【進撃の巨人】ネタバレ100考察!ヴィリーの「お役目」とは?当主の役割を検証!

第100話最後にて、突如登場したエレンゲリオンによりヴィリーは握りつぶされ、死亡しているように見えました。

ここからおそらくは「戦槌の巨人継承者」ではなかったのだろう、と察せられました。

つまりはヴィリーはタイバー家の当主だけれど、戦槌の巨人継承者ではなかったということになりますね!

この「家の当主」や「巨人継承者」についてを考えると、レイス家を思い出します。

そしてヴィリーが戦槌の巨人継承者ではなかったことから、99話にてキヨミ様がヴィリーに言っていた「お役目」とは「当主の役目」を指していた事になり、これも気になりますよ!

タイバー家の当主であるヴィリーの「お役目」とは何だったのか?

タイバー家とレイス家を比較し、「当主の役割」を検証してみましょう!

Sponsored Link

◆タイバー家当主ヴィリーとレイス家当主ロッド・レイスを比較検証!

2017-12-13_074216
「進撃の巨人」第56話「役者」より


舞台が「海の向こう側」となり進んでいる「マーレ編」ですが、「壁内と壁外は同じ」という一貫したテーマが感じられる展開が続いてるように感じられます。

そして今回考察する「レイス家とタイバー家の比較検証」も、そのように感じられるひとつとなりそうですよね!

壁内の真の王家であったレイス家の当主は、ロッド・レイスでした。

そして、レイス家が代々継承していた「始祖の巨人」は、当主とは別のウーリやフリーダが継承していました。
2017-12-13_074240
「進撃の巨人」第69話「友人」より


そして100話の最後でヴィリーが死亡する展開となれば、ヴィリーは「戦槌の巨人継承者」ではなく、タイバー家の当主であるということになり、これはレイス家のロッド・レイスと同じ立場となりそうです。

同時に「戦槌の巨人継承者」は別にいることになり、この人物はレイス家でのウーリやフリーダということになりますね!

これは表に出る当主の立場の人物が巨人継承者だと狙われやすくなるため、巨人継承者と当主は別にしているのかもしれませんし、巨人継承者は13年の寿命なので当主は別にした方が良いという意味があるのかもしれません。

さて、ここで気になるのは「当主の役割」です。

レイス家、タイバー家のそれぞれの表の顔として機能するのが当主というのは分かるのですが、当主の役割はそれだけではないような気がします。

それは14巻第65話にてロッド・レイスが言った「私が巨人になるわけにはいかないんだ」という言葉や、99話でキヨミ様がヴィリーに言った「無事にお役目を果たすことを祈っていますよ」という言葉からも察せられるように感じます。
2015-10-28_203902
「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より


ロッド・レイスが「巨人になるわけにはいかなかった理由」、「ヴィリーのお役目」とは「巨人継承家の当主の役割」を指しているのではないでしょうか?

考察してみましょう!
Sponsored Link

◆巨人継承家当主の役割とは!?

2017-12-12_062201
「進撃の巨人」第97話「手から手へ」より


これまでに「巨人継承家」は、始祖の巨人継承家であるレイス家と戦槌の巨人継承家であるタイバー家が登場しています。

タイバー家は確定していませんが、ヴィリーが説明している事が真実なのであれば、この両家は「血統者により代々巨人を継承してきた家」ということになります。

それは9つの巨人だけでなくその記憶、歴史も継承している事を表しており、これが血統者で代々巨人を継承している家にとっては非常に重要な事であると思われます。

そこには代々血統者にて継承していない巨人継承者とは、また違った記憶の継承が作用していると考えられ、これを守る為に代々血統者で巨人を継承していたのではないかと思われます。
2017-07-06_040323
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


ここから、巨人継承家の役割とは「血統者で巨人とともに記憶を継承する事」が最も重要な役割であり、そこからその当主の最も重要な役割とは「次代への巨人と記憶の継承を維持する事」だと考えられますよね!

ただ、巨人継承者が継承した記憶を当主に話しているのかいないのかで、レイス家とタイバー家には大きな違いがあるように感じられます。

これまでにもロッド・レイスが言った「巨人になれない理由」については【ロッド・レイスが巨人になれないと言った理由を検証!】などで考察してきましたが、そこには深い理由は見受けられませんでした。

これはロッド・レイスが歴代の始祖の巨人継承者から、その継承した記憶を聞いていないからかなと感じられました。

それはヒストリアに「最も戦いにむいた巨人」と言いながら、地下空洞が崩れてしまうような「超超大型巨人」の巨人化注射を渡していたことからも分かります。

間違いなく、あの巨人化注射が超超大型巨人のような巨人になる注射だとは知らずにヒストリアに打たせようとしていましたよね!(笑)

ここから、ロッド・レイスは巨人継承家の当主に担わされていたであろう役割を自覚していなかったのではと察せられます。

あくまで自分の神を祀る為にヒストリアを巨人にしようとしていたのかなと思われます。
2017-12-14_051938
「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より


やはりどう考えてもロッド・レイスは自己中なダメおやじのように考えられますよ(;´Д`)

ただ、ヴィリーは違います。

間違いなく、戦槌の巨人とともに紡いできた歴史を教えられている存在だと察せられます。
2017-12-12_053922
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


そして、自分の役割も自覚しているのではないでしょうか?

さらに、その役割をキヨミ様は知っているのでは?

検証してみましょう!
Sponsored Link


◆キヨミ様が言った「ヴィリーのお役目」とは?

2017-11-09_045918
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


第99話で劇が開幕する前のヴィリーにアズマビト家のキヨミ様があいさつに訪れます。

その際、ヴィリーは怯えと恐怖に襲われていましたが、キヨミ様が訪れたことにより「アガッてしまって」とトボケます。
2017-12-14_055022
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


その言葉にキヨミ様は、「勇敢」という言葉を使い激励します。
2017-12-14_055003
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


この「あなた方は勇敢です」「我々一族は よく知っていますもの」という言葉は、99話まででは「我々一族はあなた方タイバー家が勇敢な活躍をした歴史をしっています」という意味だと思っていました。

これは「本当は勇敢ではなかったけれど、勇敢な救世の一族と思われている事を知っている」という皮肉で言ったのかもしれないという事も含め「タイバー家の歴史を知っている」という意味だと捉えていました。

ただ、第100話を読了した今では、ヴィリーの劇が命がけである作戦であった事が分かっており、本当にヴィリーが「勇敢」であったため、そのままの意味でヴィリーを激励していたのかなと思われますよね。

このキヨミ様の言葉を聞き、ヴィリーは真顔になり黙ってキヨミ様をジッと見ます。

そのヴィリーに笑顔で返すキヨミ様。

そしてこの場面となります。
2017-11-09_045918
「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より


この流れから、「無事にちゃんと命がけの劇の目的が達せられるように祈っていますよ」とキヨミ様は言っているのかなと受け取れますよね。

つまり、ヴィリーがこれから行う「命がけの劇」がタイバー家当主であるヴィリーの「お役目」と言っているのではないかと理解できます。

つまり、「命がけの劇を果たす事」が「ヴィリーのお役目を果たす事」という意味になりそうですね!

ヴィリーが命がけの劇を果たす理由はエレン達を誘い出すためであり、それはマーレを守る事に繋がり、つまりはマーレを裏で支配する「戦槌の巨人」を守る事に繋がるでしょう。

やはり、巨人継承家当主の役割は「血統者での巨人継承を維持する事」となりそうですね!

タイバー家は子どももたくさんいたので、現在の継承者を襲われなければ次代にも滞りなく継承できそうです。
2017-12-12_052049
「進撃の巨人」第97話「手から手へ」より


その為、後々には戦槌の巨人をも襲ってくるであろうエレン達を誘い出すために命がけで劇を行なったのだと考えられます。

そう考えれば、ヴィリーは見事に役割を全うしたと見えますよね!

作戦通りな訳ですから、このエレンゲリオン登場を読んでいたであろう「戦槌の巨人継承者」はどう動くのか?

今後の展開が楽しみですよね!\(^o^)/

キヨミ様が「なぜ巨人継承家当主の役割を知っているのか?」「なぜヴィリーが行う劇の目的や内容を知っているのか?」の考察は別記事にて行なう予定なので、そちらにて考察します。

キヨミ様の考察も、広く深そうで楽しみです!(^o^)

101話あらすじ!
100話考察!エレンとライナー・ヴィリーとマガトの握手を考察!
99話考察!アズマビト家キヨミとは?ミカサとの関係を考察!


Sponsored Link

16 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ100考察!ヴィリーの「お役目」とは?当主の役割を検証!”

  1. アルミンのともだち より:

    劇の観客である多くのパラディ島外の人々はパラディ島民すべてを敵だと思っていたのに、ヴィリーの演説によって、真の脅威はエレンと無数の超大型巨人であると知らされました。
    その真実を知らせるのがヴィリーの最大の役目であり、実はエレンたちとヴィリーの仲介にキヨミが入っていて、エレンがジークと組んで壁中の超大型を自滅させる展開が来るのではと予想しています。

    現代に例えるなら、壁中超大型が核兵器、エレンが核兵器の発動権限所持者となり、権限所持者が自ら核兵器を捨てることで世界は救われるということかと思っています!

    ただ進撃だからこそ真逆のカオスな展開もそれはそれで面白い(笑)

  2. 馬来熊 より:

    巨人を継承するのはその一家の当主の役目ではない
    ということみたいですね。
    元々エルディアで代々知性巨人を継承していた家系でも、おそらくそうだったのかなと思います。
    巨人の力があるとはいえ、戦いのたびに服も着ないで飛び出していく領主を民がどう思うか……
    いや、鎧のようなものが描かれてる絵もあったしなぁ…
    それはともかく、巨人の力を「自分のものにした」ではなく「きちんと管理下においていつでも使いこなせる」だけでも民衆への求心力としてはバッチリ
    当主は晴れて本来の役目に集中できるわけです!
    …しかし最初の九人はどうして選ばれたんだろう

    • 管理人アース より:

      9人のうち3名はユミル・フリッツの娘ですよね。
      残りの6人がどのような人物だったのか気になりますよ!


      管理人アース

      • ちゃかりん より:

        はじめまして。
        私はいつか百年前の巨人大戦の話や始祖ユミルの頃の話が描かれて欲しいと思っています。
        と言うよりも描かれるだろうと予想してます。巨人を所有する家同士の争い、パラディ島にこもった時の話、ユミル死後の3人の娘たちの話、知性巨人の成り立ちなど考えるだけでも沢山出来ると思います。

  3. Areus より:

    更新お疲れ様です。今後の話の流れで考えが変わると思いますが(笑)

    「お役目」について
    タイバー家は、巨人大戦前から「秩序」を維持するために、「9つの巨人」に関わった「一族や国」が乱れた時、大胆な「粛清と革命」を行って来たのではないかと思います。
    巨人大戦後の今回ヴィリーは、「マーレ軍の巨人兵器乱用」や「壁のレイス家の『始祖の巨人』がエレンに奪われた事により危険が生じる」と考え「秩序」を戻すために「パラディ島への宣戦布告」と「マーレ軍のクーデター(こちらはまだしていませんが)」をしたと思っています。

    100話を見て気になったのですが、「ユミルの3人の娘」の話が出てきました。この3人はユミルから巨人の力を継承したようですので、3人の娘は「始祖→レイス家」「戦槌→ダイバー家」「もう一人?」の可能性があり、元々 タイバー家は「王家の血」を引いているかもしれませんね。

    「アズマビト家」は「9つの巨人」のように東洋の一族が出来る「魔法(ループなど)」を記憶と共に継承してきて、キヨミ様は今の継承者ではないかと思っています。
    「大地の悪魔」のような存在かもしれませんね。

    アズマビト家は、「ユミル巨人の出現」にも関わっているため、その責任として
    「9つの巨人達(特に秩序を維持しているタイバー家)」の行いを「見張る」「場合によっては制裁を下す」ような「お役目」があるように感じます。

    • 管理人アース より:

      >アズマビト家は、「ユミル巨人の出現」にも関わっているため、その責任として
      これ、同感ですよ!
      管理人アースは東洋の一族=大地の悪魔の可能性もあると思っています。



      管理人アース

  4. ASH より:

    エレンと手を組んでるジーク、捕らわれたピークとガリアード、迷いがあるライナー
    そしてパラディ島側には進撃の巨人、始祖の巨人、女型の巨人、超大型巨人
    どう出るか分かりませんが、これだけ見ると戦槌の巨人はかなり不利ですね
    もし、戦槌の巨人1体で抵抗出来るとするなら、空を飛べる巨人の可能性がありますね
    過去にマガト隊長がボソッと「空を飛べる巨人が居たらー」と言ってたので

  5. ヴィリーは、当初はやや頼りない
    感じでしたが、段々とカッコ良さが
    出てきました。
    その矢先、ここでの死亡退場は
    惜しいと思います。

    救済策として…
    ヴィリーは、こういう事態に備えて
    “替え玉”を用意していた。
    あの瞬間、ヴィリーは 替え玉と入れ
    替わり、ヴィリーは健在。
    黒幕として存在感を一層強めていく
    とか…??

  6. 名前はまだない より:

    気付いたのですが、最後のコマのエレンの手の平、血で「死」って書いてますね。

    やはりヴィリーは死亡では?

    にしても、物語上の世界には漢字は出てこないので諫山先生の遊び心でしょうか。笑

    • 管理人アース より:

      遊び心でしょう。
      効果音と同じ遊びっぽいですよね!
      これ、管理人アースには見えませんでしたが、けっこうみなさんが気付かれていて驚きです(・_・;)


      管理人アース

  7. ヒロシ より:

    今のところ王家の血筋はジークとヒストリアの2名で、この2名が始祖の巨人の能力を発揮できる。巨人能力者はジークのみなので、エレンを捕食する、次々と知性巨人を捕食して統一される。なんて展開になるのか?101話が待ち遠しいですね。

    ユミル・フリッツは三人の娘に巨人能力を分けたとされているようですが、その三人がさらに三人ずつに能力を分けて9つの巨人が生まれた。
    所謂本家(または長女)がフリッツ家で、他の二人がそれぞれレイス家とタイバー家を名乗り一族で争うようになった。

    なんて考えはいかがでしょうか?

  8. 耳鳥さい より:

    祭事でヴィリーは全てを明かすといったにも関わらず、かなり自己保身的に情報を伏せていることが気になります。

    ①フリッツ王と結託して平和を見守っていたはずなのに、ライナーたちマーレ戦士隊に始祖の巨人が不戦の契りに縛られている情報を与えていたこと(96話より)
    →始祖の巨人が脅威ではないと知ったからこそ、マーレ戦士隊は壁を破壊出来た。
    結果その混乱の中始祖の巨人をグリシャに奪われた。

    →個人的に結構謎です。なぜタイバー家はまだグリシャに始祖を奪われていない状況で不戦の契りの情報をライナーたちに教えたのか。
    (グリシャの計画より先に始祖奪還を狙ったという解釈も成り立ちますが、それにしてはタイバー家は知っているであろう不戦の契り以外の重要な情報をライナーたちには与えいません)

    ②パラディ島には悪魔がいるというパラディ島脅威論は嘘であり、むしろ島民はフリッツ王により記憶改竄され無知であったことなどの情報は一切開示していないこと。
    その上で、パラディ島脅威論を唱えて戦線布告をしていること。

    →これもかなり自己保身的ですよね。ある種タイバー家のミスで始祖が奪われてしまったのに、島民が無知であることを知った上でパラディ島に責任を全てなすりつけるような戦線布告。

    ただ、ヴィリーに関してはかなり責任感があるキャラクターとして描いているので、まだ全体像がつかめませんよね。

  9. 新喜劇の大学生 より:

    かなりお久しぶりです
    進撃、すっかり世界観が変わって考察がむずかしくなりました~

    でも、私の気になるところはそんなに変わっていません(笑)
    今回もそうでした。

    「役目」で気になるのはミカサの東洋の一族。

    ダイバー家は今回のヴィリーがしたことが役目?
    なら、キヨミ様(の一族)の役目って何なんでしょう?
    ここがミカサの東洋ルーツと繋がるのかなと期待しています

    • 管理人アース より:

      >キヨミ様(の一族)の役目って何なんでしょう?
      ここ、管理人アースもミカサに繋がってくると感じていますよ!
      以前からの世界観が変わっても「進撃の巨人」のメインとなっている伏線は変わっていないですよね!(*^^*)



      管理人アース

  10. ハンジが好き より:

    かなり今更なのですが、101話を読んで最近ふと思ったので書き込みます。
    ヴィリーのお役目は宣戦布告なのでは、と思います。この宣戦布告が、不戦の契りを解約する宣言なのでは、と思います。エレンはレイス家の思想に縛られないので不戦の契りには何も影響されません。しかし、ダイバー家は継承されてきた記憶から不戦の契りに縛られて戦うことができなかったのではないでしょうか?戦うことができないから、作り話をでっち上げて戦争に不干渉でいられる地位を築いたのではないでしょうか?つまり、ヴィリーの宣戦布告は戦鎚が戦いに参加する為に必要な行程だったのでは、と思います。戦いに参加するかどうか決めるのが、そして宣言するのがダイバー家当主のお役目だったのでは思います。

コメントを残す

このページの先頭へ