【進撃の巨人】ネタバレ100話考察!獣は立体機動装置をマーレに持ち帰ったのか検証!

コメントには101話からの展開予想が多く見られ、その中には「パラディの4年間の展開予想」が多く見られました。

たしかに起こりそうな気がしますし、それは多くの「読者の希望」でもあるでしょう。

管理人アースもその希望者の一人です(笑)

ただ、同時に起こりそうで気になるのはヴィリー退場後の劇の展開です。

101話で「エレンの仲間」である調査兵団が合流するのでしょうか?

その展開でのマガト隊長の対応は?

パラディの独特の文化である「立体機動装置対策」はできているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆35話でのミケの立体機動装置は、マーレに持ち帰ったのか?

2017-12-20_154408
「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より


8巻第35話「獣の巨人」にて登場した獣の巨人は、ミケから立体機動装置を奪いそのまま持ち帰りました。

この時に「持って帰れば」と言っていますが、今思えばこれは「マーレに持って帰れば」という意味だったことが分かりますね。

つまり、立体機動装置をマーレに持ち帰って調べようと言う意味で言っていたのでしょう。

ここから、獣の巨人は立体機動装置をマーレに持って帰っている可能性が高いと思われます。

ただ、40話でヘニングとリーネの遺体の横に落ちている立体機動装置が、もしかしたら獣の巨人が投げつけたミケの立体機動装置だった可能性も残っています。
2015-09-11_175014
進撃の巨人」第40話「ユミル」より


さらに、シガンシナ区決戦の最後にはリヴァイ兵長にボロボロにされたジークとボロボロのライナーが命からがら逃げ切ったという展開で終わりました。

ここから、ジークはミケの立体機動装置をマーレに持って帰る事が可能だったのでしょうか?

どこか別の場所にミケの立体機動装置を隠してあったのでしょうか?

具体的に38話以降のジークの動きを考察してみましょう!
Sponsored Link

◆ウトガルド城後のジークの動きを検証!

2015-09-10_213247
「進撃の巨人」第39話「兵士」より


獣の巨人はウトガルド城を巨人に襲わせそのまま壁外へと移動し、10巻40話冒頭を最後に姿を消します。

その後再登場したのが17巻70話の最後の場面であり、この場面までは全く登場していません。
IMG_0008
「進撃の巨人」第70話「いつか見た夢」より

そして、この間実に作品上では2ヶ月間という時間が流れています。

この時間経過は進撃の巨人年表【考察ネタバレ用】にて見ていただけると分かるかと思われます!

さて、ミケの立体機動装置に話を戻しますが、この70話再登場時に獣の巨人は立体機動装置を持っていたのでしょうか?

もっと言うと獣の巨人は2ヶ月の間に立体機動装置を持参し、一度マーレに戻っているのでしょうか?

この辺りの考察は難しいですね。

ただ、第50話にてライナーとベルトルトがエレン争奪戦で負け、ユミルととともにシガンシナ区へ逃げ延びています。
2015-09-27_041506
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


おそらくこの後に獣の巨人@ジークと合流していると思われます。

そして、この後にユミルはマーレに行き、ポルコに捕食される事になったでしょう。

ユミルが2ヶ月間シガンシナ区に居続け、ライナー達のシガンシナ区決戦が終わるまで待っていたとは思えないですよね!

そう考えると、ジークと合流後に速やかにユミルはマーレに移動していると考えられます。

そして、車力の巨人の存在も気になります。
2015-11-07_022927
「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より


ウトガルド城攻防戦では獣の巨人のみが登場しており、車力の巨人はいませんでした。

そして2ヶ月後のシガンシナ区決戦には突如登場しています。

ここから、最初のウトガルド城攻防戦時にはパラディ島には来ておらす、2ヶ月後のシガンシナ区決戦時にマーレから移動してきたと考えられますよね!

ここから考えられるのは、2ヶ月間の間に少なくとも一度マーレから車力の巨人が乗った船がやって来て、その船でユミルをマーレに送っていると考察できます。

その船でミケの立体機動装置もマーレに持ち帰られている可能性が高いですよね!

では、この時にライナーとベルトルトも一度マーレに帰っているのでしょうか?

これは無いのではと察せられます。

おそらくライナーとベルトルトは始祖の巨人を奪還してからマーレに帰ると決心し、その船ではマーレに帰らずシガンシナ区に望んだのではと思われます。

ベルトルトはマーレには帰れなかったと…(泣)

この辺りを妄想すると悲しくなります…(;´Д`)

このように考察すると、ウトガルド城攻防戦からシガンシナ区決戦までの2ヶ月の間にライナー、ベルトルトはマーレに帰らなかったけれども、立体機動装置はマーレに渡っている可能性が高いと思われますよね!

となると、マーレ軍は立体機動装置を知っている事になりますね!

ここから、101話以降の展開を予想してみましょう!
Sponsored Link

◆マガトには立体機動装置対策ができている?

2017-05-08_041316
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


これまでの考察から、マーレ軍は立体機動装置対策を4年もの間をかけて行っている可能性が高くなりました。

となると、例えば101話以降でヴィリーを急襲したエレンゲリオンをフォローするために既にマーレに潜んでいた調査兵団が立体機動装置にて参戦したとしてもマガト隊長はその対策を用意しているでしょう。

そして93話にてジークから立体機動装置の事を聞き、さらにはパラディ島にアッカーマン一族が存在することも聞いています。

こうなって来ると、タイバー家よりもマガト隊長の方が調査兵団にとって強敵になるのではと思えてきますよね!

今回の考察で、マガト隊長率いるマーレ軍が調査兵団にとって強敵になるのではと考察できました!

今後のマガト隊長には、要注意ですね!\(^o^)/

100話考察!「地鳴らし」を検証!超大型は海を渡るのか?
100話考察!壁の名前が始祖ユミルの娘を検証!アニメEDを今一度考察!
100話考察!ヴィリーは戦槌ではない?真の継承者を検証!
100話考察!エレンの練度を検証!始祖を発動できる!?


Sponsored Link

23 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ100話考察!獣は立体機動装置をマーレに持ち帰ったのか検証!”

  1. 戦槌の巨珍 より:

    ユーチューブを見てきたのですが、戦槌の巨人が
    かなり強いです。
    エレンが押され気味でした。

    あと対人立体起動装置を付けた
    ミカサとジャンが出てきて
    マーレの対巨人砲を破壊してました。

  2. ユトピア より:

    更新お疲れ様です。
    年末に投稿すべきか迷いましたが、気になりましたので書いておきます。
    気にしないで読み流して下さい。

    ライナーが持っていた「ユミルの手紙」でユミルは「私はこれから死ぬ でも後悔はしていない」と書いてありました。「これから死ぬ」ですので「二人ともマーレにいた」のではないかと思いました。行ったとしてもすぐに「シガンシナ区」に戻ったと思いますが。

    「車力のピーク」は「ジーク」と「ウトガルト城」に来ていたのではないかと思います。「獣の巨人」の足では、来るまでの間に「無垢の巨人」に食べられてしまうと。
    「ウトガルト城」に「ニシンの缶詰」や「酒」がありました。ジークとピークはある期間ここに滞在していたのではないかと思います。

    立体起動装置はジークによって持ち帰られて、これからマーレ軍の「立体起動の兵士」が出てくるかと思います。迫力あるでしょうね^^

    色々書かせて頂きましたが、実際の所はどのように話が進んでもおかしくはありません。

    今年は団長のサイトのおかげ様で「進撃の巨人」を楽しむ読む事ができました。ありがとうございます。
    良いお年をお迎えください^^

    • 芋をふかした者 より:

      ユトピアさん
      マーレ軍の立体機動の兵士いいですね!すごく見てみたいです。
      マーレ版立体機動出てくるなら通常、対人に次ぐ第3の立体機動装置出てきてほしいものです。

      装置をマーレに持ち帰ってないにしても、ライナー、ジークの記憶を頼りに簡単な対策は練ってるのではと思います。壁外調査の時の女型の戦い方(ワイヤーを外す、即座にうなじを守って硬質化、ジャンプetc)みたいな動きならすぐにでも実践できそうですしね。
      女型の戦い方ならアッカーマン2人に襲われたら負けますが大抵の一般兵士には勝てるはずです。
      立体機動を甘くみてたと言っていたジークは特に対策を考えてるように思えます。
      そうなると共闘路線ではなくリヴァイ vs ジークをもう一回見れそうですねw

    • 管理人アース より:

      いや、素晴らしい考察ですね。
      ひとつひとつの説得力があります!
      この辺りの開示が楽しみですよね!

      来年も共に「進撃の巨人」を楽しみましょう!
      またよろしくです!


      管理人アース

  3. 馬来熊 より:

    マーレ人、というか壁外にはそもそも白兵戦で巨人と戦う発想がなかったようですね

    持ち帰るとしたら立体機動装置それ自体だけでなく
    燃料のガスやブレードを作る材料も興味深いと思います。
    軍事的には非常時の輸送能力も大事なので、鉄道や船(どちらも限られた場所にしかないけど…)のデータなんかも集めてそうですね
    ピークはジークと別行動でそういうのを担当してた可能性も?

    • 管理人アース より:

      >ピークはジークと別行動でそういうのを担当してた可能性も?
      ジークとピークは別行動をしていただけで、ウトガルド城でも一緒に来ていたという可能性はありますよね!
      この辺りが明かされたら、本当に面白いですよね!


      管理人アース

  4. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。
    12月に入ってからの入団でしたが、このサイトに出会えた事に感謝しています。

    団長殿・・・私の見立てはこうです。

    93話でジーク本人が「おかしな機械をつけた連中が・・・」と言っているので、お持ち帰り&解析は出来なかったのかなぁと想像します。
    実際に持ち帰っていれば「例の機械をつけた連中が・・・」とか言いそうですし。

    逆に調査兵団にいたライナーなら詳しい構造や弱点まで伝えている可能性はありますね。
    ・・・ただ、パラディ島で知り得た情報を全て話していないっぽいライナーの言動が気になるところですが・・・。

    いずれにしてもマーレ軍はこれまでに見た事も無いような最高のお出迎えをしてくれるんでしょうね。
    今後の展開が楽しみです。

    • 巴里の恋人 より:

      自分の投稿コメントが修正出来ないので、捕捉させて下さい。

      立体起動装置の持ち帰りの有無はビミョーですが、ジークから報告がなされている以上、マーレは立体起動装置への対策は練っていると思います。

      • 管理人アース より:

        ですよね!
        つまり、マガト隊長は立体機動装置も含め、パラディ島側に対し対策は練っていると管理人アースも思いますよ!
        かなり白熱した展開が予想できますよね!
        来年がむっちゃ楽しみです!\(^o^)/


        管理人アース

  5. 青ねこ より:

     ウドガルド城屋上でヒストリアの背後に描かれていた立体機動装置、わざわざ一コマ独立して描かれていた意味が気になります。
     あそこはジーク(もしかしてピークも)が寝泊まりするため使っていたところ、調査兵団が来てしまってユミルが壊したので、持ち帰れなかった?
     とすると、上コメントで巴里の恋人さんが御指摘した「おかしな装置を〜」発言=持ち帰れていない可能性があるかも。
     でも装置が無くともパラディ島の情報の一部として報告され、対策はされていると見るべきでしょう。
     しかしそれ以上に、エレンの記憶(父グリシャ時代のものだが)や、アルミンの記憶(ベルトルト)とジークの協力によって、パラディ側の方が情報収集は進んでいるかと思われます。
     ただし、ジークの最終目的によっては情報操作もありうるので判りませんが。
     「獣の巨人」の登場場面=「目的のために手段を選ばない、パラディ島のエルディア人を同胞扱いしない」というところから、ジークはパラディ側の味方になるとは思えません。アース団長の考察の通り、この話にラスボスがいるとすればそれはジークとその所有する巨人(獣のほか、誰かを捕食するかも)かと。

    • 管理人アース より:

      >ラスボスがいるとすればそれはジークとその所有する巨人
      管理人アースもそう思っています。
      ヒィズル国がどのように絡むかは分かりませんが、最後はジークと対決かなと。
      この時の展開が来たら震えますよ!\(^o^)/


      管理人アース

  6. きじねこ より:

    更新お疲れ様です。
    次号では、エレンを援護するために調査兵団の一団が立体機動装置をまとって飛び出してくるものと予想しています。それに対抗して長身の近衛兵も立体機動装置を模倣したもので対抗するという展開を期待しています。戦槌が女性であった場合には巨人化しても、グリシャ対フリーダの時のようにあっさり戦槌が食われてしまいそうな気がします。熱い展開を期待したいので、私としてはマーレも立体機動装置の部隊を準備しておいてほしいです。

  7. コンロガス より:

    50話でライナーとベルトルトは立体機動装置を付けたまま壁に到達しています。また、シガンシナ決戦の際にもライナーとベルトルトは立体機動装置を身に付けていました(ガスの補充はどうした?)。ただ、ジークの「おかしな機械」発言にもあるとおり、マーレでそれを研究して導入している気配はないですよね。あくまでも巨人を殺すことに特化した装置=マーレには不要という評価を受けたのかなと妄想します。

    中央憲兵のような極秘部隊がマーレにもいるならマーレの立体機動部隊の登場もあるかもしれませんが、、、、


    あと、ほかの方も書かれていますが、ライベルはユミルを連れて(レベリオかは分かりませんが)一旦マーレに帰ったと思います。

    • 管理人アース より:

      >ライベルはユミルを連れて(レベリオかは分かりませんが)一旦マーレに帰ったと思います。
      そうなりそうですよね!
      この辺りがキチンと描写されるかは分かりませんが、妄想がかきたてられます(笑)


      管理人アース

  8. マーレは、中東連合に苦戦続きなのに
    加え、上層部の頭が固いまま。
    パラディ側が立体機動で攻め込んで
    来るなど 想定していたのだろうか?
    立体機動の対策など、進んでいないの
    ではと思います。

    例えば、中東連合の 列車型兵器に
    手こずっていましたが、あんなのは
    立体機動と 雷槍のコンビネーションで
    一蹴できると思います。
    なのに、それらしい兵器もなく、ガビの
    体を張った作戦と、未だ巨人兵器での
    肉弾戦のままなのです。

    一方のパラディ側も、立体機動一辺倒
    ではないと思います。
    新兵器を引っさげての登場があるのか
    楽しみです。

    • 管理人アース より:

      立体機動装置でマーレに乗り込んでくるパラディ側の展開が楽しみですよね!
      早くリヴァイ達に会いたいですよ!\(^o^)/



      管理人アース

  9. 恥垢種 より:

    アース団長殿
    明けましておめでとうございます。今年も楽しい考察よろしくお願いします。
    さて、早速ですが、立体起動装置は、持ち帰ってると推察しますが、同じものは作れないような気がします。
    ワイヤー、ボンベなどの素材は黒金竹、特にガスはパラディの工業都市の地下のみにある氷爆石という設定ですので、ガスの代替品が困難に思えます。類似の模倣品は製作できても、耐久性など色んな性能が、パラディの装置より低くなると推定します。
    ただ、壁外がわからない時の設定だったと思いますので、これが世界のどこでも産出するなら、話は別ですけど。

    • 管理人アース より:

      あけおめです!
      今年もよろしくです!

      たしかに黒金竹と氷爆石は、パラディ島独自の物のような気がしますね!
      この辺りもマーレ編で回収されるのか気になりますよ!\(^o^)/


      管理人アース

  10. pointer より:

    アース団長、明けましておめでとうございます。
    今年もテレビシリーズが放送されることもあり、今からワクワクしています。今年も面白い考察を楽しみにしています。

    さて、マーレによる立体機動装置対策について自分の考えを書かせてください。

    立体機動装置の特徴は
    1.機動力が極端に高い
    2.使用中の防御はほぼ無理
    3.高さがある物が無ければ使えない
    4.作るには特殊な技術が必要
    5.個人が使いこなすまでに3年ほど掛かる
    この5点だと思います。

    これを踏まえて考えたいと思います。

    マーレが最も警戒しているのは、移動中または、(レベリオで行われる祭事のような)高い物に囲まれた場所に対する奇襲だと思います。

    これを防ぐためには高い物の間にロープ・網を張り巡らす、というのがひとつだと思います。
    建物の上を飛び越えようとしたなら、屋根の上から散弾銃で打ち落とすというのも手段だと思います。

    次にマーレが立体機動装置を使う場合です。

    私はこの可能性は低いと思っています。
    立体機動装置の機動力は魅力的でしょうが、装置の完成から使用できる人間の育成までには相当の年月が掛かるでしょう。
    ライナーは各地の戦闘に引っ張りだこだったようですし、開発していないのではないでしょうか?
    巨人と戦うのなら対巨人砲をコピーする方が早いでしょうし、何よりマーレは技術力が低いようですし。


    ここまで書いて気づいたのですが、100話中、馬車の中でマガトがヴィリーに
    「敵の正体や目的 攻撃手段が不明」
    と発言してました。

    これはもしかしてマーレは相当無能なのかも知れない…。

    • 管理人アース より:

      >「敵の正体や目的 攻撃手段が不明」
      おお、なるほど!
      となると、ジークやライナーが細かにマーレ軍に報告していない可能性が出てきますよね?
      この辺り、ちょっと頭に入れておかなければですね!
      興味深い考察、ありがとうございます!(^^)


      管理人アース

      • pointer より:

        >ジークやライナーが細やかに報告していない
        なるほど、確かにそうですね!私もそう思います。
        95話でマレーの思想調査が行われていることを、ライナーとピークに伝えていましたしね。

        ついでですが、私はジークのメガネの描き方には何か意味があるのではないかな?と思っています。嘘をついているとき・何か隠しているときには、眼を描かずメガネが白く光っているように描いているのではないかなと。
        思想調査の時もそうですが
        93話でコルトに「王家の血を引いているわけでもないのに」と言われたとき
        98話で「ファルコまで巨人にならなくたって…」と言ったコルトを窘めたとき
        等からそう思っています。

        それと一個前の私のコメント、ヴィリーがヴァイリーになってますね…。
        誤字失礼しました。

        • 管理人アース より:

          ライナーがマガトにキチンと報告していないのは、巨人化注射でもそう感じました。
          ライナーは、21巻83話でハンジ達が巨人化注射を持っている事を聞いているはずです。
          2016-07-08_035438

          「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


          しかし、23巻93話ではコルトは「奴らが巨人を継承したということ?」「ライナーの報告ではそのような知識は島の連中からは確認できなかった」と言っています。
          これって辻褄合わないですし、少なくともライナーはパラディ側が巨人化注射を持っていたことをマガト隊長に隠していると考えられます。
          ジークも…かもしれませんね!
          この辺りを考えるとドキドキしますよ!\(^o^)/



          管理人アース

          • pointer より:

            そうでしたね!それが一番わかりやすい証拠でしたね!
            進撃は伏線が多すぎて大変です(笑)
            残りの休みはアースさんのサイトを見ながら全巻の復習に当てたいと思います!

            今年もお世話になります。
            どうぞ、よろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ