【進撃の巨人】ネタバレ101話考察!新立体機動装置を検証!誕生エピソードを妄想!

101話の最大の見どころと言えば、久々となるミカサの登場場面でしょう!

ミカサファンの管理人アースとしては、もうたまらない見せ場となっていました!

そのミカサの髪が短くなっていた事も驚きましたが、身に着けていた新立体機動装置にはさらに驚きましたよ!

むっちゃカッコ良かったですよね!\(^o^)/

その誕生には、どのようなエピソードが隠されているのでしょうか?

ここではこの大注目となった「新立体機動装置」について検証してみましょう!

Sponsored Link

◆101話登場!新立体機動装置を検証!

2018-01-17_055020
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


戦鎚の巨人に最期の言葉を促され、絶体絶命となったエレンの「今だ ミカサ」という言葉に反応したかのように、戦鎚の巨人の真後ろからミカサが立体機動にて登場します。

この時にまず目を引くのが「雷槍の数」ですよね!

これまでに登場していた雷槍は、一本しか装着していませんでした。
2015-11-07_024002
「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より


そのため、硬質化にて常時守られていた鎧のうなじは、複数人で同時攻撃しなければ砕けませんでした。
2015-12-08_025337
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


その点を改良し、今回のミカサは一人で8本の雷槍を装着していました!

これは「戦鎚の巨人」がどのような形態の巨人であるのかが謎であったために、鎧の巨人での戦いを踏まえ雷槍を改良してきたのだと思われます。

そのため、ミカサの単独攻撃で8本の雷槍を一気に叩き込めていますよね!
2018-01-17_055040
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


凄まじい破壊力です!
2018-01-17_055101
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より


ただこの時に気になったのは、アンカーの存在です。

これまでの立体機動装置は、まず進行方向にアンカーを刺し
2016-05-07_034409
「進撃の巨人」第81話「約束」より


ワイヤーが巻き戻る力により、アンカーが刺さっている方向に移動できるという装置でした。
2016-05-07_034439-horz
「進撃の巨人」第81話「約束」より


しかし、今回のミカサの登場場面、及びその後もアンカーが見受けられません。

これは、今後も要チェックポイントですよね!

そして、装備も雷槍以外に最も特徴的だったのは、銃の装備ですよね!
2018-01-12_071207
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


これは当初は中央憲兵が使用していた対人立体機動装置のように、アンカーと銃が複合的に備わっているトリガーなのかとも思っていました。
2018-01-17_060319
「進撃の巨人」第58話「銃声」より


対人立体機動装置は、上の銃口は銃の役割を持っており、下の銃口はアンカーの射出機となっていました。
2018-01-17_060405
「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より


しかし、今回登場した新立体機動装置は、「パンパン」との効果音からも単純に拳銃を持っているだけのようにも見えます。
2018-01-09_041000
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


ただ、この時の銃口の下にも射出機らしきものも見えますので、もしかしたらアンカーが打てるようになっているのかもしれません。

この辺りは現在では確定できませんね。

ただ、中央憲兵の対人立体機動装置をベースにして立体機動装置を改良しているのは間違いないでしょう!

あとはハーネスがむっちゃ激しいですよね!

これから描いていく際は、大変な作業だろうなと感じました(・_・;)

自由の翼が描かれた胸当ても増えていましたね!

これはマーレ軍に対する銃対策かなと感じました。

そして今回大きな改良点だなと感じたのは、ガスボンベですよね!
2018-01-09_040935
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


これまで腰に付けられていたガスボンベですが、ボンベは背に移動していました。

これはも完全に対人立体機動装置から取り入れていますよね!
2018-01-17_072723
「進撃の巨人」第58話「銃声」より


そして最後に要チェックだなと感じたのはミカサのブレードケースは大腿部に移動していましたが、
2018-01-17_055020
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


こちらのアゴ髭マーレ兵らしき人物は、ブレードケースを付けていなかったことです。
2019-01-13_210737
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


これはそれぞれ個人個人で装備を変えているということでしょうか?

次回102話では「雷槍装備だけの人」「ブレード装備の人」「銃だけを装備している人」など、個人個人で装備を変えた調査兵団が登場するかもしれませんね!

これは次回102話では要チェックですよね!\(^o^)/
Sponsored Link

◆新立体機動装置誕生エピソードを妄想!

2015-10-18_050445
「進撃の巨人」第58話「銃声」より


ここまで考察した通り、この新型立体機動装置には中央憲兵の対人立体機動装置から取り入れた部分が非常に大きく感じられました。

これはマーレ軍に相対する対策だと考えられますし、マーレ軍の銃対策とも考えられるでしょう。

胸当ては、そこから生まれたと感じられますよね。

このマーレ軍対策である新立体機動装置には、やはり「現在のマーレの情報」「その対策の為のアイデア」が不可欠でしょうし、そこを踏まえて誕生したのは間違いないでしょう!

戦鎚対策である8本の雷槍は鎧の巨人対戦から生まれたのでしょうが、新立体機動装置は間違いなくマーレ軍対策から生まれたのだと感じます。

このマーレ軍の情報はどこから来たのでしょうか?

エレンが思い出したグリシャの記憶だと30年以上前の記憶でしょうし、これはやはり超大型巨人を継承したアルミンの記憶かアニの記憶でしょうか?

それとも拿捕したマーレの調査船に乗っていた乗組員からの情報でしょうか?

この辺りは確定できませんが、改良のアイデアはハンジ、アルミン辺りが知恵を出し合って誕生したのはまず間違いないでしょう!

この誕生エピソードもどこかで回収されるのでしょうか?

ぜひ、パラディ島の4年間を描く際に、登場して欲しいですよね!

ここでフロックも活躍していたりして…なんて妄想する管理人アースでした!(笑)

101話考察!ミカサの「帰ってきて」発言を検証!仲違い展開とwミーニングも!
101話考察!エレンゲのポーズとピークの発言からアニ再登場を予想!
101話考察!マーレに潜入した兵士を予想!ハンジとジャンは確定!?
101話考察!戦鎚の容姿と能力を検証!


Sponsored Link

39 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ101話考察!新立体機動装置を検証!誕生エピソードを妄想!”

  1. ジャンの母ちゃん より:

    考察、ありがとうございます。

    ミカサの登場と最新の立体起動装置、ワクワクしかないです。
    この立体起動装置だとワイヤーが無い分、本当に自由に鳥のように飛んでいるので、「自由の翼」そのものだなと感じました。

    私は32隻の艦隊を駆逐したとは思えなかったんです。マーレ軍とは言え乗っているのはエルディア人で言わばパラディ島の人達と同じ民族だし、好き好んでマーレ軍の為に戦っているわけではないと思っています。なので、ハンジさんや他の上層部もこのマーレ軍として来たエルディアの人達を所謂「捕虜」とし、一緒にエルディアの為に戦おうと誘ったのではないかと思っています。そこからマーレの情報を得て、今があるのではと。

    壁の外の広い土地に今はいろいろ開拓して暮らしているのではないかと思います。もう巨人はいないので。

    • 管理人アース より:

      >壁の外の広い土地に今はいろいろ開拓して暮らしているのではないかと
      この辺りの4年間の場面、早く見たいですよね!\(^o^)/


      管理人アース

  2. 考察初心者🔰 より:

    管理人様♪更新ありがとうございます😊

    ジャンの母ちゃん様が指摘されてる様に新装備はワイヤー無しでもある程度、空中移動が出来る感じですね😊

    個人的に思ったのは…
    雷槍8本持ってさらにブレードを付けて空中移動は大変😅

    相当な運動能力とバランス感覚が必要❗️

    アッカーマンの血を引くリヴァイとミカサぐらいしか出来ないんじゃ無いでしょうか😅

    • 管理人アース より:

      ワイヤーの有無は非常に気になっていますよ!(・_・;)


      管理人アース

      • 考察初心者🔰 より:

        管理人様♪返信ありがとうございます😊

        自分もワイヤーが完全に無し❗️は無いと思います😆

        あんな小さなボンベ1つだけでは自由に空中移動は不可能ですし…
        なによりも進撃の世界観が変わってしまいますしね😊

        どこかにアンカーを刺してワイヤーを巻き取る力を利用しながら接近してボンベで微調整したのかな❓

        と…考えているんですが😅
        エレンゲリオン大暴れの後で戦鎚の周りに高い建造物があるの❓

        てのが最大の疑問点です😅

        マガト達がいる場所との位置関係が解れば解明されるんですけどね😅

        • 管理人アース より:

          >完全に無し❗️は無いと思います

          今は管理人アースもそんな感じに思いつつあります(・_・;)


          管理人アース

  3. ダダ より:

    アース団長!日々、様々の考察をありがとうございます!

    私もこの新・立体機動装置を見たときには、そのスゴい発展ぶりに目をみはりました。
    どなたかも書いてらしたように、大陸人の目線で見ると、もう未来装置!

    この対人立体機動装置の発展形は、絶対、ハンジさんとアルミンの知恵がふんだんに入ってますよね。
    で、(無垢)巨人のいなくなったパラディ島で装置を発展させる→「対人」で装置を発展させる→「対人」って、誰?→マーレ軍。
    雷槍はわかります。また獣やら鎧やらが来るかもしれないし。
    でも、「対人」を4年でこんなに発展させて、パラディさん、大陸に攻めていく気満々ではないですか!

    この装置の立案・制作にしても、マーレ軍の情報集めにしても、もしパラディ島内、もしくはエレンとアルミンがマーレ攻めに対して意見の分裂をおこしていたとしたら、どこまでできるものなのでしょうか・・。
    分裂説をもうちょっとちがう角度からも考えてみたいと思います。(万年訓練兵にどこまでできるかわかりませんが・・)

    • 管理人アース より:

      >パラディさん、大陸に攻めていく気満々ではないですか!
      ですね!
      あとはやはりマーレからの調査船の多さに、軍事力強化が必要だったのでしょう。
      今後の展開が楽しみですね!\(^o^)/


      管理人アース

  4. PANDA より:

    お疲れ様です(*^_^*)

    毎度団長の考察力には脱帽いたします

    新装備にもワイヤーもアンカーも変わらずあると思います
    ただミカサには戦槌には使う必要がなかったので使用しなかったと。
    実際他の兵団員たちは使っていましたし(調査兵団が6人ばばっと登場したとこ)
    あと、ジャンと思われる拳銃を撃っていた人はマーレ兵の制服の下に着込んでいたので背中のボンベだけはしょえなかったのではないでしょうか?

    なんにしても、
    何度見てもミカサカッコイイ

    • 管理人アース より:

      >ワイヤーもアンカーも変わらずあると思います
      これ、けっこうみなさんのコメントではそのように書かれており、最近では管理人アースも「そうかも」と思っています(笑)

      ミカサ、本当にカッコイイですよね!


      管理人アース

  5. シーナ より:

    アース隊長!!
    更新お疲れ様です(‘ー’*)ゞ

    只今、調査兵団の本部に大量の報告書を提出する為 一時帰国しております。
    報告書を提出した後、またすぐにレベリオ収容区に戻ります!!

    お先におみやげのクッキーを
    お渡しします(*’-’)/🎁どうぞ💗

    こちらに戻る前にレベリオでミカサ先輩に会いました!!
    超カッコ良かったです♡

    まずは新立体起動装置の報告書を提出致します。


    ミカサの立体起動装備 → 後ろ姿の画面からガスボンベは1つですが「背中」と「腰」両方に2つ立体起動装置がありように見えます。
    見間違いかもしれませんが、アース隊長の意見も聞きたいです…従来の立体起動装備とは違う形ですが。

    「背中の立体起動装置」はケニーの場合は「手首下辺りの装置」からワイヤーを射出していましたが、今回のミカサの場合は、雷槍を持っていた為か手首下にはありません。しかし肩あたりにワイヤーを射出できそうな装置かあるように見えます。

    もし立体起動装置が2つあるという事は、最大4本のワイヤーを使って建造物に固定し、ワイヤーを戻す勢いで目標に飛ぶ事が出来る→「飛ぶパワーとスピードが倍以上になる」と思いました。

    ワイヤー抜きで飛んでいたように見えたのは、このパワーアップした立体起動装置の威力かなと思いました。

    そしてブレートを両足に固定してあります。巨人に対してすぐに攻撃出来るようにしてあると思われます。この方が動きやすそうですね。

    この装備は重く、技術がより一層必要となる為、ミカサとリヴァイしか使いこなせないのではと思いました。

    • 管理人アース より:

      >「背中」と「腰」両方に2つ立体起動装置がありように見えます。
      腰にあるのがアンカーの射出機にも見えますよね。
      これ、やっぱりアンカーとワイヤーも装備されているのかなと感じました。
      となると、今回はワイヤーが描かれていなかっただけなのか・・・
      そう考えると、シーナさんの「パワーアップした立体機動装置」というのもあるかもですね!
      新立体機動装置シーンの再登場で、確認したいですね!


      管理人アース

  6. ハンジが好き より:

    アース団長、考察お疲れ様です。
    今回の立体機動装置の変更について、最初はもう無垢の巨人と戦う必要がないのでブレードは要らないのでは?と思いました。マーレの知性巨人なら硬質化などでうなじを守るすべが有ると考える雷槍と銃が最善の武器ですよね。そう考えると、ブレードを付けてる理由って何なんでしょうか?
    1、マーレにも無垢の巨人がいると考えたから
    2、ジークが巨人を生み出すことを考えたから
    3、マーレ巨人の本体を巨人体から引き出すとき、最後に必要?
    3が有力でしょうか?そう思うと、最後の重要な役割を任されている人がブレードを付けてる、とも考えられますね!

    • 管理人アース より:

      管理人アースは2が濃いかなと思っています。
      もしエレンがジークと繋がっているとしたら、この辺りに調査兵団との齟齬があるかもですね。


      管理人アース

  7. 馬来熊 より:

    新装備がちょっと登場したくらいでこれだけ考察させる作品も珍しいですね

    パラディ勢が対知性巨人用の装備をこれだけ進化させてるということは、「いざとなったら壁の巨人でなんとかする」は考えていないか、かなり順位の低いオプションになっていそうです
    対艦戦闘用の装備もあるんでしょうか
    立体機動で敵艦に飛び移って戦う、財務パイレーツ・オブ・カリビアンな調査兵団を想像してしました…

    • 管理人アース より:

      >「いざとなったら壁の巨人でなんとかする」
      これはジークと接触しないと不可能なのかなと。
      となると、もしかしたらエレンとジークは繋がっていたとしても調査兵団はそれを知らないのでしょうね。
      ジークのポジションが気になりますよ!


      管理人アース

  8. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    新考察ありがとうございます。
    やはり、あれは対人立体機動装置改ですよね。ボンベは小さいので使用時間は短いかもですね。アンカー(ワイヤー)はピーク上空では使ってるように見えるので、どちらでも可能なのでしょう。
    恐らく、ミカサはフル装備(ブレード、銃、雷槍)ですね。雷槍の4連装×2は異常ですけどね。
    やはり、対人部隊、対巨人部隊、エレン援護部隊くらいの編成で上陸してると推定します。
    上陸占領は考えていないはずなので、襲撃部隊でしょう。
    戦略的に見れば、
    1.エレン襲撃の間にマーレの武器弾薬など物資の破壊工作を行うはずですが、まだ、見られないので、これから発生するかもしれないですね。
    ⇒対人部隊で対応
    2.あとは中央司令部の破壊ですから、タイバー(戦鎚)&軍幹部襲撃で完了し、あとは、マガトを捕虜もしくは殺害すれば完了ですね。
    ⇒エレン+援護部隊で対応
    3.最後に、敵戦力の低減、削減ですが、大国で、兵員は全世界に派遣されてるので困難ですね。あと、兵員の実戦部隊や予備役は殆どエルディア人ですので、収容区の解放といきたいのですが、「島の悪魔」と洗脳されており、これも難しいですね。となると、やはり巨人戦力の奪還もしくは殲滅が現実的目標になりますね。
    ⇒対巨人部隊対応(この部隊は一番大変なので、リヴァイが指揮ですかね。6人×4チームくらい)

    役割分担と戦略目標はこんな感じでは?
    すくなく見積もっても100人規模で上陸しているのでは?
    最後にハンジあたりがメッセージを残して撤退ではないか、と見ます。ただ、このメッセージは狙撃される可能性があり危険ですので、捕虜のマガトにメッセージを託すかもしれないですね。殿は超大型と見てますが、わからないですね。
    結局、目的は我々と敵対すれば、容赦しないという威嚇なんでしょう。エレンも「敵を駆逐するまで」と言ってますし、敵でなければ駆逐しないんでしょう。
    以上、長い妄想失礼しました。

    • 管理人アース より:

      ボンベの小型化は、やはりパラディ島の技術の進化かなと。
      となると、小型化していても使用時間は逆に長くなっている可能性もあるかもです。
      そうだと良いなと(*^^*)

      どちらかと言うと、管理人アースは少数で乗り込んできているのかなとイメージしています。
      102話が楽しみですね!


      管理人アース

  9. pointer より:

    アースさん、お疲れ様です。

    新立体機動装置、「格好いい」としか言えませんよね。本当に洗練された物に感じました。

    さて、アンカーの有無についてですが私は有るのではないかなと思います。
    記事の中にあるミカサの全身が描かれている絵で、
    ミカサの腰元に付いている装置、たぶん旧立体機動装置のアンカー射出機じゃないかな?と思うのですが…。

    どちらにせよ、アニメでこのシーンを早くみたい!

    • pointer より:

      「ミカサの全身」の絵ってみんな全身でしたね(汗)
      「ミカサとエレン」の絵です。
      失礼しました。

      • 管理人アース より:

        たしかに腰に付いているのは射出機に見えますね…
        となるとアンカーとワイヤーが描かれていなかっただけなのか…(・_・;)

        アニメでのこの場面はヤバすぎですね!\(^o^)/


        管理人アース

  10. マーレの上空を、ヒュン!ヒュン!
    待ちに待った光景であり、これが凄く
    絵になります。
    マーレ軍と比べると、まさに未来戦隊。

    立体機動装置-これがパラディ島で
    ガラパゴス的に創り出され、マーレ軍
    をも圧倒!
    その快挙に、 「ガラパゴス万歳!!」
    と 思わず叫びました。(笑)

    ただし、一見 機動的で カッコ良いの
    ですが、大きな弱点があります。
    それは考察にもあるように、銃器の
    一斉掃射に辛いことです。
    胸当てがあっても、頭部を狙われたら
    どうなるか?

    そもそも 調査兵団は、あんなに危険な
    任務なのに ヘルメットを付けない。
    これはどうかと思います。
    マーレ軍や中東連合軍は、ちゃんと
    ヘルメットを付けています。
    まあ、これも ガラパゴスなのかもしれ
    ませんが…

  11. sora より:

    始祖ユミルの娘3人ローゼ、マリア、シーナは巨人を継承しなかったんですかね?
    壁の名前の由来なので、継承してない、している、どちらでも納得はできるんですが、少し気になりますね。
    仮に継承していても、3人で分けたのか、1人が継承したのか、それとも別の9人なのか、はたまた本当にお世話に9つなのかというのも疑問です。
    ちなみにミカサがエレンに帰って来てというのは、単独行動をとったのもあると思いますが、本当のエレンに帰って来て、と言ってるようにも思えます。
    あと手紙ですが、家族あてではないが仲間には届いたと言っていましたが、ジークともしかしたら連絡を取り合っていた可能性もありますが、マーレからパラディ島に手紙を届ける方法があったのでしょうか?
    パラディ島側は外の世界に人がいることはしりませんし、まぁ匿名であれば別ですが、巨人の力で到着する場所に誰が手紙を届けるのでしょうか?
    それは考えにくいと思います。
    ですので、マーレに攻めいるのはパラディ島側の戦略でエルディア人収容区などに潜入しそこで手紙のやりとりをしていたのならまだ納得いくと思います。
    ミカサの帰って来ては上記が今のところ当てはまると思っています。

  12. 迎撃の巨人 より:

    アース団長お久しぶりです!
    調査兵団が海を渡り、かなりアツイ展開ですね。
    自分は新調査兵団は立体起動装置ごとに特化したチームで動いていると思います。ジャン率いる対人立体起動チーム、ハンジ率いる雷槍装備チーム、そしてリヴァイ率いるブレードチームてな感じです。
    それと個人的にはヒッチが腐れきった憲兵団を奮い立たせて対人立体起動班を率いて欲しいです。

    • 管理人アース より:

      ヒッチの立体機動装置場面、見たいですよ!\(^o^)/


      管理人アース

    • 馬来熊 より:

      迎撃の巨人 さん
      ヒッチといえば、短い間でしたが憲兵団でアニと同室だったんですよね。
      近頃多くの方々が考察されているようにアニがパラディ勢にいるとすると、何か絡みがあるかもしれませんね
      復活したアニと協力することになったとしても、兵団とはわだかまりもあるでしょうから、その辺ヒッチが気を利かせてとりなそうとするとか…?

  13. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。
    最初に黒づくめの新コスチュームを見た時、GANTZスーツを思い出してしまったのは自分だけではないハズ(笑)
    この4年間で調査兵団は新型立体起動装置の技術や練度を高める為に訓練を積んできたんでしょうね。

    個人的に一番気になっているのは、64話でアルミンが指摘していた「アンカー射出機と散弾の射線が同じ方向を向いている事」
    つまり移動時の背面側は射程外と言う対人立体起動装置の弱点をどう改良しているのか?です。

    ピークやポルコの上空を移動している時はワイヤーが描かれているので、アンカー射出機は従来型の腰に装着しているタイプだと推測します。
    ミカサはエレンゲリオンを串刺しにしたタケノコ状の柱にアンカーを打ち込んでから戦鎚の巨人に雷槍攻撃を仕掛けたのではないでしょうか?

    アンカー射出機を別に装着していれば、どの方向からでも攻撃が可能です。
    銃口が狭くなっているのは従来のショットガン(2発撃つと次の装填まで時間がかかる)タイプを改良して連射可能なモノにしているんでしょうね。

    銃口下段の用途も気になります。
    攪乱用の閃光弾や音響弾と言った非致死性兵器が込められていたら・・・と思うと妄想が止まりません。

    • 管理人アース より:

      >タケノコ状の柱にアンカーを打ち込んでから
      おお、なるほど!
      となると、ミカサはアンカーを刺していたという考察ですね!
      この辺り、102話で明らかになって欲しいですよ!(>ω<)


      管理人アース

  14. 棚の人 より:

    エレンの誕生日が3/30、クルーガーが4/5、これ二人とも牡羊座です。(グリシャは不明)
    で、本作進撃の巨人のモチーフとなっている北欧神話において、牡羊の化身とされている神がいます。
    それがヘイムダル。神々の世界と人間の世界をつなぐ橋の番人であり、ラグナロクの始まりを告げるとされています。100話なんてまさにそうですね。
    そしてヘイムダルは別名リーグとも呼ばれ、アイルランド語で「王」の意を持つ、人間の祖先と言われています。
    また、リーグは王族・自由農民・奴隷の三階級を司る人間の父とされています。どことなく三重の壁が想起されますね。クルーガーの言っていた、人を愛せ、という言葉も引っかかります。エレンが誰かを愛すことになれば都合3人になりますし。
    さらにヘイムダルは未来余地の能力も持っていたそうです。
    補足ですが、ヘイムダルの母親は9人いたとされます。そして面白いことに、八人の母親+一人の勇猛な息子(ヘイムダル)と解釈する説もあるそうです。この母親たちの父はエーギルで、奪い取る者を護憲としています。

    以上、北欧神話からでした。

    • 管理人アース より:

      誕生日からの考察、ありがとうございます。
      これ、面白いですね!


      管理人アース

  15. 棚の人 より:

    ・戦槌の巨人(or進撃の巨人)は他の8体と違い分離したわけではない?
    →根拠はほとんどありません、ふと思っただけです。

    ・サイキョウノキョジンはどう最強なのか。明らかに地球の重力下では最強ではない

    ・ハンジさんの体験談である巨人は軽い説、死んだら、なのか常時なのか。それとと首から上?

    ・太陽が反対なのは我々の住む世界と違う概念を取り入れたかったから、と作者は答えているが
    本当にそれだけなのか。時間遡行説はクルーガーの描写がエレンになったこと、クルーガーの記憶が曖昧なことからも信用性が消えたわけではないのでは?

    ・ミカサのキズはどう影響するのか。仮にも()女の子、他にも頬に傷を負った人は多いはずなのになぜミカサだけ?

    ・ライナーたちの始祖奪還作戦、どうやって奪還する予定だったのか。
    喰うの? なら他の知性巨人も複数所持が可能なのか。

    ・巨人化時の雷が木の根(枝?)に見えなくもない
    道 とは木のことか? だとすればユグドラシルか? ユグドラシルの泉の永遠の叡智とは現在過去未来の記憶を表している?

    • 管理人アース より:

      >ミカサのキズはどう影響するのか
      これ、けっこう気になっていますがなかなか考察を思いつかないんですよね!
      でも、大きな意味があるのではと!


      管理人アース

  16. にこ より:

    立体起動装置の進化にはカッコいいとしか言葉が出ませんでした!

    初めて立体起動装置を見たとき、そしてリヴァイ兵長の立体起動を使った目が他の攻撃を見た時の高揚感と同じ感動と衝撃がよみがえりました。

    服装もカッコいい。
    服装も巨人の何かでできていて噛み切れないとか・・・
    そんな機能があったりして。(^_-)-☆

    進撃の巨人と言えば立体起動ですよね。
    現実の世界でも立体起動ができるようになる日が来るといいなぁ。

    • 管理人アース より:

      立体機動装置は「進撃の巨人」の大きな魅力ですよね!
      アニメでも、立体機動場面はカッコイイですし!
      「Before the fall」を最近読み返したいなと思っています(笑)


      管理人アース

  17. こあら より:

    管理人様初めまして!
    先程、インスタでリヴァイを検索したら101話の続きかと思われる画像がありました。外国の方のアカウントでした。マガジンの発売日を待ちつつ、こちらの考察を楽しんでおりましたので、インスタの画像にはびっくりしました。
    画像には、大人になったサシャとジャン、コニーやリヴァイがいました。101話のミカサと同じような装備品をしています。獣の巨人もいました。これは、本物なのでしょうか?
    勘違いでしたらすみません…

    • 管理人アース より:

      本物かなと!



      管理人アース

      • こあら より:

        返信有難う御座いました。本物でした…(;o;)
        アースさん、考察をこれからも楽しみに拝見致します‼︎読みやすさとコメントにアースさんの人柄を感じます‼︎頑張って下さいね。

コメントを残す

このページの先頭へ