【進撃の巨人】ネタバレ106話考察!ガビとエレンの髪型伏線を検証!

106話ではエレンとアルミンとの考え方の違いが浮き彫りになってきていました。

特に最後の場面で髭を剃り髪型をアップにして鏡につぶやくエレンは、かなり鬼気迫る雰囲気が漂っていました。

さらに過激な方向に向かっているように見えますよね!

そんな髪型を変えたエレンですが、この髪型はもともとガビがしていた髪型のように見えますよね?

そこには何かしらの伏線が仕掛けられているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆エレンとガビの髪型には伏線が仕掛けられているのか?


先日の管理人アースのツイートですが、こうやって見比べると、エレンとガビの髪型がそっくりなのが分かりますよね!

例えばハンジも似ているように感じますが、前髪を見るとやはりエレンとガビとは違います。
2018-06-11_044505

「進撃の巨人」第104話「勝者」より


そしてサシャの髪型も近いのではと思いましたが、やはりエレンとガビと比べたら似ていませんね
2018-05-08_051529
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


となると、やはりエレンの新しい髪型はガビを意識したスタイルになっていると考えて良いかなと思われます!

エレンと会った時点でガビの髪は解けているので、エレン自身はアップにしたガビの髪型を見たことはありません。

つまり、エレンがガビを真似ようとしてした訳ではなく、作品内では偶然ということになるでしょう。

こうやって見ると、何かしらの伏線があるのではと感じますよね!

エレンがガビと同じ髪型となることに、どのような伏線が考えられるでしょうか?

ツイッターにて、はっしーさんがこのような考察を返信してくれています。


たしかにガビは「マーレ版 エレン」ですよね!

現在のエレンとガビが同じ気持ちという表れなのでしょうか?

髪型を同じにすることで、諫山先生が読者にそのように伝えたかったという事でしょうか?

このような表現も、諫山先生ならありそうですよね!

はっしーさん!

面白い考察、ありがとうございます!


いっぽうで、管理人アースはもしかしたら、ここから具体的な展開が起こることもあるのではと思っております!

エレンとガビの髪型からの展開を予想してみましょう!

◆ガビとエレンの髪型にファルコが!?

2018-06-12_055312
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


現在収容所にいるガビの髪型は解けた状態でボサボサの状態となっています。

この状態のガビとファルコは、いずれ外に出る事になるでしょう。

そこで超大型巨人の襲来により陥落したシガンシナ区を目の当たりにするのではないでしょうか?

もちろん復興している可能性もあります。

ただ、パラディ島には巨人はもういないため、壁外に住居を求めていく人が多いのではと予想できますし、マーレからの調査船団対策のため復興よりも沿岸の警備に力を注いでいたと考えられます。

そのため、シガンシナ区は陥落されたままの状態である可能性も高いと考えられ、それをガビが目の当たりにするのではと予想します!

「マーレの戦士から蹂躙された」パラディ島を「私も 見てない」というガビの伏線がここで回収され、その光景を目の当たりにする展開があるのかなと!
2018-06-12_053051
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


そして、かなりのショックを受けるでしょう!

この場面にはエレンとファルコも同行しているのではと管理人アースは妄想します。

ファルコもショックを受けながらもやられたからやり返すというマーレとパラディの負の連鎖に、やり切れない気持ちになると考えられます。

そんなファルコの気持ちを察せず、エレンは「戦わなければ 勝てない」理論をガビとファルコに語るのではないでしょうか?

つまり、「やられたらやり返す」という考えを述べるのかなと!

もっと言うと「エルディア人は世界中から敵視されている」「だったら、やらなければ負ける」「戦わなければ…」とファルコとガビに説明するのだと思われます。

この考えに、ガビはエレンに自分を重ねますよね!

「同じだ」と。
2018-06-12_053016
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


髪型が前の自分と同じだと気付くかどうかは分かりませんが!

この時にガビは初めてパラディ側のエルディア人とマーレのエルディア人が「同じなんだ」と感じられると思います。

ここでガビは髪をグッとあげ、アップに戻すのではと思われます!

ただ、この話を聞いてファルコは違和感を覚えるはずです。

第100話でのエレンとライナーの会話から、「やり返したらやり返す」という考えをエレンが持っていることにファルコは「前のエレンと違う」と感じるのではないでしょうか?
2018-05-29_054426
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


シガンシナ区を襲った張本人であるライナーにさえ「許し」を与えようとしたエレンと「やり返したらやり返す」というエレンとに、同じ人物とは思えない「揺らぎ」、もしくは「分裂」をファルコは感じるのではないかと思われます。

そしてサシャを撃った時の髪型に戻したガビとエレンの髪型が同じであることに気付き「エレンも復讐で頭がいっぱいなんだ」とエレンの心情に気付き、エレンに目を覚ます言葉を投げる…

こんな展開もあるかなと妄想します!

ガビとエレンの髪型が同じだと気付ける人物は「ガビ自身」か「ファルコ」のみとなっています。

もしこの髪型から具体的な物語の展開が起こるとしたら、ファルコがキーになる可能性が高いですよね!

としたら、こんな展開もあるかなぁと思い妄想してみました!

管理人アースは、エレンとガビの髪型から、陥落したシガンシナ区を目の当たりにするガビとファルコの展開があるのではと予想します!

さて、こんな場面が起こるのか…

陥落したシガンシナ区を目の当たりにするガビの場面、見てみたいですね!(*^^*)

106話「義勇兵」あらすじ感想考察!
106話考察!エレンとアルミンの仲違いを検証!
106話考察!アルミンのベルトルト記憶継承を考察!
107話あらすじ!


Sponsored Link

28 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ106話考察!ガビとエレンの髪型伏線を検証!”

  1. ガビが エレンと初対面のシーンでは、
    取り押さえられて、髪がボサボサの
    状態でした。
    その後、拘留されているシーンまで
    ずっと、ガビの髪はボサボサのまま
    なのです。
    よって、エレンは ガビの戦闘モードの
    髪型を見ていないのでは?

    そもそも、エレンとガビの直接対話も
    なく、エレンがガビを見て 何か感じた
    様子も見受けられないのでは。
    従って、ラストのエレンの髪型は ミス
    リードなのか?

    私には ラストのエレンの姿は、上半身
    裸で 水をかぶり、これから戦いに臨む
    プロレスラーみたいに見えました。
    ので、戦闘モードである事には違いない
    と思います。

    これから エレンとガビが、直接対峙する
    シーンが 数々と出てくるはずです。
    その時 逆に、ガビがエレンの髪型を見て、
    「何でその髪型なの?」と思うのでは?
    そして この偶然の一致から、二人の間に
    緊密なドラマが生まれるのではと 期待して
    おります。

    • 管理人アース より:

      エレンはガビの元の髪型を見ていないので偶然だと管理人アースも思っていますよ。
      ファルコだけが気づくと予想しています。




      管理人アース

  2. 住吉夢物語 より:

    団長、 新考察記事有難うございます。

    確かにマーレでのガビと調査兵団でのエレンとは、同じ様な位置付けで描かれています。何かの伏線の可能性がありますね。

    他にも、単純に戦意や気力の高い人物を表現しているだけの可能性もあります。
    実際、ハンジやサシャも髪を束ねている時は、戦闘中か気力の充実している時と考えられます。
    エレンもライナーと会っている時は、あまり戦意は感じられなかったですし、今収監されているガビも気力が低下していそうです。

    ただ、単に顔を洗うのに長髪が邪魔だっただけなら私もズッコケ状態になりますが…。

    • 管理人アース より:

      髭も剃っていて顔を洗うだけだったらかなりズッコケますね(笑)



      管理人アース

  3. HNわすれた より:

    ガビとファルコは「陥落したシガンシナ区を目の当たりにする」展開は、必ずあると思います。

    善と悪、被害者と加害者、
    それほど単純ではない、世界の「残酷さ」を二人は改めて知ることになると思います。

    ただ、そこからパラディの人々に共感を持つのか、大陸のエルディア人のためにパラディとの戦いを改めて決意するのか、二人の考えが割れるのか(エレン=ガビ、アルミン=ファルコ)・・・
    今後の展開が、楽しみです。


    現時点での、「やられたらやり返す(ガビ)」は、「戦わなければ勝てない(エレン)」とは、ニュアンスが違うように感じます。

    前者は「復讐」です。
    後者は「生きるために必要なこと」でしょう。
    寒ければ暖を取り、暑ければ涼をとり、乾けば飲み、飢えれば食らう。
    生きるために必要だから、「襲ってくる脅威を取り除く」だけ。必要なことをするだけ。
    立場が違えば、必要なこと同士がぶつかることがある。
    それこそが「この世界は残酷」なのだという、進撃の巨人のテーマの一つなのかな と思いました。

    やられたら

    • 管理人アース より:

      素晴らしい考察、ありがとうございます❗
      仰る通りですね!
      これから起こるであろう残酷な展開が恐ろしいですよ(泣)



      管理人アース

  4. めんたいこ より:

    どっちでもいい事ですが

    「宣戦布告」の回想シーンでエレンはガビ達を後ろからみてません?

    なのでガビの髪型は知ってると思います!

    • 管理人アース より:

      ああ、なるほど!
      としても、ガビの髪型を意識しているのかが分かりませんね。
      ご指摘ありがとうございます❗



      管理人アース

  5. 進撃のデブ より:

    アースさん、おはようございます。
    僕は未来の(次の)進撃の巨人の継承者がガビで、クルーガーがミカサとアルミンの名前を言ったように、無意識にガビの髪の結び方をしたのだと思います。

  6. 暴食のサシャ より:

    進撃のデブさんが言ってる通り、私も次の継承者なんだろうなと思いながら見ていました。
    91話の冒頭を見たときはファルコが進撃継承者かとも思いましたが鎧を継承しそうですね。
    エレン・クルーガーがエレンの記憶を持っていたように、エレンもガビの記憶を持っていて自然とああいう結び方をしたのかもしれないですね。

  7. 暴食のサシャ より:

    連投ですがエレンがガビの記憶を持っていて、クルーガーがエレンの記憶を持っているなら進撃の巨人の能力は継承している全員の記憶を保有できるという能力があるんですかね。
    他の巨人は過去の記憶しか持っていないようですし。

    • 管理人アース より:

      進撃の能力は謎ですね。
      自由を求めていた巨人なので、それに関連するような能力なのかなとイメージしていますが、分かりませんね。



      管理人アース

  8. HNわすれた より:

    管理人アースさん

     カテ違いで申し訳ないのですが、一つ書いておきたいことがあります。パンツァー隊の「ダッキくん」のことです。
     106話考察で、後日、別考察とおっしゃっていただいたので、その前にぜひと思い書きます。

     というのは「ダッキ君と他の4人の関係は少々違うのでは」ということです。むろん、装備に搭乗しないということもありますが、他の4人と信頼関係が薄いのではないかと感じます。

     ダッキ直前の、ピークに出会うシーン。ピークを救出し建物から出てくるシーン。いずれも、他の4人の輪から距離を置き、あるいは別方向を向くような描写になっています。諌山先生がこう描くということは、意味があるのでは、と思うのです。

     つまり、他の4人は昔からの兵士としての信頼関係があるが、ダッキ君は自ら(本当はハンジ?)開発した装備のスペシャリストとして登用された「外様」なのでは、ということです。
     メンバー4人が戦死(?)し、ピークが負傷退場する中、ダッキ君の姿がその後現れていない点も意味があるのでは、と感じます。

     考えすぎかもしれませんが、ぜひアースさんの考察を読んでみたくて、書かせていただきました。

     結果、全然違ってたらごめんなさい、です。Orz。

    • 管理人アース より:

      先日こんなツイートをしました。


      前にHNさんがコメントしてくれていましたよね!

      これも踏まえて考察しますね!

      考察有難うございます!



      管理人アース

  9. 紅き地と蒼き天を傍観する者 より:

    どうも、紅き地と蒼き天を傍観する者でございます。

    あのエレンが単純にパラディ島帰還後なのかどうかについても考察すべきかと。サシャの墓石に寄りかかってたミカサの「勝てなきゃ………死ぬ…。勝てば…生きる」からのエレンの「戦わなければ勝てない」ですから、たしかにパラディ島帰還後であると思いますが、ここはマーレへの潜入前である可能性も疑っとかないと。

    もし仮にあのエレンの最後のシーンがマーレ潜入前なら、アルミンの言う「話し合いによる解決」も頭に入れつつ、マーレに行き、場合によっては虐殺も行う覚悟を決めるために「戦わなければ勝てない」と、自らを奮い立たせてた可能性もあります。

    まぁ………だからといってかなりの伏線であるとは思いますけどね、それではまた。

    • 管理人アース より:

      なるほど!
      ありがとうございます!
      次回登場したエレンに髭があるかどうかで確認しなきゃですね!



      管理人アース

  10. 二度目の投稿 より:

    今晩は。二度目の投稿です。
    髪型の件はズッコケなのでは?と(汗)
    というより、エレンは復讐ではなく進撃ゆえの思想。前のところでも書きましたが、クルーガーの「戦え」発言。最高に格好よかった、あの「自由のために戦った、その名は進撃の巨人」シーン。
    エレンの思想はこれに尽きるのではないでしょうか。なんといっても本作のタイトルですから(笑)
    ただ少しだけ違和感があります。
    戦え、戦えと呟くシーン。ジークが合流して秘策が成功すれば、もう戦う必要はなくなるのに、
    誰と戦おうというのでしょうか。

    • 管理人アース より:

      なんだか「戦い」に取り憑かれている感じですよね。
      射撃のシーンでは、まだ「駆逐する為に戦う」という感じが見られましたが、最後のこの場面では「戦いたい」という気持ちが全面に出ている感じです。
      何かの伏線なのかもですね!



      管理人アース

  11. あるし・ろい より:

    この考察記事を拝見して、
    「いつかガビがエレンの巨人を継承するなんて展開になってしまうのでは…」と、なんだか心配になってきました

    マーレ編でガビが印象的に描かれてきたものの、やはりエレンが好きなので(^^;

    • 管理人アース より:

      ガビが継承という可能性もありますよね!
      もちろんファルコも・・・
      この辺りは本当に最後の最後まで分からないかもですね(;´Д`)



      管理人アース

  12. ゆう より:

    エレンは今までマーレに潜伏していて戦士候補生たちもひとりひとり観察していたんじゃないかと思うんですが、ないですかね?逆に潜伏していた期間にエレンは身を隠すために髪をおろしていましたが、壁の中ではいつも結んでいたのではないですかね?そして壁の中に来たガビはマーレにいた時のエレンとの対比?で、壁の中でマーレでは知ることの出来なかったことをゆっくり知ってゆき、ガビの中で何か決心して、またキチッと結ぶ姿が見れるのでは?と思いました。妄想(笑)髪型だけでこんなに盛り上がるマンガはないですねっ!(笑)

    • 管理人アース より:

      >ガビの中で何か決心して、またキチッと結ぶ姿が見れるのでは?
      これ、同感ですよ!
      ガビの気持ちの変化、成長が髪型によって表現されるのではと予想できますよね!
      進撃はスゴく奥深い作品ですよね!



      管理人アース

  13. ランニング より:

    「やり返したらやり返す」等とエレンの言動を全く理解していない、エレンの行動を非難したいがために無理矢理な考え・・・

  14. そーに より:

    今回106話最後のエレンが鏡に向かって「戦え、戦え」と言ってるシーン。7話でミカサがエレンの言葉によって立ち上がるシーンを思い出しました。

    • 管理人アース より:

      そうですね!
      たしかに対比になっているかもですね!
      面白いです!



      管理人アース

  15. おニャン子 より:

    アース団長いつもお疲れ様です。

    エレンの髪型がガビと似ていることに気づける人物はガビ自身とファルコのみとありますが、ジークも気づくことができるのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      おお、ありがとうございます!
      たしかにジークも気付くかもですね!
      それをジークがツッコむ展開はあるでしょうか?
      もしあったら、そこからの展開は予想し辛いですが、ドキドキですね!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ