【進撃の巨人】ネタバレ106話考察!義勇兵の意味からイェレナを検証!ウォール教登場か?

106話のタイトルにもなった106話のタイトルにもなった「義勇兵」ですが、これはイェレナとオニャンコポンの事を指しています。

「反マーレ派義勇兵」の「反マーレ派」とはマーレ国に従わない、反発するという意味でしょうが、「義勇兵」とはどのような意味なのでしょうか?

そこからイェレナを考察すると、ウォール教にも繋がるような展開が見えてきました!

ウォール教再登場展開はあるのか!?

見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「義勇兵」の意味から考察!

2018-06-08_070550
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


まず「義勇兵」の意味から見て行きましょう!

「義勇兵」とは「正規軍に所属せず、金銭的見返りを求めずに自発的に戦闘に参加した戦闘員」という意味を持っています。

歴史的に見ると内戦や独立戦争に義勇兵が参戦していることが多く、やはり宗教上からや思想から自発的に義勇兵となり戦う人が多くいたようです。

アフガニスタン内戦(1979年~1989年)では20カ国以上から20万人のイスラム教徒が義勇兵として参戦したとのデータもあり、「義勇兵」とは宗教上、信仰上の理由から生まれる事が多いように感じます。

そんな意味の「義勇兵」ですが、106話でのイェレナもやはり「信仰上の理由」から義勇兵になっているように感じられました。

もともとのイェレナはマーレに滅ぼされた国の人間で、その後マーレ兵として徴用されたという経歴を持っています。

そのためマーレに抗うという気持ちを持っており「反マーレ派」となり、さらにジークに導かれて「義勇兵」となったようです。

そのキッカケは獣の巨人という存在に「神」を感じたと言っており、これがイェレナがジーク信奉者となった瞬間でしょう!
2018-06-08_070456
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


完全に獣の巨人に落ちた感じですよね!(笑)
2018-06-24_053222
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


この時にイェレナは獣の巨人@ジークを崇拝するようになり、後に彼の命令に従う義勇兵となったのでしょう!

オニャンコポンも反マーレ派義勇兵となっていますが、巨人を生み出した「始祖ユミル」を作り出した存在を「神」と言っており、ジークを崇拝しているという訳ではないようです。

この辺りはイェレナとは違うようですね!

さて、管理人アースはイェレナがジーク信奉者となった経緯を理解しながらも、獣の巨人に神を感じたという場面から以前登場したウォール教を思い出しました。
5d082b24
「進撃の巨人」第33話「壁」より


ウォール教は無垢の巨人から人類を守る壁を信仰する宗教であり、当時の壁内では大きな力を持っていました。

ウォール教のニック司祭は、けっこう印象に残っていますよね!
20120818095443
「進撃の巨人」第34話「戦士は踊る」より


中央憲兵にニック司祭が殺されてからは、ウォール教じたい、ほとんど登場していません。

ただ、ここでイェレナが巨人を崇拝している事から、もしかしたらウォール教の再登場があるのではと感じました。

イェレナの獣の巨人崇拝から、ウォール教再登場を考察してみましょう!
Sponsored Link

◆ウォール教再登場はあるのか?

2016-09-30_101929
「Before the fall」第11話より


先ほども説明しましたが、ウォール教は壁を崇拝する宗教となっています。

そして壁は巨人で出来ています。

この辺りから壁を崇拝するという事は巨人を崇拝するということになり、二つの根っこは同じということになります。

スピンオフ作品「Before the fall」には「巨人信奉者」が登場しており、彼らは巨人を神と崇め、崇拝しています。

同時に「お壁さま」と呼ばれる壁を信仰するウォール教の原型のような宗教も登場しており、この「お壁さま」と「巨人信奉者」の「根っこは同じ」と小説版では説明されています。

この辺りはウォール教団の目的は一体何?お壁様と巨人信奉の関係から検証!でも考察していますので、見てみて下さい!

説明が長くなりましたが、つまり巨人を崇めるイェレナは「ウォール教」と同じ信仰をしている事になりますよね!

この辺りから、もしかしたらイェレナが壁内でのウォール教に興味を持つ展開が起こる可能性もあるのではと管理人アースは感じました。

そしてウォール教に残されていた「レイス王家の隠された真実」が明らかとなり、それをジークに知らせるという展開が生まれる事もあるかもですよね!

可能性はかなり低い展開だと感じますが、ウォール教の再登場を期待している管理人アースとしての希望も込めてこの展開を予想します!

イェレナの獣の巨人崇拝から、ウォール教に隠されたレイス家の真実が登場したらかなり熱いな!と妄想する管理人アースでした!\(^o^)/

106話考察!サシャの「オニャンポコン」スルーを検証!
106話考察!ジークの「秘策」は地鳴らしなのか?目的を検証!
106話考察!ミカサは妊娠している?
106話考察!ニコロ料理人を検証!


Sponsored Link

22 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ106話考察!義勇兵の意味からイェレナを検証!ウォール教登場か?”

  1. 紅き地と蒼き天を傍観する者 より:

    どうも、紅き地と蒼き天を傍観する者でございます。

    たしかにイェレナがジークを崇拝しているのは、ウォール教と似ていますね。信仰対象がどちらも巨人ですしね。

    まぁしかし、宗教は時として戦争の種になりうるものですからね。まぁ日本においてはもともと神は一つではないという認識だったが故、宗教戦争は起こりませんでしたけどね。

    宗教って意外と厄介なモンですよ。過去や今の我々の世界において、一体どれだけの命が「宗教」に縛られて消えていったことか。進撃の巨人の世界、言うなら壁内もそうならないか心配であります。

    それではまた。

    • 管理人アース より:

      唯一神だとどうしても相手を受け入れられないので戦争になりますよね!
      日本もキリスト教弾圧の時代がありましたし内乱は起きました。
      進撃にもそのような展開が起こるかもですね!



      管理人アース

      • 紅き地と蒼き天を傍観する者 より:

        キリスト教弾圧は確か豊臣秀吉のスパイ対策が発端だったらしいので、そのカテゴリーではないと思いますよ。

        キリスト教信者が増える→国の重要役職者にも布教される→キリスト教のお偉いさんに尻尾振るヤツが増える→国家の機密情報が漏れる→日本植民地化へレッツゴー‼︎っていうのが豊臣秀吉の頭にあったことらしいですよ。実際ああいう布教活動は植民地を広げる戦略でもあったらしいので、弾圧されても仕方なかったかなって気がします。それが本当なら、豊臣秀吉は国を守るために島原天草一揆の連中を切り捨てたってことになりますよね、本当か否かはわかりませんけど。

        • 管理人アース より:

          なるほど!
          今後のイェレナとオニャンポコンの対立展開が起こるのか、注目しなければですね!



          管理人アース

  2. PANDA より:

    新考察ありがとうございます

    イェレナはてっきり
    ジークonlyの信奉者かと思っていたのですが、そうか、巨人の信奉者かもなのですね。
    だとしとら、ピーク&ポルコの落とし穴に気遣いを見せた理由が納得です

    • 管理人アース より:

      「ジーク=獣の巨人」という見方をすれば「巨人信奉者」とも考えられます。
      「考えられる」だけなので、まだ分かりませんが!(・_・;)
      イェレナとオニャンポコンの今後は、要注目ですよね!



      管理人アース

      • PANDA より:

        イェレナとオニャンポコン
        との宗教対立まで物語が
        進むとしたら、しばらく進撃は終わりそうもないですね(笑)
        逆に安心しました

        ともするならば
        エレン達現役の巨人の継承者たちはアルミンを残して任期を終えることになりそうなので、ガビやファルコが進撃と鎧をついで、ガビの中に眠るエレンを守るためにミカサが働き、全てを終えた巨人たちが「座標」の力で「道」を通って、エレンを過去に戻す際にミカサが1話のセリフ「いってらっしゃい」で送り出す…
        のような最終回になるかも?ですね。
        だからこの物語はタイトルが、主役が変わっても良いように
        《 進撃の巨人attackonTitan》
        なのかもしれませんね

        • 管理人アース より:

          あくまでも9つの巨人のひとつである「進撃の巨人」の物語である、ということですね。
          その展開もあるかもですね!
          ミカサが働き「いってらっしゃい」展開が登場するのかどうか、最終話まで追いかけなきゃですよ(^^)



          管理人アース

  3. イェレナの言葉で 非常に気になったのが、
    「会いたかったよ エレン…」 なのです。
    明らかに、エレンの事を誰かから聞いて
    知っていた口ぶりです。

    しかも初対面なので、普通なら
    「あれが エレンか…」 となるはずです。
    ところが 「合いたかった」 となると、これは
    相当以前から エレンの事を知っていて、
    興味を抱いていたと思われるのです。

    やはり イェレナはクルーガーと血縁であり、
    クルーガーからグリシャ、エレンへの流れを
    ジークから聞いていたのだと思います。
    従って、エレンはイェレナと親しい関係であり、
    そこから 「会いたかった」 という言葉が 出て
    きたと思うのです。

    • 管理人アース より:

      >イェレナはクルーガーと血縁
      この予想、しましたね!
      当たっていると嬉しいです!(*^^*)



      管理人アース

      • 横入りすみません。

        イェレナがエレンに会いたかったのは
        ①ジークの弟として
        ②始祖の保有者として
        どちらなのか気になりますね!
        もしくは両方?

  4. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    イェレナもオニャンコポンも、エルディア人では無い。
    という事は、つまり巨人にはなれない。
    なので、知性巨人保持者に対してある種の憧れや崇拝があるのかもしれないとおもいます。
    それは同時にエルディア人の解放そのものにはあまり興味が無いという事だと感じます。

    例えば、身の回りに知性巨人化できる友達が居たらと思うと、なんだか自分まで強くなったような気がしますし憧れるのは自然な気持ちの様な気がします。

    ウォール教は、壁外の無知性巨人から民を護ってくれていた壁(中の巨人含め)崇めていましたが、パラディ島内の無知性巨人が全て駆逐されてしまった今、ウォール教の教義の根幹が無くなってしまった訳です。
    すると今後の教義の軸としては、他国から護ってくれる壁(中の巨人)を含めて崇める様に変わっている事でしょう。
    また壁の中の巨人を崇めるのであれば、同時に屁機内人類側の知性巨人も崇めるはずです。

    つまりエレンとアルミンは今やウォール教においては信仰の対象とすらなっていると考えられます。
    人智の力を超えた存在、それが知性化巨人ですから、その思考の流れは自然なものだと感じます。

    また壁の中の一般人も、知性巨人のファンも多数出現していると思います。

    もし私達の住むリアルの世界で、本当にエヴァンゲリオンが存在したら、シンジ派のファンや、綾波レイ派や、アスカラングレー派のファンが存在するでしょう。

    きっと壁内も、アルミン推し派や、エレン推し派が多数存在し「神」として崇められているのは妥当だと思います。

    一種の憧れですね。

    イェレナもそういう意味で、ジークを「神」として崇めている熱狂的ファンであり、エレンに対しても同様の憧れを持っていると思いました。

    • 管理人アース より:

      >壁内も、アルミン推し派や、エレン推し派が多数存在し「神」として崇められているのは妥当だと思います。
      おお、なるほど!
      これは面白い考察ですね!
      隠れアニ派とかもいたりするかもですね(笑)



      管理人アース

  5. 住吉夢物語 より:

    団長、新考察記事有難うございます。

    私は、イェレナとは関係なくてもウォール教は再登場すると考えています。
    おそらく「地ならし」反対派の急先鋒としての登場ではと妄想しています。おもいっきり住民を煽動しそうな気がしています。

    イェレナの巨人信仰はオニャンコポンの自然神信仰との対比でちょっと気になります。
    北欧のみならずギリシャ等のヨーロッパの神話には、神々と巨人達との闘いが数多く語られています。
    イェレナ達巨人信仰派と、ハンジやオニャンコポン達との対立、そして内紛的な闘いが展開するのではないかと妄想しています。

    • 管理人アース より:

      >イェレナ達巨人信仰派と、ハンジやオニャンコポン達との対立、そして内紛的な闘いが展開するのでは
      イェレナとオニャンポコンは、根っこは違うように感じますよね!
      エレンもややこしそうな感じですし、これ以上内紛は起こって欲しくないですね!



      管理人アース

  6. イェレナの 「お茶しましょう」
    これが 妙に引っかかるのです。

    これは現代的で ハイカラな言い方
    ではありますが、正しい文法では、
    「お茶にしましょう」
    「お茶をいただきましょう」
    と、お茶の次に 「に」か「を」が入る
    のが普通です。

    それを飛ばして 「お茶しましょう」の
    言葉の裏には、イェレナの少し跳んだ
    性格が出ていると思われるのですが
    どうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      その前のハンジの「お茶でも楽しんでいってください」という言葉を受けていることから、「お茶をいただきます」と答えることが正解でしょう。
      「お茶しましょう」にはハンジを立てながらも、対等かもしくは下に見ているように管理人アースは感じます。



      管理人アース

  7. 初対面の軍勢に対する、このイェレナの
    大胆不敵さは、やはり信ずるもののある
    強さなのかと。

  8. 暴食のサシャ より:

    私はイェレナは巨人信奉者であり、自身も巨人になりたい願望を持った人物じゃないかと妄想しているので巨人科学の話に絡んでいくと考えてます。イェレナがウォール教に興味を持つというのは、なんとなくしっくりこない感じがしますね。
    ウォール教はこの先出てくるとは思います。教祖はおそらく145代目フリッツ王と関係が深いと思われるので子孫が登場する展開になるんじゃないでしょうか。レイス一族か東洋の一族、可能性は薄いですがアッカーマン一族か、そのあたりでしょうね。記憶を改ざんされたら意味ないですしね。かなり謎を残したままなので解説してくれるはずだと思います。

    • 管理人アース より:

      ニック司祭もエルディア人ではないように感じますよね。
      マーレ人だったのかなとも思います。
      ウォール教再登場楽しみですよ!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ