【進撃の巨人】ネタバレ105話106話あらすじ展開予想!パラディ撤退か?

マーレ編を通して葛藤し続けそのまま退場になるのではとも思われたライナーでしたが、とうとう立ち上がるという展開を見せた104話となりました!

最後の場面は、ハンジとアルミンが同乗している飛行船で調査兵団が撤退するのか?という描写で終わりました。

一気に展開が加速しましたよね!

調査兵団は、このまま撤退するのか?

それともガビのライフルが火を吹く?

まさかジャンが!?

予想してみましょう

Sponsored Link

◆105話展開予想!

2018-04-07_064923
「進撃の巨人」第104話「勝者」より


104話最後の場面である、調査兵団が飛行船に乗り込む展開から始まります。

ジャン
「早く乗り込め!」

「乗り遅れたら、それまでだぞ!」

皆に発破をかけるジャン。

どうやら新兵から乗り込ませ、104期生は最後に乗り込む段取りのようです。

新兵達と共に乗り込むエレンとミカサ

そこにライフルの発砲音が響きます!


地上からガビが飛行船に向け、発砲したようです!

調査兵新兵
「ウッ!」

エレンと共に乗り込もうとしていた新兵の肩に命中し、呻く新兵

エレンは地上のガビを見やります。


ガビ
「逃がすか!エレン・イェーガー!」

叫びながら、再び撃つ体勢のガビ!

銃口をエレンに向け、構えます。


フロック
「そうはさせるか!」

「相手が子供でも、敵は撃つ!」

ガビに向け、雷槍を構えるフロック!

しかし、撃とうとしているガビの横に現れたマガト隊長とファルコを見て、止まります。

ガビのライフルを掴み、銃口を下に向けるマガト


マガト
「止めろ ブラウン」

「奴らをこのまま撤退させるんだ」

「これ以上戦っても、こちらの死人が増えるだけだ」

マガトに諭され、涙ながらに項垂れるガビ

そんなガビをジッと見つめるファルコ

ガビ達のやり取りを見た後、エレンはミカサとともに飛行船に乗り込みます。

飛行船に乗ったエレンは、すぐに声をかけられます。


「無事に帰還できたようだな エレン」

エレンは声をかけてきた人物に視線を向けます。

すると、そこにはジークが!


ジーク
「やっと会えたな エレン」

スッと手を差し出しながら言うジーク

こんな展開があるのではと予想します!

Sponsored Link

◆105話以降のライナーの展開を予想!

2018-04-07_081744
「進撃の巨人」第104話「勝者」より


「ガビのライフル」と共に、104話を読み今後の展開に影響するであろうと思われるのは、「立ち上がったライナー」ですよね。

マーレ編を通じて常に葛藤続け、果てにはライフル自殺まで目論んだライナーでしたが、ガビとファルコの叫びにより、とうとう立ち上がりました!

これは「葛藤の克服」と受け取って良いのでしょうか?

管理人アースは「ライナーは自分に克った」と考えています。

そして先に予想している通り、ジークはパラディ側の飛行船に乗っていると思われます。

そのジークの裏切りに関して、ピークは勘付いているのではないでしょうか?

となると、マーレ側の巨人はライナー、ピーク、ポルコとなりそうですよね!

そしてエレンに戦鎚が捕食されたことにより、タイバー家は全滅となりました。

おそらくは、今後マガト隊長がマーレを指揮していくことになると思われます。

ここから、マガト隊長率いるマーレ軍にて、ライナーが戦士長となるのではないでしょうか?

そして、再びパラディ側調査兵団とぶつかる展開となるのではと予想します!

マーレ編に入り、本当に予想が難しく、105話もかなり展開が読めません(泣)

少しでもかすってくれたら、嬉しいですよ!(^o^)

104話「勝者」あらすじ感想考察!
104話考察!オニャンコポンはポスト・モブリットか考察!
104話考察!ファルコの「…」を検証!ピークは何を語ったか?
104話考察!ポルコは戦鎚を継承したのか検証!
104話考察!パンツァー隊の生き残りを検証!ダッキ君の役割とは?
104話考察!戦鎚を継承したエレンゲリオン容姿を予想!能力は?
104話考察!アルミン超大型の容姿を検証!痩せていた理由と耳は?
104話考察!鎧無し巨人ライナーマンを検証!不完全体か?
104話考察!ミカサとエレンの「私達の家」を検証!
102話考察!ガビのライフルからの展開予想!


Sponsored Link

58 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ105話106話あらすじ展開予想!パラディ撤退か?”

  1. 考察初心者🔰 より:

    管理人様♪更新ありがとうございます😊

    そうですね✨自分もジークは飛行船に乗ってると感じます😆

    エレンとの会話も興味深いですが😆リヴァイとどんな会話をするのか❓
    も楽しみです✨

    ガビ&ファルコですが…
    104話ネタバレの所で何人かの方が予想してましたが😆

    2人して捕虜になってパラディ島に行く✨

    てな展開も可能性大だな😆
    と…自分も思いました🙃

    特にガビはこのまま、マーレにいたのではタダのウザキャラで終わってしまいそう😅

    叔父であるライナーの様にパラディ島の人々と接する事で苦悩して…最後は改心する❗️

    なんて展開が欲しいですね😆

    • 管理人アース より:

      ガビ達がパラディに行く展開があったら面白いですよね!
      ただ展開的に急ぎすぎるかなとも感じますよ。
      この辺りどうするか、要注目ですね!



      管理人アース

  2. クロ より:

    ピークとポルコが恐らく重傷なことから、安直ではありますがガビ&ファルコが車力と顎を継承するのでは?と予想してみます。
    ライナーの鎧と3人でまたパラディ勢力と合間見えることになれば、かなり熱い展開になのかなと。

    • 管理人アース より:

      これも面白いですね!
      ガビとファルコの今後は要注目ですよ❗



      管理人アース

  3. エルマーズ より:

    アースさん 更新ありがとうございます。

    私なりの 考察なのですが、
    104話の 顎の巨人の戦闘を見て ジャバウォックの詩を思い出しました。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジャバウォックの詩

    考察より妄想に近いかもしれませんが、もし 諌山先生が この詩を踏まえて あの戦闘シーンを描いたとしたら、 顎の巨人であるポルコは 単独(巨人 一体)で パラディ島へ 向かう可能性が高いかな と思います。

    ジークが パラディ側についているとしたら 重症のピークを 『兵器』としか 考えていない マーレ側に置いていくよりも、 自身とともに パラディ側に連れて行くのでは。

    鎧の巨人はガビが受け継ぎ(ライナーのパラディ島への 罪悪感も受け継ぎ)、ファルコとともに、 巨人を取り返そうとするマーレ側との戦争の制御役に回るのじゃないか
    と いう 展開を想像しています!

    105話が 楽しみですね。

  4. パラディ島勢の誰かが 逃げ遅れ、
    マーレの捕虜となるのでは。
    そこで、エルディア復権派のような
    拷問が待っている!?

    今度の事件で、パラディ島への怒りは
    半端ないはずです。
    調査兵団の誰かが、無垢の巨人にされ
    てしまうとか… あまり考えたくありません
    が、世界は残酷なので

    • 管理人アース より:

      この後の展開は読みにくいですよね。
      残酷な展開もあるかもです。



      管理人アース

    • みや より:

      もし仮に捕虜となって拘束されるとするならばおそらくジャンだと。。
      最後まで飛行船を守り抜き乗り込む最後のタイミングでガビから射撃されて乗り込み損ねて。。
      そして、ジャンとライナーの展開。。なんてないですよね。。

  5. その元調査兵団巨人が、パラディ島に
    送り込まれ、調査兵団との骨肉の戦いが…
    進撃の巨人ならではの展開だと思うのです
    が、 残酷過ぎますかね?(苦笑)

  6. 左中央二列目 より:

    おはようございます♪

    アース団長、皆さん考察お疲れ様です☆


    100話の開戦から怒涛の展開となっているマーレ編ですが、皆さんの考察通り“ジークの裏切り・共闘”説が濃厚となっています。

    私が考察するのは裏切りに値するジークにとってのメリットです。


    ジークは戦士隊のコーヒー会議で、「エルディア人は抹殺か軍事転用か?」と話しています。


    ジークの考えでは、マーレに住むエルディア人が今後更に過酷な立場になると思っているのでしょう。

    よもや人権を否定される未来しか無いので、「エルディア人が生き残る為にはどうすれば良いか?」と大局的に考えていると思います。


    そこでマーレを裏から支配し同じエルディア人であるタイバー家に協力と云う名の“利用”を思い付きます。


    おそらくその前からエレンと手紙でやり取りしていたと思われます。


    マーレを支配するタイバー家当主ヴィリー、当代戦槌の巨人の妹。
    マーレ各軍元帥と、エルディア人滅亡を望む各国首脳。


    ジークの算段通りエレンが急襲すれば全てが上手くいきます。


    “全てのエルディア人が生き残る為”


    マーレの首脳陣を一斉に叩き、かつ、各軍中央を一気に叩けば、マーレには何も残らず烏合の衆です。


    エルディア人にとっての最も大きな敵を排除し、大陸のエルディア人を開放する。


    パラディー勢も同じ目標であり、ガスが無くなる“時間”等の細かい作戦はアルミンとハンジでしょう。


    まだ色々書き足りませんがここで終わりにします。

    • 管理人アース より:

      ジークとエレンがエルディア人存続のために協力しあったのでは、という事ですね。
      ありそうですね❗
      リヴァイもこれなら協力する・・・かな?( ̄▽ ̄;)

      この辺りの回収が楽しみですね!



      管理人アース

  7. リヴァイ大好き より:

     こんにちわ。
     アース団長さんの次回考察を読んで、「もうこれでいいんじゃない? これだよ」と思いつつ外れっぱなしのわたしですが、考察してみました。
     次回は顔を腫れあがらせたジークのアップから始まり、(「一発殴らせろ」と兵長から殴られた跡)ジークの獣からの離脱の経緯がハンジさんとアルミンの会話から説明されます。ハンジさんが「撤退できない時は、わかってるよね」とジークにすごんだ後、ジャンたちの撤退している様子が描かれますが、苦戦しているようです。ガビの放った銃弾はジャンに当たりジャンは重傷を負いますが、格好よくでてきた兵長に助けられ、無事全員飛行船に乗り組みます。
     ライナーとポッコがファルコ達に合流し、まだ回復できていないピークちゃんが、「ジークは裏切ったね。あんた、何か知ってるんじゃない?」とライナーに問いかけ、マガト隊長にも不信の目を向けます。「ずいぶん都合よくあいつが現れた」
     マガト隊長は諦めた様に「お前は聡いな」と溜息ともに「エルディア人復活の時が近づいた」と言います。

     なんちゃって。兵長のカッコいいシーンが見たいのと、マガト隊長はエルディア人じゃないのかなとの予測から(ヴィリーが選んだ人なので)考えてみました。

    • 管理人アース より:

      マガトとジークの関係は気になりますね❗
      マガトはマーレのトッブになるのではと管理人アースは思っていますが。

      復活してジークの裏切りを語るピークが今から楽しみですよ!😆



      管理人アース

      • リヴァイ大好き より:

         そうですね。
         マガト隊長がいないとマーレを代表できる人間がいなくなりますもんね。でも最終的にはマガト隊長がエルディア人の一番の理解者になってくれるのではと期待しています!

  8. knight より:

    ガビとファルコのどちらかが、パラディ側からの銃撃により瀕死に陥り、同じく瀕死状態の車力を、その場で継承させるのではないかと予想します。

  9. まる より:

    こんにちは!
    考え過ぎかもしれませんがポルコはエレンに喰われるぐらいならと骨髄液を飲み込んでいたのかもとか思います。
    飛行挺の運転士を見ると第一次世界大戦時のようにマーレ等の強国によって植民地化された国をパラディ島は解放して味方にしているのかもしれませんね。
    植民地化した国の解放は大義にもなりますし…
    戦艦ミカサの名前にもあるように日露戦争当時の日本の状況と思わず重ねてしまいます。

    • 管理人アース より:

      >ポルコはエレンに喰われるぐらいならと骨髄液を
      これ、また別記事にて考察したいと思っております!


      管理人アース

  10. レイ より:

    何度目かの主張になりますが、ジークがパラディ島側に付くなら、是非ともコニー母を元に戻して欲しいところです。
    いい加減しつこいとお思いでしょうが、コニーが可哀想で仕方ないのです(泣)

    そう言えば、パラディ島側は国名を決めたのでしょうか?他の皆さんの考察にあるようにヒイズルと同盟を結んだなら、調印の為に「国名」が必要なはずです。「エルディア」も考えましたが、他国へのイメージや王政編の流れを考えると別の名前を付けた可能性が高いように思います。

    • 管理人アース より:

      コニー母巨人登場、あるかもですよね!
      もう少し先になりそうですが(・_・;)


      管理人アース

  11. より:

    展開予想興味深く読ませていただきました

    ジークの生存、パラディ側への裏切りは(読者の間では)ほぼ確定かと思いますが、問題はその真意ですね

    エレンを父親の呪縛から救うためというのは動機としては弱いですし、壁内人類や調査兵団に壊滅的な打撃を与えたジークの差し出した手を簡単に握る従順な弟とは思えませんしね

    何よりハンジやリヴァイらが、それなりの理由や展望といった、敵側に着く根拠を示さなければ受け入れられないですよね


    もっとも底知れないジークなので、敵側に寝返ったと見せかけて、実はマーレでもパラディでもない第三極になろうと考えているのかもしれないですね

    本当にアース様の言う通りに、マーレ編になってからは、展開予想が難しいですね

    最近は次号が待ち遠しくて読後からの1ヶ月が長くて辛いです(笑)

    話題変わりますが、気になっていた事を。
    アルミンの継承した超大型巨人の爆発力ですが、規模がコントロールできるのでしょうか?

    今回(103話)のそれは、シガンシナ区奪回作戦でのベルトルトのそれと比べると、かなり衝撃が大きかったと思います

    前者は、戦艦が浮かぶほどの威力で、後者は回復中のライナーが眼下いたのに配慮したのか井戸に落とされたハンジが延命できた位でした

    両者の外見等の違いも含めて、いずれ考察していただけたらありがたいです

    • 管理人アース より:

      >両者の外見等の違いも含めて、いずれ考察していただけたらありがたいです
      これ、いずれ考察する予定です!
      管理人アースもけっこう気になっています!


      管理人アース

  12. 三笠 より:

    「帰ろう、わたし達の家に」発言ですが…
    もしやシガンシナの家を建て直してまた一緒に住んでいたのでは!?
    (願望?妄想?)

  13. 二度目の投稿 より:

    こんばんは。二度目の投稿です。
    ジークのキャラって分かりにくいから読みにくいですよね。
    個人的にはリヴァイとの同席は考えにくいので、あくまでも兵団を流すまでの共闘だと思ってて、ジークはマーレ内で行方をくらまし、全快になったピークの前にひょっこり現れるのではと思ってます。ピークも感づいてる雰囲気ありますもんね。

    • 管理人アース より:

      ピークの前にひょっこりは面白いですね!
      ジークの動きは本当に予測し辛いですね💦


      管理人アース

  14. 妖怪七変化 より:

     一つ気になるのですが、104話にて兵長が一度も出ていないじゃないですか。
    それについてなんですけど、もしかしたら兵長が飛行船に乗り遅れるのではないかなという風に考えているのですが。。。どうなんでしょう

    • 管理人アース より:

      これは105話展開予想で、管理人アースもそのように予想していますよ!
      あるかもですね!



      管理人アース

  15. goa より:

    いつも興味深く拝見させていただいております。一連の回を見て思ったのは「愛する時と死する時」ですよね。小説の(映画ではなく)ラストシーンが被ります。いずれにせよ、エレンの最終目標はすべての巨人の統合による戦争の終結もしくは相手方の殲滅でしょうか。前月の話のごとく先々の人生がなければすべて抱きかかえて終わらせる(戦争・争い・殺し合い)のは意外と冷静な判断と思われます。そのためには短期決戦しかないわけですから、これらの残虐行為も覚悟の上なのでしょう。最終決定を下したパラディ政府、この場合は王政ですから女王であるヒストリアの判断がどうであったか興味深いです。

  16. ZER より:

    >お久しぶりです。
    >ジークがパラディ側に協力するならエルディア人が巨人化する原因、ユミルの契約の破棄、又は巨人の構成を送り込む座標の破壊ではないでしょうか?
    >座標は始祖の巨人だとするなら、エレンが巨人化する度に消耗するのは変ですし。

    • 管理人アース より:

      座標がどのような存在なのか、ですね。
      全ての道に通じる、となっておりこれを破壊というのが可能なのかどうか・・・
      ただ、エルディア人全滅よりも平和的な気がしますよ(*^^*)



      管理人アース

  17. ブレチェンスカ班長 より:

    アース団長、はじめて書き込みさせていただきます!

    私はとにかくジークの動向が気になります。
    思い出すのはジークが始めてエレンと邂逅した時の表情とセリフです。
    あの表情はコルトに言った「兄貴ってそうゆうもんだろ」に繋がる、ようやく会えた肉親を愛しくも優しげに見つめる表情でした。だからこそあのシーンのジークのセリフはすべて真実として彼の思惑を象徴してるのだと思います。気になるのは「俺達はあの父親の被害者」であると断言している事です。クルーガーから進撃を継承したグリシャの意図ではないところに彼の本懐があるとすればそれは何かと考えるべきです。単純にエルディアを復権する事ではない目的であると考えられますよね。マーレ編で重要な立ち位置と考えられるファルコは他の戦士候補生とは違う考えを持っていることを示唆していました。それは文中からはエルディア人を含めて戦争から解放することだと。ベルトルトも含めて度々でてくる、「終わらせたい」発言から、これが彼の目的なのかなと。戦争を終結させる事の手段に絞って考えていけば彼の思考にたどり着ける気がしています。パラディと組んでいる前提で考えると全世界を敵に回しかねない殺戮を行った理由を覆すだけの仕込みがなければ成立しません。となると巨人大国マーレを、パラディが戦斧と共に無力化する力を示しながら、あらかじめ外交によって手を組んでいた勢力と共に連携する事で世界のパワーバランスを転換させる事にあるのかなと思いました。
    そうなるとそこから先は軍事的な抑止力を含めた現代のような外交政治的な話に進展しそうなのでどうかなとは思うのですが。

    • 管理人アース より:

      ジークはエレンの為に動いているかもですね。
      ただそうなるとピークとポルコが不憫ですね(涙)😢


      管理人アース

  18. 江蓮 より:

    こんばんわ
    ライナーの件ですが、己に克つこととマーレの戦士長になることは全く趣旨が違うと思います。それではこれまでの苦悩が無駄になってしまうでしょう。彼には分断されたエルディア人の架け橋となる存在になって欲しいと願わずにはいられません。パラディ側では現在ヒストリアがどういう立ち位置になっているのかがとても気になります。エレンは兵団に彼女が利用されることをとても心配していましたから

    • 管理人アース より:

      ライナーの今後の動きはかなり気になりますね❗
      マーレとエルディアがどのような関係となっていくのか、そこにかかって来るかもです。
      ヒストリアの再登場も待ち遠しいですね!


      管理人アース

  19. とし より:

    最後の飛行船を敵から守る際に、以前に諌山先生が言ってた『誰かが死ぬ』が回収されそうに思います…。
    飛行船をマーレの攻撃から逃がす代わりに、誰かが一人残って時間稼ぎをする…、のような展開にならないか心配です(;^_^A
    それを担うのが、今回の25巻もう1つの別表紙にコニーが居なかった事がそれを匂わせるのかなと…。
    もちろん、もう104期は誰も死んでほしくないですが(´;ω;`)

    • 管理人アース より:

      コニー死亡展開は考えたくないですよね( ̄▽ ̄;)
      次回怖いですね・・・((( ;゚Д゚)))



      管理人アース

  20. 蘇芳 より:

    誰かが予想してるかも知れませんが、アズマビト家のキヨミ様はタイバー公の所へ伺った時に、タイバー公の身にこれから何が起きるかを知っている様な口ぶりに思えました。またタイバー公自身もこれからの自分の身に何が起こるか知っているかの様でした。これから何が起こるか知っているからこそ、キヨミ様は会場を離れ、タイバー公は未来の自身の死に怯え大量の汗をかいてたのではと推測します。

    この事から、アズマビト家は「時」に関する超能力を発現する人間が産まれる血筋であり、キヨミ様は「先読み(未来視)」の能力、そしてミカサは母がアズマビト家の血筋で、その血を引いたミカサがループ能力を所持してる、何てことは無いでしょうか。

    • 管理人アース より:

      あるかもですね!
      「さキヨミ」は上手いですね!
      そういう意味で名付けられたのかもですね!


      管理人アース

  21. 兵長の寝室掃除係 より:

    ライナーは何とか立ち上がりましたが、この後どうなんでしょう……。

    今回の不完全な巨人化を見ても、精神的・肉体的にももう巨人化出来ないのではないかと思えてきます。
    脳機能転移などのきわどいこともしてきましたし、13年という寿命を待たずに死んでしまいそうな……。

    その前にガビかファルコに鎧を譲るのでしょうか。
    それとも最後にエレン(かアニ)と戦って死亡するかな……。

    正直ここまでライナーが立ちはだかるとは思いませんでした。
    エレンが最後に戦う相手はジークかなと思っていましたが、ライナーになりそうですね。

    • 管理人アース より:

      管理人アースは最後の敵はジークだと思っていますよ!
      ライナーも立ちはだかるかもですが、ラスボスはジークかなと。
      しかし本当にここまでライナーが引っ張られるとは想像以上ですね!
      諫山先生はよっぽどライナーを気に入っているのだろうなと感じています(笑)


      管理人アース

  22. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    平和とは戦争と戦争の合い間にある束の間の時間だという見方が有りますね。
    つまり人間という生物は結局いつの世になろうとも争い殺し合い続ける宿命の生物。
    そして、その平和とは、「力の均衡」によって成り立っています。
    パワーバランスが崩れた時に戦争は起こります。
    今、マーレはパラディ側の急襲により壊滅的なダメージを受けました。
    戦鎚は奪われ(殺され)ジーク(獣)も行方知れず、車力、顎、鎧もやられ大きなダメージを受けました。また海軍力も壊滅的なダメージを受けました。
    そして急襲したパラディ勢力が離脱してしまったら、弱体化したマーレがそこに残る訳で、そのチャンスを今までマーレに虐げられてきた国々が見過ごすはずが有りません。

    日本がアメリカに敗戦した直後に、日露平和条約を一方的に破棄して、ロシア(ソ連)は南下し北方領土を日本から奪い、今も領土を占領し続けています。

    それと同じような事が、もしリアルの世界なら起こる筈です。
    スラバ要塞を奪われた国も、この機を逃さずマーレに侵攻してくるでしょう。
    もしかしたら、それをさせない為に、アズマビトの国が中立国連軍的な立ち位置で介入してくるかもですが。

    そしてパラディ側の巨人や恐ろしさを実際に目の前にした世界の国々が、パラディ討伐に連合軍で攻めてくるとは思えません。
    やっかい者の危険な北朝鮮を見てれば解りますが、中国も、ロシアも、そのやっかい者の北朝鮮をうまく利用しようとしているのが現実です。
    世界の国々も、パラディと事を構えるより、うまく手を組み利用しようと画策するのではと思います。

    ここに書いたのは、あくまでリアルの世界ベースで物の見方ですので、進撃の巨人の世界、マンガの世界にあてはめようとする事に無理があるかもしれません。


    それにしてもジークは何考えているのかさっぱり解りませんね。
    正直言って、ジークは個人的に異常性があると思いますし信用出来ないです。
    なんせ、両親がどんな目に合うか解ってて、親を平気で売る人間性ですから。
    なんとなく、ここの読者もジークを信用し期待し始めてますが、それこそが危険な気がします。

    • 管理人アース より:

      今後のマーレの行く末の考察、ありがとうございます!
      中東連合が攻めてくるかもですね!
      ただ、同時にパラディ側も世界を敵に回し、攻められるかもです。

      >ジークを信用し期待し始めてますが、それこそが危険な気がします。
      管理人アースはずっと唱えていますが、ジークがラスボスだろうという見方は変わっていません。
      ただ、一時的にジークがパラディ側に付くだろうとは思いますが、これもエレンの為か、座標奪取のためか…
      ジークがどう動くのかは分かりませんが、やはり最後はエレンとジークがぶつかり終わるかなと思っています!


      管理人アース

  23. モブリッティ より:

    アースさんの「ラスボスはジーク」というコメントに同意です!
    自らの告発で両親を死地へ追いやったジークの闇の深さは相当なものではないかと・・・。
    私の勝手な予想ですが、ジークは自ら捕虜になってパラディ島へ行くことにして、手足ナシのだるまさん状態で飛行船に乗っていそうな気がします。
    また、エレンもジークを利用するプランがあって接触を図っていたのでは、という妄想までしてます。
    カルラやヒストリアとの接触で始祖の巨人の力を発揮できるのならジークとも同じことができる筈であり、お互いを「始祖の巨人の力」を行使するために必要な存在と認識したなら、協力するのか、戦って食うか食われるか、どちらを選ぶかの駆け引きがこれから始まるんじゃないかと予想してます。
    あと、直近のイベント予想は、
    1.ガビはサシャかエレンを仕留め損ねる
    2.国際的にアンチ巨人ブームが起きて、鎧→ガビ、顎→ファルコ、車力→瀕死のウドに継承された3巨人がパラディ島へ送り込まれ、「始祖の巨人を仕留めるまでマーレに帰ってくるな!」という事実上片道切符の扱いを受ける(コルトも同行)
    3.マガトは巨人ナシの戦術で軍を再編成してエルディア人根絶を目指す
    (パラディ島を攻略する際にマーレ軍に巨人がいたら、他国が共闘してくれないから)
    なんてことを思ったのですが、1以外は当たってもあまり嬉しくない予想だなぁ・・・と自分で思ってしまいました。

    • 管理人アース より:

      >3.マガトは巨人ナシの戦術で軍を再編成してエルディア人根絶を目指す
      今後はマガトがキーになりそうですよね!
      ジークの登場がどのような感じか・・・
      むっちゃ気になりますね!


      管理人アース

  24. やなぎ より:

    気になっているのが、ミカサはエレンの行動に否定的なのに、他の調査兵団は忠実に任務を遂行しているところ。
    ミカサは「エレン、お願い、帰ってきて」と言っている。
    エレンは始祖の力を使ってアッカーマン以外を誘導している?

    • 管理人アース より:

      >エレンは始祖の力を使ってアッカーマン以外を誘導
      う~ん、となるとヒストリアも協力していることになりそうですね。
      さすがにそこまではやっていないと信じたいですが。
      エレンの「みんな来てくれたんだな」もそれを否定しているのではとも感じますよ。


      管理人アース

  25. リヴァイ大好き より:

     こんにちわ。
     コミックス派なので、アース団長さんの考察とネタバレを頼りに次回予測していましたが、25巻を読了して思ったことは、もう104期には、大人は必要ないのかな。ということ。ジャンの甘ちゃんぶりや、サシャがガビを殺さなかった事を含めてももう立派な軍人ぶりです。
     となると、こわいのは、兵長やハンジさんの役割も終わりに近づいたのかということ。
     兵長の冷静そうに見えて甘ちゃんなところはジャンが引き継げるし(逆もありかもジャン今危ない状況だし)ハンジさんの頭脳はアルミンが引き継げる。
     兵長は人気が高いので、役割り(英雄)があるうちに華々しく散る。或いは諌山先生の事だから、嫌だけど打ち捨てる。こともあるのかもしれない。ハンジさんは皆を統率する団長としての役割が残っているかもだけど。
     …最終的に役割が残るのは、エレンとミカサ、ヒストリアだとしても人気のある人物は残しておいて欲しいのが読者の願いですけど。
     もし兵長に最期があるならミケさんのような最期だけは勘弁です。そんなことしたら、もう読まないから。

  26. リヴァイ大好き より:

     追加ですが、最終回までコニーは生き残ると思います。わたし的予想では最終話に残る104期は、ミカサとコニーとヒストリアだけです。平和な世の中になる展開予想からですが…。
     でも、諌山先生が、役割りが終えたら退場とおっしゃっていましたが、ジャンに言わせた「この戦いの先には何があるか知るために生き延びねえと」を伏線として、戦いのために退場する必然性を持った(例えば9つの巨人コンプのための必要性とか)キャラ以外は生き残る。という選択を諌山先生がしてくださっているのなら、兵長、ハンジさんを含めて、ジャン、サシャ、フロックは生き残る可能性もあるのかな、と。
     妄想ですが。だったらいいな。

    • 管理人アース より:

      最終話に残るのはずっとアルミンかなと考えていました。
      ただ、超大型巨人を継承してからは厳しいかなと思っていますが(泣)
      ミカサは生き残って幸せになって欲しいな(*^^*)



      管理人アース

  27. イラクマ より:

    今回の予想は自分もアースさんにかなり近いです。ただ、飛行船に乗るジークをファルコが見つけ、兵団の誰かがガビの銃弾で傷つき飛行船に乗れず、かたやファルコはジークを追い飛行船に乗ってしまうW捕虜の展開を予想。

    • 管理人アース より:

      ファルコだけ飛行船に乗る展開は、面白いですね!
      パラディ側を理解してくれるかもですね!



      管理人アース

  28. アリヴァイ より:

    ジークが飛行船に乗っているとすると、巨人化されたら終わりなのでかなり信用していないとありえないと思うのですが、すでに信用を得ているのですかね?

    • 管理人アース より:

      そうですね!
      お互いにの利害が一致しているとか、手紙でやり取りして「とりあえず信用されている」のかなと。
      もしくは四肢断裂されているかもです!

      管理人アース

  29. 恥垢種 より:

    アース団長殿、お疲れ様です。
    ジークのパラディ渡航説ですか?まあ、渡航するならパスポートくらいは持ってくんでしょうけど。
    私はこの説には懐疑的です。まず、渡航目的がわからない。王家のものならヒストリアがいる。協力してマーレに再度の攻撃でしょうか?それとも「地ならし」発動の為にワザワザの渡航でしょうか?行っても調査兵団を壊滅させており、かなり風当りは厳しいし、暗殺を目論む者もいるでしょう。
    彼は、やはり大陸のエルディア人なんです。パラディの者より、大陸のエルディア人を最優先するでしょう。マーレの実質の支配者が消えた今が大陸のエルディア人地位向上のチャンスと考えます。そんな時にパラディ観光してる場合でも無いと思います。マガトは巨人の力の排除を目論んでおり、つまり、エルディア人不要の思想を持っている。ということは、収容所の人間は全てガス室送りなど、どっかで見た光景をやってもおかしくないと見てます。(表面上はエルディア人に対し友好的に振舞っていますが)
    ジークはその辺を見透かしており、「戦槌」が消えた機会に、巨人の力を使い、収容区を自治区へ変えるか、独立の動きを始めると見ています。
    また、マーレ周辺国もマーレに協力して、対パラディ包囲網を敷くとも考えにくいです。ヴィリーの今回の宣言は協力関係を結ぶというより、対巨人および地ならしの恐怖を植え付けるのに十分であったと考えます。そんなパラディに戦いを挑むより、弱体化したマーレに攻め込む方が戦略的にも有効でしょう。
    恐らく、このあと、マーレは植民地の反乱や独立、周辺国の侵攻で、瓦解の道を辿るような気がします。それに対し、自治権を条件に、巨人の力を使った協力をするような構図をジークは描いている気がします。それが、うまくいってもエルディア人の未来が明るいとも思えないですけどね。
    結局、巨人の力、特に「地ならし」は核みたいなもんなので、この力を持った国と同盟を結び抑止力として活用するか、対抗し排除するしか無いと見ています。後者はお互いに破滅的未来が待っているので、できれば、前者で収めてもらいたいですね。
    長い妄想失礼しました。

    • 管理人アース より:

      ジークがパラディ側とどのような関係になるのかが、気になりますよ!


      管理人アース

  30. 進撃のKALS より:

    いつも楽しく拝見しております。
    初めて投稿します。

    そうですか、やはりジークがパラディ島側に味方していると予想されますか。

    心情的には、特に第81話(シガンシナ区決戦の投石シーン)とその前後を読み返しますと、調査兵団にとって最も憎むべきは「獣の巨人」、そして獣の巨人自身も、ゴミくずのように調査兵団を殺しまくっており、読者としても心穏やかにはなりません。

    絶対に組みたくない相手、むしろ真っ先に復讐したいと思う相手こそ「獣の巨人」と思うのですが、それを上回るだけの「利害の一致」、「動機」、「経緯」などが、今後、明らかにされるのでしょう。

    うーん、でも納得しがたいな~

    • 管理人アース より:

      管理人アースもその辺りは気になっています。
      ただ、エレンが民間人をも巻き込んでの襲撃を行なっているのを見ると、経緯とか復讐とかを超えるような動機があるのかなと。
      どのような4年間だったのか、ずっと気になっています!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ