【進撃の巨人】ネタバレ考察!ミカサの頬の傷を検証!ループ伏線か?

ミカサの頬には傷痕が残っています。

これは2巻13話「傷」にてエレンゲリオンに殴りかかられた際に付いた傷であり、この傷は治った後もずっとミカサの頬には痕だけが残っています。

この頬の傷には、何かしらの意味があるのではないでしょうか?

それはアッカーマン家と東洋の一族の末裔であることが関係あるのでしょうか?

それともループ伏線・・・

考察してみましょう!

Sponsored Link

◆ミカサの頬に残る傷とは?

2018-01-30_071620
「進撃の巨人」第13話「傷」より


2巻13話「傷」にてエレンはトロスト区に開いた穴を大岩で塞ぐ為に巨人化します。

しかし、巨人化の練度が未熟であったエレンは暴走してしまい、近くにいたミカサに殴りかかります。

すんでのところでミカサは躱しますが、完全には躱しきれず頬に切り傷を負います。
2018-01-30_071559
「進撃の巨人」第13話「傷」より


その後、第22話「長距離索敵陣形」にてこの時にできた傷は深いと、ジャンに指摘される場面が登場しています。
2018-01-30_071535
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」


この時から4年以上経っている現在101話「戦鎚」でも、この傷は残っている事が確認できています。
2018-01-10_080644
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


ただ、この傷にはいくつかの疑問が感じられます。

ミカサはアッカーマン一族の血統であり、治癒力が高いと思われます。

例えば、第51話では「肋骨をやって長時間馬に揺られて」いましたが
2018-01-30_080615
「進撃の巨人」第51話「リヴァイ班」より


アルミンも驚くほどの早い回復を見せています。
2018-01-30_075950
「進撃の巨人」第51話「リヴァイ班」より


これほど高い治癒力を持ってしても、頬の傷は治らないものでしょうか?

さらに、漫画的に言ってもヒロインの頬に傷を敢えて残すというのは如何なものかなと(笑)

ちなみに諫山先生のサインにはデフォされたミカサが描かれていますが、そのミカサにもキチンと頬の傷が描かれています。


ここまでキチンと描かれていると、ミカサの頬の傷には間違いなく何か意味がありそうですよね!(*^^*)

これらから、「ミカサの頬の傷には何か意味があるのだろう」と考えられます。

つまりは、何かの伏線なのかなと!

さらに考察を進めていきましょう!

Sponsored Link

◆「いってらっしゃい エレン」には傷が無い!

2016-12-18_191832
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


ミカサの大きな伏線で真っ先に思い付くのは「右手首の刺青」「いってらっしゃい エレン」でしょう。

ちなみにこの時のミカサは髪が短く、101話で久々に登場したミカサも短くなっていた事から「『いってらっしゃい』の伏線回収時期に来たのでは?」とネット上では一時騒然となりました。
2018-01-10_080644
「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より


ただ、さきほども指摘したのですが101話に登場したミカサはたしかに髪が短くなっていましたが、頬の傷は残っています

しかし、第1話に登場した「いってらっしゃい エレン」のミカサには傷がありません。
2016-12-18_191832
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


ということは、現在登場したミカサと第1話「いってらっしゃい」のミカサの時期は違うということになりそうです。

ここで「ミカサの頬の傷」を見直してみましょう!


◆ミカサの頬の傷は、当初からの設定ではなかった?

2016-03-06_040455
最初に説明した通り、ミカサの頬の傷は第13話でエレンゲリオンの攻撃により付けられます。

理屈で言うと、この後のミカサの頬にはずっと傷が残っていなければいけません。

しかし、その数日後に行われた審議書の場面でのミカサの頬には傷はありません。
2018-01-30_071457
「進撃の巨人」第19話「まだ目が見れない」より


治ったのかと思いきや、その後の場面でのジャンに指摘され頬の傷が確認できています。
2018-01-30_071535
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


その後の描写では確認できたり出来なかったりしますが、完全に頬の傷が見られるようになるのは7巻第29話「鉄槌」からです。
2018-01-30_050913
「進撃の巨人」第29話「鉄槌」より


その後のミカサの頬には、常時傷が確認できます。

ここから考えられるのは、「当初頬の傷は癒える予定だったが変更した」のか「29話から傷が生まれる意味ができた」のどちらかです。

可能性としては「当初頬の傷は癒える予定だったが変更した」が高いかなと思われます。

簡単に言うと、「もともとは傷を描く予定ではなかった」という事ですね。

しかし、ジャンが傷を指摘する場面を登場させたことにより、その後も描く事になった…

こう考えると、第19話の審議書の場面では描いていなく、
2018-01-30_071457
「進撃の巨人」第19話「まだ目が見れない」より


その後の登場で描かれる事になった事が頷けます。
2018-01-30_071535
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


となると、第1話の「いってらっしゃい エレン」を描いた際に傷が無かったのは、ミカサの頬に傷が描かれる予定ではなかったからという事になりますね!

たしかに理由としてあり得ますが、何だかシックリ来ませんよね。

そしてたびたび予想の斜め上を行く展開が登場する「進撃の巨人」なので、このように流れていくというのは不自然な気がします。

これらの全てが計算通りであり、もっとどんでん返し的な展開が起こる可能性もありますよね!

さらに違う可能性を考察してみましょう!
Sponsored Link

◆ミカサの頬の傷から大きなループ展開を予想!

2016-04-14_122347
「LOSTGIRLS」第4話より


ミカサの頬の傷が「予定通りの描写」だとしたら、どうなるでしょう。

審議書の場面は予定していなかったのかもしれませんが、ジャンが指摘した後の描写でも「描かれたり描かれなかったり」したのが気になります。

そして「いってらっしゃい エレン」のミカサの頬に傷が描かれていない事も計算されていたと考えた場合、「この時は傷が出来ていない時期」である事になります。

この二点を考察してみましょう!

ミカサの頬の傷がある時とない時の意味を考察!

2018-01-30_071535
「進撃の巨人」第22話「長距離索敵陣形」より


もしミカサの頬の傷が当初から計算されていたとしたら、審議書の場面は描くことを落としていたとしても、ジャンに指摘された22話から後も「描いたり描かなかったり」というのは気になりますし、特に29話からは後は完全に描くようになったという事は何か意味があるように感じます。

まずは、間違いなく描かれるキッカケとなった、この29話の考察してみましょう!

この場面は女型の巨人編であり、エレンゲリオンの叫びを聞いたミカサが単独行動でエレンの元に到着します。

そこでミカサはエレンが女型の巨人に捕食される瞬間を目撃し、頭痛が発生します。
mikasa
「進撃の巨人」第29話「鉄槌」より


この場面からミカサの頬の傷が描かれるようになっています。

これって、ものすごく意味あり気ですよね!

エレンが捕食される場面を見て頭痛が起こってから、ミカサの頬に傷が固定されて描かれるようになった…

何か意味のあるメッセージのようにも感じますよ!

ここでミカサに、何かのスイッチが入ったようにも感じますね!

例えばここで以前エレンを失ったループ経験があるとか…(・_・;)

この記事を書いている際にもこのようなTweetを上げたのですが、


むっちゃ意味深ですよね!


つまりは、この場面は大きなループ分岐点だったのかなと感じますよ!

頬の傷が完全に固定されて描かれるようになった事からも、最も大きなミカサ・ループの場面だったのかなとも考えられます。

ミカサの頬の傷から「いってらっしゃい」を考察!

2015-11-19_145627

もし当初からミカサの頬の傷が計算されていたとしたら、この「いってらっしゃい」の場面で傷が描かれていないのも計算されていたことになります。

もっとツッコんで言うと、「ミカサの頬の傷を描き続けると決めた29話の時点で、諫山先生は傷を描いてもこの場面は破綻しないと判断した」ということになります。

となると、この場面はミカサがエレンゲリオンに攻撃される前に起こったのでしょうか?

ミカサが髪を切ったのは訓練兵団に入団した後なので、「訓練兵団入団後からトロスト区攻防戦までの間」に「いってらっしゃい」が起こったことになります。

この可能性も覚えておかなきゃですが、ちょっと難しいように感じますよね?

さすがに訓練兵団時代に「いってらっしゃい」が起こったとは思えないですし、あるとしたらトロスト区奪還作戦中に起こったのかもしれませんが…

もうひとつの可能性として、今後の展開でミカサの頬の傷が癒えて消えるという事が考えられます。

101話で登場したミカサは、髪が短くなっていました。

この髪の長さから、「いってらっしゃい」が起こっているミカサの長さには、ちょうど同じくらいかもう少し長いくらいかなと考えられます。


つまり、この状態から頬の傷が癒えれば「いってらっしゃい」発動も起こり得るという事ですね!

こちらの方がありそうな展開ですし、これ、むっちゃ楽しみですよね!

この展開はあるかもです!\(^o^)/

今回の考察でミカサの頬の傷には大きなループ伏線が隠されているのではと考えられました!

さらには、頬の傷が癒える展開も予想できましたね!

頬の傷が癒えたミカサによる第1話「二千年後の君へ」の「いってらっしゃい エレン」回収場面が登場するのか…

むっちゃ震えるくらい楽しみですよ!\(^o^)/

101話「戦鎚」あらすじ感想考察!
【進撃の巨人104期生をナンバリングから考察!】
進撃の巨人ミカサが頭痛の意味は?結末がループ説の真相を検証!


Sponsored Link

31 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ考察!ミカサの頬の傷を検証!ループ伏線か?”

  1. ミカサびいき より:

    アースさん、こんにちは!

    個人的にはミカサの傷は「あの夢と同じ、でも何かが違う」とエレンに気付かせるヒントになるのかな?と思っています。

    傷が書かれていない場面は単に髪で隠れているのかなと思っていましたが…
    単に描き忘れなら修正しそうな気もしますし、意味がありそうですよね。
    ミカサも登場しましたし、102話で少しでも何かわかるんでしょうか。楽しみですね!

    • ミカサびいき より:

      あ、ミカサが傷を負ったまま「行ってらっしゃい」のシーンになる可能性もあるのでは?
      そこでエレンが違いに気付いてループを打破できるのでは…!
      という妄想です。

      わかりにくくてすみません。

      • 管理人アース より:

        これ、面白いですね!
        最期に傷のあるミカサが「いってらっしゃい」となったら最高ですね!(*^^*)
        これもありそうです!


        管理人アース

  2. Russian Blue より:

    はじめての投稿です。
    アース団長 更新お疲れ様です。
    「ミカサの頬の傷」の伏線とは、団長の記事を拝読し初めて考えさせられました。
    素晴らしい着眼ですね。

    ミカサびいきさんのコメントを読ませて頂き、私も今回ループが起きる時は「ショートヘアで頬の傷」である状態かもしれないと思いました。出来るものならエレンにはループを打破して欲しいですよね。

    アニメ『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』のように繰り返しループが起きている中、微かなループの記憶を頼りに行動を変えて、未来が少しずつ変わっていく…。このような感じでしょうか。

    前回のループで起きたと思われる「地鳴らし」は、恐らく今回も起きるように思われます。ミカサとキヨミ様が接触した時、前回のループの時とは違う展開であって欲しいです。もしそうでないのなら
    「進撃の巨人Ⅱ~ループ脱却編~」を次に描いて欲しいと強く希望しています。

    • 管理人アース より:

      >~ループ脱却編~」を次に描いて欲しいと
      良いですね!
      管理人アースは、ループはエレンが目的を達せず死亡した際に起こる「ミカサの想い」から起きている現象かなと考えています。
      つまり、エレンが目的を達成できればループから脱却することになるのかなと。
      この辺りの解明が楽しみですね!(*^^*)


      管理人アース

      • Russian Blue より:

        エレンを死なせたくない「ミカサの想い」からループが起きる…いいですね!
        ミカサがエレンにまた会えるのなら「残酷な世界でもループが脱却するまで繰り返し生きる方を選ぶ」ミカサらしいです。
        ループ脱却まで見届けたいですね!

  3. ガブリエル より:

    Russian Blueさんの
    「進撃の巨人Ⅱ~ループ脱却編~」を次に描いて欲しいと強く希望しています。
    これについて私も凄く同意してます。たぶんあるんじゃないかなと期待してます。

    ループの原因はミカサの独占欲だと思うんですよね。故にエレンが死亡するとループが起こる。

    諌山先生のインタビューで言っていた事で、「エレンにとって、ミカサは恋人というよりは、母親に近い存在。」

    これを当てはめて、ミカサ自身がエレンに子離れという名の恋愛感情に似た独占欲を無くせた時ループから解放されるのではないかと考えました。

    その時はミカサが死亡しかなさそうですが…

    • 管理人アース より:

      このコメントを読んで、ミカサ死亡展開を初めて意識しました。これは嫌ですよ(泣)
      何とかその展開無しでループ脱却して欲しいです!


      管理人アース

  4. Russian Blue より:

    ガブリエルさんの
    「ループの原因はミカサの独占欲」これ私も同感ですよ。

    マーレとの戦いで調査兵団側が絶望的になった時、エレンが感情的になって「地鳴らし」を発動させると思っています。
    「地鳴らし」を起こすという事は、パラディ島、大陸の人間ほぼ全員死ぬわけですから、その時のエレンの感情は、レイス家の地下でヒストリアに言ったような
    「もう俺は死にたい 生きてたって辛いんだよ!」こんな感じかなと…
    それを聞いてミカサがキヨミ様から「ループの力」を刃物で脅して奪い

    ミカサ「エレンは死なせない…ループすればまたエレンに会える♡」
    エレン「ミカサ!やめてくれ!うわああああ~」
    ミカサ「いってらっしゃい エレン」

    こんな感じかもしれませんよね(笑)

    「地鳴らし」も「ループ」もまだ起きていないけれど、どうすれば「ループ脱却」出来るか(エレンとミカサがどのように変わるか)考えただけでも面白いですよ!
    でもミカサの死亡展開は無いと思います。諌山先生にとってはミカサは大切な「萌えキャラ」のようですw

  5. SINYA-F より:

    そういや最新話の「エレン、帰ってきて」と、冒頭の「いってらっしゃい、エレン」は対極ですなあ……

    • 管理人アース より:

      ですよね!
      いろいろ考えられて組み立てられているなと感じます!


      管理人アース

  6. にわか雨 より:

    全ての話は繋がっているように見えているけど、実は、『傷アリミカサ』と『傷なしミカサ』の時系列は違うのかな…とか思って読ませていただきました(´▽`*)

    『傷なしミカサ』はエレン死亡?的なミカサにとって都合の悪い出来事が起きてた時の話で、『傷アリミカサ』の話は、いい展開になってる時系列なのかな…と。

    二つの時系列が混ざってても違和感なく読めるのは、多分ループに影響がなく、どちらの時系列でも共通して起きてた話なのかな…と。

    • 管理人アース より:

      なるほど!
      二つの世界が混ざり合っているという考察ですね!
      となると、最後の最後で「傷なしミカサ」が登場するかもですね!
      最後までミカサの頬は要注目ですね!(*^^*)


      管理人アース

  7. PANDA より:

    こんばんわ!
    鼻水止まりましたか?
    まだのようでしたら早目にお医者さんに行ってくださいね

    この記事を何度読み返しても
    なんとなくピンとこなくて
    少し悩んでいました

    私の中では傷がもつ意味や伏線よりも、
    どうして傷が残ったのか、
    のほうが重要に感じたからです
    リヴァイ兵長も傷は残ってないようですし、巨人化能力者たちだって傷一つもってないように感じます
    ならばなぜミカサは傷が残ったのか
    エレンがくれたモノと認識したのか
    はたまた始祖の巨人が関係してるのか‥
    全く想像がつきません(;一_一)

    あまりにまとまりのないコメントなのでスルーしてくださいm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      昨日やっと回復した感じですよ。
      微熱が長く続き、やっかいな風邪でした(泣)

      たしかにミカサの頬に傷がなぜできたのか?
      ここをキッチリと言及していなかったですねm(_ _)m
      この記事には作成時間がかなりかかってしまい、正直いくつかの記事に分けなければいけないなと途中に考えたりもしました。
      それくらい「ミカサの頬の傷」には考察要素が多々あります。
      そのせいで、「なぜできたのか」がキチンと考察できていませんでしたねm(_ _)m
      今のところ、「ミカサの頬の傷は特別な存在」としか管理人アースにも考察できません。
      なぜ、暴走したエレンゲリオンに付けられた傷だけ痕が残ったのか・・・
      またどこか違う機会に考察したいです!


      管理人アース

  8. 二度目の投稿 より:

    こんにちは。二度目の投稿です。
    団長が書いてるようにヒロインの顔に傷を残してるのだから、きっと意味がありますよね。
    でも、これが何の伏線なのかは、難しいですよねー。
    行ってらっしゃいのシーンは果たしてミカサなのか?まで考えてしまいました。裏付けるのはマフラーとエレンのセリフだけで描写は顔半分だし。。。初っ端なら読者をミスリードさせてたのか?!と、突拍子も無い事を妄想中です。

    • 管理人アース より:

      >読者をミスリードさせてたのか?!
      この可能性もありますよね!
      エレンも「クルーガー」かもですし(笑)
      妄想が広がりますね(*^^*)



      管理人アース

  9. owl より:

    傷の有無なんてただの作画ミスか設定変更だと思ってたのが本音。もしホントに意味があったとしたらマジで頭おかしいと思う。

    個人的に思いついたこととして、エレンがクルーガーの事を思い出した直後に、クルーガーがミカサ達の名を口に出したように、先代の記憶を見ている間に後継者と先代の記憶が混同するのでは?と、思いました。
    つまり、冒頭の傷のないミカサ(?)は、エレンの巨人を継承した未来のミカサが、幼い頃のエレンを思い出していたのではないのでしょうか。
    傷がないのは巨人の力で癒えたと考えられますし。

    あとは…、あの少女が始祖ユミル…?

    • 管理人アース より:

      未来のミカサですか。なるほどですね!
      ただ、ミカサに巨人の力が継承されることはないので、巨人の力で傷が癒えることはないかなと。
      となると、4年経っても消えていない傷痕が将来消えることがあるのか?という事になりそうです。

      始祖ユミルだったというのも面白いですね!
      それがミカサとソックリとなると・・・(・_・;)
      いろいろ妄想が・・・



      管理人アース

  10. 匿名 より:

    私は102話あたりからジークの

    ”独特なけつの拭き方”という結末のつけ方がどんなかを期待してます。

  11. 二度目の投稿 より:

    こんばんわ。二度目の投稿です。
    ミカサの傷は最初から構想されてたのかどうか。
    悩ましいですよね。
    なにせカルライーターの正体が87話で明かされた訳ですから、あながち、ないとは言えない。。
    こうなったら作者コメントで白黒つけてもらうしかスッキリしませんな(笑)
    でわでわ

    • 管理人アース より:

      いずれ本編の中で回収されるのではと思っています!(*^^*)


      管理人アース

  12. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です

    エレン達、巨人化能力者が「道」を通して、過去や未来の自分や、先代達への記憶のタイムトラベルが可能な点を考慮すると、ミカサも「道」にアクセス出来て、それがループに繋がっているのではないかと感じます。

    腕のマークは、道にアクセスする鍵のようなものなのではないでしょうか?

    また巨人科学の副産物として、アッカーマンの血を引くものは、「道」に無意識にアクセス出来ており、そこから力を得ているのではないかとも考えてしまいます。

    • 管理人アース より:

      管理人アースは、アッカーマンや東洋の一族は「始祖の巨人の力で記憶改ざんできない」という点から「道」へのアクセスはできないのではと考えています。
      ただ、「腕の刺青」がアクセスを可能にするとなると、また違ってくるかもですが。
      いっぽうで管理人アースは「腕の刺青」は「東洋の一族が継承している歴史」だと予想しています。

      ミカサのループがどのように行われるのかは今のところ全く予想できないですね。
      道が絡んでくるのか・・・絡みそうな気もしますがどうやって?という感じですよ。
      この回収、楽しみです!\(^o^)/


      管理人アース

  13. 4人目の幼馴染 より:

    ミカサの傷の意味ですか……。
    すごくおもしろいですね。
    回収のされ方、確かにとても期待してしまいます。

    巨人の秘密は道で繋がっているということなんですよね…。クルーガーの件から過去の記憶を継承するだけでなく、未来とも道は繋がっているのか、と受け取り、記憶を改竄できることから、そもそも巨人にならなくてもエルディア人は道で繋がっているのか?改竄は道に関係ないのか?とわからなくなりました。

    エルディア人自体が道で繋がっているのなら、エレンが見た「行ってらっしゃいエレン」のミカサも道が関係しているのかも…ループを既存のループの形ではなく、道を利用した新たなループの形を考えられているのかとか、混乱しております。
    そうなるともう全く想像が及ばないのですが。

    もうひとつ、夢のミカサはあの時のエレンと近い年齢に描かれているように思っていて、画力が変わられたとはいえ、大人になったミカサを描くつもりなら当時の絵でももう少し大人っぽく描かれたのではないかと思ってしまうので、傷はなくてもいいのかなぁという気がします。

    たとえば、未来のミカサの、もしくはミカサではない遠い昔の誰かの、行ってらっしゃい、の記憶と、当時のエレンが知るミカサの風貌が混ざった混沌とした記憶なのかな、とか。
    考えるほど謎は深まりますが、個人的には「2000年後の君へ」と言った人が「行ってらっしゃい」と言っててくれると嬉しいので、あれをハッキリ思い出すと本当はミカサではなかった、という展開を期待してしまったりしています。妄想がすぎました…。

    覚醒してからのミカサの頭痛の原因が、例えばマトリックスのように現実世界とのリンクだったりしたらと考えて、ちょっと世界観が変わりすぎるからそれだと引くかも…と自分に失笑しています。

    • 管理人アース より:

      >ハッキリ思い出すと本当はミカサではなかった、という展開を
      これもあるかもですよね!
      ただ、エレンが勘違いするくらいなので・・・よほど似ているという事ですよね。
      回収が楽しみですよ!\(^o^)/



      管理人アース

  14. 4人目の幼馴染 より:

    あ、上の方が素晴らしい考察をされていました。お恥ずかしい。

  15. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    101話で髪を短くしたミカサが登場したのは意味深ですね。
    twitterでもお話しましたが、あの傷は1話のいってらっしゃいの伏線なのだと確信しています。

    そしてミカサの頭痛やループ説を裏付けるかのような言動を見るにつけ、進撃の巨人はTVゲームの「YU-NO」とよく似た世界観なのかなぁと考えています。
    実際にこの作品をプレイしていないと分かりづらいのですが、木の枝のようにいくつも分かれた「並列世界」が存在して、選択肢によってbad endやtrue endに物語が進んでいくんです。

    つまりは頬に傷の付いたミカサがいる今の世界と、頬に傷の無いミカサがいる別の事象世界が存在すると言う事です。
    ミカサの頭痛はセーブポイントみたいなもので、bad endに向かわないように、エレンにやり直しループさせているのではないかと。

    もちろんtrue endは一つだけなので、1話の「いってらっしゃい」はtrue(happy) endに向けてエレンを送り出しているのだと思います。
    ・・・ただ、いってらっしゃいのシーンでマフラーをしていたと言う事は、自身の両親の死亡展開は巻き戻せなかったんですね。
    そう考えると、なんだか切ないです。

  16. 巴里の恋人 より:

    一番カンジンな事を書き忘れていました。

    最終回で描かれるであろう「いってらっしゃい」の回収シーンはミカサの「おかえりなさいエレン」だと思うんです。
    おそらくミカサの頰には傷が傷が付いてるのだろうと推測します。

コメントを残す

このページの先頭へ