【進撃の巨人】ネタバレ102話考察!戦鎚の巨人の能力を検証!ウーリ巨人との関係は?

102話ではエレンゲリオンと戦鎚の巨人との戦いが目を引きましたが、その中でも気になったのは戦鎚の巨人の能力です。

様々な武器を硬質化能力で生み出す能力は凄まじかったですが、巨人化能力者がうなじにいないという展開にはかなり特別な印象を受けました。

これはかなり特殊な巨人ですよね!

この能力は、戦鎚の巨人独自のものなのでしょか?

それとも違う理由から生まれた能力なのでしょうか?

考察してみると、ウーリ巨人との関係が!

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆戦鎚の巨人の能力とは?

2018-02-08_041129
「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


102話では、エレンゲリオンと戦いを繰り広げている戦鎚の巨人の能力がかなり明らかとなりました。

その能力は「硬質化能力で何でも作ってしまう」というとんでもないものとなっていました!

つまりは、前回101話でエレンゲリオンを串刺しにした突起状の槍も
2018-01-09_040906
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


エレンゲリオンの脚をとらえた突起物も全て戦鎚の巨人の硬質化能力の産物だったということでしょう!

凄まじい能力ですよね!

102話では101話でエレンゲリオンの頭を潰した長い鎚以外にも刀状の武器やボウガンまでも作り出しており、もう何でも具現化できるのだろうと思わせられる能力となっていました。

まさに「戦」という文字が冠となった巨人に相応しい能力ですよね!

ここで感じたのは、「もしかしたらこの戦鎚の巨人じたいが硬質化能力の産物なのか?」という疑問です。

この本体と思われた巨人じたいも能力者が生み出した「硬質化物質なのか?」とも疑えたのです。

これは現在ではまだ答えは出せないですが、見直すと「本体の巨人が生まれ、そこから硬質化物質を作り出している」ようにも見えるので、巨人自体は硬質化物質ではなく、やはりそこは「通常の知性巨人」なのかなと思い直しています。

最後のエレンゲリオンを拘束する場面も、巨人本体から硬質化物質が発生しており、この辺りも「本体の巨人から硬質化物質が生み出されている」ように見えます。
2018-02-14_070701
「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


やはりここはこれまでの他の巨人と同じのようですね!

ただ、最もあり得ないと感じられた能力は「うなじに能力者がいない」という能力でした。
2018-02-08_040925
「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


この遠隔操作の能力はスゴイですよね!

本体の巨人から離れ、遠隔操作で巨人を戦わせるというのはこれまで登場した巨人には無い戦い方でした。

うなじが弱点という「巨人の常識」を覆すものでしたよね!

これはやはり巨人同士の戦いを前提に踏まえた能力に感じられ、「戦」が冠となった巨人ならではの能力でしょう。

つまり、戦鎚の巨人の能力は「硬質化物質で何でも生み出せる」「うなじから離脱し巨人を遠隔操作できる」という事でしょうか?

「硬質化物質で何でも生み出せる」というのはエレンが解説した通りであり、これは戦鎚の巨人の能力だと思われますが、「うなじから離脱して巨人を遠隔操作できる」という能力はどうでしょうか?

管理人アースが連想したのはフリッツ家であるレイス家の、始祖の巨人を継承していたウーリ巨人です。

さらに考察してみましょう!
Sponsored Link

◆ウーリ巨人から戦鎚の巨人の能力を検証!血統者の能力は特別なのか?

2015-11-01_051006
「進撃の巨人」第69話「友人」より


第69話「友人」では冒頭にて、始祖の巨人を継承しているウーリの巨人が登場しています。

この時はおそらくケニーを捕らえる事が目的であり、巨人として動いているのは手だけで本体は寝転がったままでした。

これまでは目的に対して「手だけを巨人化」と判断してそのようにしたのだと判断していましたが、102話での戦鎚の巨人の「遠隔操作」を見返すと「うなじにはいない」という部分で共通点が感じられます。
2018-02-16_055921
「進撃の巨人」第69話「友人」より


ここでウーリ巨人もうなじにいない状態で巨人を操っている事から、遠隔操作という能力は戦鎚のオリジナルの能力ではなく「練度」によって他の巨人にも会得可能な能力かもと感じたのです。

ただ、これまで他の巨人がこの能力を見せたことはなく、さらにこのウーリ巨人とタイバー家の戦鎚の巨人には「代々血統者が継承してきた」という共通点があります。

そして同じ血統の者が巨人を継承することには「記憶の継承に強い影響がある」と分かっています。
2017-07-06_040323
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


もしかすると血統者が継承することにより影響するのは記憶だけではなく、巨人の力の練度にもあるのかもしれませんね!

この辺りはもう少し巨人化能力と血統についての関係が明らかにならないと分かりませんが!

今回の考察からは、戦鎚の遠隔操作の能力が血統に関係があるのかもと分かりました!

作中での巨人科学研究学会の登場が待ち遠しいです!\(^o^)/

102話考察!アニは捕食されているのか?
102話考察!ジークとエレンは繋がっているのか検証!
102考察!ウドが死亡退場なのか考察!
102話考察!コニーの明かり(ライト)を考察!


Sponsored Link

30 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ102話考察!戦鎚の巨人の能力を検証!ウーリ巨人との関係は?”

  1. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    ウーリ巨人がケニーを掴んだままうなじから出て話をしているシーンですが、これと同じ事を48話でユミル巨人がヒストリアにしています。
    自分も初めて見た時は遠隔操作が出来るのかとびっくりしましたが、ただ相手を掴んでいるだけで他の攻撃はしていないように見えます。

    ユミル巨人がアンカーを外したり無垢の巨人を攻撃したのは、再びうなじの中に入った直後なんですよね。
    そう考えると戦鎚の巨人の遠隔操作能力とはちょっと違うのかなぁと思います。

    ・・・でも、戦鎚の巨人自体が硬質化能力の産物なのではと言う考察は大変興味深いです。
    うなじにいなくても巨人を操れる能力は、他の巨人と一線を画す存在だと思います。

    巨人の能力は巨人能力者の練度によるものだと思っていましたが、戦鎚の巨人は限りなく始祖の巨人に近い存在なのかもしれませんね。
    こんな敵を相手にして、エレンに勝機はあるのかなぁ。

    • 管理人アース より:

      ユミル巨人がうなじから出て会話するのと、ウーリはまた違うように感じるんですよ。巨人を丸ごと体の一部から発生させているような・・・
      戦鎚も完全に一体の巨人を発生させていますし・・・
      特別な感じがします。
      戦鎚は特別かもですね!



      管理人アース

  2. 二度目の投稿 より:

    こんばんは。団長。
    二度目の投稿です。
    硬質化能力で何でも作ってしまうとありますが、ボンガンはしなりが必要ですよね。弦も必要だし。
    とすると、硬質化というか何でも作れる能力なんでしょうね。
    まだまだ、驚きの能力が隠されてる気がします。

    • 管理人アース より:

      ですね!
      硬質化というよりも具現化能力って感じですよね!



      管理人アース

  3. マチルダ より:

    初投稿です。

    素人考えで恐縮なんですが、旧リヴァイ班時代にエレンが腕だけ巨人化しスプーンを持っていた…って事がありましたよね?
    あれはまた別問題ですか?

    • 管理人アース より:

      エレンがミカサとアルミンを榴弾から守った場面もありましたね。
      確かにあれと近い感じですが、うなじにいなくて丸ごと巨人を発生させてその巨人を動かすというのは、また一線を画しているかなと。


      管理人アース

  4. 兵長の寝室係 より:

    以前ライナーがやった脳機能の移動についてはどうなのでしょうね?
    ベルトルトとの会話からするに、ベルトルトも出来そうな感じはありましたが、他の巨人は出来るのでしょうか?
    脳機能の移動も、ある意味遠隔操作に通じるものがあるなと思いました。

    ライナーは代々が巨人血統ではないですし、だとすれば脳機能の移動は練度依存でしょうか。
    今のエレンなら出来そうですよね。

    巨人にはまだ知らない能力がありそうです…。

  5. ないとますか より:

    礼拝堂地下も戦鎚の巨人が作ったと考察が以前ありましたが、これは戦鎚が海を渡ってパラディ島まで行ったということでしょうか。壁の中にいる巨人は無知性だから、始祖が無知性を操作し、三重に並ばせ、戦鎚が硬質化させたということは考えられませんか。

    • 管理人アース より:

      一考察として始祖が壁を作るときに戦鎚が協力したかもと考えました。
      もちろん、始祖の座標で無垢の超大型巨人を操り壁を作ったのではと考えています。
      ただ、無垢の超大型巨人を硬質化させる時に戦鎚の能力が絡んでいるかもとも思いました。


      管理人アース

  6. mady より:

    アース団長おはようございます。
    やはり戦鎚の能力は独特ですよね。硬質化もライナーの鎧とは具現化の部分が異なるし、本体を水晶体で取り込むなど、他の巨人には見られませんでした。女型の一体を除いて。

    所で、アニの能力はどうでしょう。父親仕込みの格闘術から女型は戦闘能力の高さが特徴的でしたが、あれは訓練によって身に付けたもの。他の巨人には見られない本体を包む硬質化や無垢の巨人を操る叫びは女型の能力なのか、それともアニ由来によるものなのでしょうか?

    少なくとも操る能力は、ジークでは王家の血筋によるという事が示唆されており、早々に退場したアニが、再登場する気配があるのも、彼女が核心に噛んでいるのではないかと思わされます。

    レイス家とタイバー家、フリッツ家(ダイナ)以外に第三勢力がいるのなら(フクロウが属していた組織。恐らく調査兵団の潜入も手引き)、アニ父のありもしない理想とは、どう関わって来るんでしょうか?ガビが思っているような始祖奪還によるエルディア人の解放とは気配が異なるような気がします。

  7. 考察初心者🔰 より:

    管理人様♪更新ありがとうございます😊

    皆さんの考察を読んでいるとウ〜〜ン😮🙃😮🙃
    と唸ってしまいました😅

    自分は傀儡みたいに巨人を遠隔操作するのは戦鎚のオンリーワンの能力と考えていたので…

    目からウロコですね😆

    記憶継承の観点から同じ血統で継承してきたダイバー&レイス家は巨人の能力を全て引き出すノウハウは持っているかな❓とは思うんですが…

    グリシャにあっさりやられたフリーダが引っ掛かりますね❗️

    ワザと負けた的な考察をされた方が以前いましたが…
    もしかしたらソウかも❓
    ですね😅

    考えてみればあの件は記憶継承していないロッドの語りですから😅

    隠された真実があるかも❓
    ですね😆

    巨人化する前にグリシャが何か一言かまして❗️

    その言葉に動揺したフリーダが本来の力を発揮するのを躊躇する隙にやられちゃった😱とか❓

    いや〜😅
    妄想が妄想を呼んで収集がつかなくなりそうです😅

  8. 戦鎚の この能力は、ズバリ言って
    巨人化学研究学会(=巨人学会)の
    研究成果だと思います。

    巨人学会は、相当の科学力を有した
    組織と思われます。
    その組織が、世界の工業力の進歩に
    無頓着なはずがありません。
    巨人を 圧倒する武器が造り出される
    事は、充分に予想しているはずです。
    それに対抗するため、巨人学会では
    「常に新型の巨人を研究開発している」
    と思うのです。

    現にその一つが、アッカーマンであり
    巨人の力を人型サイズに収めた特殊
    兵器と思えます。
    また、戦鎚の遠隔操作能力などは、
    明らかに うなじの弱点を超克したもの
    と思います。
    このように、巨人学会によって 巨人は
    進化していると思います。
    きっと 巨人学会は、戦鎚の戦いの様を
    “隙間”から観ているでしょう。

    問題は今後、巨人学会を敵とするか、
    味方に付けるか、そこが ドラマの方向性と
    なってくると思うのですが、どうでしょうか?

    • aaa より:

      返信失礼します。
      巨人学会は帝国時代から継承されてきている組織かもしれませんね。
      エルディアの組織だとしても、アメリカが大戦後にドイツの科学者を連れ帰ったように、マーレがエルディア人を雇っている可能性は十分にあります。

    • 管理人アース より:

      巨人学会がどのように登場するのか?しだいかなと思っています。
      リアルに登場するのか、それともこれまで通り「マーレは巨人研究が進んでいる」という表現の為だけの登場で終わる可能性もあるかなと。
      リアルに登場したら敵対の可能性もあるかもですね!


      管理人アース

  9. aaa より:

    やっぱり血統と練度でしょうね…
    しかし口を覆っているものにはどういった意味があるんでしょうか。防具としては見るからに貧弱ですし、他の巨人を捕食しないという意思表示なのか、捕食の時は外すのか。

    • 管理人アース より:

      >捕食しないという意思表示なのか、捕食の時は外すのか。
      これ、気になりますよね!
      管理人アースは「捕食をしないという意思表示」に一票です。


      管理人アース

  10. きじねこ より:

    考察記事の内容とは少しずれてしまうのですが、フリッツ(レイス)とタイバーは血のつながりがあると私は思っています。9つに巨人を分けた際に、そのうちの3つを三姉妹が継承しています。長女がフリッツ家に次女か三女がタイバーじゃないかなと思ってます。もう一人がどの種類の巨人を継いだのか、末裔は誰なのかは断定はしにくいですが、脊髄液の瓶のあった鎧のブラウン家が怪しいかなと踏んでいます。

    • 管理人アース より:

      「ヨロイ・ブラウン」が回収されるのか、ものすごく気になっていますが、巨人継承家だった可能性はありますよね!


      管理人アース

  11. 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

    どうも、動物好きの巨人でございます。

    遠隔操作、あれにもびっくりですよね。戦鎚の顔がマスクに口ごと覆われているのは、「人がうなじにいなくちゃ巨人化能力者を食っても意味がない」という暗示にも思えます。

    もしかしたら、他の巨人にもまだなにかあるかもしれませんね。例えば、鎧の硬質が変化して羽根になるとか………なんでそんなこと考えたかと言うと、鳥の羽根は爬虫類でいうところのウロコが変化したもの、さらにアニメ2期でミカサが鎧の巨人に刃を叩きつけていたときに見えた鎧はウロコ状だったからです。

    うーん、「秘密の力」そんなものがあるなら、ワクワクしてきますね。それではまた。

    • 管理人アース より:

      「秘密の力」、気になりますね!
      戦鎚には本当に驚かされました!
      この辺りが明かされるのが楽しみです!


      管理人アース

  12. 巴里の恋人 より:

    69話を改めて読み直しました。

    なるほど・・・確かにエレンがミカサやアルミンを榴弾から守った時の様に、意図的に上半身のみを巨人化させているように見えますね。
    そして明らかにウーリの意思で、ケニーを掴んだ手を緩めています。

    ここからは妄想の世界になってしまいますが、始祖の巨人と戦鎚の巨人は能力を二分しているのかもしれません。
    即ちロッドの言う全知全能の神ではなく、始祖が全知で戦鎚が全能なのかも。

    話は変わりますが、ここでウーリが言った「滅ぼしあう他無かった我々を友人にしたものは一体何だ?」と言う問いかけの答えが、145代王を壁に籠らせた理由なんでしょうね。
    ケニーの言葉を借りれば、ウーリはいったい何の奴隷だったのかが気になります。

    さらにお話が脱線しますが、巨人大戦の終結が100年前と言う事は、エレンの余命4年を足すと13の倍数である104年になるんですよね。
    団長殿は進撃の巨人の物語が、ジークの余命である残り1年で完結すると考えていますか?

    • 管理人アース より:

      >巨人大戦の終結が100年前
      これ、キッチリ100年前なのかは疑問かなと思っています。
      第2話では「107年前」となっており、現在からは111年前ということになります。
      もちろん、「食い尽くされてから」巨人大戦終結まで11年かかったのかもしれませんが、きっかし巨人大戦終結から100年なのかはもう少し見たいと思っています。

      >進撃の巨人の物語が、ジークの余命である残り1年で完結すると
      管理人アースはエレンの寿命残り4年で物語が終わるかなと考えています。
      進撃の巨人年表【考察ネタバレ用】でも考察していまが、「145年×13年+8年=2000年」でエレンの寿命が2000年の回収になるのかなと。
      これはちょっとつじつまが合わない考察なのかもですが、エレンの寿命が二千年後の君を回収し物語が終わるのかなと考えています。


      管理人アース

  13. ミケニャンコ より:

    こんにちわ。団長や皆さんの考察、とても参考になります。

    本体から離れた巨人や硬質化物質自体が武器ということは、北欧神話トールの武器ミョルニルを意味してるってことでしょうか?
    タイバー家の巨人がなぜ戦鎚の巨人と呼ばれるのか私のなかで不明だったのが、団長の「うなじから離脱し巨人を遠隔操作できる」という文を読んで納得できました^^

  14. Persian より:

    更新お疲れ様です。
    興味深く拝読させて頂いております。
    「戦鎚」の能力は特殊過ぎますよね。
    水晶体からケーブルを発生させ遠隔操作……漫画とは言え進撃の世界では「無理があるし、違反ではないのか!」と思ってしまうぐらいです(笑)
    アニも含めてなのですが、水晶体は何から出来ているのか?も気になります。

    「戦鎚」の「水晶体から出たケーブル」が作る巨人には、3パターンあるように感じました。

    ①「水晶体から出たケーブル」のみで作る巨人。今回団長が↑で仰られた「最後にエレンゲリオンを拘束した場面」の巨人です。「ケーブル」が「戦鎚」のうなじ部分と繋がっています。
    この巨人はエレンゲリオンが「シガンシナ区」で門を塞いだ時の「硬質化の抜け殻」のような「無機質の巨人」に見えます。

    ②「水晶体から出たケーブル」により、エルディア人から作られた「無垢の巨人」
    101話の最初に現れエレンゲリオンに殴られた「おじさんの顔をした巨人」

    ③「無垢の巨人」から作られた「マスクのハンマー巨人」
    ケーブルが巨人の足と繋がっている状態で「体を自由に動かせる巨人」

    「戦鎚」の能力はどのようなものか?先を進めて観て行かないと分かりませんが、本当に謎だらけです。

    • 管理人アース より:

      戦鎚の能力は、103話以降に分かる何かしらの描写があるかもですね!


      管理人アース

  15. ひすとりあ親衛隊 より:

    persianさんの②と③に1票
    今エレンゲリオンと戦っているのは遠隔操作された長身な近衛兵なのでしょう
    ダイバー家に家族や使用人が多数いるのは次々に遠隔操作するためだと思います
    なので姿体型なども時々で変化する鉄槌はマーレ側も実体をつかめなかったんでしょうね
    そしてクライマックスには鉄槌の巨人本来の姿で御披露目の日が来るでしょう。

    ガビやファルコ、マーレ側エルディア人が鉄槌のタケノコで次々に遠隔操作されれば
    バラディ側大ピンチで
    間違いなしです。

    フロッグの行動は正しかった事になるかな?

    ジークは鉄槌の遠隔操作を驚異と感じていたので
    手出しが出来なかったんだと思います。

    • 管理人アース より:

      この辺りも直に明らかになるでしょう!
      戦鎚が今後どのようなポジションの巨人なのかが要注目ですね!



      管理人アース

  16. バッツ より:

    アースさんこんにちは。
    私も少し自分が感じたことを書かせていただきます。

    かなり長文になると思います。
    失礼いたします。

    戦槌の巨人を見て、「パリ」と電気が走る様にして巨人化が起きていることや、筋肉組織や血なども見られることから、その巨人自体は、硬質化で作られたのではないと感じていました。

    普通の知性巨人の人間は、傷を作り、目的意識を持ったら、そこから自動的に巨人の体が道を通って出てくると思います。

    それに対して、戦槌の巨人は、一度硬質化の結晶体から出ている紐をエレンに引きちぎられた後も、その結晶体からまた紐を出して巨人を作っています。

    傷をつけずに結晶体から巨人を出現させているような感じもあり、「硬質化を自由に操れる」だけでなく、「道を操る力」というか「道から巨人を作り出す力もある程度コントロールで来ている」ような感じがしました。

    私はこうした戦槌の巨人の力を見て、こうした力は、実は他の知性巨人にもあったが、一族の継承がなされないために、その使い方が忘れられ、本来の100%のコントロール能力を出せなくなったのだろうかと思っていました。

    あるいは、ウォールマリア、ローゼ、シーナの娘3人の子孫だけが、本来の力を出すことができ、その3人の子孫のどれかに当たるがタイバー家であるため、他の知性巨人とは異なる傑出した力があるのかもしれないと思いました。

    あと、今回の記事とは関係ないですが、もう二つアースさんにもお聞きしたいことがあります。

    「大地の悪魔」という言葉は、大地の悪魔の存在が最初から分かっていたため出てきたワードなのか、それとも、大地から何でも硬質化し、恐ろしい惨劇を起こしたため、「大地の悪魔と契約した」と言われ始めたのか、どちらだと思いますか。

    あと、戦槌の巨人は、結晶体に包まれて、そこから紐を出して地上に硬質化したら、巨人は不死となり、最強となるわけですが、どの程度遠隔操作ができると思いますか?

    何となく、ヴィリーの先代はいい加減なやり方だったみたいですが、そのもっと前の代の方々は、パラディ島まで遠隔で伸ばし、パラディ島の地上に巨人を出現させ、探索を行ったり、レイス王とコンタクトを取り、近況報告などをし合っていたのではないかと思っていまします。

    レイス王の家に巨人化の液体が沢山あったのも、戦槌が届けていたと考えたら面白いなと思いました。

    長文すみませんでした。
    もうすぐ103話が出ますね。
    楽しみです。
    いつも更新ありがとうございます。

    • 管理人アース より:

      血統によりずっと継承されていたので、他の巨人とは違う傑出した能力を戦鎚が持っているという可能性はありそうですね!
      この辺りもいずれ明らかになったら嬉しいですね!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ