのかと思います。

    • 管理人アース より:

      おそらくサシャとコニーは付き合っていなかったでしょう。
      双子みたいなもの、というコニーの言葉はウソではなかったと感じられます。

      >大切なキャラ達の死も考慮した予想もしなければならないのか
      そうなりますよね!
      ガビを見ると、まだ誰かが死亡するかもと思えてなりません。
      今後、まだまだ辛い展開がありそうですよ!



      管理人アース

  14. ナノシーガ より:

    わざわざ自分のを引用して頂きありがとうございました!自分のはまだまだ爪が甘かったですね…笑

    サシャの死に場所の考察にはものすごく納得のいく考察で流石です!!

    • 管理人アース より:

      こちらこそ、ナノシーガさんのコメントのおかげでこの考察記事ができたので、感謝感謝ですよ!
      これからも考察を楽しみながら、当サイトもお願いします!\(^o^)/



      管理人アース

  15. PANDA より:

    こんばんわ!
    新考察ありがとうございます。

    毎日毎日溶けるほど暑いですね。
    団長のリアを想像するに、忙殺されるほどの忙しい毎日のが続いていると思われますが、そんな中で団長の記事がアップされていると
    ホッとします(笑)
    ↑生きてるてきな

    記事の内容自体はとても悲しいものですが
    (`;ω;´)

    サシャの件については、
    もう皆さん沢山コメント寄せられているので、
    私は自重致しますね

    今回のお墓&お葬式をみて思ったことは、
    「あぁ、壁内は本当に豊かで平和になっていたんだな」
    と思いました
    4巻18話と対比になっている気がしたのです

    誰のものか分からないまま、
    ただ燃やされ、安置されるでもない多数の人々
    そして決意するジャン

    サシャの死がもたらしたのは
    小さくともマーレとパラディとの人との繋がり
    このあたり全てが対比になっているきがします
    あぁ、ダメだ
    書いてて悲しい


    話を切り替えます!
    season3まで本当にあと僅かとなりましたね!
    今日明日は仕事はともかく
    考察更新等はできるだけひかえ、
    良質な睡眠と休憩をしっかりとっていただき、
    万全の体制をもちまして
    アニメを迎えてくださいね!
    自分ももちろんリアルタイムで見る予定ですが、
    アニメの方の団長の記事も
    とても楽しみにしています
    (((o(๑>ω<๑)o)))♪

    • 管理人アース より:

      いつもありがとうござます!
      リアは現在19日連続出勤中で、あと1週間くらい続くかなと。
      しかもアニメseason3第1話放送時が最も厳しいところなので、非常に悲しいです(泣)
      アニメ記事更新はちょっと遅くなるかもですが、必ず更新していきますので、よろしくです!

      >4巻18話と対比になっている気がした
      なるほど!
      たしかにあの時と比べると、キチンと弔っているので豊かになっていますよね!
      これからのパラディ島の描写も楽しみです!(^^)



      管理人アース

      • PANDA より:

        1ヶ月休み無し!?
        どこのブラック企ぎょu…ry

        余程のやり甲斐があるのか、
        はたまた物凄い役職がついてるのだろうか…
        ともあれ働く男は素敵゚+.゚(´▽`人)゚+.゚
        頑張ってください
        ヾ(゚▽゚*)>フレー!!フレー!!<(*゚▽゚)ツ

        とかいいつつ、
        一番最初に思ったのがサシャのセリフでした

        「あなた! 過労(山)を舐めてると死にますよ!!」

        冗談に聞こえないから怖い
        ヾ(・ω・`;)ノ
        声優祭り見逃して
        気分↓↓なPANDAでした

        • 管理人アース より:

          声優生放送は録画したのを午前中にseason2映画とともに観ましたよ❗
          もしかしたら見のがし配信で観られるかもなのでチェックです!




          管理人アース

  16. 二度目の投稿 より:

    こんにちは。連続勤務お疲れ様です。
    酷暑続きの中、お体にはお気をつけてくだされ。

    今回の団長のガビへ仕掛けの考察。お世辞抜きに脱帽です。
    脱走した、パラディ島と読者から憎しみの的となったガビの今後の役割はどうなるのか考えてみました。
    改心説やエレンとの比較説などありますが、
    私はジークの「誤算」に大きく関わると思ってます。
    一つはジークの秘策の障害となる展開。ひょっとして妊娠中のヒストリアに危害を与えるとか?
    この展開はあって欲しくないですが。。
    もう一つは
    ガビを救出するべく、ライナーの早期単独侵入!
    ライナーがアニを目覚めさせ、追っかけ残りのマーレ戦士が島に上陸する事で、全ての巨人が揃う。エレンが始祖の力で戦おうとした事で島に大異変が!?
    大地の悪魔の復活か!?
    ってな事はないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      ライナーのパラディ潜入展開はたまらないですね❗
      妊娠ヒストリアのガビ襲撃展開がジーク誤算から生まれるという予想、素晴らしいですね!
      この展開が来るとしたら、サシャとヒステアを殺したガビになんとライナーが言うのか見たいですよ❗




      管理人アース

  17. 寸劇の個人 より:

    この件では、ニコロに「犯人は戦士候補の女の子」という情報が渡されたところに、おや?と思いました。「戦死」だけで十分のように思うので。サシャ父との会食予定も含め、今後ガビとニコロ&サシャ家族が交わる伏線のようにも感じさせます。

    マーレ&パラディ、2つの異文化が敵対心を乗り越えるためのツールとして、これまで「食事」が使われています。脱獄の2人がやがてお腹をすかせてたまたま「会食」に合流し、ガビはそれが自分の殺した人に深く関わるものと気づいて・・。ニコロとサシャ父もやがてそれに気づいたとき、どういう行動に出るか?
    こういう流れを妄想します。ただ、少し物語は駆け足気味なので、そこまで細かい描写があるかどうかわかりませんが・・。

    もしガビが今後、無条件の敵対心を和らげていくとしたら、ありえる展開と思いますが、そのとき関係者一同を皆殺しにして先に進まないことを願ってます。。

    • 管理人アース より:

      ガビがどこまで走るのか?
      そしてどのようにして成長していくのかが、今後の要注意ポイントですよね!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ