【進撃の巨人】ネタバレ「マーレ編」考察!ファルコとガビ、マガトは死亡するのか検証!

海を渡りマーレ大陸が舞台となったマーレ編ですが、ここに来て大変多くの登場人物が登場しました。

ファルコ、コルト、ガビ、ウド、ゾフィア、マガト、ヴィリー、ポルコ、ピーク…

戦鎚の正体の女性など、名前が登場していない人物も含めたらとんでもない数の人物が新登場しています。

さて、これらの人物ですが、既にヴィリー、ゾフィアは死亡し、ウドも死亡が危ぶまれています。

今後ファルコ、コルト、ガビ、マガト、ポルコ、ピーク達はどうなっていくのでしょうか?

マーレ編終了後では、どれだけの人物が生き残っているのでしょうか?

これについて先日投票Tweetをしたのですが、管理人アースとしては驚きの結果となりました!

この結果を踏まえ、マーレ編の登場人物の今後を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆これまでの展開からマーレ編生き残り人物を考察!

2016-01-30_031559
「進撃の巨人」は104期生の成長物語である。

管理人アースは、このように考えています。

そのいっぽうで、この作品には本当に多くのキャラクターが登場しており、そのひとりひとりが非常に確立しており、非常に魅力的な人物ばかりとなっています。

これもこの作品の大きな特徴でしょう!

ただ、物語を動かしている中心は104期生達となっており、彼らと関わり物語が展開されているのは間違いありません。

そのため、リヴァイ兵長、ハンジは104期生に最も近い存在であるために、現在でも多くの登場をしています。

さらに、主人公エレンといろいろな意味で関係の深いジークは、これからも多くの登場が予想できますよね!

104期生以外でも、リヴァイ、ハンジ、ジークはかなり彼らに近く、重要なファクターとして最後まで活躍しそうな感じです。

逆に言えば、これまで重要人物ではと思われるような登場しながらも退場していった人物も存在します。

例えば、ケニーとロッド・レイスはリヴァイ兵長とヒストリアと深い関係がある人物として、「王政編」にて登場しました。
2016-02-18_074516
「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より


ケニーは中央憲兵を率いる隊長として登場し、調査兵団とぶつかりリヴァイ兵長との一騎打ちなど、多くの名場面を残しました。

そしてレイス家当主であり壁内の最高実力者として登場したロッド・レイスは、ヒストリアの父親として登場し、レイス家再興に奔走しながらも最後は無垢の超超大型巨人に巨人化し、ヒストリアにトドメを刺され死亡しました。

この二人は王政編に登場し、王政編で散っていったキャラクターと言えるでしょう!

では、現在のマーレ編で登場したファルコ、コルト、ガビ、マガト、ポルコ、ピーク達はどうでしょう?
2017-03-08_031758
「進撃の巨人」第91話「海の向こう側」より


管理人アースは「王政編」でのケニーやロッド・レイスのように、マーレ編で退場するように考えています。

ピークは既に瀕死の状態となっており、ポルコも危なそうな匂いがプンプンしていますし…(;´Д`)
2018-03-10_203003
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


コルト、ファルコ、ガビ、マガトあたりはマーレ編終了後も生き残っているのかどうか、怪しいですよね!

特にファルコ、ガビはマーレ編終了後も生き残り登場するのでしょうか?

これについて管理人アースは気になり、以前Tweetで投票を募りました。


すると「ファルコ、ガビも生き残る」という予想が圧倒的に多く、非常に驚きました!

多くのファンは、二人とも生き残ると考えており、管理人アースのように二人とも退場すると考えている人は少数派のようですね!

ただ、先にも述べたように管理人アースは「進撃の巨人」を104期生の物語だと考えており、最終章に向けて関係が薄く役割を終えていった登場人物は退場していくだろうと考えています。

これらを踏まえ、最終章に向けてどのように登場人物が変遷していくのか、予想してみます!

Sponsored Link

◆マーレ編後の登場人物の変遷を予想!

2015-11-28_121107
「進撃の巨人」第11話「応える」より


先にも述べましたが、管理人アースは「進撃の巨人」という作品は104期生の成長物語だと捉えています。

中心はエレンであり、直近でミカサとアルミンがおり、そこを中心に物語が展開していると考えています。

そして初期の頃から登場し、104期生と関係を持った登場人物ほど最後まで退場せずに登場し続けていくのではないかと考えてもいます。

そう考えると、王政編で登場したケニーやロッド・レイスが退場したのは納得できますよね!

ここから、マーレ編で登場した人物は全てこの編にて退場することになるのでは、と管理人アースは予想します!

もしかしたら、104期生もこのマーレ編で何名か退場という展開もあるかもですよね!

しかし、エレンはもちろんですが、最も近いミカサとアルミンは最後の編までは残っていくのではないかと考えています。

そしておそらくは次の編ではキヨミ様がメインとなる「東洋の一族編」か、ジークがメインとなる編が展開するのではないかと妄想しています。

そして最終話では進撃の巨人の最終話を検証!最終回の結末の真相とは?でも予想していますが、「全員死亡退場」で終わる展開もあるのではと考えていました。

ただ、これはコミックスの背表紙からの考察であり、23巻からこの背表紙が変わったことから、もしかしたら全員死亡展開は回避される可能性もあるなと、現在では考え直しています。
2017-02-25_052252
「進撃の巨人」1、5、9、11巻裏表紙より


おそらく104期全員死亡展開は無く、ある程度生き残る展開になるかなと思われます!

今回の考察で、ファルコ、コルト、ガビ、マガト等、マーレ編で登場した人物は退場し、次の編からは登場しないと予想しました!

正直「マーレ編」からは予想がし辛く先が読みにくい展開となっていますが、このように考えています!

残りのマーレ編も、要チェックです!\(^o^)/

【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
【進撃の巨人 考察】サブタイトルの意味を検証!
【進撃の巨人】ネタバレ考察!巨人の耳の形を徹底検証!ライベルアニは正統継承者だった?


Sponsored Link

28 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ「マーレ編」考察!ファルコとガビ、マガトは死亡するのか検証!”

  1. ジーク イェーガー より:

    物語が進むにつれ退場していくでしょうが、ファルコは生き残る予感がします。エレンで終わるでしょうが、もし仮に進撃の巨人を継承するとなればそれはファルコだと思います。マーレ編で主人公扱いですよ彼は。心理描写が多いです。

    • 管理人アース より:

      マーレ編の主人公はファルコだと感じますね!
      なので同時にマーレ編が終わった時には退場しているように感じます。
      ですが、分かりませんよね!
      たしかにファルコが進撃の時期継承者という可能性もありそうですよね!
      「二千年後の君」はファルコかもですね!


      管理人アース

  2. 登場回数が多くなって、ファンの
    思い入れが強くなったキャラは、
    簡単には 死なせ辛いのではない
    でしょうか。

    例えば、流れ弾に当たったくらいで
    死んだのでは、大勢のファンから、
    「何で死なせたんだ!」「あの程度で
    殺すな!」「お葬式をしろ!」などと
    大炎上するでしょう。
    死なせるには、その明確な理由付けが
    必要と思います。

    ので、登場回数が少ない内に、サクッと
    殺ってしまうという傾向なのか…

    • 管理人アース より:

      ゾフィアでも炎上しそうですよね!(;´Д`)
      思い入れが入ったキャラが死亡するのは辛いですよね!


      管理人アース

  3. モブリッティー より:

    この戦いの様相からすると、今後マーレにエルディア人の居場所はなくなってしまうこともありそうな気がします。(特にマガト隊長が死んだら)
    そうなると今のマーレ側メンバーが生き残れる可能性は巨人の能力を維持または継承できるかどうか次第かと思うので、素直に食べられちゃいそうなライナーの後釜でガビかファルコのどちらか1人は生き残りそうですが、顎と車力の能力はパラディ側に渡るのではないかと・・・。
    獣の動向はまだ読めないけど、アレは散々暴れて最後にエレンに食べられて遺言を残しそう。
    ・・・と勝手に予想してみました。

    • 管理人アース より:

      >散々暴れて最後にエレンに食べられて遺言を残しそう
      これ、スゴイ展開ですが、ジークらしいw



      管理人アース

  4. 副長の味方 より:

    マーレ編の主人公は個人的にファルコだと思ってます。
    これからエレンたちが敵サイドとして描かれていく可能性もあるかもですね。

    • 管理人アース より:

      ですね!
      ファルコとエレンがぶつかったら、ファルコ側で見てしまいそうなくらい感情移入しちゃいそうですよ!


      管理人アース

  5. リヴァイ大好き より:

     こんにちわ
     単純に好みで残って欲しいのは、ピークちゃんとマガト隊長。それにファルコ。
     反対にガビはわたし的に思い入れが困難なので、退場になってもそれほどの衝撃はないのかも。ただこれはエレンにも言えたことですけど。
     話的には、エレンとミカサが最終的に残るのなら、それに対比する存在としてガビとファルコは残ると思います。

    • 管理人アース より:

      >エレンとミカサが最終的に残るのなら、それに対比する存在としてガビとファルコは残ると
      この見方は面白いですね!
      なるほど!
      この見方だと、マーレ編が終わった後もファルコとガビは生き残りそうにも見えますね!



      管理人アース

  6. PANDA より:

    *゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ…

    毎日考察しないと言っておきながらのサプライズ考察ありがとうございます(笑)
    次は別マガ発売されたらかなぁと油断していました
    嬉しい誤算です(ΦωΦ)フフ

    本当に本当に勝手な妄想です
    2人は生き延びると思います
    それも、ファルコは鎧を継承し、ガビがエレンの後継者となり、全てが終わってからガビと対面したミカサが
    『おかえりなさい、エレン』
    と迎え、それでも私は、あの頃のあなたに…
    と思わせぶりなことを言いつつ、過去を回想したミカサが、『道』に迷い込み、4ページのエレンと出会って、送り出す…
    とか、なんかhappyなんだかよく分からないラストを思い描きました

    死ぬことがアンハッピーではない、生き残ることがハッピーではないと、そう思わせるような最終回…
    先生なら書きそうな気もしますが…



    最近4巻が物凄ーく気になってます
    4巻と24巻を交互に読み返し、思いついたことがあったのですが、そのまま寝落ちまして、忘れました
    ヾ(・ω・`;))ノ三ヾ((;´・ω・)ノ
    一体何だったかなぁ
    …( = =) トオイメ

    • 管理人アース より:

      >次は別マガ発売されたらかなぁと油断していました
      そうなるかもと自分でも思っていましたが、ツラツラと考察しました(笑)
      Twitterの結果が、自分としても驚いたので!

      >4巻と24巻を交互に読み返し、思いついたことがあったのですが、
      これ、面白いですね!
      4巻だと、リヴァイ兵長のカッコイイ登場があった「原初的欲求」がパッと思い付きますが…
      また思い付いたらよろしくです!(*^^*)


      管理人アース

  7. 二度目の投稿 より:

    こんにちは。二度目の投稿です。
    私的には、今後は巨人の継承はないと思ってるので、戦士候補生はその目的を達することなく。。
    ただ全員死亡退場はないかなと思います。
    このまま継承がないとした場合、現状ではアルミンが最後に残る事になり、いやいや最後はエレンだろうと考えるとアルミンも途中退場ありかもです。

    • 管理人アース より:

      >ただ全員死亡退場はないかなと
      この意見多いですね!
      どうなるか、見届けないとですね!


      管理人アース

  8. 野人 より:

    ガビが殺されて、ライナーは憤怒に燃える。
    ファルコは激情に燃える。
    そして、ピークが死んで、ポルコが復讐を誓う。
    ライナー(獣)・ポルコ(顎)・ファルコ(車力)の三体と世界中の科学的戦力が総出でパラディ島に攻め込んで決戦となる。

    • 管理人アース より:

      ライナー、ファルコ、ポルコがパラディを攻めるという予想ですね。
      それも熱いですね!
      まさに負の連鎖!


      管理人アース

  9. コンロガス より:

    マーレ側を仕切れるただ1人のマーレ上層部の人間になったという意味でマーレ編ではマガトは死なないと思います。

    別のところでも書きましたが知性巨人は継承なしでは死なないと思います。また、新キャラ全員がエレンに食べられて退場はしないと思います。アッカーマン2人+超大型+エレンを相手にするだけでもかなり強い中で、マーレの戦力が大きく削れると、その後のマーレvsパラディがパラディ島圧倒的有利になってしまいますし。

    ファルコとガビはエレン達より1つ下の世代ということで、エルディア人の未来です。特にファルコはエレンとライナーの会話を目撃し、壁の中が外と同じであることやライナーの苦悩、エレンという人となりを分かっています。さすがに死なないでしょう。ガビやコルトは死んでもおかしくはないですが、ファルコとライナーの存在を考えると少なくともガビの生存は必須だと思います。

    まとめると、今生きている新キャラたちはマーレ編終了時点で大半が生き残る、と予想します。

    • 管理人アース より:

      >今生きている新キャラたちはマーレ編終了時点で大半が生き残る
      おお!
      コンロガスさんも生存説派ですか!
      このような意見を聞けるとサイトを続けていて良かったと感じますよ(*^^*)
      管理人アースはマガト、ファルコ、ガビ達は「マーレ編」の登場人物であり、ケニーのように消えていくと捉えています。
      全く逆の考え方ですね!
      面白い考察、ありがとうございます!
      答え合わせが楽しみですよ!\(^o^)/



      管理人アース

  10. 恥垢種 より:

    アース団長殿、お疲れさまです。
    退場ですか、やはり、戦鎚は退場でしょう。当然、戦鎚を失ったタイバー家も求心力を失い、マーレでの貴族家としての地位も危ういと見ます。ジークの狙いもそこにあり、パラディとは消極的協力関係なのでしょう。あとは、マガトが巨人の力を捨てるなら、エルディア人は残った巨人の力を使い生き残る為、分離独立に向かうと見ます。パラディ側は、そもそも今回の攻撃目的が明らかになっておらず、作戦が成功すれば、そのシナリオに則り粛々と事を進めるのでしょう?「地ならし」を背景にした。個別の講和条約か安全保障条約を結ぶと見ています。

    • 管理人アース より:

      講和条約を結んでマーレ編終了となる、という予想ですね!
      そうなると、マガトは生き残るかもですね!
      なるほど!
      この展開もありそうな気がしますね!



      管理人アース

  11. ポテチ より:

    アースさんこんにちは。
    考察とは関係ないのですが、Wikipediaで「フリッツ・ライナー」という人物を発見しました。経歴やエピソードを見たのですが、考察できそうなことは残念ながらありませんでした………。
    ですがやはり偶然とは思えません(笑)
    お忙しいとは思いますが、お時間があれば一度Wikipediaを読んでみてください。

    • ポテチ より:

      連投失礼します。
      私の見解は、諫山先生はフリッツ・ライナーという人物を知っていて、ネーミングの参考にしたのでは?というものです。
      ライナーがフリッツ家と関係しているとは考えられませんが、作中で一、二を争う超重要人物であることには変わりなく、当分はまだまだ死ぬ確率は極めて低いだろう、という少し強引な考察(こじつけ)です。

    • 管理人アース より:

      面白い情報、ありがとうございます!
      また見てみますよ!



      管理人アース

  12. 進撃のおやぢ より:

    今回の戦闘によるマーレのエルディア人の死亡退場はこれ以上ないと想像(希望)いたします。
    エルディアの目的はマーレのエルディア人も含め民族の完全独立ではないかと?

    そのための最も大きな障害がマーレでしょう。
    過去の贖罪の名の下に自らを安価な破壊兵器として利用されてきたエルディア人。ガビやファルコは戦争で多くのエルディア人が無垢の巨人にされて敵地にばら撒かれる姿を見てどう思ったのでしょうか?
    それがマーレへの忠誠だなんて洗脳以外の何物でもないように思います。

    他のスレッドに書きましたが、ヒストリアとエレンによるマーレのエルディア人達の記憶の改ざん=洗脳からの解放。それが今回の襲撃の目的ではないかと。

    以前エレンが座標を発動した時に知性巨人は操れませんでした。知性巨人への記憶の改ざんができないのだとしたら、車力や顎は戦闘不能にすれば良しとして、獣は目的を同じくしてそうなので味方につける。
    一番厄介な戦鎚の巨人は捕食し排除する。
    ジャンも最初に「時間までに戦鎚の巨人の無力化」と言ってました。
    記憶の改ざんは起こるのでしょうか?

    そしてエレンが見るであろう戦鎚の巨人の記憶からマーレとの決別後は新たな敵現る!と言うことで、第2幕はガビやファルコがエレンに代わって大活躍!
    100年前の巨人大戦以前の本当の歴史は全く不明です。何があったのか?もっと複雑な糸が絡み合っているかもしれません。物語はまだまだ続いて欲しいです。
    今はガビやファルコ達に退場してもらいたくない希望も込めて。。。

    • 管理人アース より:

      なるほどですね!
      ヒストリアとエレンの共同作業での解放展開が起こるのではという予想ですね!
      この展開があったら熱いですね!
      このような救われる展開だったら救われます…(´;ω;`)



      管理人アース

  13. 寸劇の個人 より:

    登場人物には、数合わせや賑やかし、単なるムードメーカーのほかに、何らかのメッセージやテーマを背負っているキャラクターが何人かいると思います。
    持っているメッセージが単発のものであれば、それを発した後はいつでもお役御免となりえますが、物語の根幹となるテーマに係るキャラクターであれば、読者に何かの解を与えずに退場することは無いだろうと思われます。

    そういう意味ではファルコは「人を愛す」というキーワードに当てはまり、世界を良い方向に導く可能性のある希少なキャラなので、コイツは最後の方まで死なないかなと・・。
    (次回ガビがやられて突如復讐の鬼になるかもしれませんけど・・)

    あとは、マガトはマーレで数少ない認知されたキャラなので便宜上死なないと予想。ガビが一番危ないかなと思っています。

    • 管理人アース より:

      ファルコ生存予想は、けっこう多いですね!
      マーレ編、最後まで見逃せないですね!



      管理人アース

  14. 左中央二列目 より:

    アース団長、皆さん、考察お疲れ様です☆

    新記事がありますがこちらに。


    私がマーレ生き残りを推すのは「ライナー」です。

    闇夜の列車等でライナー主観のストーリーからは確かに“死亡フラグか?”と思えますが、気になるのが「待って」でガビ達戦士候補生を同期の戦士達と誤認した場面です。

    立ち位置的に、ガビがマルセル、ウドがベルトルト、ゾフィアがアニ、ファルコがガリアードとなっています。

    パラディー島作戦で、マルセル、ベルトルトは死亡。アニは不明。

    ガリアードは現在不明も怪しいとなっていて辻褄が合います。

    作者も「鏡合わせの世界」と話している事から、マーレ自体が私達に近い世界観で、パラディー島が非現実世界かなと思います。

    実際に塹壕やトーチカ、装甲列車や飛行船等は実際にこの世界の過去に有りました。

    103話終わりのファルコがピークを助ける場面も、ガリアードがピークを援護する所にも似ているなと思いましたね。

    過去の作品を見る度に、マーレ編で感じていた「何故マーレ編が必要なのか?」の疑問への裏付けが多々ある様に感じました。

    まとまりの無い文章ですみません。

    これからも頑張って下さい☆

コメントを残す

このページの先頭へ